東宝の噂 編集

 
本社も入る有楽町マリオン
  1. 日本最大の映画製作・配給会社。
    • 東映、松竹を合わせても、東宝に売上高では勝てない。
      • 第四大手のKADOKAWA、中堅の日活、東北新社をも併せたらどうなる?
    • ハリウッドの大手製作会社に比べると5分の1程度ってのが悲しい、、、
  2. ちなみに、「東宝」の名前は、”東京宝塚劇場”の略称である。
  3. 近年の日本映画の大ヒット作は、東宝配給作品が圧倒的に多い。
  4. ゴジラ」シリーズなどの怪獣映画や、あるいは、『太平洋の嵐』や『連合艦隊』などをはじめとする戦争映画の大作を中心に、特撮を駆使した大作映画などをも送り出し、次々とヒットさせてきた。
    • 東宝特撮の最大の功績者は、”特撮の神様”と呼ばれた故・円谷英二特技監督、名プロデューサーの故・田中友幸氏など。
      • そのおかげで「ウルトラ」シリーズや「チビラくん」などの円谷作品は東宝のテレビ部で撮影されたらしい。
    • でも何をトチ狂ったのかわからないようなものも出そうとしていた。
      • ↑は実際には東宝とは無関係な第三者による創作。こちらも参照。
    • 特撮を駆使した大作映画としては、1973年と2006年に映画化された「日本沈没」のようなパニック・スペクタクル作品や、「地球防衛軍」のようなSF作品なども有名である。
  5. 本社の所在地は東京都千代田区であるが、撮影所は、世田谷区砧地区にある。
    • 東宝撮影所の名物であり、「ゴジラ」シリーズなどの怪獣映画、あるいは、『太平洋の嵐』や『連合艦隊』をはじめとする特撮戦争(戦記)映画などのような、特撮を駆使した大作映画の特撮シーンの撮影に使用された特撮用大プール(1960年完成)は、残念ながら、2004年に取り壊されてしまいました。
  6. ホリエモン騒動後、フジテレビの筆頭株主になった。
  7. 故・黒澤明監督の傑作映画の多くも、東宝が製作・配給している。
  8. フジテレビのみならずTBS製作映画も基本的にはここが配給。
  9. テレビ部もあり、「太陽にほえろ!」や「○○青春」シリーズ、テレビドラマ版の「日本沈没」など、テレビドラマ(特撮ヒーロー物作品を含む)も数多く製作している。
  10. 他の映画会社とは違い自社系列で専門チャンネルは持っていない。その代わり日本映画衛星放送に出資している。
  11. じつは、ここの名誉会長の息子は、何を隠そう、あの超情熱的な名言を吐いて色々な人に愛されているテニスプレイヤーである。
  12. 野球漫画で有名な漫画家を怒らせたらしい。
  13. 2012年から「アニメ事業室」を設立しTVアニメ制作にも参入。ローンチタイトルは「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」。
    • この作品は普段深夜アニメを放送しない地方局でも放送されるなど、やたら気合いを入れていた。
    • その後は「ファンタジスタドール」「メガネブ!」など、毎クール1作品を制作する方針の模様。
      • と思ったら「弱虫ペダル」で珍しく3クール作品を制作したりしている。
    • ここが関わるアニメはキー局系を除き、関西地方は株主の関係上MBSABCなどの広域局での放送が多いが、一方で東海地方は飛ばされる事が多い。
    • オタ向けではない一般人ターゲットのアニメ映画もこちらが担当してたりして、ゴールデンなりBS11の深夜アニメ枠にスポットCM(公開中の作品なり円盤リリースの宣伝なり)をしてたりもする。
  14. 直木賞作家、朝井リ〇ウの勤務先。
  15. ソニーと提携している。
    • そのためか自社アニメの音楽協力や主題歌をSMEに委託する事もある。
      • 自社レコードも一応ある(キャラソンメインですが)
        • 一応、所属アーティストもいる((K)NOW_NAME、YURiKA、大原ゆい子、佐伯ユウスケ)。
  16. ここの関連会社は基本的に映画館の運営等だが、スバル興業だけはそれ以外に道路維持作業も主な事業の1つにしているらしい。
  17. 大手映画4社のうち、唯一プロ野球チームを持った事が無い(角川の前身の一つ、大映がもっていた大映スターズをカウントした場合)。理由は同一企業系統の阪急電鉄が「阪急ブレーブス」を運営していたからで、野球協約により参入が出来なかった。
    • まあ、小林一三氏が東宝にも球団を持たせるという余裕もなかったかもしれない。現在は間接的に同一系統の阪神電鉄が「阪神タイガース」を持っているので、阪急・阪神をカウントすれば大手すべてがプロ野球チームとかかわっていることに成る。

TOHOシネマズの噂 編集

  1. 東宝の映画館部門。
    • 元々外資系だったシネコン企業を東宝が買収した。その後に各地域(北海道除く)の東宝の映画館運営会社を合併して現在に至る。
      • 北海道だけはTOHOシネマズに合併せずに消滅したが、2023年のココノススキノ内にシネコンを設けて完全直営の映画館を再進出させることになった。
  2. 日本のシネコンではイオンシネマに次ぐ規模。
  3. オタ向けアニメ映画の上映に積極的な印象がある。
  4. 新聞への「映画案内」の掲載を真っ先にやめた系列でもある。

関連項目 編集