新潟の学業

提供:chakuwiki

新潟の学業の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 校歌の歌詞には必ず近くにある川と山が存在する(海に近ければ「日本海」)。
    • 信濃川でも、阿賀野川でもなく、通船川(人工の川)なのが物悲しいうちの校歌。
    • 小中高とずっと、歌詞に近くの山と川が入った校歌だった…(by ちさ@新潟)
    • 十日町中の校歌の歌い出しは「半年雪の銀世界 自然の試練耐え抜いて♪」
  2. 新潟大学を「しんだい」と呼ぶ。が、この呼び方は県外では全く通用しない。
    • 五十嵐に新キャンパスが出来た際、県庁(当時)前の旧キャンパスを「きゅうだい」と呼称する事が一時期あったとか。
    • して、他県では新潟大学を「がただい」と呼ぶらしい。
      • じゃあ山形大学はどう略するのだろうか?「やまだい」じゃ山梨や山口と、「がただい」じゃ新潟と被るような…
        • この際新潟大学を「ニイ大」と呼べば解決。
        • 山梨は「なし大」と呼んでる。
    • お隣の信州大学こそ「しんだい」と思っていたら、遥か西の神戸大学が「しんだい」らしくてがっかりしている。
      • 神戸大学周辺の市バスバス停は「しんだいせいもんまえ」「しんだいぶんりのうがくぶまえ」等々。
        • でも普通に「しんだい」と入力すると出てくるのは「信大」だけなのだが。
        • MSの変換などどうでもいい、われわれが「しんだい」と呼んでるから「新大」は「しんだい」なのさ。
    • 関東近辺だと神奈川大学をさす場合も多い(でも神奈川大学は地元では「じんだい」と呼ばれている)。どっちにしても新潟大学は「がただい」になりそうである。
      • 神奈川大は「じんだい」としか言わない。余談だが神奈川vs神戸で「神大」論争が起きるが、全国ネットの箱根駅伝で「神大」と出している神奈川の勝ち。
        • 勝ちって・・・冴えない私立の神奈川大学がこんなことで名門国立の神戸大学に張り合うなんて恥の上塗りじゃん。
  3. 新潟大学に入ることが新潟県人のステータス。
    • そんなことはない。むしろ新大出身者は蔑視される。新潟大学だってそこそこの大学なのに。(古町近辺在住)
    • 「新潟」大学なのに、他県人(特に北陸人)ばかりという有様。
      • 出身が富山とか福島の分際で新潟(大学)の悪口を言う。愛校精神は低いようだ。
    • 同棲率が国内大学中1位。やはり人肌恋しくなるのだろうか・・・。
    • 旧帝大に次ぐ旧六のステータスを誇れるのは医学部だけという落とし穴。
    • 就職では第四銀行に就職することがステータス。ちなみに「だいし」銀行と読む。
    • 高校で理系トップの奴は医者、その次の奴は東京電力東北電力、文系のトップは第四銀行、その次の奴は公務員か教員になるのが暗黙の掟。
    • とは言え究極の勝ち組とは、仕事がラクで在京キー局並みの給料がもらえる新潟総合テレビ(フジ系)に入社すること。
      • 在京キー局なんて目じゃないらしい。
      • 在京キー局は、大事件で深夜に呼び出される可能性が高いが、地方局はその可能性が低いという理由が大きいのだろうか?
        • それも有るが、自社製作番組が少ない事も理由の一つ。
      • 10年前の経営評価ランキングでは1位フジテレビ、2位が新潟総合テレビだった。今の2位も地方の民放局
    • 「東大の次は地元大学」だと年配の方が思っているのは全国共通の現象。
      • 東大・京大→東北大→新大と思っている者も多い(年配者に限らず)。
    • 少なくとも新潟大学に入ることがステータスだと感じているのは思い違い。新潟大学の学生数は大学院生含めて1万2500人。新潟県の人口は約237万人だから県民の189人に1人が新大生となる。意外と新大生多し。
      • 例年、新大合格者の県内人比率は60%ほどらしい。
  4. 近県と比較して大学の数が異様に多い.しかし,高校生の進学率はそれほど高くない.
    • ちなみに、新潟高校のことを「けんたか」と呼ぶ。「県(最高)の高校」から来ているようだ。
      • 祖父は「けんこう」と呼んでいた。世代によるのだろうか。
        • 「けんたか」の由来を上記のように勘違いしている人が多いが、戦前南高が「市立新潟中」だったので区別のために「県中」「市中」と呼んだことが由来。
    • ところが近年、大和町に作られた「国際情報高校(県立←ここがポイント)」なるお受験マシーン養成学校に県最高の座を奪われている。おまけに学区制の大幅緩和で県内の高校ランキングは激変している。
      • 調べてみましたが、進路先の大学を見る限りは新潟高校の方が上でした。あれま。
        • 新潟高校は学年400人、KJ(国際情報高校)は学年160人よって東大進学率はKJの方が上
      • 浦佐駅の新幹線ホームではKJに新幹線通学する生徒を多数見かける。とてもリッチで優秀に見えてしまう。
      • KJは県高をライバル視しているが、県高の方は「KJ? ふーん」という感じらしい。
        • してない.ライバル視してるのは山形東.模試のたびに成績を比べられる(byKJ出身者).
        • ベネッセ等の模試が終わると""すぐ""KJの教師から恒例「おたくの平均何点???」電話がくる。(by山形東出身者)。
      • 南もなかなかすごい
        • ある意味「新大予備校」化してる。悪い事ではないけど。
          • 高校入試段階では県高と成績にあまり差はないが、卒業後の進路の差は大きい。
    • 屋外スポーツの強化によって人集めをしようという形の大学は少ない。
  5. 運動会のフィナーレを飾るのは、生徒・教師・家族全員参加の「佐渡おけさ」
    • 私の小学校では新潟甚句でした。(元新潟市民)
    • 小生のところも(佐渡おけさも踊りましたが)フィナーレは新潟甚句でした。6年生が樽をたたくとともに新潟甚句も歌いました。
    • 三条市では生徒全員による「凧ばやし」。
    • 長岡市では「長岡甚句」。長岡まつりでは「大花火音頭」。
      • 但し、与板地域では「与板囃子」(昼に)。
      • 正直長岡甚句は良いが、大花火音頭は面倒すぎる。
    • 実際、佐渡では踊っていない。
    • 佐渡市民として言わせてもらうが踊ってはいる。が、フィナーレではなく午前の部の最後である。ちなみに踊りを完璧に覚えているのは極少数。
    • 佐渡おけさ、踊れる人ってそんなにいないんじゃない?
      • 個人的には佐渡おけさより新潟甚句の方が簡単だと思う。「2歩でてシュワッチ、回ってシュワッチ、再び回って山2つ、パン」
    • 秋葉区(旧新津市)では「新津松阪」。中学では部活単位で夏祭りにも参加する。その半月ほど後、体育祭がある。
    • 知らない人がみると佐渡おけさの振り付けは太極拳でもやってるように見える。
  6. 他県にはまずない苗字が、クラスに必ず2人以上いる。例)南雲・八子
    • 地域による。
    • 新保さんも県内各地にいらっしゃいますね。
    • 古俣さん、本間さんも多いですね。
      • 変わってるわけじゃないけど、塚野って全国的に多いかと思ってたら違った。
    • 南雲、同学年に1人いたのを覚えている。同学年に他にいたかは覚えてない。他の学年にもいたかも(By秋葉区民)
      • 南雲は特に南魚沼に多い苗字。
        • 南雲さん二人知ってるけど、どっちも群馬出身だったよ。
          • うちのクラスにもいた。出身は知らんが。
      • クラスには居なかったが、理科の先生が「南雲」だった。
  7. フゾク(新潟大学教育学部附属小・中学校)の生徒・児童は他の市立の学校の子に「ひよわ」といじめられる。
    • そんなことはない。私服なのもあいまって、むしろエリートというイメージがあった(by隣の小、中学校出身)
      • 自分の頃は中学校制服でしたが。(附属出身者)
        • 自分が1年の10月くらいに試行期間があって、翌年1月から自由服制になりました。(ちょうどその頃の附属出身者:1984年遅生まれ)
    • 医者とか先生とかの子供が多いのは事実。
      • 大学病院はもちろん新潟市内の病院の子供は大半入っている。実際、私も3人の生徒の親から診断受けた。
      • 某県内民放のアナウンサーのご子息だかご令嬢だかも在籍しているらしい。
    • 良くも悪くも温室育ち。あまりスレてない。
      • 高校に入って生活態度のギャップにショックを受ける。
    • 文科省の掲げた「ゆとり教育」「体験型学習」を忠実に実践したものだから、上位層を除いて受験に弱い生徒が続出していることは学校側は必死に伏せている。
      • 小学生のうちから塾に頻繁に通わせている親が多いが、その理由は「塾に行っておかないと学力が担保できないから」だったりする。教師の都合による自習が割と多い。
    • 教育実習生の指導教官ということもあって先生の「ハズレ」はまずいない。
    • 県高・長高には附属中出身者が他の中学と比較して多い(嘗ては学年で100名近くいたとか・・・)。
  8. 女子高生のスカートが日本一短い。トップは新発田農業高校。
    • 農業高校の女子のスカートが日本一短いとすると、年頃の男子は日々悶々とした生活を送ってるはず。
    • いや、日本一長いロングスカートでも、年頃の男子は日々悶々とした生活を送っているはずですが。上半身の豊満なラインに魅かれることもありますので。
    • むしろ毎日学校で会ってたりするので男子学生は慣れてしまってる。逆に通勤時間のオヤジの方が悶々とするらしい。
    • おやじさん達って、悶々することしかないのか?例え長いスカートに上半身の豊満なラインでも・・。
      • 自分は三条商業だって聞いた。それが雑誌に載ったおかげで全国から変態が集まってきてるので注意するようにってプリントが配られたらしい。
        • 最近は滋賀県だとか。
          • アベレージを考えれば長岡工業高校ではないか。ちなみに長い率が高いのは長岡向陵高校。
            • 長岡向陵も数年前までは非常に短かった。しかし生徒指導の強化で現在の状態に。
    • ついに指導が入った模様
      • 県内の高校には「短いスカートは体に悪いです」という内容のポスターが貼られている。
    • いくらなんでも真冬だとめちゃ身体冷えそう…私の地元(神奈川)も相当なものではあるが。
  9. 新潟の「農家出身の高校生」は、「(農業系の)専門学校に入るか、都市部への出稼ぎをするかのどちらか」が(昔ながらの)伝統であることも、お忘れなく。
    • まあ、新潟では昔から「(先述の様な)地域教育」や「家庭教育」の方が重要視されていますが。(新潟の子供の大半は、早いうちから農作業などの手ほどきを受けてますし。)
    • そういや自分の友人がまさにそうだな。家が農家で農業系高校へ…
  10. 進学型の私立中高一貫校は存在せず、中学受験という言葉を知らない人も多い。
    • いや。聖心女子だって付属中あるし、明訓や第一だってある。最近は公立の一貫校が増えている。
      • 中学受験に限って言えば(中高一貫校ではない)、国立大学附属中も忘れずに。
      • 聖心じゃなくて清心ね。
    • かつて県内の中高一貫校は第一だけだったが、同じ私立の進学校である明訓が中高一貫教育を始めたうえに、第一はここ数年東大生を輩出できていないので焦っている。
      • 地方の私立はトップの県立を狙える人材をどうやって中学から入学からさせるかが重要、県立落ちで高校から入学してくる輩を鍛えても99%は卒業時には県立中堅まで学力は落ちる(行きたくない学校でやる気がでないし、そもそも成果だす奴は県立に落ちることは無い)それが田舎の宿命。
      • 新潟明訓中学高等学校は、一期生(卒業生)を平成25年3月に輩出し、東京大学に3名合格者を出した。新潟県の私立中学に新風を吹き込む。
  11. 新潟の天才児の進路 新大附属小中一貫→新潟高校→新大 かな?
    • 最近は公立小学校→中高一貫校と歩んでいく人が増えつつある。
  12. 新潟の小学校や幼稚園では、昔より「米(コシヒカリ)作り」の基本知識の授業も、伝統的な授業項目に入っているらしい…。
    • たとえ学校の敷地内に田んぼがなくても、バケツに堆肥を詰め、その中に種籾を植えて米作り体験をする。
  13. なぜか単位認定が「新潟まつり参加」のコマが存在する。
  14. 台風が直撃(暴風域に入っている)しても学校が休みにならない。小学校も通常登校
    • 先生曰く「これくらいで休みにしていたら授業数が足りなくなる」とのこと。他の時一回も休みにしてないでしょうが!台風の時くらい休みにして!
      • これって新潟市だけ?
    • ただし他県同様大雪は休校になることが多いが公立高校はなぜかならない。たとえ出席が数人でも授業する。
  15. 上にもある通り、中学受験を知らない人が多い。
    • 県内の中学受験といえば附属で私立中高一貫はそもそも少ない。
      • 私立中学は新潟市にしかない。かつては帝京長岡に中学があったが…
    • 公立の中等教育学校が21世紀に入って作られたが進学に強いかと言えば普通。入試倍率もそこまで高くなく、場所によっては定員割れとなっている。
      • 村上、燕、柏崎翔洋、津南、直江津、佐渡、新潟市立高志が設置されてる。高志は新潟市民しか入れないらしいが。
      • 頭良い人には見向きされない傾向にある。
  16. お受験(小学校受験)という概念が無いに等しい。
    • 県内でお受験=附属小(新大新潟・新大長岡・上教大)入試のこと。実は私立の小学校が存在したことが一切無い県である(政令市のある道府県では唯一)。
      • 熊本県も現在は私立の小学校が無いが、過去に1校だけあった。

新潟の専門学校[編集 | ソースを編集]

  1. 専門学校がやたらと多い。
    • 大抵が「NSGグループ」というところが運営する専門学校。分野を問わず全23校ある。
      • 「NSG」は「新潟総合学院」の略。
        • 「日光猿軍団」などと揶揄されることも…
      • NSGのそれぞれの専門学校には全て略称があり、基本的にはその略称で呼ぶ。専用の読み方があったりもする。例:「新潟ビジネス専門学校→NBC(Niigata Business Collegeの略)/エヌビーシー」、「新潟デザイン専門学校→NCAD(Niigata College Art & Designの略)/エヌキャド」など
      • これだけNSGが多いので、新入生が間違って入学したという話は、隠蔽されているという噂である。
    • 専門学校の充実と大学進学率の低さは無関係ではあるまい。
      • いつもワースト5位以内。殆ど東北と一緒。これでもまだ「新潟は東北じゃない!」と主張するのだろうか。
      • ところがどっこい大学進学率は急上昇している。平成元年19.4%(全国最下位)→平成21年48.7%(全国29位)県教育庁の必死の努力…KJの設置や中等教育学校の設置による進学意識の向上により全国平均まであと一歩のところまで来た。
    • まあ新潟出身者でも、近年は「専門学校に入って、最低限それなりの知識や資格を得れば、就職活動での好材料」と考える人もいるから…。
      • そして実際に、県内に限定すればそれなりな所へ就職出来てしまう。
  2. 新潟県の各種専門学校の大半は同じグループだ。
  3. 専門学校に通いながらキャバクラに勤めている女子生徒がいる。
  4. かつては小千谷柏崎にも専門学校があったが廃校になった。

NSGの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 新潟県内と言うより日本においてこれだけの専門学校を経営している会社は無い。
  2. 数多くの進学塾や予備校を経営している。
  3. 最近では老人ホームも経営している。
  4. 実は郡山市にも進出している(そっちでは『FSG』)ことはあまり知られていない。
  5. サーティファイという会社と深いつながりがある。
    • IT系の専門学校生向けに検定試験を行っている会社である。情報処理技術者能力認定試験やC言語プログラミング能力検定試験、Javaプログラミング能力認定試験、Excel表計算処理技能認定試験などを実施している。
      • しかしどの検定も国家資格の基本情報技術者試験に比べて知名度・社会的評価ともに低いため、あくまで国家試験の前のウォーミングアップ程度に考えて受験するとよい。

エイシンカレッジグループの噂[編集 | ソースを編集]

  1. NSGに比べれば規模は小さいが、ここもNSGと負けず劣らず専門学校の経営に力を注いでいる。
  2. 予備校や学習塾も経営している。

新潟の大学[編集 | ソースを編集]

  1. 大学進学率のわりには大学が多い。国立大だけでも3校ある。

長岡技術科学大学[編集 | ソースを編集]

  1. 田中角栄と言えば上越新幹線関越自動車道だが、これが長岡市(新大工学部が移転してしまい、国立大を誘致していた)に設置されたのも角栄のお陰らしい。
    • 日本海側に設置するなら太平洋側にもという単に地域バランスによって、当時国立大を誘致していた豊橋市にも設置したのだとか。
  2. 長岡高専とは駅を挟んで真逆の位置。
    • 住宅街の先の山の上にある。
      • 正確には山の中腹、さらに奥というか上に看護学校があり、そこの学生との間で需要と供給が満される。
        • 残念ながら最近は、「え、技大生…(軽蔑したような目)」という反応をとられることの方が多いとかなんとか…。
    • 周囲に何も無く、はっきり言って車が無いと辛い。
      • 交通機関はバス停が一個、坂を下りればもう一つ。駅は果てしなく遠い。
        • 最寄り駅が来迎寺駅ということを知らない人多数。
    • 長岡高専との間には太いパイプ(進学的な意味で)がある。豊橋にはそんなもんないらしい。
  3. 学食の名物と言えば油そば。
    • 長岡高専と同じ業者だが、こっちの方が具が多い。
  4. 各棟の二階(斜面にあるので一部一階<>二階)に屋根と壁のある渡り廊下で結ばれている。
    • 雪が一晩で1m積もる事もザラな土地なので冬は渡り廊下で移動する。
      • 豊橋技術大学も同じ設計で建てられたので二階の渡り廊下で移動可能となっている。
    • 駐車場を除雪すると駐車スペースじゃない所に高さ3mくらいの山ができる。
  5. 第二食堂のクオリティは高い。早稲田の学食研究会もかなりの高評価を付けている。ちなみに運営してるのはシダックスだったりする。レジ前にシダックス(カラオケ)の割引券がおいてあったり。
  6. 大学の麓は田んぼだらけ

上越教育大学[編集 | ソースを編集]

  1. 長岡技大と同じく新構想大学の一環で設置された国立大学の一つ。
    • これにより上中下越に国立大が一つずつできた。
  2. 受験生にとってはあまり存在感がない。長岡技大と違ってこれといった特色もない。
  3. 小中の教科書の著者にここの教授が結構いる。

新潟県立大学[編集 | ソースを編集]

  1. 昔の県立新潟女子短期大学が4年制大学に改組してできた大学。
    • なのでかつては県短(けんたん)とか海老短(えびたん)とか呼ばれていた。海老短の「海老」は所在地の海老ヶ瀬から。
  2. 短大時代に幼児教育学科があったため付属の幼稚園があるのだが、「新潟女子短期大学付属幼稚園」から「新潟県立幼稚園」と変わった。「大学付属」が取れたということは離れたのかな?
    • でも何だか園名がコレジャナイ感がする。県立幼稚園って…。

新潟青陵大学[編集 | ソースを編集]

  1. 実は新潟県でトップの私立は「看護と心理」の大学。
    • 児童福祉も精神保健福祉もある。
  2. 偏差値は代ゼミで52ぐらいで日東駒専ぐらいなんだが福祉と看護に興味ない学生にとって、ここは華麗にスルーされる
    • 新潟医療福祉大学に抜かれたというデータも。

新潟医療福祉大学[編集 | ソースを編集]

  1. NSGの経営する私立大学。
  2. 看護・医療・リハビリテーション・栄養・スポーツ・福祉の計6学部13学科からなる。
    • 学科の新設が相次ぎ、毎年のように新たな校舎ができる。
    • 2017年に学生数が4,000名を超えた。
    • 昼休みは、食堂(何か所もある)とローソンが激混み。
  3. 「国家試験と就職に強い大学」を売りにしており、資格取得のための勉強が大変。
    • 医療系だからもともと就職に強いのでは、という声も。
    • 医療経営管理学部は、一般の民間企業にも就職している。
    • 実就職率に関する大学ランキングで全国1位を達成している。
  4. 医療技術学部、健康科学部、リハビリテーション学部、看護学部の偏差値は、ついに青陵大学を上回った(※「最新!新潟県 大学偏差値 一覧 2018」)。
  5. 大学周辺には何もないが、無料スクールバスが頻繁に走っている。
  6. 授業料は高め。
    • その分、建物や設備は充実している。
    • 学生もそれなりに裕福な家から来ている者が多く、「着ている服が違う」との声も。
  7. 最近はスポーツにも力を入れている。2016年にはプロ野球選手も輩出した。
    • 中日の笠原投手やオリックスの漆原投手はここ出身。
    • サッカー部はトップチーム以外に3つのチームがある。
  8. 新潟の私大で一番活気があるんじゃないかと思う。
  9. 今でこそここが終点のバス路線が走っているが、かつては手前の敬和学園高校までの路線(敬和学園前行き)だった。

新潟食料農業大学[編集 | ソースを編集]

  1. やはりNSGの経営する私立大学。2018年に開学。
  2. 新潟キャンパスは、医療福祉大に隣接する。
    • もう一つのキャンパスは胎内市にある。

新潟産業大学[編集 | ソースを編集]

  1. 新潟短期大学を改組再編する形で1988年に開校。
  2. 拉致被害者の蓮池さんが准教授を務めている。
  3. 附属高校の方が若干有名。

新潟工科大学[編集 | ソースを編集]

  1. 「企業がつくったものづくり大学」がキャッチコピーとなっている。
  2. 県内での誘致合戦の末、本部は柏崎市に置かれた。
    • 産業大とはそれほど離れていない所にある。
  3. 技大の滑り止めになってるとか。

新潟経営大学[編集 | ソースを編集]

  1. 加茂市に本部を置く私立大学。開学は1994年。
  2. サッカー部は過去に天皇杯の新潟県代表チームとして出場したことがある。
    • 社会人登録のチームとして「'05加茂FC」と「'09経大FC」がある。
  3. 日本代表経験のある東口順昭は福井工業大学のサッカー部解散後、ここに転入してきた。

国際大学[編集 | ソースを編集]

  1. 大学院大学であり、学生数300人のうち日本人が1割しかいないため存在が薄い。
    • wikipediaのページも日本語より英語の方が充実。
    • 修了者の就職先は外資が多いため、県内にOG・OBが皆無。
  2. 南魚沼市にある大学院大学。
  3. 公用語は英語。
  4. 上越新幹線がなかったらできなかったと思う。

長岡造形大学[編集 | ソースを編集]

  1. 新潟では少ないデザイン系の大学。
    • デザイン系ではあるが美大ともちょっと違って工業系のデザインを主に学ぶ。
  2. 公設民営から公立に移行した。

敬和学園大学[編集 | ソースを編集]

  1. 新発田市にある唯一の大学。
    • 系列校の高校は新潟市北区にある。
  2. 実は敷地の一部が聖籠町に跨っている。
  3. 新新バイパスのかつての終点である新発田ICを降りようとすると右側に見える。

新潟薬科大学[編集 | ソースを編集]

  1. 秋葉区にある大学。
    • 昔は西区にあったが、2004年から段階的に新津キャンパスへ移転。
      • 西区のキャンパスはキャンパス名(西新潟中央病院キャンパス)が示す通り西新潟中央病院の奥にある。
  2. 新潟県内で唯一の薬学部がある。

長岡崇徳大学[編集 | ソースを編集]

  1. 長岡看護福祉専門学校を前身として2019年に開学。
  2. 長岡技術科学大学の裏にある。

開志専門職大学[編集 | ソースを編集]

  1. 新潟県初の専門職大学として2020年に開学。
  2. 本部である紫竹山キャンパスは鳥屋野潟のほとりにある。
  3. 2021年からアニメ・マンガ学部が開設された。

新潟リハビリテーション大学[編集 | ソースを編集]

  1. 村上市にある唯一の大学。
  2. 元々は専門学校だったが2007年から大学院大学になり、2010年から4年制の大学に改組された。

長岡大学[編集 | ソースを編集]

  1. 長岡短期大学を4年制の大学に転換する形で2001年に開学。
  2. キャンパスは悠久山野球場の南にある。
  3. 運営法人は中越高校と同じ。

その他[編集 | ソースを編集]

  • 県内に本部のある大学
    • 新潟国際情報大学
    • 新潟県立看護大学
    • 三条市立大学
    • 事業創造大学院大学
    • 新潟中央短期大学
    • 新潟工業短期大学
    • 明倫短期大学

新潟の高校[編集 | ソースを編集]

新潟の高校

その他[編集 | ソースを編集]

長岡工業高等専門学校[編集 | ソースを編集]

  1. 全国の高専の中で、地震で一番被害を受けた高専とも。
    • 新潟県中越地震のときに非公式ながら、環境都市工学科(いわゆる土木工学科)の震度計は震度6強を記録(長岡市の震度は6弱)。
      • 原因は学校の近くだったか真下を断層が通っていたから。
      • ちなみにその近くの某学校には真下に断層が通っているとのこと。その結果地震がこなくても校舎にひびが入っている。
    • 地震前に数億円の新設備が導入され、その記念パーティを成願寺温泉でやっていたところ地震に遭遇し、機械はパー、成願寺温泉はそのまま廃業となり「最後の客」になった不幸な先生もいる。
      • その後、その人たちは歩いて高専の体育館まで避難しに戻ってきた。
    • 地震後はさまざまな備品買い替えで一部業者で特需が発生した。普段は買ってもらえないような仕様で提案しても「あー、んじゃそれで」で通ってたらしい。
  2. ちなみにほぼ進学先に当たる長岡技科大とは長岡駅を挟んで真反対のため、まともにバスで行こうとするとバス代で500円近くかかる。
  3. 修学旅行が4年次のため、4年の7月にならないと中学時代の友人と高校時代の修学旅行の話ができない。
  4. 何だかんだ言って、県内の工業系ではトップなので全県から来る。附属(長岡・新潟)中からも来る。
  5. ここと長岡技術科学大学の食堂(業者が同じ)の名物料理と言えば「油そば」。卒業生が戻ってきた時にこれを食べると懐かしいと思うらしい。
  6. 実は高専一期校の一つ。
    • 工業短大が前身。
  7. 技大のお陰で高専の中ではトップクラスの進学率。技大以外では新大工学部などにも行く。