平塚市の自然環境

提供:chakuwiki

平塚の自然環境[編集 | ソースを編集]

  1. 「はなみずがわ」という川がある。
    • 漢字で書いてよw「花水川」
    • 花水川の由来は、頼朝が花を見に来たが既に散っていた為、「花見ず」からとの伝承あり。
  2. 神奈川・東京で唯一の「東京神奈川森林管理署」(旧・平塚営林署)が存在。
  3. 南側が海で、川に挟まれ、平地で水田が多いので夏は死ぬほど暑くはない。少なくとも大和海老名に比べれば。
    • 何だかんだ言っても居心地は良い。
  4. 平塚海岸の砂は、他県から運んで来ているという噂が根強くある。実際のところどうなんだろう?
    • 戦前は山梨県から、というのはまんざら間違いではないだろう。
    • 近頃は千葉県から運んで来ている、との噂。
  5. 相模川沿いに唐突に「人工お花畑」が存在するが、年に数回の「採り放題」の日はなかなかエキサイト。
    • 昔、そこが一面の葦原だった頃、夏にはカッコウが鳴いていたりした。
  6. 平塚市の天気予報は、神奈川県東部か西部かで悩む。実際は東部らしい。
  7. 伊豆大島が噴火した際、海岸から良く見えた。市内は夜通しビリビリ震えた。
    • 見に行った、見に行ったwww
  8. かなり以前からゴミの分別が細かかった。
  9. 開発される前の西部丘陵は、カブトムシやクワガタの宝庫だった。
  10. 冬場の強い北風を「大山颪」と言うことがある。
  11. 市街地は砂の上にある。