布施

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本近畿 > 大阪東大阪市布施

城東 鶴見 大東 住道 寺川
放出 徳庵 稲田 鴻池 加納 石切
諏訪 森河内 長田 荒本 吉田

高井田 御厨





枚岡
布施 小阪 八戸
ノ里

玉串 池島 縄手
衣摺 長瀬 八尾
平野 加美 久宝寺
緑地
大蓮 弥刀 久宝寺 八尾市街 山本
長吉

布施の噂[編集 | ソースを編集]

近鉄奈良線の高架下にあるポッポアベニュー
  1. 難波まで近いのに家賃が安い。が、家賃相応の治安だったりする。
    • 大阪はひったくり発生件数全国ワースト1だが、その中でも特に布施署管内が一番酷いらしい。
    • 更に、ヤの付く自由業の方が多く住んでるんだとか。(近鉄沿線では有名な話)
      • ヤのつく若者も多く暮らしている。
  2. 時々、塩爺を見かける。
    • 塩爺派は旧布施市が地盤だからねえ。一方で彼と党内対立していた西野一族は旧河内市が地盤。意外と複雑な東大阪。
  3. 駅前で行われる地車パレードに大阪市内の「深江」が参加するのは、布施駅は昔「深江停留所」だったため。
    • 実は布施駅周辺の商店街は大阪市にもかかっている。布施駅自体が大阪市との境界に近い場所にあり、駅前には近鉄バスのほか大阪市バスも乗り入れている。この大阪市バスの行先はなんと阪急京都線の上新庄駅前で、途中守口市内も通っている。
      • 大阪シティバスは後にあべの橋に行く路線も乗り入れるようになった。かつては駅の南側にある布施三ノ瀬が終点だったが、路線変更で布施駅前に乗り入れるようになった。
        • 布施三ノ瀬にはかつて市バスの操車場もあった。
        • 三ノ瀬公園の少し南の住宅街の中にあったよねえ。こんな辺鄙な所に路線網引っ張るなら駅に乗り入れろよと思っている人は多かった。東深江バス停~新森公園・上新庄駅行についても同じことが言えたけど。
    • 布施駅が深江停留所であることとそれとは関係なかろう。
      • 単純に布施も深江も元々あった街道沿いというか交点に栄えた町で、その街道の上や、街道から道一本入った所に地区の境を引いたためにこうなったのであって、元々一つの街のようなもんだったのが、原因。
        • 守口市と大阪市旭区の境界もそんな感じ。
    • 要するに、大阪市まで徒歩圏内。
  4. 回転寿司発祥の地だ。
    ここが回転寿司発祥の地
    • 「回転寿司」第一号店(元禄寿司)がある。
  5. 大阪のお好み焼きと言えば、「鶴橋風月」が有名だが、実は布施にも「風月」が存在する。しかも有名らしい。
    • 千林にもあります。自分は最初千林の「風月」が本家で「鶴橋風月」が分家だと勝手に思っていた。もっとも真相は知らないが。
      • そらどこにでもあって当然やろ。布施の風月も千林風月(現:風の街)も鶴橋風月も、天満にある風月っちゅうお好み焼き屋の暖簾分け先なんやさかい。
  6. なぜかここと京都駅を結ぶ高速バスが運行されている。
  7. ここもキャベツ焼き屋が多い。
    • 相場は100~140円と決まっている。それなりに旨いので、よろしいで。
      • 中でもオススメなのが本町通り商店街を南端へ出た所を左へ曲がってすぐの所にあるキャベツ焼き屋。恐らく布施で一番旨い。しかしながら布施で一番安い値段(100円)で頑張っている。
        • 店主のおばちゃん氏に、安さの秘訣を聞くと「そんなもんあれへん。ここは商店街の外れで場所も悪いさかい、値上げしたくてもでけへんねや」とのこと。
        • 2019年10月の消費増税で、食品だから軽減税率適用で前と変わらんはずなのに、何故か120円に値上がりしたので、改めて聞いた所、「原材料費は上がっててもうこれ以上は無理やからあげてん。せやけど、味は布施で一番やし、値段は東大阪で一番安いから堪忍や。」とのこと。
          • 実際布施駅構内のキャベツ焼きやと比べたら、断然安いし美味いので値上がりしても客の入りは絶えていない。
  8. つんく♂の地元。弟はたこ焼き屋やっているらしい。
    • あと、「鳥貴族」創業者一族も。
  9. 駅前に「布施ラインシネマ」という映画館がある。そこのホームページを見ると「東大阪市唯一のシネコン」なんてことが書いてある。もしそれが事実なら東大阪市は田舎以下…(因みに前は駅前と商店街の中に映画館があったけれど今は駅前のみになってる)
    • そして2020年2月末をもって閉館になる。
  10. パチンコ屋だらけ。東大阪市の中でも際立って多い。
    • 古い飲食店やキャバクラ、ストリップ劇場まであり一言で言えば男の歓楽街。若い人は市内に出ていってしまうが。
  11. 近大が近くにあるためか、最近ラーメン店が増えている。ご当地ラーメンである高井田ラーメン以外にも。
  12. 30代以上はテレビCMで覚えているであろう全寮制を謳っていた両国予備校の大阪校があったのもこの布施。今もなぜか看板だけは残っているとか。
  13. 「布施」は旧市名ではあるが駅周辺の町名には存在しない。従って合併で東大阪市になった後は「布施」という地名は存在しないことに。
    • 布施駅周辺の町名は足代や長堂になる。旧市名が近鉄の駅名に残った形。このあたりの事情は合併でできた市町村にありがち。
    • 言うまでもなく東大阪市内一の繁華街だが、市の中心と言われるとちょっと…という感じ。市域全体では西に寄り過ぎだし。
  14. かつてマイカルのスーパーがこのエリアに2つもあった。
    • 駅前にビブレが、ここから少し東側にいった場所にサティ(旧ニチイ)があった。サティも旧ニチイの店舗としては大規模だったが閉店。今は旧ビブレがイオンに転換されて残っている。
      • ビブレ改めイオンの中には図書館もあったりする。
  15. 実は浅草寺がある。
    • 関西に浅草観音があるのはほとんど知られていない…ようだが近鉄の車窓から看板が見えたりもする。
  16. 「布施駅前給油所(早い話、ガソリンスタンド)」と言う名の居酒屋がある。
    • 「それなら、給所やろ!」と言うツッコミはナシで(笑)
    • 因みに、メインメニューは下記の通り。
      • レギュラー(某発泡酒):330円
      • ハイオク(高めのビール):380円
      • 軽油(チューハイ):330円
  17. 何気に近鉄百貨店東大阪店があるが駅周辺を見渡してもそれらしき建物は見当たらない…。と思いきや近鉄の高架下にある。
    • 食品とギフト・商品券だけの小規模な店舗で、今は他にもそういう例は見受けられるものの、この店ができた1970年代の時点では珍しかった。
  18. 長らく近鉄の独占エリアだったが、2008年にJRおおさか東線が開業しJR河内永和とJR俊徳道の両駅がこのエリアにできた。
    • 2019年3月には放出以北も開通して全通を果たし、新幹線と接続する新大阪駅阪急京都線と接続する淡路(JR淡路)駅へも乗り換えなしで行けるようになり、利便性は大幅に向上した。
    • それ以外にも場所によっては大阪メトロ千日前線の新深江・小路駅も利用できる。
      • と言っても使う人はほとんど居ない。だって、千日前線の通るミナミには近鉄で行ったほうが安いし速いから。まあ地下鉄の定期を持っているとかなら話は別やけど。
  19. 永和の長栄寺と鴨高田神社は結構由緒あると思われる。
  20. 布施駅の真下を南北に貫く広い道路があるが、東大阪特有の中途半端な開発事情がよく分かるでき方をしている。
    • あの道路、もともと加美から放出(森河内)まで、東大阪市と大阪市の境の辺りを一直線にぶち抜く片側2車線の都市計画道路を作る予定だったみたい。高井田本通の辺りにもその残骸区間が僅かに残っている。
    • 布施駅北側~産業道路の区間は、平成の30年間、わずかに用地買収が進むだけで、いつまでたっても拡幅工事がなされないというザマだった。東大阪市内はこういう意味のわからない道路が多い。
      • 布施駅の南の辺りを俊徳道から東西にぶち抜く四条通も用地買収が少し進んだだけで、平成初期から平成の終わりまで、ずっと同じ光景が広がっていた。
        • 因みにこの四条通が本当に完成すれば、俊徳道から、ブランどおり布施をかすめて、少路、新今里、猪飼野、細工谷を抜け、生國魂神社の前まで行けるようになる。
  21. 肉のやまじんのコロッケが、界隈では名物扱いされている。
  22. 近鉄布施駅の北側ロータリーは市バス、南側ロータリーは近鉄バスが使っている。
    • 昔は南側にしかロータリーがなく、市バスはその端っこに新森公園からの便(今は上新庄駅行になっている)だけが乗り入れていた。
      • いいえ、市バスは元々は北口に乗り入れていて、その当時は「布施駅北口」という行き先だった。北口の再開発(今のイオンが建設された)の際に一時的に南口に移されていた。その時バス停の名称を「布施駅前」に変更された。
  23. 布施といえば布施戎神社を思い出す人も多いかも。
    • 西宮えびす神社の出店でしかないんだが、その割には結構色んな人に崇められているらしい。
  24. 実は布施戎神社を西に3m行くと大阪市生野区。この辺り市境の入り組み具合がエグい。
  25. 布施には料亭がある。
    • 昔は飛田チックな料亭もあったが、今あるのはそういうのではなくきちんとしたやつ。ちなみに小泉純一郎元総理もそこで飲み食いしたことがある。
  26. 長堂のあたりにアホみたいに安い八百屋がある。
    • ただし商品が傷んでいてもノークレーム・ノーリターン。
  27. ひばりや書店は街の本屋の割に、専門書や学参等も含め、取扱書籍が豊富。
    • ぶっちゃけ大阪市内の大手の本屋(紀伊国屋とか)よりも使い勝手がいい。。
  28. 布施のジャンカラはちょっとおかしい。カラオケスナックになっている。
  29. 布施の民泊、民泊なのに朝食・夕食付きのプランをやっているところがある。
    • でも宿で飯を出してもらえるのではなく、提携している商店街の中のたこ焼き屋でたこ焼きが食える、惣菜屋で惣菜が食えるというよくわからん朝食・夕食サービス。
    • だいたい民泊の泊まれる部屋も商店街の空き店舗なら、受付は元・婦人服屋の居抜きで訳がわからん。(MBS「明石家電視台」情報)
  30. 布施の宝くじ売り場は大阪では最も高額当選が出やすいと言われている。
  31. 商店街がホテルになった。

俊徳道駅周辺[編集 | ソースを編集]

  1. 俊徳道は摂州合邦辻の俊徳丸縁の地。
    • 八尾の高安から四天王寺にしょっちゅう参拝に行っていた高安長者の息子の俊徳丸さんが頻繁に往来したから、その道が俊徳街道とか俊徳道と呼ばれたとか。
  2. 近鉄の駅ができて100年以上、JRの駅ができて10年以上経った2019年の夏になってようやく、俊徳道駅にタクシーが停まれるロータリーと両駅をつなぐ歩道ができた。
    • でも、地元民からしたら、「なんかずっと工事しとるけどこんな物ができてきれいになるやなんて知らんかったわ~~」という感じ。実施、地元ネタが割と揃っている号外ネット東大阪版にも【東大阪市】知っていましたか?!近鉄俊徳道とJR俊徳道の間の大規模工事が進んでいます!なんてタイトルの記事が書かれる程の事態。
    • 同じ頃、ようやく長瀬から近鉄線沿いに伸びる片側1車線の道路が俊徳道の交差点までつながった。最後の一区画が完成するのに20年位かかったが、やっとというか、ホンマに完成したんやなあという感じ。
  3. 俊徳道から永和は徒歩圏内。JRを1本待ってる間に着く距離。