愛知の食品会社

提供:chakuwiki

愛知 > 愛知の企業 > 食品

愛知 > 愛知の食文化 > 食品会社

主な企業[編集 | ソースを編集]

あ行[編集 | ソースを編集]

青柳総本家[編集 | ソースを編集]

  1. …といえば、青柳ういろう。
    • 白、黒、抹茶、上がり、コーヒー、ゆず、桜♪
      • ちなみに、上りとはあずき(こし餡)のこと。

大須ういろ[編集 | ソースを編集]

  1. 「ぼんぼんぼ〜んと時計が三つ~」のCMが有名。
  2. ういろうやきしめんなど、ここに行けば、名古屋名物が揃う。

イチビキ[編集 | ソースを編集]

  1. 醤油と献立いろいろ○○。
    • みそはヘタすればつけてみそかけてみそより使用頻度が高いかもしれない。
    • つゆは味が甘くて個人的には苦手。
      • 東邦ガスのガス展で大量にもらえる印象。
  2. 赤飯おこわのイメージが強いんだが異端?
  3. 「二度仕込みしょうゆ」はやたらうまい。

大島食品工業[編集 | ソースを編集]

  1. ミルメーク:学校給食の牛乳調味料
    • でも私が名古屋市内の小学校に通っていた頃(1970-1976)は一度も出なかった
    • 2000年代後半に名古屋市立の小学校に通ってたけど、一度も知らずに卒業した。
    • 百均でも売ってる。個人的にはココア味が美味しいと思う。
      • 名古屋市民だけど、逆に100均でしか見ない気がする。

小笠原製粉[編集 | ソースを編集]

キリンラーメン
  1. キリンラーメン
    • 最近は調子に乗ってコラボメニューを乱発中。
      • 新メニューはスーパーより東急ハンズなどでネタとして売られていることが多い。
      • カープラーメンなるものもあるらしい。
    • 「キリンラーメン」は大人の事情で名称を変更するとか。恐らくここからいちゃもんがついたのだろうな…。
  2. 「キリン」のほか「ペンギン」や「カピパラ」ラーメンもある。
    • そうかと思えば「ふぐ」ラーメンまである。ふぐのエキスが出汁に使われているらしい。
  3. 最近関西圏のスーパーや百貨店でも見るようになった。

オリエンタル[編集 | ソースを編集]

  1. 「ハヤシもあるでよ」でお馴染みのカレールーやレトルトカレーの会社。
  2. その昔、カレーがまだなかった頃からの老舗。
    • カレーの宣伝をしたけど買ってくれない。原因を調べたらスプーンを持っている人がほとんどいなかったことがあり、対策としてスプーンを配布したことがあるらしい。
  3. ドアラカレーの販売元。

か行[編集 | ソースを編集]

鎌倉ハム[編集 | ソースを編集]

  1. 元々は、神奈川県の鎌倉で創業した。
    • 関東大震災で鎌倉の工場が壊滅したため、名古屋の工場で作るようになり、そのまま名古屋に移転した。
  2. 何といっても、女優の山田昌が名古屋弁でまくしたてるCMで知られる。
    • 「まあ一本、まあ一本と、てゃーぎゃーにしとかなかんよ!今晩のおかずがわやなってまった。鎌倉さんもいかんわ、うますぎるもん。」

カクキュー[編集 | ソースを編集]

  1. 八丁味噌:宮内庁御用達・西暦1647年頃創業
    • NHKの朝ドラ「純情きらり」の舞台

カクダイ製菓[編集 | ソースを編集]

  1. クッピーラムネ
    • あのリスとウサギには名前が決まっていない。
    • 名古屋限定の商品だと不自然な名古屋弁を喋っている。普通はただの絵だけだが。

カゴメ[編集 | ソースを編集]

典型的な名古屋の冷蔵庫
ライバル企業が混じっているのは禁句
  1. 野菜(主にトマト)一筋
  2. トマトジュース、トマトケチャップといえばここが思いつく。
    • ライバルはデルモンテ。
    • 原料のトマトは生食用より栄養値が高い。
      • トマトジュース代わりにチューチュー吸ってますが何か?
  3. ソースもブルドッグと2分する。
    • 地元愛知ではコーミと二分する。「こいくちソース」はこの二社しか出していない。
  4. みんなにおいしい野菜生活。
    • ここだけの話、赤の野菜生活にはニンジンが入っていない。
    • 近年果汁が50%から40%になってまずくなった。
  5. サイを缶に描いた「サイダー」も出していた。
  6. 一応「野菜生活」以外の紙パックのジュースもあるが・・・、影薄すぎ。
    • 容量は大体365ml。
    • 高校の自販機でなら見られるかも。
  7. 200mlや100mlパックをたたむと「たたんでくれてありがとう」と褒めてくれる。
  8. 突然AKB48を使って「野菜一日これ一本」を強力にプッシュ。
    • そのAKBは兼任組を出演させる関係からか、使いづらくなって契約を切られた。2014年現在ではその当てつけからか、モー娘。を起用した。
  9. こんな冗句がある。
    • トマト畑に泥棒が逃げ込みました。
      • 警官隊が追い付いて、隊長が命令しました。「カゴメ!」
        • 隠れている泥棒がつぶやきました。「デルモンテ」
  10. かつてここがスポンサーになっていたラジオ番組にこんなのがあった。
    • 君は言えるか?「カゴメ醸熟(じょうじゅく)ソース」
      • そこの局アナにも言わせたくらい、早口だと意外と難しいらしい。
  11. 今の企業マークは「赤いトマト」だが、昔は○にダビデの星みたいな「籠目紋」を使っていた。編み籠の目みたいなので籠目だったとか。
    • 最初は創業者が陸軍時代にお世話になった上官への敬意を込めて陸軍と同じマークにしようとしたら陸軍に止められたらしい。
  12. 創業の地である東海市の市役所にトマトジュースの出る蛇口を設置するイベントを行った事がある。ポンジュースの出る蛇口の後だが。
  13. 「モグモグゴンボ」立ち上げの際に「お笑いマンガ道場」を強引に時間変更させ終了へ追い込んだため、地元局でありながら中京テレビとは犬猿の仲。
  14. JR九州の赤い485系が「KAGOME EXPRESS」と揶揄されていたことがある(実際には「KAMOME EXPRESS」)。
  15. この企業名を、スペイン言ってしまうと…
  16. 新卒採用で不採用となった就活生に手厚いお礼(試供品をプレゼント)をする事で有名。

春日井製菓[編集 | ソースを編集]

  1. 社名は創業者の姓に由来するが、本社の場所ゆえ春日井市発祥などと思われがち。
  2. かつては粉ジュース「シトロンソーダ」、最近はハッカ飴や黒あめなどのキャンディが有名。
  3. モンテリーズから「キシリクリスタル」を譲ってもらった。

カネ美食品[編集 | ソースを編集]

  1. 富士山の周りを歩く研修のCM映像で有名。
  2. ユニー系列のスーパーなどで売ってるお惣菜を作っている会社。

甘強酒造[編集 | ソースを編集]

  1. 本社は、蟹江町。
  2. 地元では、CBCラジオや東海ラジオでCMが放送されている「カンキョーみりん」で有名。
    • 他県から東海地方に移り住んだ人がCMを聴いてこれを「環境みりん」と勘違いするのはもはやお約束。
  3. 一応、日本酒や焼酎も作っている。

清州桜醸造[編集 | ソースを編集]

  1. 激安の日本酒、「清洲城 信長 鬼ころし」で有名。何故か関東と関西にも知名度を誇る。
    • テレ東辺りでCMが流れたりするからかな?

コーミ[編集 | ソースを編集]

  1. カゴメともども、愛知人の血液といえる「こいくちソース」を提供している。
  2. ケチャップも売っているがカゴメのせいで地味。

さ行[編集 | ソースを編集]

佐藤食品工業[編集 | ソースを編集]

  1. 一般にはそれほど有名ではないが、株をやっている人には少し有名な会社。
    • こちらはJASDAQだが同名の会社が東証二部に上場しており、後者はサトウ食品工業で上場している。どちらかといえばそちらの表記のほうがCMとかでも使われているので問題はなさそうだが。

敷島製パン[編集 | ソースを編集]

  1. 愛知県民の多くはしばらく前までやっていた「天才クイズ」で認知している。
  2. ブランド名は「パスコ」と「シキシマ」に分かれていたが、知らないうちに前者にそろえられてしまった。
    • 東京洗礼主義の賜物か・・・名古屋人としては違和感ありあり。
    • 愛知ではまだ「シキシマ」の方が通りがいいと思う。
      • 名古屋でパスコブランドを使い始めたのはかなり最近。
    • 首都圏の交通系ICカードみたいな名前だ…。
      • あと社名もJR東日本のクルーズトレインを彷彿させる。
        • そもそも「敷島」は日本の古称なのだが...
  3. 小倉ネオは名品。
    • 名古屋めしの一種でもいいと思う。
  4. 創業者が戦艦敷島の厨房で働いていたので、そこから社名を頂いたとか。
    • 創業家の本家筋にソニー創業者の一人、盛田昭夫がいる。
  5. 意外にも全国展開していない。
    • 九州は2019年7月にようやく北部に進出。
      • のちに南部にも進出したが、イオン系の店舗くらいでしか流通していない。
        • なので、鹿児島でもイオン系がない南薩や北薩、離島での購入難易度は変わらず。
    • 北海道も2018年に一部店舗にて進出。
    • 沖縄ではオキコが超熟だけライセンス生産している。
    • 東北では白石食品工業が商品をライセンス生産している。
  6. 箱根駅伝のスポンサーの一つ。
    • ヤマザキがニューイヤー駅伝なので対抗してる?
    • つい最近まで九州ではACに差し替えられていた。

たな行[編集 | ソースを編集]

天狗缶詰[編集 | ソースを編集]

  1. 元祖おでんの缶詰:東京・秋葉原名物
    • 大須でも見かける。

東海漬物[編集 | ソースを編集]

  1. きゅうりのキューちゃん
    • ゴーヤが入っているらしいが、ほぼ判別不能。
    • きゅうりは中国製だが特注のもの。
      • 最近ではラオス産のきゅうりも使っているらしい。
    • 田原工場でのみ製造しているらしい。
  2. 何を思ったのかこの人とコラボした沢庵を発売するらしい。

中日本氷糖[編集 | ソースを編集]

  1. 恐らく日本唯一の、氷砂糖専門の会社。
    • 日本の氷砂糖の半分はここが作っている。
      • 一応氷砂糖以外の砂糖も製造しているが、業務用なので見かけることはない。

ナカモ[編集 | ソースを編集]

  1. 『つけてみそかけてみそ』、以上。

名古屋牛乳[編集 | ソースを編集]

倒産前→倒産後
  1. 名古屋牛乳、飲んでるのっ!
  2. かつて名古屋限定で有名だった牛乳メーカー。
    • 社章がベタすぎる名古屋のマーク。
  3. …が、倒産したらしい。
    • 大阪の牛乳メーカーが現在は販売元。
    • パッケージも少しリニューアル。
      • 写真の左、実は移行期のデザイン。以前はもう少しNマークの幅が広くて大きかった。

名古屋食糧[編集 | ソースを編集]

  1. 東海地方では最大手のコメの会社。
  2. おにぎりでお馴染みの多司も実はここが運営している。

名古屋製酪[編集 | ソースを編集]

  1. スジャータ:使い切りポーション型コーヒーフレッシュ
    • 世界で最初に発明。例の金属製フレッシュ入れが姿を消した原因
    • しかしラジオCM(時報付)が流れている大阪では大阪発祥と思われているフシがある
    • っーか「フレッシュ」なんて大阪でしか通用しませんがw
    • お蔭でドメインは企業愛称の「めいらく」ではなく「スジャータ」のsujahta.co.jp
    • 多くの人は仏教より先にこの商品で言葉を知る。
  2. 500mlパックのポタージュスープとかも結構見る商品の一つ。
  3. 新幹線の車内販売でお馴染みの硬いアイスもここの商品。
  4. 天理教に入信しないと管理職になれないと言う黒い噂がある。
    • 仏教用語が由来の商品を売っているのに経営者が別の宗教を信仰しているのが何か釈然としない…。
  5. 今の社長の妻は元おニャン子クラブのメンバー。
  6. 右側面に「ターャジス」と大書きした配送トラックが長らく評判だったが、平成末期頃の新車から右側面も「スジャータ」になってしまった。

は行[編集 | ソースを編集]

備前屋[編集 | ソースを編集]

  1. 『あわ雪』、以上。

浜乙女[編集 | ソースを編集]

  1. でえたらぼっち。
    • 殿と部下のCMがお陰で地味。
    • 昔でぇたらぼっちが田植えをまねてノリを植えたんじゃと。
  2. 最近またCMができたと思ったら、それをずっと使い続けている気がする。
    • 塩付き海苔の幼稚園児が出てくるアレ。
  3. 他地域に行ってでぇたらぼっちが浜乙女オリジナルキャラクターと知る。
  4. ちょっと前まで名駅西口で日常用の乾物を売る店があった。

フジパン[編集 | ソースを編集]

  • ffS(フジファミリーショップ)についてはコンビニにて。
  1. マクドナルドのハンバーガーのバンズを製造している。
    • 近所のマクドナルドの裏口に「フジパン」と書かれた箱が並べられていてビビった。
  2. 小学生のサッカー大会を協賛している。

ま~わ行[編集 | ソースを編集]

まるや八丁味噌[編集 | ソースを編集]

  1. カクキューと双璧の八丁味噌メーカー。
    • 2005年にはカクキューと共に「八丁味噌󠄀協同組合」を結成。
  2. 早いうちから、海外に赤みそを積極的に輸出している。
    • 1968年に米国に出荷したのを皮切りに、翌1969年に英国をはじめとする欧州各国に、さらに1971年にはオーストラリア・ニュージーランドにもその販路を拡大。

両口屋是清[編集 | ソースを編集]

  1. 尾張藩の御用達の菓子屋として知られている。
  2. 名物は、千なり。
  3. 江川達也が「マジカル!タルるーとくん」に同名のキャラを出したことでも知られる。

松永製菓[編集 | ソースを編集]

  1. しるこサンド。
    • 液体ではない。むしろパサパサ。
      • 乾パンの方がまだ近い。
    • ユニーのPB (!) で売られているしるこサンド、まさかと思って裏を見たらやっぱりここ製造。
    • 某関東の拘置所では「ビスケット」の名目でこれが支給される…らしい。

丸川製菓[編集 | ソースを編集]

  1. フィリックスガム、マーブルガム
  2. 風船ガムから漂うパチモノ感。

マルサンアイ[編集 | ソースを編集]

  1. 愛知の他の食品会社と同じように味噌も作っているのだが、どちらかというと豆乳関連の商品が有名。
    • 特に豆乳をヨーグルトにした「豆乳グルト」が有名。

ミツカン[編集 | ソースを編集]

  1. 基本は酢。
    • 1970年頃のミツカンのTVCMに俳優・毒蝮三太夫が出演をしていて、ミツカン酢を瓶ごとゴクゴク飲んでいたシーンがある。
      • 鶏肉のさっぱり煮は(゚Д゚)ウマー。疲れたときに(・∀・)イイ!! 。
  2. ♪か~いわれ~まきまき~ね~ぎ~とろ~まきまき~なんでもまいて~て~まき~ずし~♪
    • 懐かしいwwwとんねるずだね。
      • 最近ナイナイで再び流しだした。
      • 元々このCMには違うタレントが出演していたが、『仮面ノリダー』で木梨猛が変身する際にこのフレーズを使ってウケた為か、後にとんねるずがCMに起用された。
  3. 半田市の神でもある。
  4. 最近は納豆事業にも力を入れている。
    • 好みの問題もあると思うが、「○の粒」は水戸市民の私からは×な味。
    • 水戸からくめ納豆、大阪からなっとういちをゲットし、やる気満々。
  5. 中村は必須単語。
    • 中埜(なかの)じゃなくて?
      • やっちゃった・・・orz←さっきHPで確認した人
      • 歴代社長が「中埜又左衛門」。モチロン、現在は通称。
      • 長い間「中埜酢店」という個人商店のような社名だった。
        • 1998年に事業再編で今の社名に。「中埜酢店」という社名も資産管理会社として現存するらしい。
      • 現在でも非上場企業で、中埜家の同族経営が続いている。
  6. アドミラルとは無関係。
  7. サンキストブランドも実はミツカン。
  8. 最近、英字名をMitsukanからMizkanに変更した。でも海外ではブランド名は今もMitsukan。
  9. ミツカンのロゴとよく似た模様が帝国海軍の制服の袖についている。
    • 「〒」とよく似ている。
  10. あるアメリカの州の名前と似ている。
  11. 某番組で「酢にはナントカ(曖昧ですいません)に効果がある成分は実は入っていない」ということをやっていた。その真偽を確認するVTRにミツカンの社員が出てきて成分がないことを認めた。
    • でもこの後で「しかしお酢には~~~が含まれ~~~・・・・」とか宣伝めいたことを始めた。それ以来この会社に悪いイメージを抱くようになった。(しかしミツカンの寿司酢を愛用している)
  12. 食酢トップシェアを誇る総合食品メーカー。
    • 「味ぽん」「金のつぶ」などヒット商品多数。
      • 本来はお酢がメインだと分かってはいるが、ミツカンというと味ぽんのイメージが強い。
    • 食酢では全国シェア60%を誇るとか。
  13. 戦前はビールを作っていた。当時の東海地区シェアNo1だったらしい。
    • 正直、またビールには参戦してほしい。今食品業界でも有数な規模の会社になってるんだし。

明治チューイングガム[編集 | ソースを編集]

  1. 愛知県清須市にある企業。明治の子会社。
    • 現在に至るまで明治ブランドのガム(明治チューイングガムシリーズ(「3色ガブリフーセンガム」や「すっぱいレモンにご用心」などの一部商品は同社ブランドで発売)、「明治わたガム」「明治キシリッシュ」など)やキャンディ(「明治わたパチ」「ガブリチュウ」など)などを製造している。また、三菱食品のかむかむも製造している。

名糖産業[編集 | ソースを編集]

  1. 特にチョコレートが有名。
  2. 「ホームランバー」は九州ではここが製造販売を手掛けている。
    • ちなみにそれ以外の地域でホームランバーの製造販売を手掛けている協同乳業はかつてはここのグループ企業であり、今でも株主として関係を持っている。
      • その関係か、協同乳業も「メイトー」というブランド名でプリンなどの菓子を販売している。
  3. 元々は医薬メーカーとして創立されたが、名古屋製糖(倒産済み)の子会社を合併したことで食品メーカーに転換した。

盛田[編集 | ソースを編集]

  1. 江戸時代に創業の「ねのひ(子抒日)」(酒)などを主力製品とするジャパンフード&リカーアライアンスの中核企業。
    • 敷島製パン(上述)の事実上の関連会社。
  2. 15代当主である盛田昭夫はソニーの創業者の1人(3代目の社長)で、一時期ここが事実上の親会社だったが、バブル期に×××なことをして手放したらしい。

ヤマサちくわ[編集 | ソースを編集]

豊橋で走っているヤマサちくわラッピングの路面電車。
  1. 醤油とは関係なし。
    • というか、愛知県民にとってはちくわの方が馴染み深い。醤油はイチビキ。
    • 蒲鉾とも関係ない。
  2. 豊橋の街なかを歩いているとそこらじゅうで売ってた。
    • この会社のラッピングをした路面電車まである始末。
  3. 「かに道楽」という名前の商品を長年売っていたが、大阪の「かに道楽」と商標でトラブルになり結局はこちらが販売を取り下げた。