川崎市の駅/中原区・高津区・宮前区

提供:chakuwiki

日本の駅 > 関東 > 神奈川 > 川崎市 > 中原区・高津区・宮前区

川崎市中原区高津区宮前区にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

分割済み[編集 | ソースを編集]

南武線[編集 | ソースを編集]

平間駅の噂[編集 | ソースを編集]

駅舎

所在地: 中原区田尻町

  1. 瓦葺きの駅舎が何気にレア?
    • 階段とエレベーターの跨線橋が別々になっているのもレア?
  2. 開かずの踏切すぎてラッシュ時にはマナーが崩壊している様子がワイドショーで報じられた。
  3. この辺りは似た様な駅が多いが、改札が上りホームにしか無く、階段の上り下りを強いられる。私鉄らしさを残している区間。
  4. 駅周辺に、まいばすけっとが群生している。
  • バス - 川崎市バス 東急バス

向河原駅の噂[編集 | ソースを編集]

向 河 原
むかいがわら
平 間   武蔵小杉
Hirama Mukaigawara Musashi-Kosugi
駅舎

所在地: 中原区下沼部字玉川向

  1. NEC玉川事業所のお膝元。
    • 改札は多摩川側にあるが、通勤時間帯のみNEC側の臨時改札が使える。
      • 昔は本当に社員専用だったけど通路の敷地が川崎市のものになったので一般市民でも使えるとか。
      • ちゃんとした改札は上り方の最後方にしかない。通常時間帯は下りホームから、わざわざ階段を上り下りさせられる。
    • 一時期駅名が日本電気前だった。
  2. 駅出てすぐのところにスーパーがある。
    • 少し前まではもっと店舗面積が広かったのだが、今は一部がセブンイレブンになってしまった。
  3. 実は横須賀線・湘南新宿ラインの武蔵小杉駅も近い。
    • お陰で利用客が激減しているらしい。
  • バス - 川崎市バス

武蔵中原駅の噂[編集 | ソースを編集]

武蔵中原
むさしなかはら
武蔵小杉   武蔵新城
Musashi-Kosugi Musashi-Nakahara Musashi-Shinjō

所在地:中原区上小田中六丁目

  1. 中原電車区があるため当駅始終着の電車がある。
    • ただ駅は高架駅なので急坂を昇り降りして入出庫する。
  2. 最近になって快速と各停の接続が行われるようになった。
  3. 駅から富士通の工場が見えるので,その関係者の利用が多い。
    • 朝ラッシュの上りは混雑率190%・・・
  4. 駅名に「中原」と区名が入っているが、実際の区の中心駅は武蔵小杉である。
  5. 武蔵新城駅同様、地元民は「中原駅」と読んでいる。
    • ちなみに地元民は武蔵小杉は小杉駅、武蔵新城は新城駅、武蔵溝ノ口は溝の口駅でそれぞれ通じる。
  • バス - 川崎市バス 東急バス 川崎鶴見臨港バス

武蔵新城駅の噂[編集 | ソースを編集]

武蔵新城
むさししんじょう
武蔵中原   武蔵溝ノ口
Musashi-Nakahara Musashi-Shinjō Musashi-Mizonokuchi

所在地:中原区上新城

  1. 乗り換えも待避線もないのに快速が停まる。
    • 蟹ヶ谷など大型団地からの利用が多いからのようだ。
      • 朝ラッシュの上りは実際ここでかなり乗客が増える。中原駅で更に増えてすし詰め状態になり小杉駅で緩和される感じ。
    • 武蔵小杉から武蔵溝ノ口まで4駅連続停車。
      • 2015年3月から南武線全線の快速運転を開始するがこの区間の連続停車は変わらず。
  2. 旧国名のつかない「新城駅」は飯田線にある(読み方は「しんしろ」)。
  3. 当駅周辺・南武線沿線では「新城」で伝わるが、全国的「しんじょう駅」といえば山形県の方が有名。
    • 新幹線の終着駅だからね。
    • 鉄オタや関東東北民ならともかくとして、新庄駅に全国的な知名度ってあるんですかね?
  4. ここから東急東横線綱島まで東急バスが出ている。
  • バス - 川崎市バス 東急バス

武蔵溝ノ口駅・溝の口駅の噂[編集 | ソースを編集]

武蔵溝ノ口
むさしみぞのくち
武蔵新城   津田山
Musashi-Shinjō Musashi-Mizonokuchi Tsudayama
溝 の 口
Mizonokuchi 沟之口 미조노쿠치
高津
Takatsu
  みぞのくち 梶が谷
Kajigaya
溝 の 口
Mizonokuchi 沟之口 미조노쿠치

  みぞのくち 二子玉川
Futako-tamagawa
西口駅舎

所在地:高津区溝口

  1. 田園都市線と南武線の乗換えがやたら不便
    • あの程度で不便とかねーよw
      • 南武線の最後尾からおりるととめちゃめちゃ時間がかかるんだよ
    • あれで不便だというなら、町田はどう表現すればいいのだろう?
      • 町田の場合はあれくらい離れてないと、乗り換え客であふれかえって大変なことになるが。
    • 稲田堤よりずっとまし。
    • メトロの足元にも及ばぬわ。
    • 横須賀線武蔵小杉駅と東横線武蔵小杉駅の乗降客が聞いたら怒るぞっ
      • 今だって鹿島田駅と新川崎駅を徒歩連絡してるぞっ
      • 同じ会社のはずな京葉東京埼京渋谷は…
        • 埼京渋谷は移転して便利になった。
    • JR相模原小田急相模原
      • それは乗換駅じゃないから。
    • 5Fにホームのある東武線と3Fにホームがある武蔵野線を乗り換えるのに、一度地上に降りなければならない新越谷・南越谷は?
  2. JRの駅は武蔵溝ノ口なのに東急は溝の口、さらに付近にあるバス停は溝口。
    • 何故JRに「武蔵」が付いているかというと、播但線に溝口(みぞぐち)駅があるから。
  3. 高津区の中心駅である。高津駅は溝の口の隣の駅だが、各駅停車しか止まらない上、東急の電車とバスの博物館も宮崎台に移転したため、ただの小さな駅になってしまった。
    • 敢えて言うと図書館の最寄り駅。
    • 大井町線の各停すらまともにとまらない
  4. 駅の脇にある「ノグティ」の名前が、妙に印象的。
    • みぞ「ノクティ」?
    • 「溝の口」+「CITY(町)」=「NOCTY」
    • {のくち}が由来
  5. 大井町線の殆どの電車が2009年7月から乗り入れてくるようになったが、田園都市線渋谷開業前は殆どの電車が大井町発着であった。
  6. 駅前は規模の割にアマチュアミュージシャンが多く、都内で唄うには時期尚早な若者達が集う。
    • JR改札前のガラスに向かって黙々と踊る若者も多い。
  7. 某スマホの地図では餃子の王将駅になっていた。

津田山駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地: 高津区下作延六丁目

  1. 南武線で一番利用客が少ないらしい。
  2. ぱっと見津田沼っぽい。
    • でも規模は雲泥の差。
  3. 橋上駅舎になった。

久地駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地: 高津区久地四丁目

  1. 東高根森林公園最寄駅。
  2. 国鉄型のフォントの駅名標が未だに残っている。
    • ナンバリング導入を機に、ついに建植式のままでJR型に交換された。
  3. ほんの1、2mしか昇らないエレベーターがある。
  4. 昔は久地梅林という駅名だったという。
  • バス - 川崎市交通局 東急バス

東急東横線[編集 | ソースを編集]

新丸子駅の噂[編集 | ソースを編集]

西口駅舎

所在地:中原区新丸子町

  1. 武蔵小杉とは目と鼻の先。
    • 武蔵小杉駅とは500mの距離しかない。
  2. 目蒲線に丸子駅があったから新丸子駅になったそうだ。
  • 路線 - 東急東横線 東急目黒線
  • バス - 川崎市バス 東急バス

元住吉駅の噂[編集 | ソースを編集]

元 住 吉
Motosumiyoshi 元住吉 모토스미요시
武蔵小杉
Musashi-kosugi
  もとすみよし 日吉
Hiyoshi
元 住 吉
Motosumiyoshi 元住吉 모토스미요시
武蔵小杉
Musashi-kosugi
  もとすみよし 日吉
Hiyoshi
西口駅舎

所在地:中原区木月

  1. 車庫への引き上げ線を残すために旧線路を取り壊さずに高架の新線を建設したため、高架線の上に更に橋上駅舎が乗っかっている珍しい駅。普通鉄道ではどうやらここだけらしい。
  2. ここは丁度、優等列車の110キロ運転区間なので、東急線内でも結構良い通過シーンが見られる。
  3. ホームから綺麗な夕日が臨める隠れスポット。
  4. イベント限定で優等列車が臨時で停車するのは周知の事実
  5. かつて急行が止まらないのに「急行 元住吉行き」があった。
    • 初めて見たときは終点なのに止まらないで車庫に入るのかと思った。
  6. 木月4丁目のあたりは、踏切(平面交差)→尻手黒川線を上に電車が下(立体交差)→東横線・目黒線を上に道路が下(立体交差)と上下がコロコロ変わった。
  7. 東急で各駅停車しか止まらない駅の中では最も乗降客数が多い(各駅停車しかない池上線、東急多摩川線、世田谷線、こどもの国線を除く)
  8. 東横線・目黒線の急行通過駅で唯一到着放送がある駅。かつ東横線で唯一乗り換えがない駅の到着放送「ご乗車ありがとうございました」が聞ける駅。
    • かつては日吉(目黒線延伸前)、さらに前は桜木町でも聞けた(根岸線と連絡運輸してなかったため)。
  9. 駅前にあるブレーメンの音楽隊(動物)像は北海道の十勝地方にある施設から譲渡されたものらしい。
  10. 東横線からの新横浜線直通の電車は現時点で急行のみなのだが、駅名標の次駅表示にはしっかり日吉駅の新横浜線としてのナンバリングも記されている。
  11. 追突事故があった。
    • 降雪の影響と諸々の経緯から、ブレーキが効かず前の電車とゴッチンこ。一部車端がぐちゃぐちゃになる結構な事故になった。
    • しかも潰してしまった前方の車両が、みなとみらい車で、東急は1編成を事故車との交換という形で補償。塗り替えられて現在Y507編成となっている。1編成だけ何故かフルカラーLEDなのはこれが理由。
  • 路線 - 東急東横線 東急目黒線
  • バス - 川崎市バス 川崎鶴見臨港バス 東急バス

東急田園都市線[編集 | ソースを編集]

二子新地駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:高津区二子二丁目

  1. 大井町線通過駅。
  2. 1927年に開業した二子玉川~溝の口間の玉電時代からある古い駅である。
  3. 開業当初は二子新地前という駅名だったが車内案内放送の発音によっては「二子死んじまえ」と聞こえるという批判もあったことから1977年「前」を取って二子新地に改称された。
    • なお、「ふたしんち」である。
  4. 高架下と駅前を交差する道路が狭い。多分、一方通行レベルしかないかも知れない。

高津駅の噂[編集 | ソースを編集]

高 津
Takatsu 高津 다카츠
二子新地
Futako-shinchi
  たかつ 溝の口
Mizonokuchi

所在地:高津区二子四丁目

  1. 2002年まで電車とバスの博物館があった。
  2. 二子新地ともに大井町線通過駅。
  3. 大井町線G各は高津付近で田園都市線各停を追い抜く。
  4. 長らく駅前にスーパーマーケットが無かったが2013年10月25日金曜日ようやく東急ストアが開店。
  5. 二子新地と同様1927年に開業した二子玉川~溝の口間の玉電時代からある古い駅である。
  6. 駅名のイントネーションは、「かつ」である。
  • 路線 - 東急田園都市線 東急大井町線(青各停のみ)
  • バス - 東急バス 川崎市営バス

梶が谷駅の噂[編集 | ソースを編集]

梶 が 谷
Kajigaya 梶谷 가지가야
溝の口
Mizonokuchi
  かじがや 宮崎台
Miyazakidai

所在地:高津区末長

  1. まず梶ヶ谷に建ってない。
    • 梶ヶ谷の住人は意外と知らない。
    • 場所は末長だが作延も近い。
  2. 恐らく田園都市線ユーザにとって一番うざい駅だと思われる。
    • 理由は、その乗車する客の多さと通過待ち。
  3. その昔は2面4線であったが、大井町線の溝の口までの延伸に伴い、梶ヶ谷駅に大井町線の車両のための車庫が設けられたため、4番線は現在使われておらず、急行電車通過のための通過専用線となった。
  4. ホームがかなり湾曲しており、電車とホームの隙間が相当広く開く。
    • 特に顕著になるのが1番線で、ホームの端に立ってみるとよくわかる。
  5. そもそも「梶ヶ谷」じゃなくて「梶が谷」なんだが…
    • あ、確かにw地名としては梶ヶ谷だけれど…これが東急セオリー。
    • 東急バスは「梶が谷駅」と表記するが、川崎市バスは「梶ヶ谷駅」と表記している。
  • バス - 川崎市バス 東急バス

宮崎台駅の噂[編集 | ソースを編集]

南口

所在地: 宮前区宮崎二丁目

  1. かつて高津駅にあった電車とバスの博物館は今はここにある。
  2. 南口出てすぐの所はまるで公園の広場のよう。
    • KFCが目立つ。
  3. 数年前、ホーム端の架線柱の所に古い駅名標が捨てられていたが、今でもそのままなのだろうか。
  4. ここに武蔵野線があったら乗り換え駅になっていただろうか?
    • 一応、武蔵野線は旅客営業していないが近くを通る。
  • バス - 東急バス

宮前平駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地: 宮前区宮前平一丁目

  1. 宮前区役所最寄駅だが優等列車が止まらない。
  2. 駅前の謎のオブジェが目を引く。
  3. 近くにある湯けむりの庄は雰囲気がよくてオススメ。
  4. 何故かホームドアが、かなり手前に設置されている。
    • 電車から間を置いて、まるで新幹線の駅。
    • 宮前平にホームドアが出来た当初はまだ6ドア車があったためである。
  • バス - 川崎市バス 東急バス

鷺沼駅の噂[編集 | ソースを編集]

鷺 沼
Saginuma 鹭沼 사기누마
宮前平
Miyamaedaira
  さぎぬま たまプラーザ
Tama-plaza
併設されているメトロ車庫

所在地:宮前区小台・鷺沼

  1. 東京じゃないのに「東京メトロ」半蔵門線の車庫がある。
    • 昔は東急の車庫だったのを売っぱらった。大井町線のねぐらが今もあり、端はそこだけ馬鹿高い高架橋になっている。その下には川でもないのに鉄橋がある。
      • 馬鹿高い高架橋は「銀河鉄道999の始発駅」と一部で言われている。
    • 竹ノ塚も同じく。
    • 鷺沼の他に東京メトロの路線ではあるが千葉県の妙典にも「東京メトロ」の車庫がある。ちなみに路線は東西線。埼玉県の和光市にも「東京メトロ」の車庫がある。路線は有楽町線
      • 和光市は副都心線もだよ。こっちには東武車両や西武車両、たまに東急車両が結構停まっている。
      • この2(3)路線と半蔵門線鷺沼の根本的な違いは、当該路線の駅から他社線を介していること。
    • 半蔵門線・日比谷線の車両の他、まれに東武の車両が停まっている。
  2. 田園都市線の中間駅。
  3. 渋谷の停車駅案内の「鷺沼」が「パギぬま!」に聞こえてかわいらしい。
  4. 始発の電車がある。
  5. 大井町線は最終的までここまで全列車が来るようになるらしい。
  6. ここを境にかつては本数、列車の長さとも半分程度に減っていた。
  7. なんでだか知らないがここ行きの電車の側面LED行き先表示が「鷺沼」ではなく「愛川」に見えた。延伸してくれたらいいな…w
  8. 鷺沼にもとから急行が止まるのは、開業当時の東急の社長が鷺沼に住んでいたためらしい。
  9. 急行と各駅の接続駅。
    • 先に来ている各駅の運転手と、後から来た急行の運転手が、慣例なのか発車までの間、必ずちょこちょこっと会話を交わす。
  • バス - 川崎市バス 東急バス

神奈川の駅
横浜市青葉区・緑区/港北区・都筑区/鶴見区・神奈川区/西区・中区/磯子区・金沢区
川崎市川崎区・幸区/中原区・高津区・宮前区/多摩区・麻生区
相模原・県央 | 鎌倉・三浦 | 湘南 | 足柄 | 偽モノ(横浜市)