日本の政治

提供:chakuwiki
保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。
  1. この国の税収は存続の危機に瀕している。
    • 外交は弱腰だが、内政に関してはめっぽう強気。大国の言いなりになり、大企業には優しく保護・援助をし、民間人には意地悪。
      • 2レベルゲームという考えがあって、内政で強気な国は外交で弱気(日本)。対して外交で強気な国は内政で弱気(米国)。
    • 核兵器作るような国に援助は必要なし
      • 他の国に援助をするような国に援助する理由がわからん。
      • そのくせ核実験をやる国にはお金を思いやる。
    • 自転車操業を地でいくような財務状況。
    • 強引な経済成長をうながしたために産業のバランスがめちゃくちゃ。
      • 自治体にもよる。
    • 世界一財政に対する危機管理能力が無い国。だから、訳の分からん箱物に手を付けては損ばかりする。損をしても何故こんな事になってしまったかは全く考えようとしない。
      • お役人は皆、税金=よそ様の金銭=自分達のポケットマネーではないという傾向が非常に強いので目的外の事に税収を使いまくり、まさに自分さえよければそれでいいという感覚。
      • しかし最近日本は財政破綻しないしむしろさらに国債を発行しろという逆張りみたいな主張する人も。
    • 余った予算は翌年度に繰り越せばいいのに、年度内に全て消化させる。こんな事をしているから財政難に陥ってしまうという事に全く誰も気付かない。
      • 「余りを繰り越しできるようにする」には地方自治法の大改造が必要になる(以下の2つに当たる場合を除いて、繰越処理は地方自治法違反になる)
        • 最初から複数年にまたがることが明らかなプロジェクトの予算。
        • 費用の性質上、支出決済の行われる時期が翌年度にずれ込むもの。
      • 年度内に消化させるために輪ゴムを買わなきゃいけないとか...だったら繰越を許してあげてよ。
    • 財政再建のためなどと言って、景気低迷時に緊縮財政を強行し、さらに増税した結果、消費が落ち込み、企業業績を悪化させ、デフレが加速し、税収が激減した。何やってんの?
      • ちなみに財政再建が本格的に始まった97年の純債務の名目GDP比率は、わずか27.8%で、他の先進国に比べて突出して健全な数字だった。やる必要がない財政再建を強行して、逆に財政が悪化した。何やってんの?
      • こんな大失敗をおかしながら消費税を8→10%に引き上げる事を強行しようとしている。こいつらの頭はガチで脳味噌で出来てるな。
        • それ普通の人じゃね?
      • そんなに財政再建したいのなら、国民の収入を全て税金として回収すればすぐに再建するじゃないか。その後は知らんけど。
  2. 政治が極端に下手である
    • 国内でスタンダードである、年齢や社会階層で構成される「タテ」の関係がないので、自国の利益を尊重しつつ多国との約束や取引ができない
    • 「国益」を全面に押し出すことはタブーと教育されている(?)のも大きな要因のひとつ
      • 以下ノートに移しました。
      • 一次産業が極端に脆弱な定めを背負っているので、その辺りの関係者が被害者意識に逃げ込んで自爆を繰り返している。
        • しかし本当に腐っているのは二次産業に多い。
    • 政治の下手さは一説ではアフリカのボツワナ以下だとか。
    • 経済一流政治三流とはよく言ったものだ。
      • 流石に三流だったのは十五年戦争を起こしたあの時ぐらいだろう、せいぜい二流。
  3. 「Dangoは悪い事だ」とハッキリ認識しているが、「何故悪いのか」は誰も理解していない。
    • 成功例が無いから。
    • 値段だけで決めた某エレベーターは、事故率が他社比三倍。
      • 「共産主義社会」「国営企業」「実質国営企業」「第3セクター」成功例だらけなのらー!うひひー!
    • 「Dango」とは「団子」のことか?
      • 土建屋と政治家が好きな物。
        • 山吹色のお菓子も大好物。
          • 一番最初に串に刺さったのに三男。一番最後に串に刺さっているのに長男。
            • きっと一番始めに死ぬから長男なんじゃないかな。
    • 「仕事が無くて倒産」「違法な行為で仕事をもらう」さあ、どっちを選ぶ?
      • 「密告してお目こぼし」と「密告されて仕事が無くなる」、さあ、どっちを選ぶ? という選択が加わりました。
        • メル・ギブソンの「バードオンワイヤー」って映画も「司法取引に応じた裏切り者が政府から切られる話」だったね。しかし切れない。泥沼。それが一般民衆の娯楽。
    • またの名をワークシェアリングとも呼ぶ。
    • 談合は税金の効率的な支出を阻害するので納税者にとっては悪だが、関連団体にとっては安定的に仕事とお金が落ちるので善とされる。日本では公共の利益より身内への便宜を優先する傾向が強い、とされる。
    • そのため一般競争入札を導入→仕事がないので低価格入札が相次ぐ→しわ寄せが労働者にきてブラック化…というサイクルに。
  4. 戦争中は「鬼畜」と罵るほど敵対していた国でも、いざ戦争が終わると一転して低姿勢に回り友好国に。変わり身が非常に早い。
    • しかしいつまでも敵対し国内を混乱させることなく驚異的な速度で国土を復興し経済大国になったことは一部で評価されている。
      • その影には、公務員の家庭では「息子がいじめで自殺しても、娘が結婚詐欺で自殺しても、親にはシャカイテキなセキニンがあるので、カナシミを乗り越えて民衆の目標として笑顔を振りまく。それが強い人間。上級公務員の資格」と教育される悲惨な実態がある。実は戦後に限らず「京都的(=貴族的)」とはこう言う考え方を意味する。戦後に限れば「捨て駒」の一言に尽きる。
        • 公務員に限らず、日本には伝統的に、不幸に取り乱すのは恥、とみなし、涙を呑んでぐっと堪える文化がある(お隣の韓国とは対照的だ)。権力者から見れば、非常に都合のよい国民性であり、日本を世界で最も成功した社会主義国とした原動力とも言えるだろう。
    • 変わり身の早さに関してはとなりの盲腸の方が酷いけどね。
    • 何せアメリカのぞk(以下自粛)
    • 戦争が終わると翌日から英語教育が始まったとか。というのも負けるのはだいぶ前から判っていたから。
      • 絶対負けると分かっている戦でも、本当に負けるまでそれをおくびにも出すことが出来ない国。古くは第二次世界大戦、最近では2006年サッカーW杯・・・。
        • 権威が強かったりするとこうなるんだよ。こうズブズブと...。
    • で、戦後数十年もたつと、英語崇拝主義になって、日本以外の全世界が英語圏だと妄想している。
      • 英語崇拝はアメリカの狙い。「属国の言語を奪う」もしくは「主国の言語が優れてると洗脳する」ことで支配しやすくなる。
      • 言語を奪うことによって、(奴隷となった)西アフリカ人・南北アメリカ先住民たちの支配も容易になった。
      • (アメリカ在住の)「英日バイリンガル」と「英語しか話せない日系人」。後者が哀れに見えることがあったりなかったり。
      • 自らの言語を完全に忘れスペイン語を話してるメキシコ人(特に純粋インディオ顔)が哀れに見えることも。
      • 最近の日本は英語を訳そうとせずそのままカタカナ英語で使う。そのうち日本語は外来語ばっかになりそう。
        • いわゆるルー語に近いものになりつつあるか。
    • 草の根の反米ではなく、上からの反米だったから、体制が変われば当然そんなのは終わる。
  5. 社会主義と民主主義の両立に成功した国家である。
    • 共産主義と資本主義の両立とも言える。
    • 実は世界で唯一共産主義を成功させた国家でもある。つ"護送船団方式"
    • 市場は資本主義、経営は共産主義。
    • 共産主義の反対は、「民主主義」じゃなくて「資本主義」じゃないのか?
    • 資本主義・共産主義が経済体系で、民主主義・社会主義が政治体系じゃないの?
    • つまり社会民主主義国家。
      • 日本の社民党が理想とするような政治体制というわけではない。
    • なお社会主義体制のようなものを崩した結果...。
  6. 暗黙の世襲による政治で成り立つ国家。
    • 薄目で見ると「朝鮮民主主義人民共和国」と区別が付かない。
      • 大日本帝国ならともかく、いまの日本とは似ても似つかないとは思うが。
      • しかし韓国も中国も指導者層は世襲。
  7. 右傾化、全体主義化しているらしい。
    • 世界情勢を考えれば、安易に非難することではない。
    • そういわれているが、世界的に見るとまだまだ左翼寄りの国。
    • 日本共産党、社民党からみるとそう見えるらしい。
    • むしろ左傾化したのではないかと言われている。
    • 景気が悪いと右傾化するらしい。
  8. かつて領有した国に謝罪と賠償をした世界で唯一の国。
    • 愚の骨頂である。
    • 某半島某大国を調子に乗せました。馬鹿ですか。
  9. 右翼は大半が敵対国の人間。
    • いわゆる宣伝右翼である。
  10. おそらく、世界で最も難民を差別している国?だと思う。
    • はいはい。難民を差別どころか虐殺しているような国はこのあたりにたくさんありますよ。そもそも日本のように人口密度が高い国は、難民を受け入れてはいけないの。
      • それに、難民のフリをして渡航してくる人も多いので、さらに受け入れ困難になる。
    • 書くんなら堂々と「わが国は世界で最も難民を差別している国家である」と書く方が良い。(↑でも触れてるが、差別というより受け入れ困難というのが実情)
    • 「世界で最も政治難民を受け入れない国」なら多少、意味がある。
  11. この国は衛星国である為、上から通達される「年次改革要望書」に従って政治が行われている。近年の構造改革は自民党の意志では無く実は本国からの要請。
    • そのくせ、西の衛星国と違って適度に逆らう。
      • いつ逆らったの?
        • BSE問題、ダンピング課税報復(日本がこれを発動するとたいていそのダンピング問題は有耶無耶になる。そして発動率はかなり高い)、他にもいろいろあるだろ。下にある年次改革要望書もな。
          • 自民党が経団連に従順なのは知ってる。「稀に逆らう」が正しい表現。他はアメリカ様の指令通り(経団連も利する)。
            • 稀にというか、従えることと、従えない事があるだけだろ。
    • ついでにイチャモンもつけてくる(この「年次改革要望書」は交換するものなので、アメリカも日本からの要望書を受け取っている)。本音は黙殺したいのだろうが、あまり無視していると突然何をしてくるか解らない連中だということを骨身に染みて解っているので、ゼロ回答もできない。
    • 裁判員制度を導入させたのもアメリカ様です。
    • 派遣労働を自由化させたのもアメリカ様です。
    • 郵政民営化させたのもアメリカ様です。
      • これらの事実について、なぜかどのマスコミも報じないという謎。
      • いやいや民営化させたのは国民だろ。
    • 鳩山由紀夫内閣でなくなった…が、協議などで実質変わらない。
  12. 上院議員(参議院議員)が下院議員(衆議院議員)より軽視されていると言う世界でも異色の序列がある。
    • 郵政解散で役立たずぶりを発揮したからな。
    • 挙げ句参院不要論まで出ている。海外では考えられない。
    • 上院が優越する国なんて聞いたことない。
      • これは戦前の名残...なのか?
  13. 一応、平和主義。でもまず戦争なんてしたい人はいないと思う。
    • そんなん世界中が皆そう思ってる。それでも戦争は起きるということを理解するべきだろう。
    • でも戦争のニュースは大好き。
      • 殺人事件のニュースも大好き。
      • 対岸の火事ならネタとしていいらしい。大河ドラマで必ず戦乱の時代なのもそんな理由か。
    • 社民党、共産党だけでなく、およそ全ての国民の本音。軍隊や警察は必要悪。
  14. 「美しい国」へ生まれ変わる為に改革が進んでいるが、一部で「鬱苦しい国」だの「憎いし苦痛」だの言われている。
    • ここの内閣ってなんかスキャンダル続きだよな・・・・
      • 大臣も1人どっか逝っちゃったよな・・・・確か?
    • 美しい国って…軍国主義の事?
      • 「日本は美しい国である!」「美しい国ってどういう意味?」「美しいったら美しいんだい!!」
      • 「女は産む機械」発言=戦時中の「産めよ増やせよ」。
      • 「原爆投下はしかたがなかったニダ」
      • ホワイトカラーエグゼンプション=労働三権の否定=戦前回帰
      • 東アジア共同体=大東亜共栄圏
        • 大陸に権益を持つと国が滅びる。
        • 今も昔も「アジア進出」。歴史は繰り返す。
        • これに反対してくれそうな政党は共産党と新風くらいしかないのが現状。日本人の「グローバリズム」に対する警戒心の無さは異常。
        • その新風も今や電波扱いだが。
      • 日韓友好・日朝国交正常化=内鮮一体、日中友好・多文化共生=五族協和
      • アジア・ゲートウェイ=皇民化教育
      • 人権擁護法・共謀罪=治安維持法
    • なお、道半ばにして崩れた模様。
  15. この国では、国益を中韓に売るのが左翼、アメリカに売るのが右翼とされている。
    • 反米保守は両方から批判されるから真ん中である。
      • 反米保守の政党がこの国には無い。どこの政党だろうと必ず西の言いなりになる。
    • 韓国に売る右翼もいるらしい。
  16. 「後手後手の対応」は日本政府の特技。
    • 多分軍事クーデターを起こせば、対応が遅れるので100%成功するだろう。
  17. 南朝鮮のお隣さんに気を取られて、本当の脅威の存在に気付いてない。
  18. 憲法は改正困難。
    • 理解はさらに困難。
    • 講和条約締結の大前提のGHQ製憲法が簡単に改正できるようじゃ、戦勝国アメリカの国民の理解を得られなかったでしょうからね。
    • とりあえず自衛隊は違憲。だから9条を改正する必要があると思われる。憲法学者の9割もそう言っているそうな。
      • でも現代のアメリカ人にはとっても理解しがたいらしい。
        • 日本の左翼を除いて理解できる人間などいるのだろうか。
        • 左翼も実は理解はしていない。
        • アメリカ人に理解しがたいというのは、まるで腫れ物を障るように憲法改正の発議さえできない現状のこと。
    • 憲法9条教の信徒も最近は減少傾向かつ、高年齢化が激しいらしい。
      • 9条のプラス面を誰か教えてくれ。
    • じつは世界の120ヶ国以上が戦争を放棄しているらしい。
      • 「侵略戦争」を放棄している例はかなりある。ただ「戦力」の放棄は滅多にない。
      • ほとんど小国だろ。
        • じつはパキスタンとの関係がギクシャクしているインドも戦争を放棄している。が、いざとなればそれすら放棄するだろうことは目にみえている。
          • しかしインドが本当に核ミサイルで吹き飛ばしたいのはイスラマバードではなく北京
          • そうか?昔は仲が悪かったが最近はそうでもないぞ。
            • つい最近、インドが北京まで届くICBMの実験をやったばかり。詳細はインドの項で
    • 「政教分離」は妙な使われ方をしている。
      • 「政治が宗教を、宗教が政治を利用してならない」である筈なんだが現実は関与してはならない、になってる。しかも一部の「宗教が政治を利用」勢力が国の靖国参拝を批判するという「おまえが言うな」状態に…。
      • 西欧見てるとキリスト教党とか平気で出てくるし、米国の共和党なんかファンダメンタリズムの言いなりだし。白人的には政教分離と言う概念は非キリスト教宗教を政治に関わらせない事じゃ無いかと思う。それ、日本じゃ絶対無理だからw
      • いっそ治と育を分離してくれ。
      • 宗教がおもっくそ絡んでくる政党があるけどスルー。
      • 「政治家は宗教と全く縁がない人生を送らなければならない」というバカ丸出し解釈が平気でされることもある。んなワケねーだろ!
  19. 国民は誰も知らないが、世界で初めて人種差別撤廃を主張した国である。
    • 1919年に行われたパリ講和会議にて国際連盟の規約に人種差別撤廃条項を加えるよう提案した。
      • 大東亜共栄圏を目指したのも、白人によるアジア差別からの解放が目的だったから。
        • それ、提唱した張本人が朝日新聞記者で、しかも共産主義のスパイだったんだが。
    • でも正直、日本は差別大国
      • ただし差別されているのは大和民族、琉球民族、アイヌなどの日本古来の民族に属する正規の国民側。
      • 同じ日本国内同士の結束力もない癖して「日本は素晴らしい国」だと自惚れたことを言う。
      • ↑逆にそれは素晴らしいことだと思うぞ?普段はバラバラでもそれぞれが「日本は素晴らしい国」と思ってるんだから。
    • アパルトヘイト亡き後は世界最悪の人種差別国家。外国人に対してここまで企業や役所がつらい対応をする国は他に無いであろう。黒人や他のアジア人、中南米の国々の人たちを極端に低く見る。
      • 外国人全員ウェルカムで治安悪化されても困るんだが。日本の常識は世界の非常識だし(自販機が山にも田んぼにもあると言う意味のね)
        • 非常識には同意。外国人全員ウェルカムは治安悪化に繋がるの善良な外国人ウェルカム状態に改善してほしい。(無理か)
        • そのわりにはTVなどでいろんな人種が日常的に登場する
        • 実は外国人が治安を悪化するという理論は間違っているんだよね...。
      • 韓国の方がよほど人種差別国家。黒人差別や黄色人種差別が酷い(韓国人も黄色人種だが、本人達は「韓国人はアジアの白人」と本気で思っている)。
  20. 自衛隊の極秘訓練の模様や理由が全国ニュースで放送される。
    • 本当のマル秘訓練はこっそりやっている、らしい。TVで流れるのはあくまでも宣伝向け。極秘でもなんでもない。
      • 海自の特殊部隊が不審船(に見立てた船)に強行接舷する訓練が公開されたとき、不審船がハシゴをたらしながらやってくるわけがないと言ったヤツがいたらしい。具体的にどうやって乗り込むのかは極秘事項であり、そこまでは公開しないということがわかってなかったようだ。[1]
    • 極秘情報はインターネットで全世界に共有され、スパイを送り込むことなく簡単に手に入れることが可能。個人の住所電話番号など「ジョウホウ」と呼ばれるものは全て共有したがる国民性である。
      • ある意味スパイの潜入を防いでいる。
  21. 税率は高くないが、集める側が何に使うかわかったもんじゃないので上げるに上げられない。
    • 税金上げるって言って、ほとんど反対されるからな・・・。もちろんお上の使い方も悪いが、義務を義務と思えない国民も国民、マスコミもマスコミ。
      • 普通の国なら不景気の時は減税をするんだがな。
        • そんなタブロイド志向で対処できるような財政ならあたしが総理大臣やった方がマシよ!
    • ほぼ消費税だけの話。
  22. 先進国の中でもこれだけ政治のリーダーがコロコロ変わるのも珍しい。
    • マスコミは細かい事ばっか報道し過ぎだと思うんだよな。リーダーのストレスになってるんだと思うよ。見てる側も無駄に不安になるだけ。小泉政権が四年間続いたのは発言やら何やらの報道を権力で抑えた事が要因らしい。
    • コロコロ代わったほうがいいよ。長く続く奴はたいていアメリカの忠実なスパイだから。
    • で、ギャル達に「チェンソー」などと言われる始末。
    • 実はこれは戦前からそうだった。
    • でも長く続けば続くほど、国民に不都合な政策を出してくるんだよね。
  23. 昨日のニュースに、この世界同時不況時にドイツで新車登録約+20%という記事があった。
    • 国が新車買い替えに約30万円の補助を出すそうである。
      • 結果として裾野の広い自動車産業を活性化する実効性が確認された良い政策例だ。
      • 仮に補助が1年続けば、その間に世界経済復活の可能性もある。
      • 日本の高速道路の期間限定料金引き下げ。ドイツのアウトバーンは元々無料。
      • 復活する太陽電池設置補助。いつの間にかドイツに追い越された普及対策。
      • 1万2000円もらってもきっと雲散霧消。国民の意識をポジティブにする、このような明るい話題にはならない、と思う。
    • お互いに揚げ足取りをしていて良い政策が一向に示されない日本の役人、政治家に大カーッツ!!
      • ドイツにアッパレ!!
  24. 第174回国会では解任決議・不信任決議がいっぱいだされる。
  25. 日本政府の最終兵器「遺憾の意」。
    • 先島諸島近海に中国からミサイルを撃たれた令和4年8月。日本が撃ち返したのはパトリオットミサイルではなく遺憾砲。外務大臣が媚中派だったこともありろくすっぽ抗議をしないどころか、何故か在北京日本大使が中国側に呼び出されクレームを付けられた。
  26. 中枢を「セイフ」と呼ぶが為政そのものは「アウト」とみられる。
  27. 日本史史上最悪と言ってもいい首相がこの国のトップを勤めていた。人は彼をルーピーと呼んだ。
    • そいつの後任も同率一位で最悪。人は彼をスッカラ菅と呼んだ。
  28. 飽きっぽい国民を相手にするんだから大変である。
  29. 2010年夏、衆参のねじれとともに世論調査で内閣不支持が過半数なのに「退陣すべきではない」と思う国民が7割以上という「世論のねじれ」が発生。
    • 「一番意見を聞かないといけない人たちがいる場所」が「本来行われているはずの地方選挙も行えない」状況ではやるべきではないと思うのが普通。
  30. 今の民主党政権について、ついにここからもダメだしされる始末。
  31. 首相が1年単位でコロコロ変わるので、いちいち名前を覚えなきゃいけないアメリカの大統領も大変。新聞の投書にも「総理大臣の任期は1年にしたら?」と書かれる。アメリカのような大統領制やロシアやフランスのような二元制に移行すべきという議論も。
    • サンマリノなぞ人口3万人で国家元首が2人任期半年なので別に大したことない。
      • サンマリノみたいなイタリアの歴史の残骸みたいな国と、曲がりなりにもG7の一員である日本を同列に並べて比較するのは無理がある。
  32. 伝統的に為政者は「国民の前に姿を現さない」のが美徳とされている。
  33. 一応民主主義国家であるが、どんどん民主主義であるかどうかが怪しくなってきている。
    • 投票率の減少。政治の私物化etc。
      • 一応投票率の減少自体は他の先進国でも発生しているようだが。
    • 何でネット上で政治の話しただけで炎上するんだろう。
  34. 現状与野党どっちもまともな人がいないという状態になってしまっているような気がする。
    • 原因は「選挙の立候補者がお付き合いで決まる」ためだと思われる。
  35. 与党は「不自由非民主党」野党は「立憲主義や民主主義なんてどうでもいい党」の二大政党制。
    • 今や野党が「立憲主義や民主主義なんてどうでもいい党」と「今の日本で維新なんて起こせるわけねえだろ党」の二大政党制。与党を入れると一強二中多弱。
  36. 国民の政治思想を分析すると全体的に西日本は右寄りで東日本は左寄り。(2010年~2022年)
    • もちろん沖縄とか京都みたいな例外もなくはないけど。
    • だからといって左が強いわけでもない。
      • 冷戦崩壊した後も共産主義みたいな政策を言うからこうなるんだよ...。
    • 東日本へ行くと、小選挙区で立憲民主党の候補者もアホみたいに当選してくるが、近畿や中四国で彼らが当選してくるのは左翼王国京都を除けば1府県で1つあるかどうかくらい。東海信越北陸あたりまで見に行っても、かつて民主王国と言われた愛知ですら4/15で、そのほかも1議席あるかどうかみたいな感じ。(2021年衆院選)
      • 東京なんて8/25、神奈川も7/18、静岡も3/8があの立憲民主党の議席。西日本の人間からすると、東日本の人ってどんだけ左に旋回してんねんって思う。(反対に東日本の人は西日本の人間は右に旋回しすぎと思ってそうではある。)
      • 2022年の参院選でもやっぱり東日本の方が左寄りの投票行動を取る人が多かった。都道府県別の政党別比例得票率を計算すると西日本の府県の多くは維新>>立憲だったのに対して、東日本の都道県では立憲>>維新だった。しかも東京都選挙区(定数6)なんて左翼系野党の立憲、共産、れいわが1議席ずつ獲得しているのに対し、保守系野党の維新はれいわと3万票差とはいえ議席獲得ができていない。
        • 19年は東京でも維新が取ってるから、候補者の知名度の差かも。
    • 左右というより90年代に自民党を離党してそのまま立憲民主党に行った人と自民党に戻った人の違いだと思う。後者は西日本に多いイメージ。
      • たしかにその側面があることは否定しない。だが、これは鶏が先かみたいな話ではあるんだけど、では何故、西日本には自民党に戻った人が多く、東日本ではそのまま左派政党に行き着いた人が多かったのかというところを考えると、やはり上述した要素があると考えられる。(公認の問題もあるんだけどさ)
  37. 一時期、公助・共助・自助の3つが大事と主張した総理大臣がいたが、「公助がしっかりしてないのに何いってんだ」と叩かれた。(2020年)
    • でも冷静に考えりゃ、この批判もおかしいんだよなあ。この総理大臣の時代に、外交努力で世界中で垂涎の品になっていた薬を輸入して希望する国民すべてに無料で配ったりしてたし、そもそも年金とか社会保障の掛け方みても公助がものすごい額になっているという事実は否めない。
      • 正確に言えば、経済が低迷した結果、昔と比べ自助でどうにかなる人が減り、人々に共助をやるだけの余裕がなくなっており、みんな公助を求めている。しかし公助は公助で拡充しても追いつかないし、拡充すればするほど財源がやばいっていう悪循環状態にある陥っており、そう見えてしまっているという状況。
      • 公助の出し方にも問題がある。もうそんな余裕はないのに途上国に寄付しまくったり、いつまでも年寄り優遇で高校や幼稚園の無償化すらできていない等、現役世代や若年層軽視の政策を続けているのはどうなのかと。ここに本気でテコ入れしようと考えている主要政党が、日本維新と国民民主だけというのが痛い。
        • 前者は外交的にしょうがない。後者は今更高度経済成長期前提の政策を改悪することはできないからなー。
          • 他国にいい顔をしておくことが、巡り巡って自国の利益(中国の台頭抑止、資源の輸入など)につながるのだが、余裕がなくなっているのでそんなことも考えられないのが現状か。
            • いまさら変えられないという意見もわかるが、それを引きずり続けると……
  38. よく「日本と違い諸外国の二大政党は国家観を共有している」といわれているが、韓国や台湾はもとよりアメリカの二大政党の外交姿勢を見ると日本の場合(自民党と立憲民主党や日本維新の会など)は均質だと思うよ。
    • 韓国や台湾のようだったら自民党の対抗馬は日米同盟破棄とか主張している政党としのぎをけずっていることになってそうである。
  39. 参議院比例区は昔も今もポピュリズム
  40. 議席を持っているいわゆる右派政党と左派政党をみると、なんとなく日本の右派政党は冷戦下の西側諸国の政治体制を体現している一方、左派政党は冷戦下の東側諸国の政治体制を志向しているように見える。
    • 地政学的には、アメリカの影響を受けた太平洋地域の国であると同時に、東側の2大国の隣国だから、それぞれがそれぞれの影響を受けたのも、よくわかる。

関連項目[編集 | ソースを編集]