日置市

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本九州 > 鹿児島中南薩日置市

薩摩川内 姶良  
いちき
串木野

鹿

 
  桜島
鹿



南さつま
九州
 
枕崎
宿
   
三 島  
十 島

日置市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. こけけ王国がある。
  2. 伊集院町などは相当な昔に鹿児島市から吸収合併を持ちかけられたが、地域の独立を保つために申し出を断固拒絶した。
  3. 現在は伊集院だけが一人気を吐いている感じで合併した他地域の影は相当薄い。
  4. 当初は旧の日置郡に属する全ての町が大合併して10万都市を目指す構想だったが、松元町郡山町は現在の状況を事前に予想し鹿児島市へ寝返った。その後市来町は串木野市に、金峰町は加世田市の誘いに乗り離脱してしまった。
    • もともとNTTのMAなどはそれぞれそっち側(市来は川内、金峰は加世田、他の地域は鹿児島MA)
  5. 自主独立で合併したが、農林漁業以外の大半の住民は何らかの形で鹿児島市へ働きに出ている。
  6. 郡名からついた名前だったが、発足当時はまだ日置郡は金峰町と市来町が残っていた。しかもこの両町はそれぞれ日置市じゃなくて南さつま・いちき串木野の両市になった。
  7. へき」市ではない。

伊集院[編集 | ソースを編集]

  1. 妙円寺参りの季節になると伊集院の人通りが賑やかになる。
    • そもそもは関ヶ原から生還した時の苦しさ・悔しさを忘れないための祭りらしい。反徳川的だとしてあの水戸のご隠居が非公式にイチャモンをつけたとか。ちなみに江戸時代は「寺」だったが明治維新の際の廃仏毀釈騒動により神社に衣がえ。でも今でも「妙円寺参り」と呼ばれている。
    • 正しくは「妙円寺り」。
    • すぐ近くに本物の妙円寺が再興されたにもかかわらず、相変わらず、徳重神社で妙円寺詣りが行われている。
  2. 中島美嘉や長渕剛の出身地。
  3. 東市来町南部や鹿児島市松元も昔は伊集院。松元との境目もそこそこひらけてる。
    • 旧松元町に「上伊集院駅」がある。
      • 上伊集院村は町制施行と同時にそのまま松元町に改名した(今回、鹿児島市に)。
    • 旧下伊集院村も一部は鹿児島市入りしている。
  4. 伊集院まんじゅうが有名
  5. 鹿児島県内でも特に山下さんが多い。
  6. 旧日置郡の中で最も人口が多い。
  7. 高校サッカーで旋風を巻き起こした鹿児島城西高校がある。
  8. アニメやゲームでは、主人公のライバルになるキザな金持ちのボンボンの苗字によく使われる。
  9. 新幹線は伊集院内を通ってるが、駅はない。

東市来[編集 | ソースを編集]

  1. 地図で見ると東ってより南っぽい。
    • 温泉で有名な湯ノ元、沈壽官の窯元で有名な美山など。
    • かつて、こけけ王国であった
      • これ、気になって調べてみたら「こけけ」は「ここにおいで」という意味の方言とのこと。王国はすさみの「イブ王国」や入広瀬の「さんさい共和国」のような町おこしのための勝手国だろうが、左の例のように宣伝したい特産品や施設など何もないのに、ただの方言をネタに勝手国をつくろうと思い立ったのがスゴい。
  2. 3号線沿いにあるラーメン大関が美味しい
  3. 江口浜ではサーフィンができる
  4. この町にある町立の某ホールは毎年のように某メガ級ROCKユニットが合宿に来ることで密かに有名
  5. 温泉はやはり家族風呂!600円とか800円とか安い!11時までやってるので、この金額ならと、仕事帰りのサラリーマンが銭湯代わりに使う場合も。なんといっても露天の家族風呂も600円か800円ぐらです。江楽園です!お勧めです。
  6. 最近、ゴリが出てるNHKの番組で来てたけど、蓬莱館は人気らしい。夏は海水浴もできる!ただ人口は減少中…隣の伊集院へ流れたり…
  7. 湯之元駅前にもあるけど湯之元せんべい!おみやげです。
  8. 昔の青線名残か…いまだにラブホテルがある。
  9. 戦後、青線時代には映画館もあったそうな!無声映画とかで伴奏舞台もいたのか…街を歩けば…古ぼけたスナックなどが…たまに入ると母親のような年齢の方のホステスがいっぱい(+_+)…その昔は繁盛してたんでしょうね。ロッテ2軍キャンプもなくなったし。
  10. 養母(やぼ)スイカ…ちょい昔は有名どころだった。最近、種があったとかないとか…また復活か?
  11. その昔、射撃場もあった。
  12. 美山は薩摩焼の窯元が建ち並ぶ、県内最大の陶芸の町。
    • ここの苗代川焼は、龍門司・竪野とともに薩摩焼の系統の一つ。
    • 島津義弘が朝鮮出兵から連れ帰った朝鮮人陶工をここに住まわせた。
    • 毎年11月に美山窯元祭りが開催され、約10万人の来場者で賑わう。
  13. 高山という地名がある。
    • 「たかやま」と読むが、鹿児島県への居住歴が長いほど、初見では読み間違えると思われる。

日吉[編集 | ソースを編集]

  1. かつて郡名と同じ名前の日置村があった。
    • 置村と利村の合成地名。
  2. 横浜市にもある。
  3. 小松帯刀他小松家の墓がある。
  4. 吉利は、南隅地域(南大隅町錦江町)関連の歴史書に頻出する。
    • 元々南大隅を統治していた禰占氏が、ここに移転させられた関係。上記されてる小松家はその子孫。
  5. しんこ団子発祥の地とされる。

吹上[編集 | ソースを編集]

  1. 吹上浜海浜公園は旧吹上町にはなく、南さつま市である。
    • 旧吹上町にあるのは「吹上浜公園」という、スポーツ施設だけの公園であり、全くの別物である。
  2. 伊作峠越えの山道は、いちき以北から鹿児島市街地の渋滞を迂回して谷山以南へ向かうバイパス路だったが、道幅が狭くカーブの多い難所だった。
    • 現在は走りやすい。
  3. 「吹上」と言うと町名より広域的な「吹上浜」の意味で取られるので、吹上町を指す場合は「伊作」と言った方が伝わりやすい。
  4. アートで町おこしを図ってるが、成果のほどやいかに。
  5. 薩摩湖はかつて「さつま湖公園」として遊園地やバラ園などが整備され、賑わいをみせていたそうな。
    • 湖畔には南薩鉄道の「薩摩湖駅」が設置され、湖上を渡るロープウェイが運行されていた。
      • ロープウェイ駅の残骸は吹上高校前(薩摩湖バス停)からみえる。
    • 花火大会も開催されていた。
    • 後に例のバス会社系列になったが、鹿児島空港の移転先候補にまで名乗り出たのは我田引水過ぎる。さすがにあそこが鹿児島空港だと大多数の地域から遠いわ。