山梨の駅

提供:chakuwiki

日本の駅 > 甲信越 > 山梨

山梨県にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

中央本線[編集 | ソースを編集]

上野原駅の噂[編集 | ソースを編集]

上 野 原
うえのはら
藤 野   四方津
Fujino Uenohara Shiotsu

所在地:上野原市新田

  1. 山梨県内では、甲府駅、大月駅に次いで、三番目に乗降客が多い駅である。
    • 本駅を最寄り駅とする学校があるため。
    • しかし特急は通過。
  2. 駅内部には、待合客のために座布団が強いてある椅子もある。
  3. 駅の北側は高くなり、南側(旧秋山村)のほうは低くなっているため、駅の構造が少し複雑。
    • 駅舎がホーム上にある、かなり珍しい駅(みどりの窓口も完備、売店まである)。
  4. 山梨県最東端駅。
  5. 注意ここは上野駅ではありませんのでお間違えの無いようにご注意下さい。
  6. とても5000人ほどの利用客がいるとは思えないほど山奥。当然市街地からも離れてる。あと南口には駅前というスペースがなく狭い道路があるだけ。

四方津駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:上野原市四方津

  1. 駅そのものよりも「コモアしおつ」の斜行エレベーターの最寄駅(?)として知られる。
  2. 塩津駅がないのに近江塩津駅三河塩津駅が旧国名を付けているのはここがあるから。
  3. 中線があり、ここで特急待避を食らうことも多い。
  4. 「しほうつ」ではない。
  • バス - 富士急バス

猿橋駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:大月市猿橋町殿上

  1. 駅の南側の高台にJR東日本が宅地開発した「パストラルびゅう桂台」がある。
    • 造成当初、BTMという磁石を用いたモノレールが駅との足だったがトラブル続きで廃止されてしまった。
  2. 開業当時は「さるはし」ではなく「えんきょう」だった。
  3. その名の通り日本三大奇橋の一つである猿橋も最寄り駅。
    • 大昔は中央線から見えたが線路が変わったので今は無理。
  • バス - 富士急バス

大月駅の噂[編集 | ソースを編集]

大 月
おおつき
猿 橋   初 狩
Saruhashi Ōtsuki Hatsukari
駅舎と岩殿山

所在地:大月市大月

  1. 東京口で運用されているE233系の最遠駅(実際は富士急行の河口湖駅)。
    • 八王子支社の管轄区間はこの先、長野県境の手前の小淵沢駅まで続いている。
  2. いまでは珍しくなった、駅弁の立ち売りが行われている。
    • 昔は釜飯がうまかった。
  3. なぜかログハウス風の駅舎(大菩薩峠の登山口だというのだが・・・・・)
  4. 富士急行の発車メロディーが新春かくし芸大会のテーマ。
  5. 富士急行線方面の電車が、JR中央線のホームから発車することがあるので、要注意。
  6. 駅前が全然開けてない。
  7. JRの上りホームに花壇があって溶岩っぽい岩からつつじか何かが咲いている。
  8. ハイテク機能を備えているスーパーあずさよりも、ほのぼのなフジサン特急の方が、かなり目立っている。
  9. 番線並びが富士急(1・2)とJR(3・4・5)で連番になっている。
  10. 8時ちょうどのあずさ2号は新宿駅ではなく、大月駅にある
    • なくなった模様。
  11. 夜には中線に別方向ゆきの並列停車もちまちま・・・
  12. 河口湖行きを切り離し残った編成が信号を勘違いしてスーパーあずさの側面に突っ込んだところ。

初狩駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:大月市初狩町下初狩

  1. いまや珍しくなったスイッチバック構造の残る駅。
    • ただし使用しているのは砕石(バラスト)輸送列車ぐらいで旅客ホームはすでに本線上に移設済み。
  2. 駅員は信号取扱業務や入換業務だけ。
  • バス - 富士急バス

笹子駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:大月市笹子町黒野田

  1. こちらも元スイッチバック駅。
    • 笹子トレーニングセンターに転用された。
  2. 駅番号はJC335。ということは隣の駅は…。
    • というのは冗談でCO34。
  3. 笹子餅が有名だったが、いまは駅前の店で売っている。
  • バス - 富士急バス

甲斐大和駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:甲州市大和町初鹿野

  1. かつては「初鹿野(はじかの)」駅だった。
    • 勝沼ぶどう郷、石和温泉とともに改称されたが、観光客にわかりやすいようにという目的なのに各地にあって無味乾燥な瑞祥地名の「大和」を使ってしまったという・・
    • この手の駅名改称だと重複などお構いなく旧国名をつけないがさすがに大和駅はまずかったようで。
  2. 中線があり、特急運行時間帯はしばしばここで特急待避を食らう。
    • 四方津や山梨市での退避より体感3倍待たされる。
  3. こっちも大菩薩峠の登山口。たまに特急が臨時停車する。
  4. 武田家終焉の地にちなみ、武田勝頼公の像が駅近くにある。
    • 楽天の則本ばりの端正な顔。
  • バス - 甲州市市民バス

勝沼ぶどう郷駅の噂[編集 | ソースを編集]

駅入口

所在地:甲州市勝沼町菱山

  1. 標高が高く、甲府盆地を見渡せる。景色がいい。
  2. 名前の通り駅のすぐうしろはぶどう畑。
  3. 旧ホームと、EF64形電気機関車の18号機が保存されている。
    • 近くには旧線トンネルも観光用に保存されている。
  4. 元スイッチバック駅。
  5. 駅名表示(?)の上にあしらわれたステンドグラスがおしゃれ。
  6. 歩いて15分くらいのところにある「ぶどうの丘」のショップが駅構内にも出張している。
    • 品揃えは本館の方が圧倒的に上なので、時間に余裕のある人は本館に行ってみよう。
  • バス - 富士急バス 甲州市市民バス

塩山駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:甲州市塩山上於曽

  1. 中央線が物凄い急カーブで北から西に向きを変えてすぐの所にある。
    • 下りだと急勾配を下り切った!感がある駅である。
  2. ここから甲府の通勤圏に入るようで、甲府方面へのここ発着の区間列車も多い。
  3. 西沢渓谷の最寄駅であり、下り列車からごついリュックを背負った方々が降りていく事が多い。
  4. 駅前に武田信玄の銅像がある。甲府駅のものとはまたデザインが違う。

東山梨駅の噂[編集 | ソースを編集]

東 山 梨
ひがしやまなし
塩 山   山梨市
Enzan Higashi-Yamanashi Yamanashishi

所在地:山梨市上之割

  1. 無人駅。
    • 券売機が上りホームにしかない。なのでICカードを持ってない下り方面利用の人は、いちいち上りホームへ行って、切符を買って、踏切を渡って来ないといけない。
  2. 構内の踏切が鳴り出した時にまだ線路内にいると怒鳴られる。
    • 危ないです!直ちに線路の外に出て下さい!」。
    • センサーによる自動放送ながら、よくある機械的な女性の声ではなく、臨場感溢れるおじさんの声が響き渡る。最初聞いた時は駅員がメガホンで怒鳴ってるのか、監視カメラか何かで見ていて違う場所からマイクで怒鳴ってるのかと思った。
    • 都心程頻繁に電車が来る分けではないので、乗客は電車の時間に合わせてホームに現れるものの、慣れ切っている為か結構ギリギリに来る人が多い。その為早朝なんかはかなり高い確率で聞ける。
    • 春日居町駅と同じATOS区間なのにも関わらず、自動放送は仙石型を使用(春日居町駅は巌根型)。
  3. 撮り鉄スポット。
    • 上り電車が順光で綺麗に撮れる。順行時間は午前中の早い時間。もしかしたら下りも午後の日暮れ前あたりに順光になるかもしれない。
    • 絶好のスポットなんだけど、順光時間の早朝は休日でも学生を中心とする地元利用者が多いので、好奇の目に晒される事必至。
  4. 何故「東山梨駅」としなかったのだろうか? 特に郡内の人からしたら「は?」な駅名と思うのだが。
    • そりゃおめえ、「東山梨市」なんて存在しないからだよ。
  • バス - 山梨市営バス

山梨市駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:山梨市上神内川

  1. かつては「日下部(くさかべ)」駅だった。
    • 山梨市誕生から8年後に現駅名に改称した。
  2. 今はそうでもないが、以前は同じ特急停車駅でも石和温泉や塩山より格下感があった(ここだけ通過する特急があった)。
  3. ほったらかし温泉」の最寄り駅。
    • 駅からの徒歩は驚異の上り坂90分コース。歩きに自信のない方はご用心を。
    • 車内からも見えるフルーツ公園や富士屋ホテルのさらに奥にある。バスもフルーツ公園まででそこから先は歩き必須。
  • バス - 山梨市営バス

春日居町駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:笛吹市春日居町別田

  1. かつては「別田(べつでん)」駅だったが、春日居町(当時)に所属していたため石和温泉とかと同時期に町名に改称した。
    • 西線側に既に春日井駅があったので、「春日居」は名乗れずやむなく「町」を付けた。
  2. 駅前に足湯がある。(旧)春日居町にも温泉がある、というアピールらしい。
    • 但し、春日居温泉へは石和温泉駅からの方が近い。
  • バス - 栄和交通

石和温泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:笛吹市石和町松本・駅前

  1. 山梨の駅で足湯のある公園が近くにある。
    • 石和温泉の公設足湯である「石和源泉足湯ひろば」までは若干歩く。
  2. 15年10月に津田様の放送(常磐型ATOS)が復活したが、僅かながら宇都宮型ATOSに変更された。
    • 津田ボイスが15年になって聞けたということにおいては声帯の治療から帰ってきたのかと思った。
    • よって山梨県内で津田英治を使った実績がある駅はここだけ。他は、旧放送と向山オンリーの放送。
  3. 発メロに、ご当地民謡の『武田節』が採用されている。
  4. 1階にはワインの試飲サーバーが設けられている。残念ながら試飲したワインの購入はできないが、近隣の店舗で販売している模様。
  5. 2階はガラス張りなので駅前の通りと背景の山々を見渡せる。
  • バス - 富士急山梨バス 笛吹市営バス(富士急委託) 山梨交通バス

酒折駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:甲府市酒折

  1. 山梨学院御用達の駅。
    • 大学や寮、グラウンド、附属高校などの施設が駅を取り囲むようにあり、さながら山梨学院の城下町である。
  2. 身延線の善光寺駅とはそれほど離れていない。

甲府駅の噂[編集 | ソースを編集]

甲 府
こ う ふ
酒 折   竜 王
Sakaori Kōfu Ryūō
甲 府
こ う ふ
金 手  
Kanente Kōfu
南口(CELEO甲府)

所在地:甲府市丸の内

  1. 特急かいじの終着駅。
    • かつては甲府止まりのものも「あずさ」だった。
    • 最近は「かいじ」は竜王まで乗り入れるものも増えた。その場合、行き先表示は「甲府・竜王」と併記される。
      • 甲府で切り離しをするわけではない。
      • ちなみに高速バスも同じような表示をする。
    • 特急ふじかわを忘れてないか?
      • ふじかわじゃなくてふじがわです。あと、それJR東海・・・。
        • ふじわで合ってる。それに、東日本だけについて書いてるわけじゃないし。
        • 富士川に関しては町名も「ふじかわ」で「富士川町」(静岡県庵原郡)、駅名も「ふじかわえき」(富士川駅)。
        • その後に合併で登場した山梨県南巨摩郡の富士川町も「ふじかわ」。
    • 「かいじ」が着いた後のホームは「あずさ」に乗り換える人でいっぱい。
    • はまかいじもかつては甲府どまり。今は松本まで行っちゃうが。
  2. 竜王は一歩先。
  3. このページではわからないが、2・3番線ホームの駅名表は、横幅が長い。
    • 5・6番線(=身延線、1番線ホームの端にある)が果てしなく判り難い。最近は張り紙誘導があるらしいが。
      • 1・2・3番線の延長に4・5番線があるのではなく、1番線の裏に4・5番線がある。
      • 米沢駅米坂線ホームのようだ(しかもこっちも4・5番線)。
  4. 中央東線で中央の■がオレンジ色の駅名標が見られる駅はこの駅が最西端のようだ。
  5. 2010年6月頃までは、一番最後まで貴重なカンノ製作所の発車メロディーを使っていたが、放送機器の老朽化のためスイッチの新曲に置き換えられた。
    • 以前「あの曲こそ中央線!」という感じがしたのに、今は群馬に行っているみたいに感じてしまう。
    • また、カンノメロディ+ATOSの組み合わせが聞けたのはこの駅のみ。
    • 接続列車待ちで発車が遅れるときは、発車メロディを2~3分くらい流し続ける。
    • 甲府(甲斐の府中)駅と南武線府中本町駅で同じ発車メロディだったのは、きっと偶然ではない。
  6. 身延線からの客がレシート券を突っ込むせいで自動改札機がよく詰まる。
  7. 中線を挟むおかげで1番線の列車の編成写真が綺麗に図郭に入る。ロープはご愛嬌。

竜王駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:甲斐市竜王新町・大下条

  1. 跨線橋がガラスばりでおしゃんてぃ。
  2. 何故か、かいじの何本かが甲府から1駅先のここまで来る。
    • パーク&ライド対応。マイカーで駅まで来る人にとっては郊外の駅の方が渋滞に巻き込まれにくく、駐車場も広く安かったりしてむしろ便利なのだ。
  3. 南口は「富士山ゲート」、北口は「昇仙峡ゲート」と呼ばれている。
  • バス - 山梨交通 甲斐市民バス 南アルプス市コミュニティバス

韮崎駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:韮崎市若宮

  1. 25‰の勾配上にあり、駅のホームが甲府方向に傾斜している。
    • 駅の設備も高台のホーム1面とさっぱりし過ぎていることもあり、落ち着かないと言う人が多い。
    • スイッチバックを解消したためらしい。
  2. かつてはここまでが東京近郊区間だった。

新府駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:韮崎市中田町中條

  1. 下り列車用の加速線があった。
  2. 七里岩台地の地下に軍需工場を建設する計画があったために信号場が作られた。
  3. 信号場時代は旅客扱いを行っていなかったが、地権者が国に土地を提供したから乗せろと要求して勝手に乗り始めたのを国鉄が黙認し始めて旅客扱いを始めたという逸話が残っている。
  4. 別に駅付近にカトリック教会はない。韮崎にはある。

日野春駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:北杜市長坂町富岡

  1. 旧町の中心駅という訳でもないのに何故か優遇されている感じがある。
    • 長坂駅の半分程しか利用がないのに今も有人駅。
    • 駅前も街並みというものはない。少し離れた所にコンビニがある。
  2. 甲府~小淵沢間で特急待避可能な(中線がある)のが竜王とここだけのため、ここで特急待避を食らうことが多い。
    • しかし駅前が上記のようなので、途中下車できても暇を持て余してしまう。
  3. 旧武川村へはここからが便利。市民バスやタクシーもあるが行きは下り坂なので歩くのも悪くない。
  • バス - 北杜市民バス

長坂駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:北杜市長坂町長坂上条

  1. 旧長坂町の中心駅。
  2. という訳で特急あずさが1往復停車していたが、2017年3月改正で全列車通過になってしまった。
    • 更に同タイミングでまさかの無人駅化。1日約1,000人も乗客数がある駅なのに。
  3. 駅舎の横に駅そば(小淵沢の丸政のチェーン)が残っているのが救い。
  4. ここもスイッチバック構造だったが貨物営業廃止でなくなった。
  • バス - 北杜市民バス

小淵沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

小 淵 沢
こぶちざわ
長 坂   信濃境
Nagasaka Kobuchizawa Shinano-Sakai
こぶちざわ
小 淵 沢
KOBUCHIZAWA
(山梨県北杜市)

かいこいずみ
KAI-KOIZUMI

所在地:北杜市小淵沢町

  1. 小海線ホームは高さが違う。
    • 4番線が気動車ホームで5番線が電車ホーム。
    • 4番線は架線が張っていない。
  2. 名物は駅弁。
    • 駅前に業者の建物がある。
    • 人気駅弁「元気甲斐」は午前中に売り切れになる。食べたい人は早めにGETすべし。
    • 丸政という駅弁屋さん。
    • 立ち食いそば・山賊そばが美味しい。
      • これも丸政がやっている。
      • 山賊だけじゃなくコラチャーというコラーゲンたっぷりのチャーシューがドカンとのったコラチャーそばも人気。
      • 他にも馬肉そばなど都会ではまず見かけないそばもある。
      • 山賊そばは我孫子の唐揚げそばと比較されることが多々ある。
      • 因みに山賊やきは松本市塩尻市の名物。
    • 元気甲斐は「愛川欽也の探検レストラン」で生まれた。
    • NHKのサラメシでも宮脇俊三の印象に残っていた駅弁として「元気甲斐」が紹介された。
    • マツコの知らない世界でも紹介された。
      • 紹介された駅弁は「高原野菜とカツの弁当」、「直火炊き 山菜とり釜めし」、「元気甲斐」の3つ。
        • 高原野菜とカツの弁当は美味いぞ。
  3. 中央本線の快速、ホリデー快速ビューやまなしの始発駅。
    • 土休日に1往復している。
    • 一時期はホリデー快速「しらかばこ」の名で上諏訪まで延長運転していた。側面幕は「臨時」。
  4. 観光客で賑わっている。
  5. 山梨県内にある中央本線の駅では一番端にある。
    • ここまで八王子支社。駅ナンバリングも終わる。
  6. 小淵沢駅も東京近郊区間に編入されたためSuicaもPASMOも使えるようになった。
    • 電車が止まったあとの行列ももう見ることができないのか・・・
  7. 5番線の小海線ホームから小淵沢始発の松本方面行き列車が出発する。
    • 諏訪湖の花火大会の時は小淵沢始発のE233系が5番線ホームから出発した。
  8. 駅名は「こぶちわ」だが、地名は「こぶちわ」。
  9. 現在、駅舎の改築工事中
    • 現在使用中の駅舎は開業当時から使用されている。
    • 2017年7月に新駅舎開業しました。駅そばも無事残ってます。
  10. 臨時特急かいじ173号の終着駅
  11. 新駅舎開業前のタクシー乗り場はほぼ全て小淵沢タクシーだったが、開業後は大泉タクシーもよく見るようになった
    • 元から拠点にしていた小淵沢タクシーはJPNタクシーを導入。大泉タクシーはNV200を導入済。地方なのにすごいね。
  12. 駅屋上は展望スペースになっている。街や八ヶ岳をはじめとした山々が見渡せて綺麗。
  • その他の路線 - 小海線
  • バス - 北杜市民バス 山梨交通 八ヶ岳高原リゾートバス

身延線[編集 | ソースを編集]

十島駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:南巨摩郡南部町十島

  1. 山梨県最南端の駅。
  2. 南部町(旧富沢町)の町営バスが乗り入れており、富沢の玄関口の1つ。但し駅自体は旧南部町にある。
  • バス - 南部町営バス

井出駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:南巨摩郡南部町井出

  1. 富士川を見下ろす高台にあり、駅からの眺望が素晴らしい。
  2. その眺望の真正面に南部町(旧富沢町)の中心街がある。
    • 川の対岸にあるが、駅から直接行く橋が無い。目の前に見えるのに2km位迂回しないと行けないという…
  • バス - 南部町営バス

内船駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:南巨摩郡南部町内船

  1. 南部町の中心駅。特急も全て停車する。
    • にもかかわらず無人駅。
  2. 身延線の山梨県内の特急停車駅の中では、ここだけ甲府駅からの距離が50kmを超えてしまう(特急料金がグンと上がる)。
    • 南甲府駅からだとギリギリ50km未満に収まる(49.9km)。
  • バス - 南部町営バス

身延駅の噂[編集 | ソースを編集]

駅舎

所在地:南巨摩郡身延町角打

  1. 日蓮宗本山久遠寺の最寄り駅なのにそこに行くにはバスが必要。
    • 地方の駅ではどこもそんなもん。特に身延線は主要観光地から見て富士川の対岸をずっと走ってるから・・・
  2. 南アルプスの登山客も多い。
  3. 通常は駅舎に面している1番線だけで上下とも捌く。朝夕など当駅発着などがあると2・3番線を使う。
  4. 駅舎の玄関上部にデカデカと、ふじかわの宣伝広告が貼ってあって風情が無い。
    • 「静岡駅で新幹線ひかり号とのアクセスも便利!!」
  5. 身延町がゆるキャン△の聖地ということもあってか、キャラクターが防犯・交通安全を呼びかけるポスターがここにも貼ってある。
  • バス - 山梨交通 身延町営バス 早川町乗合バス

塩之沢駅の噂[編集 | ソースを編集]

駅舎

所在地:南巨摩郡身延町帯金

  1. 殆ど空き地に簡易ホームが設置してあるだけの単線駅ながら、春になると桜が咲いて撮影スポットになるらしい。
    • 空き地といいつつ、車の送り迎えなどロータリー的に使われている。
  2. 甲府側から来る時、身延の1つ手前の当駅で降りると、500円ぐらい浮く事がある。
    • セコイっちゃセコイけど余裕があれば、大した距離じゃないので、身延まで富士川と山々を臨みながら歩いてみるのも一興。

下部温泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:南巨摩郡身延町上之平・常葉

  1. 下部温泉の最寄り駅だけで『ふじかわ』が全列車停車する駅。
    • 利用者は少ないけど…。
  2. 駅舎はボロめ年季を感じさせる佇まい。開業当初から使われているらしい。
  3. 最近日帰り温泉施設が駅すぐそばにリニューアルオープンした。温泉街と反対方向ではあるけど。
  • バス - 身延町営バス

甲斐常葉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:南巨摩郡身延町常葉

  1. 実は旧下部町の中心部は下部温泉駅ではなく、こちらの方にある。
  2. だが観光利用が見込めないためか、昔から優等列車はこちらではなく隣の下部駅(現・下部温泉駅)に停車していた。
    • 何故か新宿発の季節急行「みのぶ」だけはここにも停車していた。
  3. ゆるキャン△に出てくる高校はここが最寄。
  • バス - 身延町営バス

甲斐岩間駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:西八代郡市川三郷町岩間

  1. ハンコの産地として有名な旧六郷町の中心駅。特急も全て停車する。
    • にもかかわらず無人駅。
  2. 駅前がだだっ広い。
    • なので車で来ても駐車スペースには困らなそう。もっとも駅舎は簡素だし、窓口も売店も無いためわざわざ車で来るほどのメリットは?だが。
  • バス - 市川三郷町コミュニティバス

鰍沢口駅の噂[編集 | ソースを編集]

駅舎

所在地:西八代郡市川三郷町黒沢

  1. 因みに読みは、魚編に秋で「カジカ」、念の為。
  2. 甲府側からの列車の半数が、この駅で折り返す。
    • この駅を出ると最初のトンネルがあったりと、本当に景色が一変する。本数は違うけれど中央線の高尾駅に少し似てる。
    • 運行系統上のポイントというのは分かるけれど、ふじかわが停まる理由が今一分からない。
  3. 特急停車駅なのに無人駅にされた。
  • バス - 市川三郷町コミュニティバス 富士川町コミュニティバス

市川大門駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:西八代郡市川三郷町市川大門

  1. 市川本町駅と入れ替わりに特急停車駅に昇格した。
  2. 駅舎が中国の楼閣のような造り。
  3. 市川三郷町の代表駅扱いされていることもあり、簡易委託ながら窓口がある。
    • 駅スタンプもある。
  • バス - 富士川町コミュニティバス

市川本町駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:西八代郡市川三郷町市川大門

  1. 急行時代は全列車が停車していたが、特急格上げとともに隣の駅にその地位を奪われた。
  • バス - 市川三郷町コミュニティバス

東花輪駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:中央市東花輪

  1. 中央市の代表駅。
  2. 身延線の山梨県内の駅の中では最も利用客が多い。
  3. だが駅前は雑然とした住宅地で商業的雰囲気に乏しく、市の中心や身延線を代表している感じはしない。
  4. 今でこそ全特急列車の停車駅だが、かつては優等列車は一切スルーしていた。国鉄末期になっても急行列車の一部は通過していた。
  5. 花輪駅鹿角花輪駅より西にある。
  • バス - 中央市コミュニティバス 南アルプス市コミュニティバス

常永駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:中巨摩郡昭和町河東中島・上河東

  1. 甲府側からの降車客が多く、車内に運賃清算の行列が出来る。
    • ダイヤには余裕あるんだろうけど、結構なタイムロスになる。非ふじかわ停車駅だけど、施設あるんだから有人駅にして欲しい。

南甲府駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:甲府市南口町

  1. 甲府市の南の玄関口。特急も停車する。
  2. 有人駅で、周辺の駅の管理駅でもある。
  3. 駅舎はコンクリート2階建ての立派な造り。
    • 身延線が私鉄だった頃の本社があったため。
  • バス - 山梨交通

善光寺駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:甲府市城東・善光寺

  1. 名前詐欺ではないが、長野の善光寺とは無関係の駅。
    • 長野の善光寺と区別をつける為に甲斐善光寺と呼ばれている。
    • 長野の善光寺は長野駅長野電鉄善光寺下駅で言った方が早い。
    • でも長野の善光寺と甲斐善光寺の間には一応つながりはある。
      • 武田信玄が長野の善光寺の御本尊をふんだくって戦争の被災よけに持ってきて作った寺。
  2. 因みに日蓮系が多い身延線では珍しく浄土宗系の寺院が最寄り駅でもある。

小海線[編集 | ソースを編集]

甲斐大泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:北杜市大泉町西井出

  1. 旧大泉村唯一の駅だが、旧村の中心部からはだいぶ北に離れており、標高も中心部よりだいぶ高い所にある。
  2. 現存する「大泉駅」は全てこの駅より後の開業なのに、令制国名を冠している。
    • かつて奈良県の大和鉄道(田原本~桜井間)にあった大泉駅を意識したのかもしれない(大和鉄道は国鉄との連絡運輸もあったようだし)。

清里駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:北杜市高根町清里

  1. 小海線の主要駅。小淵沢で大量に乗った観光客はここと野辺山駅でだいたい降りる。
    • 観光的なネームバリューが強い割には、駅舎の見た目はかなりシンプル。
  2. 小海線の駅の例に漏れず標高が高い。JRの駅では野辺山駅に次いで国内2番目。
  3. 駅前の坂は結構急。レンタサイクルだと気をつけないとスピード出る。
  4. 清里名物(?)のミルクポットは割と駅の近くにある。
  • バス路線 - トラビスジャパン 北杜市民バス

富士山麓電気鉄道[編集 | ソースを編集]

田野倉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:都留市田野倉

  1. ここで地元の人以外が降りる場合、ほぼ確実にリニア見学センターに向かう人である。
    • 直線距離だと隣の禾生の方が近いが、バスが出ているのでこちらを使う客が多い。
  2. リニア中央新幹線開業後は事実上リニアとの乗換駅になるのでは?」と推測する人もいたが、山梨県内の駅が甲府に出来る事が決まったので全然そんな事はなかった。
    • リニア開業後、施設を含めこの駅がどうなるか非常に気になる…。
  • 路線 - 大月線

都留市駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:都留市つる

  1. かつては優等が止まっていたが都留文科大学前に全て奪われた。
  2. もっと前(都留市が谷村町だった頃)は町の中心駅ですらなかった。なので主要駅だったのは40年ぐらい。
  • 路線 - 大月線

都留文科大学前駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:都留市田原

  1. その名の通り都留文科大学の最寄り駅。
  2. 下吉田駅に停まるようになるまでは大月~富士山では唯一の特急停車駅だった。
  • 路線 - 大月線

寿駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:富士吉田市上暮地

  1. もともとは地名の通り「暮地駅」だったが、「『墓地』と紛らわしい」という理由でこんな駅名に。
  • 路線 - 大月線

下吉田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:富士吉田市上暮地

  1. 副駅名は「新倉山浅間公園」。
  2. いつの間にか全特急停車駅。
  3. 列車接近メロディがフジファブリックの「若者のすべて」「茜色の夕日」。
  4. 近くに14系客車や5000形電車が展示されている。
  5. 昔は静岡県にもあった。
  6. この駅だけタイ語の案内がある。
  • 路線 - 大月線

富士山駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:富士吉田市上吉田

  1. スイッチバックである。
    • 特急はその先には行かない。
  2. 流石にこの駅名変更は…。
    • いちおう、富士山に最も近い駅の候補とは思う。新幹線限定なら間違いなく新富士だが。
    • 一応書いておくと変更前は「富士吉田駅」だった。
  • 路線 - 大月線・河口湖線

リニア中央新幹線[編集 | ソースを編集]

山梨県駅(仮)の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:甲府市

  1. 他の中央新幹線と違ってここだけ単独駅になるらしい。
    • 素直に身延線との交点に作ればいいものを。
      • さすがにまずいと思ったのか身延線の近くも検討され始めた。
      • 下手に在来線と接続して通しの運賃で計算させるのがいやらしい。
      • JR東海の主張「甲府駅まで道路一本だからアクセスしやすいよ!」
        • 大義名分としては中央自動車道に近いということらしいが。
    • 長野県駅も単独の予定だけど?
      • そっちは飯田線側にも新駅を作る方向。
    • どう考えても甲府市に駅を作りたい感が見え見え。(身延線側だと中央市になる。)
  2. おかげで甲府市内まで交通機関を延ばせないか検討中。
    • 甲斐市長「身延線の支線を作れ」、山梨経済同友会「BRT」、甲府商工会議所「モノレール」…。
    • 身延線との交点に作るより「100億」節約して、甲府までの交通機関に「500億」かけることに。