東海の未来

提供:chakuwiki

岐阜[編集 | ソースを編集]

静岡[編集 | ソースを編集]

  • 2010年 静岡空港廃止。
  • 2010年JR東海静岡支社内各駅で、乗客が暴動を起こして「静岡事件」が起こる。
    1. これにより、「JR静岡」誕生。
  • 2010年 のぞみ県内未停車の代わりとして東海道線熱海-浜松間に新快速「東海」が誕生する。(停車駅 熱海-三島-富士-静岡-掛川-浜松)
  • 2011年 新快速「東海」が小田原-豊橋間に延長される。(追加停車駅:小田原、湯河原、島田、豊橋)
  • 2011年 静岡市が分区をし、庵原区・草薙区・安倍区誕生。葵区の一部を切り離し安倍井川町誕生。
  • 2011年 テレビ愛知の放送エリアが静岡県全体に拡大。
  • 2012年 富士山登山ロープウェイHUZIができる
  • 2013年 浜松空港開業。官民共用空港。「これで空港のない県という汚名は一応返上できた」(阿部卓也静岡県知事)
    1. 空港ターミナルは広報館の一角に間借り。
    2. 国防上の理由から外国の航空会社は乗り入れできず、国内線のみ。札幌、福岡、沖縄行以外は、皆プロペラ機(羽田、成田、関空行)
  • 2014年 遠鉄のバス部門が浜松バスに譲渡される。
  • 2015年 国道1号の新新新天竜川橋が完成、16車線になる。ただし接続する磐田バイパスは2車線のままである。
    1. セントレア行き高速バスも「H−wing」と変わる。ナプキンの羽みたい。
  • 2020年 静岡県内の新幹線駅を全て廃止。
  • 2022年 JR東海は東京−名古屋・大阪間の高速鉄道を中央新幹線にシフトして一本化。旧東海道新幹線は沿線地方自治体に払い下げられたため、静岡県内は第三セクターの静岡みかん高速鉄道として開業。神奈川、愛知などの第三セクター鉄道との相互乗り入れ開始。
  • 2025年 静岡県内の民放放送局がすべて廃止。富士川以東が在京局・富士川以西が在名局の放送エリアとなる。
  • 2045年 アクトタワーが火星へ飛び立つ。

静岡市[編集 | ソースを編集]

  1. 中部縦貫自動車道開業で一気に車社会と化す。
  2. 駿河湾フェリー廃線

沼津市[編集 | ソースを編集]

  1. イトーヨーカドー閉店。
  2. 高架化するがテナントがなかなか入らない。
    • 結局商店街やイシバシプラザからの移転が多め。

愛知[編集 | ソースを編集]

  • 2008年 愛知県の人口が大阪府を超える。
  • 2009年 愛知県の人口が神奈川県を超える。
  • 2010年 名古屋が首都になる。愛知県が府に昇格する。
  • 2014年 豊田市、岡崎市、三河三好市、合併して政令指定都市へ。名称はトヨタ市。
  • 2015年 愛知府改称。名古屋府となる。
  • 2015年 名古屋府の人口が東京都を超える。
  • 2016年 中部国際空港 名古屋常滑国際空港となる。
  • 2019年 名古屋府が三重県木曽岬町を編入。弥富市と合併し、弥富木曽岬市となる。
  • 2030年 名古屋府、都に昇格。
  • 2030年 名古屋都の人口が2000万人を超えたため、名古屋都(尾張)と三河県(三河)へ。
  • 2031年 三河県の人口が200万人を割る。トヨタ市の人口は60万人を割る。
  • 2032年 東名戦争勃発。
  • 2033年 東名戦争終息。東京壊滅。
  • 2040年 トヨタ市を始め、三河県全県が人口増加運動を始める。
  • 2041年 名阪戦争勃発。
  • 2045年 難波条約締結。大阪以西の独立を承認せざるを得なくなる。
  • 2046年 三河県、人口増加運動で人口は307万人へ。
  • 2046年 第二次東名戦争勃発。北海道も蝦夷共和国として独立を図る。
  • 2048年 ロシアの介入により蝦夷地共和国成立。
  • 2049年 旧東京に核弾頭を発射。第二次東名戦争終息するも関東は無人の荒野と化す。
  • 2050年 国名を名古屋国に改称。
  • 2051年 日本海を名古屋海に改称。
  • 2052年 トヨタ独立。旧三河州トヨタ市を中心にトヨタ王国が成立。
  • 2070年 大府市独立宣言、近隣市町村とともにオーブ連合首長国を設立させる。
  • 2071年 京都も独立を企てる。
  • 2075年 常滑市独立宣言。半田市の一部・武豊町・美浜町・南知多町・渥美町を占領下にして大常滑帝国を設立。
  • 2076年 名古屋常滑国際空港を大常滑国際空港に改名。
  • 2076年 有料道路南知多道路を大常滑高速道路 知多横断道路を常滑半田高速道路に改名。
  • 2089年 旧大阪府、旧京都府、旧兵庫県、旧奈良県、旧三重県を中心に、反名古屋勢力が強くなる。
  • 2091年 名古屋市直下でマグニチュード8.1の巨大地震が発生。死者約2万人。

三重[編集 | ソースを編集]

  • 2026年 北部は中京工業地帯の一角として発展を続けるが南部は過疎化で廃れるため南北格差が問題になる。
  • 2030年 鈴鹿サーキットが10年連続でF1開催地外れ。鈴鹿市経営破綻。
  • 2038年 伊勢自動車道の制限速度規制を撤廃。サーキットに。
  • 2042年 サーキットの人気に火がつき、伊勢湾を一周できるよう強引に伊勢湾大橋建設。三重県の借金1兆円超。