日向市

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本九州 > 宮崎北部日向市


  大  分




延岡

ヶ瀬
諸塚

椎葉   日向
西米良 西都 木城 都農

テーマ別[編集 | ソースを編集]

日向市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 美々津県時代は県都だった。
    • ただ、中心地は旧美々津町じゃなくて旧富高町。
  2. 天領うどんをファーストフードだと思っている。
  3. 男子学生は「ひょっとこ踊り」を全員踊れる。
  4. 黒田の家臣を惨殺した現場には出るらしい。
    • 黒田の家臣で焼身自殺が発生したことがある。
    • 黒田の家臣にレッドキャベツ(宮崎県にはない)のレジ袋が捨てられていたことが。他所の人も来るみたい。
  5. 「宇宙戦艦ヤマト」が寄港した形跡がある。
  6. 一人当たりのパチンコ店が日本一の宮崎県の中で何気に一番のパチンコ密集率。
    • ロックタウン日向周辺にはパチンコ店が5件ある。
  7. ジャニーズ長瀬智也・城島茂(TOKIO)がソーラーカーで米の山を訪れる。景色を絶賛していた
  8. クルスの海は、恋が叶うというシークレット・スポット(結婚式をあげたカップルも居る)
  9. 京都府向日市と郵便物がよく間違われる。でも、郵便局職員はなれているのかそのまま配達。
  10. 初めてこの市名が出来た当時は宮崎の他地域はどんな心境だったのやら…。
  11. 毎年「ひゅうが」が細島港に寄港する。
  12. 市の代表駅は日向市駅。
  13. 「マンガ倉庫」が出来た。県内3店舗目(他は宮崎店・都城店)。
  14. 日向市が宮崎県初・唯一の大型店がちらほらある。
    • ミスターマックスは10年経っても宮崎唯一。
      • 上記「マンガ倉庫」はそのテナントらしい。宮崎店よりは大きそうだが、都城ほどの規模は…?
    • トライアルは寿屋の建物に入居した。駅前だから目立つ。
      • こちらはつい最近、三股町(ほとんど都城との境)に出来た。近いうちには宮崎市のベスト電器跡地にも進出。
    • どちらも九州北部ではお馴染みのお店であり、日向市を宮崎っぽくなくさせている。
  15. 人口6万人程度なのにナムコランドが2つもある(ミスターマックスとイオンタウン)
    • その一方でBEMANIシリーズを置いているゲーセンは一つだけである。しかもゲオの中。その上、最近まで県北で唯一の店舗だった。
      • そのゲオパークが潰れてしまった。県北でBEMANI系があるのは、イオン延岡の子供向けゲームコーナーだけに。
        • この後、下のナムコランド東日向店の後釜として出店したキラキラAsobox→ハピピランドに音ゲーが入ったが、2023年2月末に太鼓を残して全滅。
    • イオンタウンのナムコランド(東日向店)が潰れた。
  16. 平成の大合併で「東郷町」を編入した。
    • その東郷町と美々津との境はごちゃごちゃしている。寺迫小学校(東郷)に至っては、国道10号から内陸に進めばすぐの所にある。
  17. 1983年から2004年まで近鉄キャンプ地だった。練習場所はお倉ヶ浜。
    • その球団OBでもあるK村いわく、近鉄消滅後に発足した欽ちゃん球団のキャンプの方が客が多かったとの事。
  18. 人口6万人程度であるがスタバが進出した(2023年)
    • 門川と合わせても8万人程度。どうやらスタバ側は延岡と合わせて20万都市圏とみている節がある。
      • 延岡・日向で3店舗目とみたら、まあ妥当。
    • なおタリーズコーヒーのほうが先に進出していた。市街地じゃないけど。

美々津[編集 | ソースを編集]

  1. 神武天皇は美々津から関西へお出かけになったらしい。
    • 故に日本海軍発祥の地、だそうだ。
  2. 小学校用の土地を購入したのに登記を移動させないでいて、元の所有者に固定資産税を請求し続けた結果、所有者の子孫がミカンの苗を運動場に植え付けられてしまった。
    • 日向市(もっと前でいえば美々津町)の自業自得である。
      • 美々津と思っていたら、耳川の北岸はもう美々津じゃないらしい。
  3. 江戸時代も港町で商人が多く、旧商家が残る。さらにそうでない家も表の見た目をそんな感じ(古い建物風)にして雰囲気を壊さないようにしている。
  4. 毎年8月16日に精霊流しをしている。ただ、環境の事を配慮してか河口で回収して海に流さないようにしている。そのあと花火大会が行われるが、低予算の割には水中花火など趣向を凝らしていて結構楽しめる。

東郷[編集 | ソースを編集]

  1. 中心地は「山陰」。
    • 読み方は「さんいん」、ではなく「やまげ」。
    • なので町内を「山陰タクシー」が走っていたりする。鳥取島根の人が来たらびっくりすることだろう。
  2. 市の中心街へはR327一本で行けるが、峠を越える必要がある(大した峠ではないが)。
    • 水系が違うため。東郷は耳川水系。
  3. ここの道の駅は、隣にガソリンスタンド、スーパーがあり便利。
    • 入郷(東臼杵郡)の山々を探索する際には、ここで調達するのが無難。
    • ガソリンスタンドはJA運営なのにコスモ石油だ。
  4. 若山牧水の出生地というアピールばかり。
    • 出生地の近くには「牧水公園」、道の駅には「牧水そば」がある。
  5. 時は元禄。宮崎の近世史上、重大な一揆があった場所。
    • 日向市(美々津以外)が天領なのはこれが原因。
  6. ラジオはNHK-FM以外まともに受信できない(AMは雑音が多めに乗る)。これでも入郷ではましなほうだが。
  7. 上述されているように、美々津の近くに飛び地のごとく旧町域がある(寺迫)。大字としては山陰の一部にはなるが、どうしてこうなったのだろうか。