桃太郎電鉄

提供:chakuwiki

テーマ別[編集 | ソースを編集]

桃太郎電鉄の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 地理の教材としてはかなり良い。これで地理を覚えた人も多いのでは。
    • そこそこマイナーな地名・特産までも覚えられるのは大きい。
    • 最近では教育用の桃鉄まで開発された。
  2. 個人的には最近の桃鉄のマップは広すぎると思う。16くらいの大きさがちょうどよかった。
    • それと増資も復活してほしいと思う。1度通ったら終わりになってしまうから。歴史ヒーローで獲得した都市なら尚更。
    • もっとも、2017の規模を3段階増資ですべて制覇しようとしたら、正攻法ではまず無理なのはわかってはいる。
  3. 終わって、2017で一度復活してまた新作が途絶えた。もうあれが「最終編」ということでいいのかな?
    • 後継(?)作「ビリオンロード」の売り上げや人気が芳しくなかったのかな?もし人気があれば続編が出てただろうし。
    • 任天堂に事実上移籍したので、今後はそちらでしか出ないことになる。
      • …と思ったら次回作はコナミから出ることになった。
  4. 当初は桃太郎伝説とは一切関係ないゲームとして制作される予定だった。
    • 没タイトルには「日本一周トラブルトレイン」「すちゃらかトレイン」といったものがあった。
      • 「すちゃらかトレイン」は初代の曲名となっている。
  5. 韓国や台湾などが日本列島を舞台にしたシリーズでついでに追加されなかった理由は「海外を出すと要望が殺到してキリがなくなるから」らしい。
    • 「スーパー桃太郎電鉄II」でなぜハワイやサイパンを出そうとしたのかが気になる。
  6. 線路を斜めに分岐できていたらよりリアルなマップになっていたと思う。
    • そのせいで変な位置に駅があることも(例:佐原駅は12?まで常磐線沿線、16では成田空港の手前にある)。
    • 2010の行橋駅に関しては、飯塚駅の存在する福北ゆたか線とつながっている。
    • 福北ゆたか線じゃなくて平筑では(そうなると福北の飯塚以北とかがないことになるが)?
    • 複数の路線のハイブリッドにしか見えない謎路線も多い。
      • 令和版では湖西線を南下していたはずなのに烏丸線さながらのルートで京都駅に北から入る場所あり。
  7. いただきストリートとは関係性が近からず遠からず。
    • さくまあきらの旧知の仲だった堀井雄二と似たようなコンセプトのゲームを作ろうという中で、さくまが桃鉄を、堀井がいたストを考案したのが始まりだそう。
  8. 富士山がでかすぎる。

CPUキャラの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 最強は「さくま」。
    • さくま城があったシリーズではそれを攻略しないと使用不可。
  2. USA版でかなりリストラされた。
    • むしろX~12が豊富すぎたのか?

スリの銀次の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 桃太郎電鉄初代より登場。
    • 初期の頃はあのBGMではなかった(台風のBGM)。
    • もっと言うと前身の桃太郎伝説の頃よりいる。
      • ストーリーで改心し、実家の家業を継いだんだけどな…
  2. 初期は時事ネタに扮していた(例示するとキリがないが)。
    • 作品を追うにつれて分身(スリっ娘。等)やら人間以外の動物(犬等)、果ては無機物(インターネット・車・ワンセグ携帯等)にも化けている。どうやっているんだか。
    • DS以降(およびUSA)は名産品や文学作品のネタに。
      • 20周年は過去20年の事柄をネタにしていた。
        • 1995年は(あまりに悲惨な事件が多くて&阪神が最下位に転落して)スらずに帰る。そして帰り際にカードをくれる。
      • 概ねUSA以降(特にDS以降顕著)、「○○の名産××は~~の歴史があって~」みたいな解説が増えた。

名産怪獣の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 15から登場。
    • それまでの作品にも出ていたおいどん(X九州編~)、忍者のっとりクン(12西日本編~)もこの走りといえよう。
  2. 16以降からはややマイルドなキャラが増えたらしい。
  3. ワールドでは「お祭り精霊」となる。

インド怪獣ゼロゼロー[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(DS)でデリーに登場。
  2. 全員の持ち金を0にしてしまう。
    • ただしデリーに止まったプレイヤーに拒否権あり。

男鹿半島怪獣ナマハーゲン[編集 | ソースを編集]

  1. 東北地方近辺に2人(CPU含む)以上いると登場。
    • だいたい夏頃まで居座る。
  2. 怪獣系では一番と言っていいほど凶悪。貧乏神とどっちがマシかというと悩むが。
    • 進行形カードを使うのはともかく、ぴったりカードやサミットカードまで使ってくるのは卑怯だと思う。
  3. 世界編でもわざわざ秋田をぶっとび駅・カード売り場として登場させるため、ナマハーゲンが世界で暴れ回る。
    • こちらでの二つ名は「おしおき精霊」。なんとカードで呼び出すことも可能。

サツマイモ怪獣プープー[編集 | ソースを編集]

  1. 鹿屋で登場。
  2. 登場すると列車をブタの姿に変えてしまう。
    • ブタ状態では毎ターンオナラを発動する。
    • 1年ほどで元に戻る。

真珠怪獣パールくん[編集 | ソースを編集]

  1. 鳥羽が目的地の時に到着すると必ず出現。
  2. 周りに真珠を撒き散らし、ピッタリ止まると臨時収入。
    • 15では止まると真珠カードが渡され、売り場で換金できるというシステムだった。

茶畑怪獣チャカテキーン[編集 | ソースを編集]

  1. 静岡周辺で登場。
  2. お茶をかけて損害系カードを消滅させる。
    • ボンビラス星から帰ってきたら、まずチャカテキーンを呼び出すのが吉。

提灯怪獣トラフグラ[編集 | ソースを編集]

  1. 下関に登場。
  2. 恐らく名産怪獣で最も凶悪。ナマハーゲンですら及ばない。
    • サイコロで1が出ると持ち金とカードが全て消滅してしまう。

長崎怪獣サラウドン[編集 | ソースを編集]

  1. 神戸で登場。
    • 2010では小浜・金沢・仙崎にも出てくる。
  2. サイコロ勝負で奇数が出たら長崎へ強制連行。偶数ならカードが貰える。
    • 強制連行されてそのままゴールということも。

なにわ怪獣タコヤキング[編集 | ソースを編集]

  1. 大阪で登場。
  2. サイコロ8個で勝負し、負けたら罰金。勝ったら地方へ!カードが送られる。
    • 明らかに勝率が高い気がする。少なくとも1/2ではない。
    • 負けた時の罰金はたこ焼き1年分という名目。「たこ焼き1年分がそんなに高いか!」とツッコミが入る。
    • 勝つと「ほんまたこ焼き好きなんやろ!」と尋ねられる。いいえと答えても褒美は貰える。

ハワイ怪獣アロハメハ[編集 | ソースを編集]

  1. 日本編唯一の海外名産怪獣。
    • 世界編ではDS版・Switch版ともにホノルルが出てくるが、どちらにおいても登場できず。
  2. 元ネタはおそらくカメハメハ大王。
    • 「アロハメ波」が必殺技。
      • 実はヘタクソ疑惑があり、味方しているはずのハワイに一番乗りしたプレイヤーに当てたり、稚内沖の昆布に当てたりすることがある。

めんたい星人ピリピリ[編集 | ソースを編集]

  1. 博多に登場。
  2. サイコロで6を出すと絶好調カードが貰える。
    • さくまに取られたらたまったもんじゃない。
  3. WORLD(DS)にも登場する。

雪の恋人怪獣ピヨピー[編集 | ソースを編集]

  1. 札幌が目的地の時に到着すると必ず出現。
  2. 色マスを全てスーパーカード駅に変えてくれる。
  3. こんな素晴らしい怪獣だが、実はかつてボンビーだった。
    • Gで登場。登場するとカードを封印され、色マスをどれかに塗り替える。
    • 塗り替え対象はプラス駅・マイナス駅・カード駅・ナイスカード駅・ボンビラス駅のどれか。
    • もちろんボンビラス駅の確率が一番高い。

歴史ヒーローの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 20周年から登場。
  2. 特定の都市を独占すると味方にできる。
  3. 駅の都合により歴史ヒーローの地元が史実での本人とあまり関係のない場所になっていることがある。
    • 例:毛利元就が登場する広島の開発が始まったのは孫の輝元の代になってから。
    • 聖徳太子が奈良で登場するが平城京の建設が始まったのは本人の没後。
  4. ワールド(Switch)ではかなり変わった人選も見られる。
    • クランプラーに至っては桃鉄で登場したのをきっかけに日本語版wikipediaの記事ができたぐらい日本では知られていない人である。

明智光秀[編集 | ソースを編集]

  1. 味方にしたまま5月に京都に行ってはいけない。
    • 6月のターン開始前に京都にいる時点で本能寺の変を起こして総資産の3分の1の金額を奪っていく(物件売却もほぼ確実に起こるので実質もっと割合は大きいが)。そして起こされた側は二度と味方に出来ない。
      • なお織田信長を味方にしながら同じことをしても信長が死ぬわけではない。
  2. 資金を調達したり、物件の割引購入の提示してきたりする。

井伊直弼[編集 | ソースを編集]

  • 彦根
  1. 初登場の2017ではバランスブレイカー。
    • 効果は全プレイヤー(自分除く)のカードを1年間封印というもの。必要金額はわずか2億円
    • 令和では効果が半年に短縮された上、必要金額が10億円強に値上げした。

井上聞多[編集 | ソースを編集]

  • 湯田温泉
  1. 借金をしてくる。
    • ちゃんと少しずつ返済もする。豪商相手は踏み倒すけど。
  2. なぜか「馨」ではない。

上杉鷹山[編集 | ソースを編集]

  • 米沢
  1. 携帯版TOHOKUにのみ登場。
  2. 恐らく歴史ヒーローの中で最も凶悪。キングボンビーとタメを張れるレベル。
    • 倹約令にちなんで、物件とカードの購入を1年間禁止してしまうことがある。
    • 一応プラス効果もあるが、カードを安く買えるという地味なもの。

大久保利通[編集 | ソースを編集]

  • 鹿児島(2017~)
  1. 廃藩置県で他プレイヤーを別の地方へ遠ざける。

織田信長[編集 | ソースを編集]

  • 岐阜(20周年~タッグマッチ)、名古屋(2017~令和)
  1. 他プレイヤーのカードを破壊したり、他人につく貧乏神をキングボンビーに変身させたりする。
  2. 時限爆弾を破壊したり目的地を奇襲したりすることもあり。

桂小五郎[編集 | ソースを編集]

  • 出石
  1. 貧乏神が取り憑いている時に発動し、その場に置いてけぼりにする。
    • 誰かがそのマスを通過するか、次の目的地に着くと行動を再開する。
  2. 独占必要額も安いので、早めに買っておくのが吉。

クワメ・エンクルマ[編集 | ソースを編集]

  • アクラ
  1. 全歴史ヒーローの中で最も没年が遅い(1972年)。
  2. アフリカ開放と称して他の社長が持っているアフリカの物件を捨てさせる。
  3. 彼の負の側面をモチーフにした能力がかなり凶悪。
    • 他人の所持金を全額奪ってきたり封印やら絶不調化やらをやってくる。

クラーク博士[編集 | ソースを編集]

  • 札幌
  1. プレイヤーの所持金で物件を勝手に購入する(割り引き等一切なし)。
  2. 普通にプレイする分にはありがた迷惑な存在だが、全物件制覇RTAでは欠かせない。
  3. ワールド(Switch)ではエリザベス1世が同じ効果を発動する。

黒田官兵衛[編集 | ソースを編集]

  • 博多
  1. 未購入の物件をただで入手できる。

西郷隆盛[編集 | ソースを編集]

  • 鹿児島(20周年~タッグマッチ)→奄美大島(令和)
  1. 全員お金がもらえる。仲間にした人が多くもらえる。
  2. 2017より鹿児島は大久保利通になった。
  3. ワールドではイブン・ハルドゥーン(チュニス)が同様の効果。

高杉晋作[編集 | ソースを編集]

  1. 目的地から6マス以内まで移動できる。結構強力。
    • ただし、源義経と異なり陸路移動。
    • 令和では49マス以上離れると発動しない。

武田信玄[編集 | ソースを編集]

  • 甲府
  1. 「風」「林」「火」「山」によって異なる効果がある。ルーレットで選択。
    • 「風」は20周年ではテレポート、2010以降はサイコロの目だけ遠ざける。
    • 「林」はふういんや冬眠の効果がある。
    • 「火」は所持金を減らす。
    • 「山」は20周年ではハズレだったが、2010以降は「山を作ってしばらく動けなくする」に変更された。

伊達政宗[編集 | ソースを編集]

  • 仙台
  1. 移動系カードをランクアップさせる。
    • 2010ではリニア周遊カードを入手する唯一の手段だった。
    • 令和ではジョン万記念館でも入手できる上、年数が進むと普通に買えるので影が薄くなった。
  2. ワールドではメンデル(ウィーン)がこの効果。
    • ダーウィンも。

徳川家康[編集 | ソースを編集]

  • 岡崎(20周年~2017)→浜松(令和)
  1. 独占駅の収益を数ヶ月後に2倍にする。
    • 強力そうに見えるが、対象駅は完全ランダムなので効果は期待できない。
    • 特に令和では価格制限(63年目までは50億円以内)がついたので尚更。
  2. 令和で登場位置が岡崎から浜松に移動した。今後出たら静岡→東京になるのか?

豊臣秀吉[編集 | ソースを編集]

  • 名古屋(20周年~タッグマッチ)→長浜(2017)→京橋(令和)
  1. 物件を半額で購入できる。
    • 収入を得られることもある。
  2. 令和ではついに大阪城に。

那須与一[編集 | ソースを編集]

  • 那須
  1. サイコロを振って当たれば物件を入手できる。

平賀源内[編集 | ソースを編集]

  1. バランスブレイカー。
    • 彼のみ20周年以前の「DS」から登場している。
    • TOKYOマップでも深川に登場する。
  2. 発明品のネーミングセンスが史実で本人が好んでいたオランダ語風の言葉遊びとそっくり。
  3. ワールド(Switch)のエジソンと全く同じ効果。
    • だが登場駅のニューヨークは1兆円以上必要。

福沢諭吉[編集 | ソースを編集]

  • 中津
  1. 全員の所持金を平均化する(たいらのまさと同じ)。
    • 1位にとっては害しかない
    • 基本的に加勢してもらわない方が吉。

源義経[編集 | ソースを編集]

  1. 毎回のように出て来る都市が異なる。
    • 平泉(20周年)→京都(2010)→竜飛(2017)→神戸(令和)。
    • 携帯版では鞍馬(KINKI)、三厩(AOMORI)、熱海(SHIZUOKA)。
    • 屋島の戦いにちなんで高松から登場したことはまだない。
  2. 目的地から遠いとき、ランダムで選ばれた8つの駅が提示され、そこに移動できる。
  3. ワールドではライト兄弟(アトランタ)がこの効果。

武蔵坊弁慶[編集 | ソースを編集]

  • 御坊
  1. 他人のカードを奪う。地味だがなかなか強力。
    • 源義経と併用すればさらに強力。攻撃系カードを50%ブロックする。

関連項目[編集 | ソースを編集]


桃太郎電鉄
作品別PS2時代 携帯版物件
ファン 偽モノの特徴 ○○だったら ○○が追加されたら
カード移動系攻撃系損害系 | イベント | キャラクター | 物件駅
もしあの地域(都道府県別関東九州) | もしあの時代 | 鉄道が桃鉄化したら
もし北海道が四国の南に移動したら | もし本州が真っ二つに分かれたら
もし桃太郎ランドが実在していたら | ざんねんな桃太郎電鉄事典