戦国武将

提供:chakuwiki

バカ人物志 > 日本 > 武将伝 > 戦国武将

  • 戦国時代に生きた武将の噂を集める。

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 天下統一のため、日々戦に明け暮れる。
    • というのは後世の錯覚で、殆どの武将は自分の領土を維持するだけで手一杯だった。
      • ところがその領土維持のために築城は言うまでもなく新田開発や治水工事を積極的にやったことが日本の農業や土木の技術力を高めたともいえる。今日の政治屋はそれを悪用してるだけ。
  2. 馬術と剣術と政治力は必須。
    • 実際は剣よりも槍、槍よりも弓の方が重要だったそうな。
    • 政治力は低くても戦に強く領土を広げれば何とかなったりした。しかし、そのツケを息子が払わされるはめになり息子は無能呼ばわり。
  3. 実は×××も多かったらしい。
    • 両方の技に長けてこそ、一流の武将だったらしい。
    • 武田信玄高坂昌信とか織田信長森蘭丸とか徳川家康井伊直政とか。腐女子大喜びな時代?
      • 信長-森蘭丸は、一次資料に何も残ってないのに、勝手にカップルにされている。
  4. どんなに政治的、軍事的に手腕があり自家の領土を最大に広げたとしても、最後の最後で大きなミスをやらかして家を滅ぼしてしまったりすればそれだけで無能呼ばわりされてしまう。
    • よしもっちゃんうじまさクンかつよりサマなどのことかな?なんかみんな狸親父が貶めた人物のような気が…。
      • 基本的にのちの天下人に負ければ評価は著しく低い。逆に勝てば戦国最強とか言われる。武田親子が好例。
    • 石田三成・明智光秀にちなんで『三光作戦』と言う言葉が生まれた。
    • どんなに名君が続いた家でも、たった一人のアホが後継者になってしまっただけでお家滅亡。
      • なぜか現代人までこの価値観に引きずられている人が多く、「○○家史」の人物としての評価ばかりで、「日本史」上の人物としての評価を考えられることが少ない。
        • 北条氏政とかな。現代人からするとかなり有能な人物なんだが。
    • そりゃあその時々の情勢に応じて生き残れなきゃダメに決まってんじゃんとしか。強くなれば敵も多くなるわけで、それで滅んだら本末転倒といわれて当然。現代なら多角経営で潰れた会社なども同じことを言われるだろう。
  5. 政略結婚とはいえ、それなりに美人が嫁いでくるのだから、それはそれで良いとして・・・・。
    • 実家の後押しを目当てにしてあえて×××を娶った例もあるらしいが、今となっては事実か否か確かめようがない。
    • 嫁と言っても、今と違って恋愛結婚はほとんどないので求めるものが違う。武将の妻はまず家の共同経営者であり、ビジネスパートナー。美人を望むなら妾を取るのが基本。

武将別[編集 | ソースを編集]

Disambiguation
Disambiguation
このページは内容が全て「五十音の行別」「地方別」「会社別」など、さらに小さな単位に分割されているページです。水先案内のために分割先を一覧にしてあります。お探しの項目に一番近い記事を選んで下さい。このページへリンクしているページを見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

関連項目[編集 | ソースを編集]