東急7000系電車 (2代)

提供:chakuwiki

東急電鉄 > 東急の車両 > 形式別 > 7000系(二代)

なかなかのデザイン
  1. 池上線と多摩川線の大半はこれになる予定。
    • 8両版を作らないと言う事は・・・日比谷線乗り入れを止める為か?!
      • てか「コレの8連タイプが日比谷線に乗り入れる」って想像しただけですごい違和感。
        • それはそれでなんかカッコいい。
      • 本線格の東横線・日比谷線より池多摩に直接新車投入したことで東急の腹は決まっているようだ。日比直中止・・・
        • 結局日比直廃止で余った1000系を転用改造する事で増備は事実上中止。
  2. 車内の色使いが阪急の電車っぽい。
    • 特に木目の化粧板が阪急に似ている。
      • 大井町線の6000系と言い、何で東急は支線用の新車の方が凝った造りなんだろうか?
  3. ちょっとだけボックスシートがある。
    • 9000とは違ってE233そのもので枕を付加しただけ
  4. この車両を彷彿とさせるデザインのティッシュ箱があった気がする(メーカーは忘れた)。
    • 大学の実験室などで見かけるかもしれない。
  5. 車内放送の声は、東横線・目黒線・田園都市線・大井町線・横浜高速線と同様に西村文江&クリステル・チアリである。
  6. 甲種輸送の際、横浜線を通る。色が似てるので、横浜線利用者をぬか喜びさせる。
    • ただし、最後らへんの甲種輸送の時には、もうぬか喜びする必要はなくなった。
  7. この顔つきとカラーリングから、二代目青ガエルの座を狙っていると専らの噂。
    • 初代青ガエルの上田電鉄譲渡車のカラーリングを思い起こさせる。
  8. 顔が西武10000系「ニューレッドアロー」に似ている。
    • 名鉄300系にも似ている。
  9. 数字に例えると「6」ていうか、こっちが「6000系」で大井町線の新型車両が「7000系」の方が絶対良いと思う。
  10. 京阪がステンレス車両を作ればこんな車両になりそう。
    • 南海も新塗装を導入していなければ8000系などはこのような雰囲気の塗装デザインになっていたかもしれない。
    • 京阪13000系がステンレス車体だったら、かなりこの形式に近くなったかと思われる。側面の窓割りも似ているし、内装も「標準車体」部品を結構使っている、
  11. こやつも前照灯LED化の憂き目に。元がHID前照灯だったためか、違和感はほぼ無い。
  12. 1500系の種車が尽きてしまったため、2017年11月、ついに再増備が行われた。
  13. 見た目の割に前照灯の位置があそこって..。
  14. 号車番号のシールが何故か各車番の下に貼ってある。
    • 普通は端っこらへんに貼るのに..。
  15. LCDがあるが、2019年現在流れているCMが品川区のケーブルテレビ局のばかり..。
  16. 総編成数と池上線の駅数が一致することと近年の東急の池上線の推しっぷりを考えると、その内1編成ごとに各駅をPRとかやりそうな気がする。
    • かつて横浜線でやってたアレみたいな感じに。
  17. 実は臨時でこどもの国線で営業運転をしたことがある。