東芸人国

提供:chakuwiki

東芸人国は、近鉄こてこて帝国に反発する東京吉本の芸人が中心となり、建国した国である。中には、近鉄こてこて帝国出身者もいるが東京に出稼ぎに来た後定住したのである。

内閣[編集 | ソースを編集]

  • 元首:松岡克由(立川談志)
    • 死去したのに伴い、森田一義(タモリ)が元首に選出される。
  • 首相:太田光(爆笑問題)
    • 前元首松岡氏が「太田以外の首相は認めらねぇなぁ」と断固太田を推した為、選ばれる。
      • 副首相:長谷川公彦(島田紳助)
        • 副首相は過去の暴力団との繋がりを認めて自ら辞職し、副首相は駿河学(笑福亭鶴瓶)が就任
      • 首相補佐官:田中裕二(爆笑問題)
  • 文化大臣:北野武(ビートたけし)
  • 厚生労働大臣:會泰道(六代目三遊亭圓楽)
    • 副大臣:小松原裕(アントキの猪木)
  • 国土交通大臣:岡安章介(ななめ45°)
    • 副大臣:中川礼二(中川家礼二)
  • 金融大臣:飛田貴博(Take2東貴博)
    • 副大臣:海老名泰孝(9代目林家正蔵)
  • 警察庁長官:浜伸二(島木譲二)
    • 副長官:岸学(どきどきキャンプ)

東芸人国恐妻家協会[編集 | ソースを編集]

妻に恐れをなした者達による妻の愚痴をこぼし合う集まり。

  • 会長:椎名巌(桂歌丸)
  • 副会長:田鹿明(林家たい平)
  • 書記会計:宮迫博之(雨上がり決死隊)
  • 会員:河本準一(次長課長)、高田昭徳(オール阪神巨人・オール阪神)等恐妻家芸人及び落語家