平塚市の産業

提供:chakuwiki

平塚の産業[編集 | ソースを編集]

  1. 日産横浜ゴムなどの大企業の工場が多く、職住近接ができている。
    • シャープとかキヤノンもあるよ。
      • 古河電工や関西ペイント、三菱樹脂、第一三共も入れてくれ。
      • 平塚にシャープの工場なんてあったっけ?
    • 神奈川県内ではめずらしく「昼夜間人口比率」が100を超えている。
      • 平塚と厚木だけらしいね。
      • 100を割るのも時間の問題かと・・・・
      • 平塚は日産車体の工場が一部無くなるし、厚木も青学が無くなったからだんだん低下していくのだろう。
  2. 日産車体の本社がある。
    • 縮小計画の話が・・・・
      • もともと飛行機を作っていた会社、というのは市民でも案外知らない。
      • 日産車体の元は日本国際航空工業。“その筋”では悪名高い「疾風」のラチェプロペラを製造。
      • 旧京都工場の「ウトロ問題」は解決したんだっけ?
      • 京都工場が閉鎖された時、平塚に京都ナンバーの車がどっと増えた。今度は九州に湘南ナンバーが増えることになるだろう。
      • 跡地をどうするかでまた揉めそうだ
    • 毎年「遊人ピア(ユートピアと読ませたいらしい)」という催しものを開催。中身は高校の文化祭みたいなもの。部署ごとに模擬店を出して車体の人が自分で楽しむ。
    • 海外向けの珍しい車が、仮ナンバーで公道を走っている。
    • 戦後すぐの頃は「都電」の車輌を作っていたらしい。
    • 無借金経営で100億円以上の現金を持っているという噂
    • 「平塚工場」ではなく「湘南工場」と名乗っている。
    • 工場の南側一帯は大正末から昭和初期にかけて「平塚競馬場」があった場所。
  3. 不二家の工場は「みのもんた」の番組で話題になった。
    • 「LOOKチョコレート」を作っている。
    • 図書館にいると風にのってチョコレートの香りが漂う。
  4. 実は「だるま」が名産品。
    • 相州だるまは意外に有名らしい。
  5. 平塚に本社のある「東洋工機」という会社は、以前は「日本鉄道自動車」という会社で、私鉄の車両や路面電車の車両などを製造していた、ということは市民でもあまり知らない。
    • むかしは工場まで引込み線が通っていた。
    • 鉄道マニアおなじみの東洋電機製造の関連会社。
  6. コマツの研究所がある関係で、以前は平塚海岸で自衛隊の装甲車の走行試験が行われていたらしい。
  7. ヨコハマゴムでは、ゴルフクラブのシャフトなんかも作っているらしい。
    • 市内各所に社宅やら寮やら関連会社があるので、あのタイヤの顔マークはおなじみ。
    • 徳延のゴム社宅に以前あった浴場は、どうも本当の温泉だったらしい。
    • 最近、工場内に木を植え始めた。
    • 工場内の「横浜ゴム平塚製造所記念館」は国の登録文化財。
      • このたび八幡山公園に移築。一般公開するらしい。
      • もともとは「日本爆発物製造株式会社」という会社の支配人室だったそうだ。
      • 今から50年前には、平塚に来られた昭和天皇の「ご休憩所」として利用されたらしい。
    • 市内には、平塚製造所、平塚東工場、ハマタイト工場と3つ工場がある。
    • クラスに一人は必ず、お父さんが「車体」か「浜ゴム」に勤めているという人がいる。
  8. 戦前は「関東紡績」と「相模紡績」が操業していた。ちなみに「関東紡」は今のオリンピックの場所で、後に近江絹糸に吸収される。また「相模紡」は日本たばこの場所で、後に富士紡績に吸収される。
    • 相模紡績の社長は、一時期幸田露伴の兄の幸田成常が務めていた。
  9. 真土には古墳公園があるが、あれはぱちもの。工業団地造成の際、きれいさっぱり均してしまい、どこにあったか分からなくなったので、小学校の横に適当に作った。恐るべし高度経済成長時代。
  10. パイロットの「筆記具資料館」に行った人っているんだろうか?
    • 閉館しましたな。
    • 実は筆記具だけではなく指輪も作っているらしい。
    • 前を通る「県道606号大島明石線」は通称「バイロット通り」と呼ばれている。
    • 筆記具資料館はむかしNHKの「ふるさとおもしろ博物館」という番組で取り上げられたことがある。
  11. 銀座通りに「姉葉ホテル」があるが、改修を済ませて現在も営業中。
  12. 田中貴金属の工場があるので、金の在庫量県内一ではないかと、噂されるが確かではない。
    • 田中貴金属は平塚市内に「平塚工場」「湘南工場」「平塚テクニカルセンター」と3ヶ所工場を保有している。
  13. 工場への出張者などが利用するので、ビジネスホテルは結構ペイするらしい。
  14. 「冨士フィルムファインケミカル」という会社の本社が平塚にあることを知っている人は少ないかも。
  15. 関西ペイントの開発センターがある。
  16. 平塚に本社がある「大江工業」という会社は、今でこそ従業員50人くらいの小さな会社だが、以前は東証2部に上場していた会社だった。もっとも本社は東京にあったが。

平塚の農業事情[編集 | ソースを編集]

  1. 案外知られていないが、実は米の生産高が神奈川県で1位。
    • 「キヌヒカリ」という銘柄が多いらしい。
    • きゅうりも1位。
      • キュウリは「相模半白」という銘柄。
    • 案外地元の米って食べたことないよね。
  2. 郊外のビニールハウスなどでは、花などの栽培が行なわれている。
    • 昭和50年代くらいまでは、日本有数のバラの産地だった。
  3. 金目大神には養蜂家もいる。
  4. 住宅地の中に昔の「牛乳集荷場」があったりする。
    • 土沢地区では普通にある。
  5. 今でも農協(JA)の存在が大きい。
  6. 畜産業が盛んで、ハムやソーセージなどが作られている。
    • 「明治ケンコーハム」という会社は平塚で創業した。
  7. 観光としての「いちご狩り」や「メロン狩り」が行なわれている。
  8. 「ヤーコン」で街おこしをしようと画策している。
  9. かつてはサツマイモやモモなども名産品だったらしい。桃浜町というのはそこからきているらしい。
    • かつての大野町八幡~四ノ宮~中原あたりは土壌の関係で水田を開きにくく、仕方ないので畑にしてサツマイモや麦を作っていました。だから市立大野中学校の校章はサツマイモの葉をデザインしたものですし、校歌にも「麦は萌えて揚げひばり鳴く」と謳われています。
  10. 実はバラの産地として有名らしい。
    • シクラメンを栽培している農家も多いらしい。
  11. 相模川が東に流れているにも拘らず、水耕栽培の水は、ほとんど花水川水系である。

平塚の水産業[編集 | ソースを編集]

  1. むかしはカツオやブリがめちゃくちゃ獲れたらしい。
  2. 「たたみいわし」は結構手間がかかるらしい。
  3. 現在は、アジやイワシ、サバ、シラスがメインとなっている。
  4. 漁師さんは50人くらいしかいないらしい。
  5. 海岸の灯台はもともとは「航空灯台」だった。
    • ちなみに昭和8年の建造。
  6. よく「魚まつり」をやっている。
    • 競輪場でやることもある。
  7. 須賀港は漁港としてだけではなく、相模川上流の厚木や津久井などと、江戸などとの中継点としても活躍していた。
  8. 神川橋と寒川取水堰の間は禁漁区である。
    • たまに釣りしている人見かけるけど・・・・
  9. うなぎの稚魚を育てていることで有名。
    • 浜名湖のうなぎもじつは平塚から。
    • 稚魚は・・・馬入川で採るだけで育ててはいないと思うよ、直に浜名湖や三島行きでは?
  10. 漁港があり魚市場がある。しかしほとんどの市民は、そこはプロレス会場だと認識している。
    • プロレス会場といえば、パールレーンの北側にある平塚地方卸売市場もよく使われる。とくに女子プロレス関係。
    • 「株式会社 平塚魚市場」という会社が絡んでいる。ちなみにこの会社はエビやカニの剥製も売っている。