平塚市/他地域との関係

提供:chakuwiki
2019年3月13日 (水) 18:46時点における118.241.49.218 (トーク)による版 (→‎厚木市)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

平塚と周辺都市との関係[編集 | ソースを編集]

茅ヶ崎市[編集 | ソースを編集]

  1. 「川の向こうが茅ヶ崎」との認識が強いが、実際には川の向こうが平塚、というところがあるので陸続きだったりする。
  2. 基本的には茅ヶ崎市民は大の「平塚嫌い」。
    • 違う人種だと思われているフシがある。
      • 茅ヶ崎在住の徳光さんは競輪大好きだけどね
  3. 茅ヶ崎の「ルミネ」が「ラスカ」に変わったことについて、今でも根に持っている。
  4. 茅ヶ崎にのみダイクマがあったころは、かなりの平塚市民が茅ヶ崎詣をしたはず。
  5. 茅ヶ崎市平太夫新田の中に、数軒の平塚市馬入が存在する。
  6. と、あまりしっくりしない関係ではあるが実は同じ選挙区。
  7. おかげ様で売国一家or売国民主の究極の選択をしなければならなくなった。昔の選挙区に戻せ!by茅ヶ崎民
  8. まあ、川向うは柄が悪いからねえ。平成も27年なのに平塚で起こるDQN事件は未だに昭和の香りがするからなあ。
  9. 現外務大臣は割とちゃんと仕事してるだろ…親父の超ド級のやらかしのイメージ強いから俺もこうなったなのは正直意外だったけども。後、顔が濃い。

藤沢市[編集 | ソースを編集]

  1. かなり以前は人口3万人くらいの差だったが、今となっては15万人もの差がついてしまいもはや完敗。
  2. もはや都市としての「格」が違うよな。
  3. そういえば昔「用田車庫」行きのバスが走っていたな
  4. 平塚市民が遊ぶ時には藤沢に行く。

厚木市[編集 | ソースを編集]

  1. 隣接している市ではあるが、何となく距離感がある。
  2. 東名高速を利用する場合は、とりあえずここに行く。
    • とりあえず、ね。知ってる人は西湘バイパス経由、もしくは十国峠越えで秦野中井ICへ行くことが多い。
      • 七国峠でしょ?
  3. 平塚市の南北の移動はバスかマイカーに頼らざるを得ない。一応、この辺りまではギリギリ(out)首都圏であり、鉄道路線で合理的に接続されているか否かの距離感への影響は大きいと考えられる。

伊勢原市[編集 | ソースを編集]

  1. 平塚市内で手に負えなくなった救急患者は、伊勢原市内の東海大病院に運ばれるらしい。
    • 三浦さんもヘリコプターに手を振ってたよなぁ
  2. 平塚の学校ではよく遠足で大山に行くことがある。
  3. 平塚から伊勢原に行くバスは、よく気をつけないとすごい遠回りをしている。

秦野市[編集 | ソースを編集]

  1. 東海大の学生が多数秦野市内に住んでいることが、平塚の昼夜間人口比率100超えの大きな要因。
  2. 平塚市真田と秦野市大根地区はもとは同じ村。
  3. 平塚を流れている「金目川」は、秦野市内に入ると「水無川」と名前を変える。
    • 残念ながら金目川は蓑毛の方を本谷としています。残念!

小田原市[編集 | ソースを編集]

  1. もし明治時代の「足柄県」が存続していたら、おそらく県庁所在地・小田原には頭が上がらなかったはず。
    • いや、人口は平塚のほうが上だから平塚が県庁所在地という可能性も大きい。湘南地区で初、神奈川4番目の市制だし。
  2. 日曜日の早朝に平塚~小田原に1本だけバスが走っている。
  3. もし小田原市中井町を合併したら、小田原が隣町になる。

寒川町[編集 | ソースを編集]

  1. 「湘南銀河大橋」の向こうが寒川、というのは意外に知られていない。
  2. 平塚駅からの寒川神社行きのバスが、知らぬ間に消えていた。
  3. 相模川で行なわれる寒川の花火大会は、平塚側からも見放題。
  4. 寒川から平塚が見えないように、高速道路の高架でバリアを作っている。
  5. 「ツインシティー計画」がどこまでいくのか疑問。

中井町[編集 | ソースを編集]

  1. そもそも隣接していることすら知らない市民がいそうな気が・・・
  2. 遠藤原地区は真ん中を境界線が走る。
  3. 中井町民が平塚に行くことはまずはない。
    • 平塚市民もなかなか中井町には行かんなぁ。東名利用だけだよなぁ。

二宮町[編集 | ソースを編集]

  1. 同じ高校学区で、同じ市外局番で・・・・くらいしか思いつかない。
  2. 境界線がほとんどゴルフ場の上を通っている。
  3. 旧国府町がもし二宮町と合併していたら、平塚とは関係性がかなり変わっていたかもしれない。
  4. 二宮駅の北口に「平塚ストアー」がある。

大磯町[編集 | ソースを編集]

  1. 平塚を忌み嫌っているが、実際はかなり平塚に依存している。
    • しかし、大磯の役場の職員は、平塚市役所のことを“馬鹿にして”お役所さま”と呼んでいる。 ex)大磯町高麗3と平塚市桜ヶ丘の境目の路地でのこと。「役所さんはやること遅いからね~w」 
  2. お正月の「箱根駅伝」の平塚中継所を、もう少し西に移動して「大磯中継所」にしようと内心考えていたりして・・・・
    • しかし、そんなことしたら箱根駅伝保守派が黙っちゃいない。
  3. 平塚市内だと思っていたところが、実は大磯町内だったりすることがよくある。
  4. 平塚と大磯は境界線が確定していない。
  5. 平塚でも土沢地区や旭地区の子供たちは、国府の「生沢プール」に行くことがある。
    • 生沢プール無くなった。
  6. 「サンマルク」は平塚だと思っている。

大和市[編集 | ソースを編集]

  1. 以前「桜ヶ丘駅」行きのバスが走っていた。

鎌倉市[編集 | ソースを編集]

  1. 競輪事業撤退問題で揉めています。