東武関連新線

提供:chakuwiki
このページは、「勝手」に鉄道を敷設したり、関連施設の建設を考えているページです。
実在するものとはなんら関係がありません。

廃線復活[編集 | ソースを編集]

海神線[編集 | ソースを編集]

昭和初期に運行していた東武海神線(船橋~海神間)を復興させる。野田線の全線複線が条件だが、海神線を更に

  • 海神=西海神=西船橋【JR武蔵野線・京葉線・総武線、東京メトロ東西線、東葉高速乗換】=南八幡=瑞江【都営新宿線乗換】=春江=西葛西【東京メトロ東西線乗換】=新木場【東京メトロ有楽町線経由東武東上線直通】
    • とすれば、本線と東上線の一体化が図れる。
  • ゴメン、野田線も、支線でした・・・
    • でも、野田線でも良いから、乗り入れられれば、経由して、本線へ入れるじゃん!、
    • むしろ野田線と海神線が統合され野田本線って・・・あれ?
      • 柏と船橋をなんとかすれば武蔵野線より奥の外環状線としての意義も出てくるだろう。
  • 東武日光線・東武伊勢崎線線下り⇒東武動物公園⇒春日部⇒東武野田線⇒柏
  • バックして、⇒東武野田線⇒船橋、またバックして⇒東武海神線⇒海神⇒西船橋⇒新木場⇒有楽町線⇒東武東上線、でつ。

熊谷線(埼群新線)[編集 | ソースを編集]

東武熊谷線の廃線を使って、東松山駅~熊谷駅(~太田駅)を結ぶ計画路線。計画はあるもののなかなか動かない路線である。wikipedia:ja:埼群軌道新線

東松山~(仮)森林公園東~(仮)立正大学~熊谷~(仮)大幡~(仮)妻沼~西小泉

案2
  • 駅一覧
    • 東武東上線池袋まで直通運転-東松山-滑川-公園南-公園北-立正-大前-南熊谷-熊谷-上熊谷-大幡-妻沼-仙石川岸-新小泉-西小泉-東武小泉線太田まで直通運転
      • 1つ気付いたんだがこの「立正-大前」ってのは1つの駅で「立正大前」のつもりだったのでは?
案3 川越市~太田
  • 東武東上線 東京メトロ副都心線・有楽町線直通 川越市-石原町-川越山田-北川越-伊草-川島-吉見-北吉見-船木台-津田-前方-熊谷-大幡-妻沼―西小泉-東武小泉線太田まで直通運転。 

東上線や東京メトロの直通は熊谷まで。 

案4
  1. ここはあえて東松山より先の川島・指扇方面まで延伸させる。
  2. 西小泉から東松山までのルートは上記の案とほぼ同じ。
    • 東武小泉線太田駅までの直通運転も同様。
    • 西小泉
      新小泉
      仙石
      妻沼
      上根
      大幡
      大原
      上熊谷
      熊谷
      久下
      大里
      大岡
      市ノ川
      東松山
      野本
      古凍
      川島中山
      武蔵川島
      伊草
      下狢
      出丸
      白山
      平方
      指扇
  3. 指扇から先は都営三田線延伸と直通運転

啓志線(光が丘線)[編集 | ソースを編集]

かって今の光が丘であるグラントハイツへアメリカ軍輸送専用の路線、啓志線があったので、光が丘への第2のアクセス線として復活+再整備をする。

  1. 駅…上板橋-平和台-田柄-光が丘
  2. 準急も運転し、光が丘から池袋までノンストップでアクセスできるようにする。

他社吸収路線[編集 | ソースを編集]

秩父鉄道乗っ取り作戦[編集 | ソースを編集]

  1. いずれ廃線されるであろう秩父鉄道秩父本線の寄居〜羽生間を乗っ取る。
    • あとついでに観光用として三峰口まで制圧。
  2. 確実に寄居〜熊谷は簡単に複線化可能。熊谷より先も所によって普通にできる。
  3. 熊谷線関係に一発終止符、東武熊谷再侵略の下地、列車回送完全フリーダム、埼玉北部横方向路線使い勝手UPで沿線大喜び、夢の東武同士接続等数々のメリットがある。決して悪いお話ではない。
  4. ただしそれを西武がほうっているはずがない 西武も乗っ取り作戦に出るだろう
    • 東武に先んじてTOBを仕掛けるかも?
    • 大丈夫、大丈夫。だって、アノ”西武”ですぜい。自社社員の安全を図って、会社ごと頭部か東急に身売りするくらいだから、東武が負ける気遣いはない。
    • 西武は意外にメリットが無い。親の異常な赤字がまわってくる西武の場合、シェアが明らか観光向けな秩父鉄道を乗っ取る場合は後日談がバッドエンドに陥りやすい。
      • 影森〜三峰口をバスにすれば良いが沿線住民が反対するので簡単にやめられない。たとえ三峰口まで切ったとしても普段が不安定なのでたいした効果はないため結局寄居〜影森も切った方がいいという結論となってしまう。しかもこれまた当然沿線住民のおかげで切りにくい。
      • 西武路線は埼玉県西部に集中しすぎているため地理的にも利用価値が無い。よって西武は秩父鉄道乗っ取る意味はない。東上線と伊勢崎線が離れている東武だからこそやりやすい。
      • いっそのこと羽生~寄居は東武、残りは西武で半々に。
        • それいいですねぇ!現行の有楽町線も、東武と西武がホームですれ違ったりしているんですし、なんら問題は無いし、西武も三峰口~影森間の路線を残せて得、東武も本線と東上線の連絡が出来て得。秩鉄も両会社線からの車両を借り入れられる以外に、東京メトロへ乗り入れられるし得。三社が得する計画ですな。
        • しかし観光地長瀞は欲しいぞ。いっそ長瀞でわけない?それで東武は長瀞までの直通特急を走らせ東武はウホウホ。ただし西武もせめてくるだろうな。
        • それでは、羽生~寄居を東武、三峰口~長瀞を西武、寄居~長瀞は東武・西武の共同運行という案はどうでしょう?
  5. 戦いの火ぶたは秩父鉄道石灰石輸送終了直後。TAIHEIYO CEMENTはどちらを選ぶのか……。
  6. 東武伊勢崎線に快速急行を追加。快速急行のみ、東武秩父線に乗り入れる。
    • 区間準急廃止。区間準急ダイヤ全てを快速急行にする。
    • 停車駅:浅草‐北千住‐久喜‐加須‐羽生‐行田市‐熊谷(加須に停車するのは、終点に近いほど利用者が増えるから。)
    • 熊谷の後、「寄居」でスイッチバックして東上線に入るんですよね?
  7. 計画が成功すれば、さらにこんなことも。
    • 羽生(伊勢崎線接続)~新古河(日光線接続)
  8. いずれにせよ、乗っ取り実現の際にはPASMO対応やら自動改札の設置が必要に。

東武足尾線[編集 | ソースを編集]

  1. 慢性的な経営難にあるわたらせ渓谷鐵道を東武が吸収合併し間藤~東武日光間の路線を新設する。東武桐生線相老駅から乗り入れを可能にする。
    • 確かに、足尾附近が日光市域になったのに、日光市中心部と足尾地域を結ぶバスが1日6往復しかなくて不便きわまりない。
    • 間藤(現在位置から国道122号線に面する位置へ移動)
    • 神子内橋
    • 遠上
    • 清滝(清滝郵便局附近)
    • 東照宮
    • 東武日光
  2. わたらせ渓谷鐵道共々非電化なので、ディーゼルカーを走らせる。
  3. 「りょうもう」に併結するディーゼル特急「わたらせ」を2往復走らせる。
    • 停車駅……浅草・とうきょうスカイツリー(上りのみ)・北千住・東武動物公園・館林・足利市・太田・藪塚・新桐生・相老・大間々・水沼・神戸・通洞・足尾・清滝・東照宮・東武日光
    • 車輌外観および車内設備は「りょうもう」と同じ。
    • 2輌編成。「わたらせ」を連結する「りょうもう」は4輌編成とし、相老で分割併合。
      • 全部で6輌にとどめないと浅草駅におさまらないし、末端部の輸送需要はそう高くないので……
        • それだったら500系増備+500系の気動車ver製造にしてリバティりょうもう+リバティわたらせにしたほうが良くないか?
  4. もちろんトロッコ列車も走らせる。
  5. 現行の桐生-相老間には短距離のディーゼルカーを運行するか、もしくは廃止。
    • 桐生線も、運動公園-大間々間に新赤城駅設置(もちろん上毛電鉄にもやや離れているが設置)を条件に相老-赤城間を廃止(上毛電鉄赤城駅はそのまま)。

流鉄乗っ取り作戦[編集 | ソースを編集]

  1. 流鉄流山線を乗っ取る。
  2. 他の東武路線と接続しないので野田線江戸川台まで路線を新設する。

東武水戸線[編集 | ソースを編集]

  1. 路線 栗橋~古河~下妻~笠間~水戸
    • 栗橋駅にデッドセクションを設置。
      • 「東武」なのだから茨城などに伸ばす必要はない。あっちで十分。
        • そうそう。それに、水戸市を含めた左側半分は直流電車通行禁止区域だぜ。東武の本線も、東上線も、野田線も、直流なのに、水戸線だけ交流にするのかよっ。
          • 地震観測所がある都合上、直流は通行禁止です。地磁気に影響があるので、通れないそうな。
            • じゃ、SLならOK?秩父鉄道を乗っ取ってから、あのSLを戴けば、可能ですね。
              • ・・・あの「東武」を捨てて、「西武」についた「秩父鉄道」なら、そう簡単に貸すとは思えないし、合併も拒否るだろーなー。
              • それなら真岡鉄道から奪ったほうが・・・

東武真岡線[編集 | ソースを編集]

  1. 路線 壬生~姿川~石橋~上三川~野州中村~真岡
    • というか、それなら真岡鐵道を買収してSL奪いませんか?

東武館林線[編集 | ソースを編集]

  1. 路線 板倉東洋大前~本板倉~赤生田~館林

東武保木間線[編集 | ソースを編集]

  1. 路線予想 保木間~北千住~堀切~(伊勢崎線接続)浅草
    • 保木間~堀切間は地下駅。
  2. 八潮市民・三郷市民が埼玉県南東部延伸を申請。交通政策審議会の答申で、北側の終点駅は三郷に決定した。
    • 最終的な停車駅が決定した。それは以下の通り。
      • 三郷‐谷口‐花畑‐保木間‐足立区役所前‐足立‐北千住‐牛田‐堀切‐鐘ヶ淵‐東向島‐曳舟‐東向島‐浅草
        • 谷口駅で「うぃーっす、WAWAWA忘れ物~」は禁句。

東武新幹線[編集 | ソースを編集]

  1. 会津まで、JRに頼らず、東武鉄道が新幹線を作る。もちろん上下分離でも可。
  2. 野岩鉄道は高規格路線だが、それを挟む東武鬼怒川線と会津鉄道が低規格なので、この部分を新幹線とし、スペーシアを走らせる。JRで言うスーパー特急方式。
    • 下今市
    • 東武ワールドスクエア(現・小佐越を改称)
    • 新鬼怒川(在来線の対岸、藤原滝郵便局附近。ロープウェイ乗り場に近い)
    • 龍王峡(ここから野岩鉄道に入るが、停車はしない)
    • 会津高原尾瀬口(ここから再び新幹線)
    • 会津田島
    • 会津下郷
    • 湯野上温泉
    • 本芦ノ牧(芦ノ牧温泉街の近く。在来線で近いのは大川ダム公園駅)
    • 会津若松
  3. 遅くとも3時間で走らないと、東北新幹線廻りはともかく、高速バスに対抗できない。
    • 下今市~新鬼怒川は10分。
    • 野岩鉄道内は途中何駅か停車するにしても20分程度。
    • 会津高原尾瀬口~会津若松は35分程度。
    • これなら浅草~下今市が現行の98分でも、2時間45分くらいで到達できる。
      • 本当は浅草~下今市もスピードアップし、2時間半を目指したい。2時間半で走れば東北新幹線廻りにも時間で対抗できる。
    • できれば東京口も、浅草ではなく渋谷(半蔵門線経由)か新宿(JR乗り入れ)を起点としたいものだ。
  4. 鬼怒川在来線は、線内折り返しの普通電車のみとする。快速・区間快速は日光発着となる。
    • 在来線空洞化対策として快速の一部は残し、下今市、会津高原尾瀬口でスペーシアに簡単に乗り換え可能にするべきでは???
      • 野岩鉄道・会津鉄道在来線と一体化して、下今市~会津若松という運行形態にして快速を走らせるのなら良いかも。
        • その場合は、会津鉄道内のみ通過運転で、鬼怒川線と野岩鉄道は各停になりますかね。
      • 下今市での日光快速との接続だけ考慮すれば、あとの駅ではそれほど気にしなくても良いと思う。在来線と接点のない駅は新鬼怒川と本芦ノ牧だけで、他の駅は共用(JRと違って軌間が同じなので、別個の乗り場を設ける必要はない)だから、普通の優等列車と同様に扱えば済むこと。
  5. 速達タイプの超特急と、主要駅停車タイプの特急を分けたほうが良いかもしれない。
    • 超特急の途中停車駅……北千住・下今市・新鬼怒川・会津高原尾瀬口
    • 特急の途中停車駅……北千住・春日部・栃木・新鹿沼・下今市・新幹線内各駅。野岩鉄道内は数駅停車(千鳥停車も可)
      • 終着を会津若松でなく、磐越西線乗り入れで、喜多方まで。客は会津若松で途中下車するより、喜多方まで行けた方が、集客力はある。
        • その場合、スペーシアの交直流化が必要。もしくは喜多方の直流電化。

東武浦和線[編集 | ソースを編集]

  1. 東武鉄道は埼玉県を中心とした鉄道会社です。しかし、その埼玉県の県庁所在地であるさいたま市に駅がある路線は野田線内7駅のみです。さいたま市を中心とした路線をつくりましょう!
停車駅…
  • 北越谷-南荻島-釣上-浦和美園-浦和大学-芝原-中尾-駒場スタジアム-総合運動場-浦和-南浦和-浦和IC-蕨-塚越-西川口-並木元町-川口
  1. 東武サイドが先手を打って、岩槻から浦和美園まで伸ばしても良いのでは?京急の泉岳寺-品川みたいなノリで。

東武新都心線[編集 | ソースを編集]

  1. 完全な浦和線の支線扱い。伊勢崎線と日光線での日光線のような役割。
停車駅
  • 浦和線北越谷まで-領家-新領家-上木崎-北袋-さいたま新都心-北与野-西与野

東武つつじが岡線[編集 | ソースを編集]

  1. つつじが岡は意外と栄えています。某公園も有名ですよね。フラワートレインはこの路線を通ってもらいましょう!
停車駅
  • 羽生―川俣―茂林寺前―つつじ町―つつじの里

東武那須線[編集 | ソースを編集]

東武福島
とうぶふくしま  tobu-hukusima
県立医大
kenritu-idai
(福島県福島市) 福島
hukusima
  1. 現在東武鉄道は新藤原から野岩鉄道・会津鉄道と直通運転し、会津方面へ進出していますが、福島方面へも進出するのはどうでしょうか?
  2. JRに対抗する速達性重視なので、駅数は極力少なくする。
  3. 東武宇都宮線の様なワンマン方式にし、原則直通運転は行わない。街中は地下を走る。
  4. 一時間に3本快速を走らせる。
  5. 福島からさらに仙台まで延伸。
途中駅
  1. 新栃木…地下駅で4面2線。快速。
  2. 都賀…都賀IC付近。
    • 駅名がかぶるのは...(by千葉市の都賀の人)
  3. 北壬生…壬生IC付近。
  4. 新宇都宮…でっかいショッピングモールの最寄り駅。快速。
  5. 宇都宮大前…宇都宮大工学部の最寄り駅。
  6. 鬼怒川…宝積寺駅から少し西
  7. 東武氏家…氏家駅と乗り換え可能。
  8. 東武片岡…片岡駅からは結構歩く道のり。
  9. 那須野…西那須野はJRにあるっぽい。高架駅。
  10. 黒磯板室…アウトレットまでバスが出そうな高架駅。快速。
  11. 東武那須…普通の高架駅。
  12. 那須高原…SAが近くにある高架駅。
  13. 西白河…東北自動車道と仲良しな高架駅。
  14. 東武白河…「ほうさく」じゃなくて「とよさく」だったのね…。快速。
  15. 矢吹本町…ここの駅距離間隔もまた…ね…。
  16. 岡ノ内…鏡石の近く。
  17. 安積…ごく普通の町。
  18. 東武郡山…JRからは少しい遠いかも。快速。
  19. 西本宮
  20. 杉田町
  21. 二本松市
  22. 県立医大
  23. 東武福島…大きな町。快速。
  24. 福島…すごく大きな町。快速。

東武新東上線[編集 | ソースを編集]

東上線・高崎線間の鉄道空白地帯を埋める路線。ここここと少しルートが似てる。

    • ◎池袋
    • 要町
    • 大谷口(板橋高校附近)
    • 城北(城北高校附近)
    • 上板橋
    • 若木(日大豊山女子高校附近)
    • 大東文化大学
    • ○★高島平
    • 新河岸
    • 笹目
    • 美女木
    • 内谷
    • ◎西浦和
    • 桜田
    • ○★埼玉大学
    • 浦和大久保
    • 埼玉市民医療センター前
    • 二ツ宮
    • 西遊馬
    • ◎★指扇
    • ○峰岸
    • ○平方(秀明英光高校附近)
    • ○出丸中郷
    • ○埼玉空港
    • ○畑中(平成の森公園附近)
    • ○小見野
    • ◎★吉見
    • ○八丁湖
    • ○冑山
    • ○森林公園北
    • ◎熊谷立正大前
    • ○樋春
    • ◎大麻生
    • ○三尻
    • ○上柴
    • ◎深谷
      • せっかく、東京から上州を結ぶ路線名だから群馬県まで伸ばしましょう!
      • ◎★深谷
      • ○大寄
      • ○下手計
      • ○中瀬
      • ○境島村
      • ○豊受
      • ◎ひろせ町
      • ○南伊勢崎(市役所付近)
      • ◎新伊勢崎
      • ◎伊勢崎
  1. ★印:基本的なパターンダイヤにおいて緩急接続を行う駅。
  2. ◎印:特急or快速急行停車駅、○印:急行停車駅

東武新潟線[編集 | ソースを編集]

前橋市
まえばしし  maebashishi
東武前橋
tobu-maebashi
(群馬県前橋市) 総社町
sosyamachi

伊勢崎線の延長だが、東武の長岡延長の夢がかなう事になる。

途中駅
  • 伊勢崎~安堀~下増田~共愛学園~下長磯~上大島~西片貝~東武前橋~前橋市~総社町~総社~漆原~八木原~渋川伊香保~東武渋川~見立~東武敷島~新津久田~東武津久田~上白井~川額~赤城高原~橡久保~沼田市~薄根~月夜野~東武後閑~下牧~小川~上牧~小仁田~水上温泉~東武水上~谷川温泉~東武土樽~土樽~越後中里~岩原スキー場~東武越後湯沢~東武石打~石打花岡スキー場~下一日市~砂押~上越国際スキー場~塩沢スキー場入口~片田~南魚沼市~美佐島~青木新田~五日町スキー場~九日町~浦佐スキー場~五箇~虫野~魚沼市~東武堀ノ内~根小屋~下新田~中山湿原~川口相川~東武子千谷~三仏生~滝谷~高島~前川~平島~長岡市~東武長岡~松葉~越後蔵王~下々条~坪根~中之島見附~坪根~中島~栄~直江町~東三条~三条市~鶴田~下条~加茂市~千苅新田~田上町~曽根新田~小向~小須戸~川根~新津西~割野~亀田総合運動公園~新潟亀田~弁天橋通~新潟
    • 快速停車駅(6050系使用):浅草、北千住、春日部、東武動物公園、久喜、館林、足利市、太田、木崎、境町、新伊勢崎、伊勢崎、前橋市、東武渋川、(一部は草津線直通 小野上温泉、川原湯温泉、長野原からの各駅)水上温泉、東武水上、岩原スキー場(冬季のみ)、東武越後湯沢からの各駅
    • 特急「えちご」(100系使用)停車駅:浅草、北千住、春日部、久喜、館林、太田、伊勢崎、前橋市、東武渋川、水上温泉、東武水上、岩原スキー場(冬季のみ)、東武越後湯沢、石打花岡スキー場(冬季のみ)、上越国際スキー場(冬季のみ)、南魚沼市、五日町スキー場(冬季のみ)、浦佐スキー場、魚沼市、長岡市、三条市、新潟

東武浅草新交通線[編集 | ソースを編集]

  1. スカイツリーへのアクセスを向上するために建設。
    • 愛称は「スカイトラム」。
途中駅
    • 秋葉原
    • 鳥越
    • 寿
    • 浅草
    • 墨田区役所
    • 東京ソラマチ・スカイツリー前
意見
  1. TXともろ被り!建設するより、TXを買ったほうが早い気がする。そうそう、買っちゃいましょう!「東武茨城線」か「東武筑波線」にしちゃいましょう!

東武松伏線[編集 | ソースを編集]

  1. 野田市から都心への最短ルート
  2. 駅は
    • 浅草まで直通←越谷~東越谷~増林~松伏~ゆめみ野~東武吉川~野田市
    • 伊勢崎線浅草まで直通(伊勢崎線内区間急行)
      • 現行のアーバンパークライナーを大宮行きと柏行きでそれぞれ独立。柏行きは春日部行きと連結
    • 停車駅、北千住まで現在と同様、越谷~ゆめみ野~野田市(分離)柏行きは急行の停車駅と同様。春日部行きは各駅停車

東武八王子線[編集 | ソースを編集]

小沼
おぬま  onuma
坂戸
sakado
(埼玉県坂戸市) 武蔵川島
musashi-kawashima
  1. 柏駅から八王子駅まで結ぶ路線。
  2. 越東線(新川越線)や太横線八高線などの乗り換えも出来て便利になる。
  1. (野田線柏まで直通)-春日部-西春日部-白岡-新蓮田-羽簣-桶川-川田谷-東川島-武蔵川島-小沼-坂戸-鶴ヶ島-高萩-田木-入間市-宮寺-東福生-昭島-新八王子-八王子

東武多摩線[編集 | ソースを編集]

とうぶたまセンター
東武多摩センター  Tōbu-Tamacenter
東武松ヶ谷
Tōbu-Matsugaya
(東京都多摩市) 東武永山
tōbu-Nagayama

上記の路線をさらに多摩センター方面へ延伸

  1. 路線:八王子-北野-由木-東武松ヶ谷-東武多摩センター-東武永山-桜ヶ丘-南多摩
  2. 東武多摩センター-東武永山では小田急、京王との並走バトルが見られる。
    • 西武多摩川線ひばりヶ丘・町田延長東急多摩線と同時に実現していれば、京急、京成などの標準軌私鉄を除く関東大手私鉄全会社が多摩ニュータウンに集結することになる。
      • 東武車が東武線と東急線で並走バトルになることもある。
        • 最もすごい場合には東武VS西武VS京王VS小田急VS東急の並走バトルが見られる。
  3. 多摩ニュータウンに東武が進出することになる。

東武東埼玉線[編集 | ソースを編集]

五霞
ごか  Goka
東幸手
Higashi-Satte
(茨城県五霞町) 南栗橋
Minami-Kurihashi
  1. 東武金町-水元公園-南八潮-東武八潮(TX連絡)-八潮中央-八潮高校前-八条白鳥-草加公園-東武越谷レイクタウン(武蔵野線連絡)-増森-(上記松伏線併走)-松伏-大正大学前-南桜井(野田線連絡)-北庄和-東杉戸-東幸手-五霞-南栗橋(日光線連絡)
    • 国道が東埼玉道路、新4号とバイパスを作っているので、負けずに東武も!

東武新4号線[編集 | ソースを編集]

  1. 五霞(上記東埼玉線連絡)-塚崎-高野-柳橋-上大野-上片田-大谷南-田間-横倉-東武小田林(JR水戸線連絡)-小山運動公園-出井-鉢形-柴-薬師寺-上三川-磯岡-瑞穂野-下栗-石井-下平出-平出-東武岡本(東北本線連絡)
    • 新4号に併走する形で建設。

東武美女木線[編集 | ソースを編集]

鉄道空白地帯を埋める路線。

  • 東上線と野田線の連絡線としても機能。

◎◎◎朝霞台

◎││根岸台

◎││新倉

◎◎│美女木

◎││辻

◎◎◎南浦和

◎││競馬場前

◎◎│原山

◎││三室

◎◎│片柳

◎││大谷

◎││南七里

◎◎◎岩槻