柏駅

提供:chakuwiki

日本の駅 > 関東 > 千葉 > 東葛 > 柏駅

柏駅の噂[編集 | ソースを編集]

かしわ
松戸   我孫子
Matsudo Kashiwa Abiko
かしわ
南柏   北柏
Minami-Kashiwa Kashiwa Kita-Kashiwa
かしわ
柏  Kashiwa

(千葉県柏市) とよしき
Toyoshiki
かしわ
柏  Kashiwa

(千葉県柏市) しんかしわ
Shin-kashiwa
東口から臨む

所在地:柏市柏・末広町

  1. 柏駅は同じ方向の千代田線常磐線が同時に駅に着くため乗り換えの効率が非常に悪い
    • この地域の住民は、常磐線緩行を千代田線と呼ぶが、千代田線は綾瀬まで。
    • 柏市に千代田という町名があるわい。
      • 「柏」が元々の地名かと思ってたよby某サイトで真実を知った茨城人
  2. 出入り口の場所が解かりにくい柏駅南口。
    • 南口を開設する際に、市民から寄付金が集められた。
  3. 柏駅はちょっと前まで千葉県のJR線で最も利用客が多い駅だった。
    • かつては千葉県内の駅の乗降客数一位。しかし2006年度、ついに千葉県の駅乗降客数一位の座を船橋駅に明け渡した。千葉が情けなくなってきた。
      • さらに2008年度には西船橋にも抜かれ第3位に転落した。
        • なんか、TXにも取られそう
          • エキュート建設の構想があったが、立ち消えになったらしい。
      • とはいえ、駅南口の地価・路線価は例年船橋駅と県内首位を争うポジション。
        • 単なる乗り換え駅ではなく経済圏として人が集まるところと位置付けられている。域外からはあまりイメージが湧かないが…
    • ホント、千葉駅ってなんだ?船橋と柏と松戸と津田沼(習志野)に、なんとなく市川鎌ヶ谷流山を合併して政令指定都市作ったら、千葉駅に集まるJR総武〜線はどうなることだか?人口も半端なく増える。。。
      • そして津田沼、松戸に抜かれる。
  4. 夏の柏駅のコンコースは暑すぎて呼吸困難になりそうになる。
  5. 昔は、快速も停まらない駅だったが、今は、Fひたちや特快も停まる駅になった。
    • そのせいで松戸駅は殺人的な混雑になった時期があった
    • 1番最初の仙台行きのスーパーひたちも松戸からここに止まるように。常磐線が全線運転再開した際に駅員さんのアナウンスが感動的なもので話題となった。
    • ときわも全部停まるようになった。
  6. 柏の高島屋ステーションモールは東武の駅舎と一体化している。しかも秋頃に新館ができる。
    • 柏駅西口の新しくなった看板には「JR東日本」の表現がなく、ただ「柏駅西口 Kashiwa Station」としかない。
    • 東口は東口でJR東日本のロゴしかなく東武の「と」の字も無いのでどっこいどっこい。
  7. 3番線(快速上野方面)の発車メロディーが、昔の「探しものはなんですか~」という曲に聞こえる(曲名まではわからない)
    • あぁ、「夢の中へ」だね。井上陽水さんの。
  8. 常磐線(上野から取手方面)内での飲酒率は、日本有数の高さといわれる。特に取手から先に行く列車では、ボックス席で酒盛りが始まるほど。
    • これって柏駅じゃなくて常磐線に書くべき話だよね?柏駅関係ないよね?
  9. 平日夕方の上野駅では、京浜東北線or山手線から常磐線に乗り換えるときに、大半の人間が意味も無く階段を猛ダッシュする。かなり危ない。
    • これも常磐線のとこに書いた方がいい気が…
  10. 発車メロディーと同じ曲がNHKの「おはよう日本」のニュースの中の「旬体感」と言うコーナーで使われてる。
  11. あまり知られていないが、JRの駅舎所在地が「柏市柏1丁目1-1」
  12. みどりの窓口前は、待ち合わせの人でいっぱい。
    • みどりの窓口がリニューアルされる前は中の行列が外までのときもあって、待ち合わせ客が列にまぎれていた。
  13. 南口といえば「二人で常磐線」。
    • 「二人は常磐線」な。ちなみに南口すぐの「かしわインフォメーションセンター」でCD発売中。YouTube版と一部歌詞の順序が異なる。
  14. 朝ラッシュ時は東武同士の乗り換えが大変。ダイヤ上は2分のゆとりがあるが、基本少し遅れて到着するので1分弱しかない。
  15. 朝ラッシュ時快速線はここから物凄く混み合う。そして松戸で殺人的な混雑に。
    • 逆に緩行線は当駅始発が結構あるのでそこまででもない。
  16. 2020年より東武の新型特急列車リバティが乗り入れるように。
  17. 2020年4月に駅メロが柏レイソルの曲に。