日本維新の会

提供:chakuwiki

日本維新の会の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 橋下徹の政党。
    • 知事かと思いきやいつの間にか大阪市長になっていた。
    • 橋下氏と松井一郎新知事との関係は、プーチンとメドベージェフの関係に似ている。
    • と思いきや石原慎太郎が代表になった。
      • 共同代表制を経て橋下代表に戻った。
    • もはやただの顧問弁護士。今は、松井・吉村の党というイメージが浸透した。(2019年)
      • とは言いつつも、何かあれば橋下氏が外野から維新の会に対してコメントを出すあたり、未だに橋下氏の支配下に有る政党だと言わざるを得ない。
        • イメージが関西とそれ以外で全然違うんやと思う。大阪では昔、橋下さんが作った大阪が生んだ改革派の国政政党やけど、それ以外では橋下徹のところという感じなんちゃうかなあ。
      • 「大阪の党」というイメージはいまだ根強い。
  2. この「政党」とはおそらく何の関係もない。
  3. 一部では幹事長の松井氏をその風貌から、組長とかオジキと呼んでいるらしい。
    • 別に本人は悪い人ではないどころか良い人なのだが、商売柄、確かにそういう修羅場は潜り抜けてきたらしい。
    • 橋下徹はこの人がいたから維新の会立ち上げや府知事や市長になれたという立場なので、実は松井氏に対して頭が上がらないらしい。
    • 多分、公の場でオジキなんて呼ばれているのって、松井一郎か須田慎一郎くらいやろね。
  4. 本拠地の大阪では、2013年の参院選で「21世紀日本維新の会」とかいう団体所属の人が出馬した。
    • 他にもそこら中に「○○維新の会」なんてのがあってさながら「○○の恋人」のような感じ。
      • あの号泣元県議もそれで当選した口。
      • 本当に本家と連携している「○○維新の会」もある一方で、全く関係ないのに「○○維新の会」を名乗っているところもあるのがややこしい。
        • かつて連携し、日本維新の地方組織となっていた静岡維新の会には、例の分党騒ぎの時に維新は大阪都構想にしか興味が無い状態で組む気にはならんと言われた。因みに次世代も偏りすぎと言われたらしい。
        • 某号泣会見議員も「○○維新の会」系の政党を1人で立ち上げて所属していた。
  5. 党のお膝元の大阪やその周辺でここを支持している人間の8割はアンチ巨人の考えと同じ発想で、投票をやって支持するか否かを決めている。そう考えると大阪だけ維新が圧勝した12年衆院選の結果もうなずける。
    • 「東京がなんじゃい!」「東京モンが調子のっとるのを蹴散らしたらんかい!」「とりあえず自民も民主もえらそやし、なんか気に食わんさかいハシゲ頼んだで!」「わてら大阪人はまだまだ東京に負けてへんっちゅうのを見せたれや!」。だいたいこんな感じ。ぶっちゃけ酒のんで『サンテレビボックス席』見とるおっさんらとあまり変わらん。
  6. 橋下が立ち上げる4か月前に石原慎太郎がたちあがれ日本の政治塾をこの名前にしようとしていた。
  7. とりあえず民進党を攻撃すれば票が増えると思っているらしい。
    • 旧「の党」が合流したからかもしれない。
      • 維新の党時代や旧日本維新の会時代は、ここまで民主党(当時)を攻撃することはなかった。
        • むしろ彼らの左傾化が甚だしいからじゃないのかなあ。もっとも維新も橋下氏が去って以降右傾化している感があることは否めないが。
    • 確かに、民進党を攻撃できる野党はここと日ころ位しかない。
  8. 希望の党と選挙協力をしたが、大阪でも議席が減ってしまった。
    • 希望の党に配慮して小選挙区に候補者を出さなかった東京では、維新から希望に鞍替えして当選した奴がいたりする。
  9. 何故か党の上層部は、自民党総裁の安倍晋三とその女房役の菅義偉と気脈を通じている。自民党大阪府連以上に。
    • その所為か、大阪で地方選挙があると維新vs自民の戦いは菅義偉(度々維新よりのコメントを出す。)vs二階俊博(大阪府連に強く肩入れしている。)の代理戦争とまで言われることがある。安倍首相兼自民党総裁の胸の内はどうなんだろう……?
    • だからか知らないが、ここの支持者が事あるごとに自民党大阪府連をdisってる気がする。
      • まあ減債基金使い込んだり、兄弟のマンション代を政治資金で払ってたのがバレて大阪府知事やめたおばはんとかはんこ文化維持を訴えるIT担当大臣がいるような府連ですから。元府知事なんて青山繁晴先生にも応援演説なのになぜか「府政時代の間違いは反省しなければなりません」とまで言われたのに、開き直って、虚実交えて、松井・吉村政権を攻撃してるようじゃねえ。
  10. 紆余曲折を経て、気がつけば国会に政党要件を満たすだけの議席を持つ大阪の地域政党というポジションに落ち着いた感がある。
  11. ここの国会議員に不祥事が多くあったせいで、「大阪維新は信用してるけど、日本維新は信用してへん」と言われることもままあるとか。
    • Twitterで梅村みずほという参議院大阪府選挙区の人がコメントしていた。
    • N国へ行った丸山穂高を除けば、だいたい、他所から来た人ばっかり。そら、そう思うよね~~。
    • 沖縄の活動家と似ている
  12. 昔、辛坊治郎を枚方市長選に担ごうとしたことがあるらしい。
  13. 今更だが、看板政策は大阪都構想。
    • 大阪都構想の名付け親はYTVの野村明大アナ。
      • one大阪というフレーズが散々に使われた内部資料を維新の府議から見せられて、大スクープだと思ったが「one大阪」ではキャッチーじゃないと考え、大阪府を東京都っぽくする構想だから大阪「都構想」という形で、彼がスクープしたのが、「大阪都構想」という言葉の始まり。
    • なんだが、維新支持者の中にも都構想反対派はいたりする。でも世論調査を見ると、都構想に反対している自民党支持者の過半数が大阪都構想支持だったりしてチグハグ。
      • 維新支持者で都構想反対であるという人が挙げる理由として多いのは、大阪で行革をやったのは維新だけだったから支持しているが、大阪都構想を実現してもどういう効果が生まれるのか明確にはわからないので反対というもの。
  14. 2021年衆院選静岡1区では、かつて維新の会所属議員だった女性を敵に回して、立件民主党でセクハラをやりまくった挙句除名された犯罪者予備軍を公認するという暴挙に出た。
    • 党勢拡大に邁進する気持ちはわかるが、もう少しまともな候補者を選べよ。
    • 立件民主出身者を入れることで「かつての『維新の党』の失敗がまた繰り返されるのではないか」とか、「こんなことやから『大阪維新は信用してるけど、日本維新は信用してへん』とか言われるんや」と呆れられている。
    • 福岡1区や新潟1区の候補者もね…。
      • 関西以外の候補者のうち元職又は前職の約半分は自民党か民主党の不祥事組。昔N党がやろうとしていた、不祥事で離党した議員を自党に招き入れる作戦を、図らずも体現した。
      • そうそう。静岡1区にしろ、福岡1区にしろ、新潟1区にしろ、立憲や自民からの移籍組が候補者になっているが、主張を聞いていると、誰も彼も維新が今まで訴えてきたはずの政策とは遠くかけ離れたことばっかり言ってる。
  15. だいたい独立独歩の大阪派と野党につきたい派と与党につきたい派による対立で分裂。
    • で、これらがいなくなってすっきり…と思いきやまだ内ゲバは続くのであった…。
      • これをどうにかしないことには、大阪(+兵庫)以外での衆院小選挙区議席獲得はまず無理やろね。そういう意味ではこの4年間は比較的地道にやってきたかと思いきや……
  16. ぶっちゃけやっていることが新自由主義タイプの財政再建で自民党とあまり大差がない。
    • ただ、維新の会自体は、民間でできることは民間でやるべきとする一方で、公が、金銭面も含めバックアップすべきことは積極的にバックアップするみたいな路線なので、必ずしも新自由主義一辺倒というわけでもない。大阪でやってのけた私立高校や幼稚園保育園の実質無償化とかは、どっちかっていうと反・新自由主義的な側面さえある。
  17. 国政選挙、大阪の地方選挙の最後は、毎回なんば高島屋前でマイク納めをしてきた。
    • しかし、現在、大阪維新の会、松井市長、吉村知事は御堂筋となんば高島屋前のホコ天化構想(なんばひろば改造計画)を打ち出しており、大阪・関西万博までにやる予定だとしていることから、もしかすると国政選挙でなんば高島屋前で演説するのは2022年の総選挙が最後かもしれない。
  18. 大阪は事実上、維新が全国で行いたい政策の「モデル地域」と化している。
  19. ロシアの「軍事作戦(あえてこう表現する)」に対して原因をつくった側にも責任があると参議院議員が表明するなどロシア大好きな政党。
    • あれは疑惑の総合商社・プーチンの忠実な僕ですから。なんであんなんと手を組んだのかねえという意見は、ここの支持者からもよく聞かれる。
    • 根本的に鈴木宗男はいろいろと見識を疑う言動が多すぎる。丸山穂高を除名するくらいなら、こいつを除名しろよと思う。党の価値観とも相容れないだろうし。
    • 鈴木宗男に対する批判は支持者からはかなり強く上がっている。加えてメディアでウクライナ批判を繰り返す橋下徹に対する批判も結構みられるようになっている。
      • この2人のおかげで松井・吉村両名がかなり頭を抱えているようである。
    • 在日ウクライナ人の学者、グレンコ・アンドレー氏に国会で、維新の音喜多議員の質問への答弁で「残念ながらあなたがたの党にロシアの侵略を明らかに弁明している人がいるので、その人についてそろそろ考えた方がいいのではないか」とまでいわれた。その人が誰かは敢えていわないけど、みんな知っている。参考
      • 維新支持者の大多数は、もちろんグレンコ先生の意見に賛同している模様。そいつは党の公式見解と大きく異なる意見を出している訳だし、そもそも維新は保守層の支持が多い政党なので、当然といえば当然。
    • さらに侵略した相手に「降伏しろ」と言い寄る元共同代表…。
      • 元共同代表の橋下徹のこの手の主張は論外ではあるが、そもそも既に維新の会と縁が切れている人間の主張を論って、維新の会批判に使ってる人らもどうかと思うけどなあ。
    • さっさと宗男を除名しろよという意見は支持者を中心に強い。
  20. 共産党や立憲民主党など、左翼界隈からは「維新は自民党以上に問題がある政党で、(維新が府市のトップを務めている)大阪はもう終わっている」とまで言われているが、大阪人の多くは、民主党系の平松市長がなし得なかった天王寺公園や西成の浄化等を維新政治でやってのけた上に子育て支援にも力を入れているんだから、あんたらよりはマシと思われている。
    • そういった状況を冷静に見定められなかった左翼政党は、大阪では大物議員が比例復活すらできずに落選するという有様。
    • これは今の政治界隈全てに言える事なんだけど、政策に対する評価が全肯定か全否定しかしてなくて、何が良くて何が悪いのかという取捨選択やそれをどう改善すべきかということができていないんだよなー。
  21. 将来的に野党第一党になるのではないかと言われている。でも、政策とかが色々アレだから心配だよなー。
    • 立憲が野党第一党を続ける世の中よりはマシと思っている人も多い。
  22. この政党の今のところの一番の功績
     → 大阪府・大阪市の政治的プレゼンスの向上(令和4年現在)
    • 以前は国に要望を出しても、一地方の団体がなにか言ってるくらいにしか思われなかったが、維新が政権を取るようになってから、日本維新の議席も武器にしつつ、国からいろんな譲歩や優遇策を取り付けてくるようになった。万博なんてその最たる例。
    • いろんな考えはあると思うが、少なくとも大阪府知事や大阪市長の記者会見なんて、太田房江・平松邦夫時代までは在阪民放でさえ不祥事のときくらいしかニュースで取り上げていなかった。それがいまや全国ネットのニュースでも取り上げられる。場合によっては東京都知事を差し置いて。
  23. 石川県知事が党の顧問らしい。
    • 関西では独自に勢力を気づいているが、それ以外では従前は自民党を支持していた人を切り取ってくる戦略のため。馳浩知事は今でも自民党籍らしい。(2023年)
  24. 当然といえば当然だが、関西圏で圧倒的な支持を見せる。
    • 2022年の参院選では近畿の中で(岡田屋のお膝元の)三重だけ立憲優勢だったが、名張だけは維新優勢(上野も互角)。やっぱり伊賀は関西圏だな。
  25. 最近は岸田アンチと化して立憲に近づきつつある。まさに「ゆ」党。
    • 与党は明確に定義できるから別として、野党は野党なんだからこうなくてはならないということは特になく、いわゆる「ゆ党」と呼ばれる対応をしていたとしても、それ自体は問題ない。が、立憲共産党なんかと協力するのはおかしいし、選挙で票を投じた有権者をバカにしすぎだろ。
      • この国会維新の動きにブチギレたのが大阪の維新府議団。そんなアホなことやめんかいという申入れをしようとしたが、松井市長がそれをやめさせた。いやいや、言うべきことはちゃんと言わせてやらんと。
    • ぶっちゃけた話、政策距離でいえば安倍・菅(すが)>>>>(越えられない壁)>>>>岸田なので岸田と対立するのは当然と言えば当然。
      • 実は日本維新の会結成・国政進出を計画していた2012年の年初には、橋下・松井が、当時はまだ谷垣総裁の時代で、無役だった安倍さんと菅さんを維新の会トップに招聘しようとしていたくらいだからなあ。安倍さん・菅さんは自民党が政権を取り戻して日本を立て直すべきと考えていたからこの話は固辞したけど。
        • この4名が毎年年末に食事会をやっていたのはこのときの縁から。お互いに政党も考えも違えど、こういった関係性があったからこそ実現できたことは多い。その代表例は大阪・関西万博。
    • 国会で立憲民主と共闘すると言った先から不協和音。アホなのかと。(2022年)
  26. 2023年の統一地方選挙では全国の地方議会で600議席という目標を掲げ、目標を達成できなければ馬場代表・吉村共同代表はクビにすると宣言して戦った。
    • 目標よりもかなり多い議席を達成できて、維新が強いとメディアも騒いでいるが、そもそも維新の地力を考えると目標をかなり低く抑えていただけなんじゃないのって感じで、あまり目新しさは感じない。
      • 維新の躍進が目立ったのも関西とその他一部大都市圏のみ。名古屋市議会とか愛知県議会なんて減税日本と喧嘩してボロ負けしている。全然大したことない。
  27. 立憲民主を超える野党第一党を目指すらしい。(2023年)
    • また勝ち馬に乗ろうとして民主党関係者がやってくる危険があるが、大丈夫なんだろうか。実際問題2021年衆院選や、2022年参院選等で元民主党がちょこちょこっと維新の会公認候補として立候補していたが・・・・・・
      • 候補者選定はきちっとしないと帰ってきた民主党とか、立憲民主と一緒に共に民主党なんて呼ばれるんじゃねえのかと。
  28. プーチンのポチ、在永田町ロシア大使館とかムネオハウスのあの人とか呼ばれている鈴木宗男が訪露計画をぶち上げた2023年5月。流石にそれはアカンやろと執行部が待ったをかけたが・・・・・・
    • 鈴木はそんな党執行部を公然と猛批判。そんなにあの戦争犯罪国家へ行きたいけりゃ、「さっさと離党・議員辞職してから行けよ、なんならそのまんま帰ってくるな」と思う。
      • この期に及んで、鈴木を切れない党執行部も大概やなって感じ。
        • 2023年10月、鈴木宗男電撃訪露を受けて、ようやく除名処分へ。対応遅すぎんだよ。
          • 訪露したけど、ロシア側が対応したのは外務省のアジア担当の次官かなんか。全盛期(ムネオハウスの頃)のムネオ議員はモスクワに行けば、プーチンとか外務大臣が出てきて向こうの役人総出で歓待を受けていたのと比べると、ロシアにさえ軽くあしらわれる程度に落ちたという実態が露わになった気がする。露だけに。
            • 言い方を変えると、ムネオ議員はロシアとのパイプ役としてはもう使えないとも言える。
  29. 名古屋入国管理局の収容者が死亡した問題に切り込んだ梅村みずほ議員をあろうことか6ヶ月もの長期に渡る党員資格停止処分にしてしまった。
    • 憶測で物を言うのはどうなんやという意見はわかるが、本件、そもそも入管が収容者の母国や母国にいるその家族に引き取りを何度も打診していたのに彼らがそれに応じなかったとか、収容されてから誰かの入れ知恵なのか難民申請を出したとか不可解な背景がある上、事件発生後にそんな彼らを何度も日本に呼んではいろいろとメディア露出させたりしている不可思議な勢力もいる中で、この処分をすると、本件は有耶無耶になってしまう。
      • 本件は国も悪い。出入国管理及び難民認定法の趣旨に照らして「いかなる理由があれ不法滞在で収容されたら、収容される前に難民申請が出されている場合を除き、即刻本国に送還する」等、より適切かつ厳格な運用をすべきところ、それを怠っていたんだから。収容後、早急に送還していれば、こんな不幸な事件は発生していなかった。
  30. ある世論調査で「家庭に負担がかかってもウクライナに支援を続けるべき」というものが政党支持層別に出されたが、維新支持者でyesと答えた人の割合が20%しかいなかった。
    • ちなみにロシアの非難決議に反対した所の支持層は58%がyesと答えているという。
    • 国問研のこのレポートやな。同じレポートで年齢別でも統計が公表されているけど、若年層になればなるほど、yesの割合が低い(20・30代で3割程度)。要は、維新は他党より若年層・現役世代の支持を集めているということの裏返しな気がする。ちなみに主要政党のうち、維新の次に低かったのは、やはり他党と比べると若年層に受け入れられている国民民主党支持層であった。
      • これって国際問題とか党派性の問題というよりも、日本経済の問題が大きく影響してるのではないか。経済的に厳しい環境にある人が相対的に多く、また格差のデカさが深刻なのは若年層・現役世代なんだから。個人的にはウクライナ支援は積極的にやるべきと思うが「私達の貧困そっちのけで増税ばっかするくせに、やたらめったら外国を支援するなよ、岸田」と思う人がいること自体は何ら不思議ではない。
  31. 野党第一党になりそうな勢いに立憲どころか自民も怯えているらしい。
    • 党の考え方的に支持者の取り合いになる可能性が高いため。
    • 一番怯えているのは公明党な気がする。小選挙区で自民党支持層がしゃあなしで公明党に入れていたような人も多く、そのうちの何割かが維新の候補者に流れるケースが想定されるため。
  32. とにかく議員の数を減らしたがっているが、その分一人あたりの仕事が増えることに文句は言わないのだろうか。そんなに皆タフなわけ?(そりゃ本会議中に寝てるよりはいいのかもしれないが)
    • 一人あたりの仕事が増えるくらいで文句を言うようなやつはそもそも維新から出馬したいと思わないってことだろ。実際、地方自治体レベルだとある程度議員を減らしても問題ないと住民が思ってるケースは多いんだし、住民のニーズにも合致している。
  33. とうとうマスコットキャラクターができたが、維新なのに何故か新撰組の服を着ている。
    • そしてれいわ新選組と合流でもしたいのかとネタにされることに。
  34. 不祥事大杉。比例で当選した議員が選挙違反がらみで辞職したら繰り上げ当選する予定の候補が選挙違反で罰金刑食らっていた。
    • 急拡大する過程で候補者選定がザルになっていることがよくわかる。選挙慣れしていない素人がノリでやってしまってたってところかとも思う。
    • 不祥事があることを許すべきとは思わないが、不祥事が多いのは維新に限った話ではない。立憲民主みたいに不祥事のショッピングモールみたいな政党だってある。が、なぜか維新が不祥事を起こすと他党以上に叩かれている気がする。
  35. 政党支持率で抜かれ続けているのが気に入らないのか、左翼的主張をしないのが気に食わないのか立憲民主党支持者には自民党以上に目の敵にされている。
    • 自民党の別働隊だと言って叩く人も多いが、左翼路線じゃないことが自民党の別働隊というあたり、立憲民主党界隈の人々の思考の浅さがよく分かる。
    • 不祥事が多いと叩く人間も多い。不祥事があることは許すべきではないが、自民党にしろ立憲民主党にしろ共産党にしろ不祥事は多いが、維新の不祥事だけは許されないと思っている人さえいる模様。
  36. 除名処分しようとした議員を離党届提出したら受理するという離れ業をやってのける。国民民主党でも受理しないでしょ。
    • 離党したのは鈴木宗男。理由は許可なくウクライナ侵攻中のロシアに行ったから(という表向きの理由にプラスしてロシアのプロパガンダに則した対応を、モスクワでしてきたから)。維新以外でこれを受理しそうなのってれいわ新選組くらいじゃねえの。はっきり言ってこの対応はカス中のカス。てかここで急に国民民主党の名前お出すこと自体、国民民主党に失礼極まりないと思う。
    • まあ渡航禁止勧告が出てる国に行ったり、国民に外出自粛命令が出てるのに新宿二丁目で大声で騒いだりしたりセクキャバ行って「犬になりたい」とかいう変なプレイをしても、除名どころかろくすっぽ処分しないざんねんな政党もあるけど、日本維新が立憲民主と同じレベルの対応をするのはアカンよなあ。
  37. なんか人間関係を理由とした離党が多い。
  38. 正直、積極的に支持している人間(コア支持層・岩盤支持層)の数だけ見れば、立憲民主どころか共産党にも負けているような気もする。
    • 大阪以外では政策的に期待できる点や野党でありながら左旋回しない安定感から、右派~中道だけど自民党・公明党に入れたくない層が消去法で入れている感じ。逆に言うとあまり調子に乗りすぎると反感を買ってただ足元を掬われる。
    • 大阪では失敗も多いがそれでもかつての公務員厚遇やいろんな利権で意味不明な公金の使い方を許されていた時代に戻られるよりは程度で票が入る。逆に言うと、そういう方向に戻さないことを宣言して政策をやる集団が現れたら弱い。大阪は自民~共産まで一緒になって利権に群がっていた過去の栄光を引きずっているから当面そうはならんだろうけど。

おおさか維新の会時代の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 江田・松野一派と大喧嘩して再分裂した結果。
    • やれ向こうはニセモノだの、実印の取り合いだの散々だった。
    • 元はと言えば維新の党の柿沢幹事長(当時)が、山形市長選で野党候補を応援したせいらしい。
      • そりゃ共産党と一緒になってやってしまったら、綱領もクソもあったもんじゃないからなあ。
        • その分裂のきっかけを作った人は今度自民推薦で出馬だって。まったくとんでもない人間に引っ掻き回されたものだ。
          • ホンマかよ、と思ったらホンマやw そりゃ、ホントかどうか知らんけど、都議会議員(会派は旧民主党)時代に、飲酒運転ごまかすために雪を食ったとかいう疑惑もある程度の御仁ですからねえ……
    • 結果、「維新の党」の方は元結いの党民主党離党組ばかりになってしまった。
    • 江田はともかく、松野なんて日本維新の会時代からずっと「維新」にいたのに、やはり民主党の血は争えなかったか。
  2. 国政政党なのに「おおさか」。
  3. 肝心の橋下氏は政界引退を公言(2016年1月現在)。どうなる。
    • おおさか維新を裏切って自民から出馬…ないか。
  4. 参加議員が事実上近畿と沖縄選出だけ。
    • 沖縄というとなんか唐突感があるが、「政党そうぞう」という政治団体の流れを汲んでいる。
      • かつて国民新党と友好関係にあったが、同党の消滅により維新に乗り換えた。
    • 片山虎之助「」
      • そういえば、なぜこの人はここにいるんだろう。
    • と思ったら、1人だけ維新の党にとどまった近畿の議員がいたりする。
      • 吉村(橋下の後継の大阪市長)の鞍替えで繰り上がった人のこと?
        • 椎木保はおおさか維新の会所属のはずだよ。恐らくはみんなの党時代から江田憲司の側近だった井坂信彦(兵庫一区選出)のことじゃない? まあ、人間関係とか出身政党考えりゃ、維新の党に残らない方が異常という人だし、そうならないほうがおかしい気がする。
    • 沖縄の基地建設に反対している人に派遣された大阪府の警官が×××な発言したが、大阪府知事(維新の人)は警官を擁護してしまった。沖縄は大阪維新に残ったのにこの扱い。
  5. あくまで公式略称は「維新」。
    • NHKでは「お維」と書かれていたが、案の定反橋下派が揶揄するときの呼び方になった。お維お維。
      • 「お維新」とも呼ばれていた。
    • 逆に維新の党アンチ派は彼らを偽維新と呼ぶ。
  6. 大阪以外の46都道府県の維新の会を束ねるための下部組織として日本維新の会という名称の政治団体が復活した。
    • むしろ党名として「日本維新の会」を復活させた方が分かりやすいのに。
  7. 次世代の党の江口克彦氏が入党した。かと思えばかつて元民主党参議院議員の梅村とか言う対極的な人も入党してきた。いつぞやと同じ失敗を繰り返さないことを祈るが……
  8. 結党後最初の国会で、野党なのに「民主党の言うことを聞かない」「民主党と主張が違う」というのが原因で質問時間を大幅に奪われるという憲政史上初の珍事を経験した。
    • さすが民主党、全くもって大人げない。
  9. 京都の選挙でも「おおさか」維新の会で戦うけど大丈夫か。
    • 実際「日本維新の会」あたりに戻す話があるが、松井氏はこれを明確に否定している。まさかこれが原因でまた分裂とかないよな…
    • 合流を要請された減税日本も「おおさか」維新の会で戦えないと難色ぎみ。
    • 結局また「日本維新の会」に戻した。
    • いっそのこと「はしもと維新の会」にすれば良かったんじゃなかろうか?「『はしもと』は人名ではない、改革の象徴だ!」と主張して。
  10. 地方組織は大阪以外ガタガタ。
    • 特に東京は日本維新の会時代の地盤を次世代の党にとられ、維新の党時代の地盤を民進党にと2度奪われている。
    • 兵庫や岡山でも維新議員が分裂して組織が衰退状態。
      • そこからじわじわと巻き返して2019年頃から関西を中心に組織が出来上がってきた。
        • 維新の支持が伸びているのもあるが、それ以上に維新への対抗意識を燃やしすぎて自民公明立憲が連合を組んでいろいろやっているという地域が増えた結果、そこに呆れた有権者が維新に票を入れ地方議会での当選者が増えたことが要因。
        • 改革保守政党として認知されている維新の看板をつけて選挙に通ったくせに、左翼政党に移りましたなんて候補者がいたら、次の選挙でその多くが落ちるのは当然やし、その票が維新の候補者に入るのも自然。
    • 勢力を拡大させた2023年現在も県連がない県がある。その中には山口、高知、佐賀、鹿児島といった明治維新のイメージが強い県が。

維新の党時代の噂[編集 | ソースを編集]

維新の党

旧・日本維新の会時代の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 2012年12月の総選挙では、民主党に並ぶ54議席を獲得。特に大阪ではかなりの選挙区で候補が当選を果たした。
    • 初めての選挙にしては大健闘した。それだけ民主党が不甲斐ないということか…。
      • 民主0議席じゃさすがにねえ。
  2. 日本創新党を吸収したり石原新党を結成直後に合併したりして、民主党の二の舞にならないかと恐れられている。
    • 一応、よしみの党とともに「第三極ブーム」の一翼を担っている。
  3. 党内で東西冷戦をやってるらしい。
    • にも関わらず、党勢拡大に乗り気というよく分からん構図。
    • 共同代表制とか言う制度を敷いて、しかも、どちらもキャラの濃い御方と来たらそうなってもしゃあないかも。
    • ちなみにアントニオ猪木は東側、東国原英夫はその名前に反して西側らしい。
  4. 某委員会では、司会者二名ともここの支持を公言してたりする。
    • しかし、レギュラーゲストはざこば師匠を除き誰一人として支持していない模様。ちなみに、ざこば氏はどことも明言していない。
  5. 結局喧嘩別れになって東西分裂するというオチになった。

大阪維新の会の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 2012年になって国政への進出を企んでいるようだ。
    • そのまま「大阪維新の会」という名前でいいんだろうか?「大阪から日本を変える」という意味合いなんだろうが…
    • 「日本維新の会」に名称を変更したようです。
    • 地域政党から出発したのにChakuwikiでの人気はいまいち低い。
    • 地元大阪では、地域政党と大阪を変えるという意味合いでまだ「大阪維新の会」も使っている。
      • 現時点では「おおさか」の地方組織が「大阪」という状況である。
  2. 維新の党所属議員のうち大阪選出のおっさんはほとんどがここの出身。例外は谷畑と松浪くらい。
    • その議員も大半が元々自民党員。自民党府議団の分派が党籍を持ったまま設立したのが大阪維新の会。結局自民から除名告知されたのを受けて全員離党したんだが。
    • 「党」じゃなくて「会」と付いているのは、元々自民党系の「会派」だったからなんだろう。
  3. 西宮維新の会とは無関係。でも京都維新の会とは協力関係にある。
  4. 日本全国にある「○○維新の会」の元祖である。
  5. MBSとは、長らく戦闘中。松井代表に至っては、同局の番組で堂々と「MBSはアウェー」と連呼したほど。
    • 実際同局は、揚げ足取り的なものも含め、維新に対してはものすごく批判的。恐らく、同局出身の元大阪市長が維新が立てた候補者に選挙で負ける形で、引退させられたことなどが、MBS側が根に持つ発端となった模様。
  6. 百田尚樹や有本香、高須院長ら、自民党に失望した右派の支持を集めている。
    • いろいろあって離れていった。ちなみに百田さんや有本さんは2023年10月に、百田新党を結党する。
  7. 大阪維新の会が成長していた頃、お笑いコンビのテンダラーがこれに対抗したのか「上方漫才維新の会」をキャッチコピーにしていた。
    • 因みに私は維新の会支持者だが、私が言う維新の会とは大阪維新でも日本維新でも西宮維新でもなく上方漫才維新の会。(=テンダラーのファン)
  8. 交通局の民営化に府立大学と市立大学の合併などなど、改革は確実に進んでいるように見える。しかし最大の悲願であるはずの大阪都構想だけは住民投票で二度反対多数になって実現できていない…。
  9. 笹川理とかいうパワハラ・セクハラ野郎が上層部にいた。
    • 事案の詳細が発覚して処分することとなったが、まあ普通に考えて除名以外の選択肢はないよねって感じ。ってか即刻除名しろよと思う。
  10. 初期の頃のハングリーさは失われた気がする。
    • 少数与党で死物狂いで、既得権益の破壊と治安の向上、財政再建をやってた時代は過去となったのが原因。なんやかんや驕りもみられる。
      • 大阪の残念なところは、じゃあ維新の対抗馬になりうる党があるのかというと、それがないこと。
        • 自民党も本部では万博推進なのに、府連は万博やめてディズニーランド誘致するとか言っとるからなあ(ユニバ誘致時の契約でこれはできない。)。革新にはアレルギーが強いし。

関連項目[編集 | ソースを編集]