東邦大学

提供:chakuwiki

東邦大の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 大正14年創設。
    • 梅ちゃん先生の「城南女子医専」のモデル、撮影協力・資料提供もした。
  2. 創設者は額田豊・晉兄弟。「スーパー額田ブラザーズ」
  3. 当初は東京女子医専・理専として創設された。
    • 何十周年記念というイベントに、シルバーカートを押した老婦人が多数みえられる。皆、当時の女学生である。
      • リアル・梅ちゃん先生の集い。
    • いや間違いだ。東京女子医専は今の東京女子医大で、こっちは帝国女子医専。まさかの旧帝大。
      • いや私学だし・・・旧帝大じゃないし・・・
  4. 現在の東邦大学が医学部・薬学部・理学部からなるのはこの理由による。
  5. 愛知県にある東邦高校とは関係ない。
    • 東邦ガスとはもっと関係ない。
      • 音大とも関係ない。
    • 東邦という名称は、帝国女子医専、理専の帝国が戦後使えなくなったためつけられた。
    • 系列高校は東邦大東邦中高と駒場東邦中高である。
    • 愛知の東邦高校の系列には愛知東邦大学がある。

各学部の噂[編集 | ソースを編集]

薬学部[編集 | ソースを編集]

  1. 薬学部の女子学生は一年次の実験中に前髪を焼くのがデフォルト。
  2. 薬学部は花粉症の研究で有名である。
  3. 薬学部の薬草園は一般公開もされているが、口の悪い学生は毒草園と呼ぶ。

理学部[編集 | ソースを編集]

  1. 理学部は現在五号館まで作られているが、そろそろ敷地が足りなくなってきたと思うので、これ以上増やしたかったら隣の日大生産工学部を乗っ取るしかない。
  2. 液体窒素のタンクから専用容器に取り分ける時は、周囲がスモークをたいたようになってとってもファンシー。
  3. アホウドリで有名な教授の研究室にはデコイが溢れていて初めて入ったときは圧倒される。
  4. 教育課程において教育実習に必要な単位を三年次までに取得できないと、春に行われる母校での教育実習はできない。四年の前期に該当する単位を取得すれば秋に付属高校での実習を行える事になるが、付属高校の学生はとても頭が良いため、ものすごくいたたまれない気分を味わうという。

各キャンパスの噂[編集 | ソースを編集]

習志野キャンパス[編集 | ソースを編集]

  1. 住所は船橋市三山である。習志野キャンパスなのに。
    • 附属高校はちゃんと習志野市にある。
  2. 習志野キャンパスは太郎である。
    • 今は改修されてしまったが、昔、校門に掲げられていた学校名の側には「太郎」と書かれていたからである。
    • 従って大森キャンパスは「次郎」である。
      • しかし、校歌では「東邦大学 母とあおげば」と歌われているので、花子かもしれない。
  3. 教養科目は薬学部も理学部も同じ教養館という建物で行われる。
    • 再編成のため、教養課程の教員は全て、どこかの学科に再分配された。故に環境圏学科に心理学の教授が配属されたりしている。
  4. 教養館一階では化学実験、二階では物理実験が行われる。一階で同定実験のために作られたH2Sがダクトを通って二階の窓まで到達すると地獄谷の気分を味わえる。
    • 教養館は取り壊されて新しくなった。学生運動時代に教授をつるし上げた「滑車」も失われてしまった。つるし上げという言葉が、この習志野の地に伝わっていく間に、どこかで何か間違ってしまった、ほのぼのエピソードだったのだが。
  5. 男子寮はなくなった。
  6. 女子寮はとってもボロい。毎年、春に、全館一斉バルサン炊きを行う。
    • 少なくとも外観は多少きれいになった。
      • 女子寮もなくなった。最後の寮生は留年していて、彼女が卒業したらすぐに取り壊すことになっていたらしい。跡地には看護学部の校舎が建てられた。
  7. 学生生協と女子寮の正面に銀杏の木があるので、秋から冬にかけて臭い匂いが一面に漂う。ただし、そういった匂いに常にされされている学生にはあまり気にならないかも。
    • 銀杏の木もなくなった。
  8. 構内に日本庭園と呼ばれる場所があるが、いったい何が混入されているかわからない池がある草の生い茂った場所である。
    • どうやら日本庭園はつぶされた模様。
  9. 柵一つだけで隣の日大生産工学部と隔てられている。関係ない大学同士がこんなに隣接しているのも珍しいんじゃないかと思う。
    • それどころか、時々教員が移動していたり、ある程度なら互いのキャンパスで単位を取得できるようにすらなった。
  10. 理学部・薬学部・看護学部の三学部が習志野キャンパスに集結!医学部だけ大森でボッチに!看護師さんは習志野がいただいたぜ、わはははははは!
    • 理学部は、生物科・化学科・物理科・生物分子科学科・情報科学科・生命圏環境学科の六学科。
    • 医学部看護科もあるので、看護系学科が二つある状態に。
  11. 1991年頃、キャンパス内にあった稲荷神社を撤去したところ事務長・女子寮管理人夫妻の妻が事故にあい、管理人がこっそり飼っていた猫は交通事故で死に(これはすぐ前に交通量がそこそこある道路があるから放し飼いにした人間の責任だが)と短期間で次々に事故が起きたため、急遽、建物の屋上に移転し神主に祈祷してもらった。その後、稲荷神社は再び敷地内の地上に戻っている。
  12. 「炎のランナー」は「日大生産工との間にあるコンクリート塀の側で東邦の女子大生が石油をかぶり焼身自殺したが、なかなか死にきれず燃えながら走って絶命し、夜になると彼女の霊が当時と同じように燃えながら走り抜ける姿が…」というものだが、現在はこの噂はすっかり消えた。
  13. 戦後しばらくから昭和40~50年代頃まではかつての軍施設を利用したボロい建物が研究室として利用されていた。二階の研究室で逃げたマウスが一階の部屋にあった机の引き出しに逃げ込み、ネズミ嫌いだったその部屋の研究者が悲鳴を上げた、と生物科の教授が退職記念公演で感慨深げに話していた。今じゃ考えられない。

大森キャンパス[編集 | ソースを編集]

  1. 医学部と付属病院が存在する。
  2. 習志野キャンパスが船橋市にあるように、大森キャンパスは蒲田が最寄駅である。どうしてどちらも名称と場所が一致しないのだろうか。
  3. ここの付属病院の救急外来は野戦病院のようである。
    • 近年、大幅な改修工事が行われ、とてもきれいになりました。
      • 近隣の重傷者・救急患者を広く受け入れているため、患者の様相は時に野戦病院状態となりますが。
  4. 大森キャンパスと習志野キャンパスの交流は殆どない。教員は医学部から理学部に教えに来る事が時々ある。
  5. 学内に額田記念館が出来ました。
  6. 大学生協で、東邦大オリジナルグッズ各種を購入できます。東邦オリジナルラベルのレモンウォーターは病院内自販機でも購入可。