桃太郎電鉄の物件

提供:chakuwiki

桃太郎電鉄 > 桃太郎電鉄の物件

  • 個別の物件についてはジャンルごとに五十音順で。

駅と物件の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 北関東の物件駅が少ない気がする。
    • さくま曰く山手線の大きさが押しているとのこと。冷遇地帯はほかにもある(長らく群馬は物件0だったし)が、どことなく気になる。
    • 2017で群馬4(高崎・前橋・桐生・草津)、栃木3(宇都宮・栃木・那須)に対して埼玉2(さいたま・深谷)とついに埼玉が単独最下位になってしまった。
      • 2020で秩父が出るようだが、八王子からの盲腸線の行き止まりで、さいたま方面からは行けない模様。
      • なお茨城は3(水戸・土浦・笠間)。
  2. 「なんでそんな物件がこの駅に?」というところはたいてい、さくま氏の行きつけのお店だと解釈してよい(京都とか)。
    • 携帯版の「KINKI」で四条大宮の某フルーツパーラーが出ていたのには地元民として驚いた。
  3. 東京以外の大都市でも細かい駅がどんどん増えている。
    • 2010の秋月駅なんて、聞いたことがない。
    • ススキノ・栄・中洲など歓楽街が続々物件駅になっている。
  4. 実名をもじったようなパロディ物件も少なくない。
    • 最も有名なのは浦安の「ネズミーランド」。
    • スペースワールドはなぜか実名で登場したことがある。
      • 2010に登場する名古屋の「コメダ珈琲店」、今治の「伯方の塩工場」も。ただしあれは許可をもらっているらしい(エンドロールにも登場する)。
    • 「帰ってきた宮田麺児」に至っては芸人が個人経営する店。
  5. 原子力関連の物件は見かけない。
    • 火力発電所なら千葉、西条(西日本編)にある。
  6. 出雲の「出雲そば屋×n件」は基本的に不変。
    • 西日本編とかでは追加されてたけど。
  7. 池袋、宇治、阿蘇などは意外と登場していない。
    • 元ネタは十分豊富と思われるが。
    • 携帯版ではいずれも登場。なお池袋はDSJAPAN&TOKYOのTOKYO編で、阿蘇はX九州編で、宇治は12西日本編で家庭用版でも登場済み。
  8. 削除された物件駅も存在する(大垣、亀山、グアムなど)。
    • 大垣は16で岐阜と交代した形。あと清里は別荘街として衰退したのが原因って昔さくま氏のサイトで見た。
      • さらに昔のシリーズでは岐阜が大垣の位置に出ていた。
  9. 初代とDS含め皆勤賞という駅は意外に少ない。
    • 初代から2010まで物件駅として皆勤賞の駅:釧路・札幌・函館・稚内・青森・盛岡・仙台・秋田・福島・上野・東京(但し一時期特殊駅)・千葉・横浜・新潟・富山・金沢・甲府・松本・静岡・浜松・名古屋・松阪・京都・大阪・和歌山・神戸・鳥取・岡山・広島・下関・高松・松山・高知・博多/福岡・長崎・別府・熊本・鹿児島・沖縄/那覇(参考)の39都市。
      • 非県庁所在地だと、釧路・函館・稚内・上野・松本・浜松・松阪・下関・別府の9都市のみ。癖の強い街が並ぶ。

食品物件[編集 | ソースを編集]

アイス工場[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタはガリガリ君で知られるここ深谷に登場。
    • 2017まで農林オンリーだったので、令和で初登場。
  2. 10億円で20%とかなりの優秀物件。独占すれば3年目で元が取れる。
    • おまけに独占すれば渋沢栄一が加勢する。他の歴史ヒーローがいる駅を回って、埋蔵金イベント並みの臨時収入をもたらす。

揚げたい焼き屋[編集 | ソースを編集]

  1. 登場駅は五所川原
    • 初登場は同駅が登場した16。
  2. さくま氏絶賛の商品らしく、収益率は200%(最大増資で400%)。
    • 増資が廃止された20周年以降は500%で固定。もちろん桃鉄史上最高収益率である。
    • 「揚げたいを、あげたい!」
  3. 買いに行く際はナマハーゲンに注意。

イカめし屋[編集 | ソースを編集]

  1. 「16」以降に登場する、の物件。収益率100%。
    • 1000万円×3件と、独占額が最も安い駅となっている(最大増資しても1億に満たない)。
      • 「2010」以降に登場する金武も同額。
      • なお現実世界ではいかめし阿部商店以外のライバル店は存在しない。
    • 初登場の「16」では最初の目的地の候補の一つとなっているため、最初のゴール直後にいきなり独占なんてことも可。

イカ料理屋[編集 | ソースを編集]

  1. 博多(令和では中洲)に登場。
  2. 価格は1~3億円程度だが、食品日本一によく選ばれる。
  3. 元ネタは「河太郎」という店。

うなぎ料理屋(松江)[編集 | ソースを編集]

  1. 12〜16では増資すると80%になる。
    • 独占すれば4億8000万円の収益(5.2億円の投資で)。
    • 出雲に隠れがちだが優秀な物件。
  2. 収益が低いぼてぼて茶屋も臨時収入あり。

梅ヶ枝餅屋[編集 | ソースを編集]

  1. 太宰府に登場。
  2. X九州編ではバランスブレイカー。
    • 駅自体4000万円で独占できる上、最大増資すると500%になってしまう。
    • 独占して3件とも最大増資すれば15億円の収益。
    • 最低必要額は1億6000万円。3年もあれば達成できる。
  3. 2017以降は全国編にも出ている。

江戸前寿司屋[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(Switch)で東京に登場。
    • TOKYOの人形町駅でも登場するが、全国編にはない。
  2. 3億円で100%と優良物件。
    • 行列ラーメン屋(1000万円で100%)と天ぷら専門店(1億円で100%)もある。
    • DS版で出てきたもんじゃ焼きはなし。

小倉アイス屋[編集 | ソースを編集]

  1. 令和以降上野に登場。「あんみつ みはし」が元ネタ。
    • 上野では20年ぶりの食品物件。
  2. 1億円で200%と優秀な物件。
    • すぐ上にはドラ焼き屋(1億円で80%)もある。

蟹こぼれるぞ丼屋[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタは「ふるさとの宿こばせ」で提供される開高丼。鯖江に登場。
    • 名前の通り蟹をいっぱい盛ったどんぶり。
  2. 令和では1億円で200%という屈指の優良物件。
    • 独占もしやすい方だが、残り4件がメガネ工場(3億円で1%)なのが残念。
    • なお2017では10%だった。

喜多方ラーメン屋[編集 | ソースを編集]

  1. 5000万円で独占でき、臨時収入も発生するので美味しい。
  2. 宇都宮とセットで買うことが多い。

牛タン屋[編集 | ソースを編集]

  1. 仙台に登場。
  2. 5000万円ながら高収益で臨時収入もある。
    • 15・16では6件あるので、まとめ買いするとお得。
    • 2017以降は1億に値上がりし、収益も低下。

ギョーザ屋(宇都宮)[編集 | ソースを編集]

  1. 出雲はよくネタにされるが、宇都宮のギョーザもなかなか(物件的にも)美味しい。
    • 合計5000万円で独占できるので、公式戦などだとシリーズによっては初ターンでの独占が可能。
      • 令和では宇都宮に農林物件が追加されたため、5000万~8000万円で独占することは不可能になった。
  2. ちなみにライバルの浜松にあるのは「もやしギョーザ屋」。

栗きんとん屋[編集 | ソースを編集]

  1. 中津川に登場。
    • 小布施にも出てくる(1000万円だが)。
  2. 1億円で20%、臨時収入ありとなかなかの優良物件。
    • その上の栗おこわ屋も優秀(3000万円で100%)。

氷白くま屋[編集 | ソースを編集]

  1. 鹿児島に登場。
  2. 3000万円で100%と優秀な物件。
    • 鹿児島ラーメン屋や西郷隆盛グッズ屋と合わせてゲットしたい。
  3. かき氷「白くま」が元ネタ。

さぬきうどん屋[編集 | ソースを編集]

  1. 香川を代表する名物。古くから高松に登場。
    • どの作品でも優良物件。X〜15あたりがピーク。
    • 12の西日本編ではドジラース注意。
  2. 作品によっては「製麺所系うどん屋」「釜玉うどん屋」「セルフうどんの店」「桃鉄さぬきうどん屋」などの派生も出てくる。
    • うどん屋であることに変わりはない。

タピオカティー屋[編集 | ソースを編集]

  1. 2019年〜2020年にかけて大流行したタピオカティーが物件に。原宿に登場。
  2. 1億円で100%とかなりの優良物件。しかも2件も。
    • おまけにすぐ下には2億円で100%のパンケーキ屋が1つ。
    • 3年決戦では非常に重要。

とんかつパフェ屋[編集 | ソースを編集]

  1. 2010では松山、2017以降は道後に登場。
  2. 1億円で100%と優秀な物件。
    • 夏目漱石グッズ屋・正岡子規グッズ屋と合わせてゲットしたい。
    • ナイスカード駅も近い。

生キャラメル工場[編集 | ソースを編集]

  1. 中札内に登場。
  2. 2010では1億円で200%というぶっ壊れ物件。
    • 11億円で独占でき、3年で元が取れる。
    • かなり行きにくいが。
  3. 2017では8%になってしまった。

飲むヨーグルト工場[編集 | ソースを編集]

  1. 三戸に登場。
  2. 10億円で25%とかなり優秀。臨時収入もあり。
    • 独占すれば3年目で元を取れる。
  3. 隣の新郷村は飲むヨーグルトの発祥地。

ひれかつ卵サンド屋[編集 | ソースを編集]

  1. 2010以降東京に登場。1000万円で300%。
    • 揚げたい焼き屋に次ぐ全国2位の高収益。
    • 最初のサイコロで4を出せば購入可能。
  2. 元ネタは東京駅にあるとんかつまい泉。

びわゼリー屋[編集 | ソースを編集]

  1. 2010以前は長崎、2017以降は茂木に登場。
  2. 古くから高収益&臨時収入の優良物件だった。
    • 2017以降は特に顕著。1億円で100%が3つあり、独占もしやすいので。
    • 茂木を独占すると1年で元が取れる。やや行きにくいのが難点。

マツタケ料理屋[編集 | ソースを編集]

  1. 上田に登場。
  2. 1億円で100%とかなりの優良物件。3件もある。
    • ただし入りにくい。

マンゴーかき氷屋[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(Switch)で台北に登場。
  2. 1億円で300%という前代未聞の高収益。
    • タピオカ飲料屋(1000万円で300%)・ルーロー飯屋(5000万円で200%)も優秀。
    • ルーロー飯は台湾の家庭料理。

観光物件[編集 | ソースを編集]

イヨボヤ博物館[編集 | ソースを編集]

  1. 村上に登場。
  2. 令和では購入すると一定の確率で臨時収入が手に入る。

映画ランドジャパン[編集 | ソースを編集]

  1. 言うまでもなく元ネタはこれ
    • 長らく大阪の最高額物件となっていたが、「2017」以降は天保山に分離された。その影響で大阪の独占難易度が一気に下がった。
      • 「12」の西日本編においても「映画ランド」という物件駅が独立して存在していた。
  2. WORLD(Switch)の大阪でも「ユニバ・パーク」として登場する。
    • がしかし、価格は40億円しかない。

カナダタワー[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(Switch)でトロントに登場。元ネタはCNタワー。
  2. 5530億円の高額物件。収益は3%。
  3. USAでも「トロントタワー」として登場。日本円換算で35億円だが。
    • なおDS版ではトロントがそもそも登場していない(カードバンク駅)。

カナリヤシティ[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん元ネタはここ
    • 2017以前は博多、令和では中洲に登場。
    • その影響で黒田官兵衛が仲間にしやすくなった。
  2. X九州編では最高額物件(200億円)。

クマ牧場[編集 | ソースを編集]

  1. の!ぼ!り!べ!つ!といえば
  2. 初見で名前だけ見て農林だと思ってしまったのは多分俺だけかも。

サッカークラブ[編集 | ソースを編集]

  1. 世界版で登場。
    • イベントで臨時収入あり。
  2. ワールドではヨーロッパと中南米に6ヶ所ずつ計12件登場。

サミットホテル[編集 | ソースを編集]

  1. 洞爺湖に登場。元ネタは2008年主要国首脳会議会場のウィンザーホテル。
  2. 初出の「20周年」でも別にサミットカードがもらえるというわけではない。
  3. 当初は60億円、令和では700億円。

猿のぼるビル[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(Switch)でニューヨークに登場。元ネタはエンパイアステートビル。
    • 猿→キングコング→エンパイアステートビル
  2. 5410億円と世界屈指の高額物件。収益が1%しかないのが残念。

新国立競技場[編集 | ソースを編集]

  1. 千駄ヶ谷に登場。
  2. 元ネタはそのまんま五輪にちなんだ時事ネタ。
    • 価格は1490億円と史実通り。
    • 収益率は10%と優秀。

ジョン万記念館[編集 | ソースを編集]

  1. 土佐清水に登場。
  2. 令和では超重要物件。
    • 購入すると必ずリニア周遊カードが1枚もらえる。
    • 佐多の売り場でダビングが売っているので、リニア周遊を量産して売るのが吉。
      • 売値1枚5億円
      • 令和のダビングカードは4000万円で購入でき、ターン消費なし。
      • 10年トライアルでこの戦法を取る人が続出したため、買値が4億円以上に跳ね上がり再行動も不可になった。(いつもの桃鉄は対象外)
    • このせいで伊達政宗の影が薄くなった。
    • かなり行きにくいので、スペシャル必須。

水族館(大阪)[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタはここ。DX~12まで登場。
  2. 停まるたびにルーレットで収益率を決定していた。
    • 大当たりは80%ビッシー。ハズレはマイナスになる貧面魚。
  3. 2017以降は天保山に「ジンベイザメ水族館」として登場。

ちゅらら水族館[編集 | ソースを編集]

  1. 本部に登場。元ネタはここ
  2. 定期的に結構な臨時収入をもたらす。買っておいて損はない、
  3. 令和では那覇にも水族館が登場するが、別物である。
    • ただしWORLD(Switch)の那覇ではちゅららが登場。

超超高層ビル[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(Switch)でドバイに登場。元ネタはブルジュ・ハリファ。
  2. 8290億円と狂気の高額物件。ウルルを除くと最高額物件。
  3. DS版でも「ブルジョア・ドバイ」として登場。

東京セカイツリー[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん元ネタはこれ
    • 2017以降浅草に登場。
  2. 6340億円と日本屈指の高額物件でありながら、10%の収益率を誇る。
    • さらに初回購入時には謎の2倍効果が加わる。独占もできたら2536億円の収益。
    • 大きめの臨時収入も発生。
    • WORLD(Switch)では3%。この作品ではそれでも良い方に入る。

東京ネズミーランド[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタは言わずもがな
    • 後にネズミーシーも登場している。
    • USAではアナハイムに「ネズミーランド」が登場。
  2. 登場駅はなぜか幕張
    • 最近の作品では元ネタにより近い船橋も物件駅として登場しているが、そこには移動せず幕張のまま。
    • 携帯版の「TOKYO」ではちゃんと舞浜にあった。
  3. 桃鉄の中では(作品にもよるが)桃太郎ランドに次いで高額。
    • 11や12では幕張の独占額が岡山を上回っていた。
  4. 「令和」でネズミーシーと同額の「スタートトゥモロウ」が登場。幕張の独占難易度がさらに上がった。
  5. ビリオンロードでは「テーマパークリゾート」として浦安に登場。
    • 最高額物件だが、それでも1000億円しかない…。

ハウスヨーロッパ[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタはここ。佐世保に登場。
  2. 一時期佐世保の物件が1つだけになったことがあった。
  3. 規模の割に安すぎる気がする。

プロ野球チーム[編集 | ソースを編集]

  1. 桃鉄令和時点で、所沢および(西宮じゃないほうの)大阪を除く10球団が登場している。
  2. 一方サッカーチームは全国版では見かけない(サッカースタジアムであればさいたまなど一定数存在)。
    • その割には令和でJリーグとコラボしたが。
    • SFC時代に「クラブチームとスポンサー契約」という形式ではあった。
    • 「TOKYO」にはあったが、浦和横浜よりも発売当時はそこまで強くなかった川崎の扱いが良かった。
  3. 日本シリーズに進出すると毎回3対3で第7戦に突入する。
    • あわよくば9回引き分けで第8戦・第9戦に突入。
    • 令和版ではパワプロコラボにより解説者としてパワプロ君が登場した。
      • パワプロ風の画面まで登場。
  4. ライバルチームは「東京シタマチーズ」。
    • かつては「札幌ドサンコーズ」だった。
      • もっと昔は同じハドソンの「パワーリーグ」に出てきた「ヒュービーズ」の名称が使われていた記憶がある。
    • ちなみにUSAでは「ホノルルハワイアンズ」。
  5. 大阪は勝利時の収入が大きい。
    • SFC時代は収益がマイナスからのスタートだった。
  6. 横浜は社長の名前を元ネタ通りにすると勝率が上がる。
  7. ワールドではヒューストンに「アストロ球団」があったり、大阪とデトロイトの両方に「タイガー球団」があったり。
    • シアトルやシカゴは単に「メジャー球団」。

平城京ランド[編集 | ソースを編集]

  1. 半ば西日本編版「桃太郎ランド」。
  2. 当時あった奈良ドリームランドは「奈良夢ランド」という20億円の物件で登場。

桃太郎ランド[編集 | ソースを編集]

  1. 登場駅は岡山
  2. おそらく桃鉄を代表する物件。
    • どのシリーズでも最高額で、ゴールドカードなどの割引系は使用不可。
      • 唯一イトーヨーカードだけは使える。
      • 12西やDSなど登場しない作品もある。
      • 乗っ取り系も効かない。
  3. 購入すると収益率が(作品によって異なるが)2-5%アップし、カードももらえる。
    • 最も購入する頃にはほぼすべての物件を買っているはずだが。
  4. 作品によってはミニゲームの名称にも使われる。
  5. USAでは「ネズミーワールド」。
    • オーランドにある。ただし100億ドル(1000億円相当)と12の桃太郎ランド(3000億円)より安い。
  6. 2017では「桃太郎復興ランド」が登場した。
  7. ワールドではオーストラリアのウルルで資材を買い込む必要がある。

リゾートホテル(ハワイ→ホノルル)[編集 | ソースを編集]

  1. 南の島の最高額物件。
    • ただし2010のハワイでは「ショッピングモール」が1000億円で登場していた。
  2. 12では340億円と高額物件ながら、最大増資すると50%になってしまう。
    • 独占して2件とも最大増資すれば、毎年2040億円の収益をもたらす。この作品の桃太郎ランドは3000億円。
    • それ以降は平凡(安価物件は輝いているが)。

水産物件[編集 | ソースを編集]

  1. USAでは食品に統合され、代わりにチェーン店システムが導入された。

青のり漁[編集 | ソースを編集]

  1. 四万十川に登場。
  2. 古くから優良物件。
    • 12〜16では最大増資すると200%になり、独占もできれば6億円の収益(3.7億円の投資で)。
    • 増資廃止以降は100%で固定。

カニ漁船団[編集 | ソースを編集]

  1. 稚内や釧路に登場。
    • 16においては釧路の「タラバガニ漁船団」は超重要物件。所持していると北海道大移動イベント発生中に道内に出てくる名産怪獣タラバガーニが自分のターンだけ出現しなくなる。
  2. 12までは増資状況に関係なく毎年収益率がランダムで変動する物件だった。
    • 八戸のイカ釣り漁船団、女川のサンマ漁船団なども同様。

サンマ漁船団(女川)[編集 | ソースを編集]

  1. 12では超重要物件。
    • 13億円で収益?%が3件。変動の範囲は5%〜100%なので非常に優秀。
    • 40%と50%の確率が一番高い。

商業物件[編集 | ソースを編集]

あぶらとり紙屋[編集 | ソースを編集]

  1. 京都に登場。
  2. 古くから優良物件の一つ。
    • Xと15・16では最大増資で200%になる。ループを活用して早めに確保したい。
    • 2010以降は5億円と高額に。それでも収益は悪くない。

大手金融銀行[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(Switch)で北京に登場。
  2. 8200億円もの値段を誇る世界屈指の高額物件。
    • 五輪スタジアム(5500億円)や万里の長城(3100億円)もあり、独占金額は2兆円に迫る。
    • DS版では10億ちょっとで独占できたのに。

音楽配信会社[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(Switch)で広州に登場。元ネタはKuGou。
  2. 4950億円となかなかの高額物件。収益率は3%。
    • これでも北京の半分程度。

グルグル検索[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタはインターネットの王者。WORLD(Switch)でサンフランシスコに登場。
  2. 「IT長者を目指せ!」の対象物件であり、資産価値が10倍以上に成長する可能性あり。
    • ただし初期値は600億円で-10%。イベント発生まで大赤字に耐えなくてはならない。
    • パイナップルフリック動画社もイベント対象物件として登場。さすがシリコンバレー。

ジャングル通販[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタはネットショップの頂点。WORLD(Switch)でシアトルに登場。
  2. 「IT長者を目指せ!」の対象物件。初期値は150億円(-10%)とかなり安い。
  3. DS版では「ネット通販会社」「IT企業」として登場。
    • 前者は1400億円、後者は7000億円。かなりの凋落だ。

警備保障会社[編集 | ソースを編集]

  1. 原宿に登場。
  2. 購入すると定期的にパトカードが送られる。銀次対策として有効。

宅配便会社[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん元ネタはここ
  2. 100億円(2010)→7200億円(2017)。1作品で72倍に高騰。
    • そんな大企業ではないと思うが…。

探偵会社[編集 | ソースを編集]

  1. 16から原宿に登場する物件。
  2. 所持していると他のプレイヤーの会社情報や物件を覗ける。
    • 優先して抑えるべき物件の一つ。
  3. 「ワールド」ではロンドンに「ベイカー探偵社」として登場。
    • 名前からしてやはりこれが元ネタなのだろう。

で朝食を宝飾店[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(Switch)でニューヨークに登場。
  2. 無理矢理な名前だが元ネタは「ティファニーで朝食を」。
  3. 8億円で50%と狂気の収益率。

工業物件[編集 | ソースを編集]

IT企業[編集 | ソースを編集]

  1. 渋谷に3件登場。5億円で-10%(増資で+になる)。
  2. 購入してしばらくすると、ワクチンプログラムが開発されてウイルスの脅威がなくなる。
    • 他人の未増資物件を倍額で買収できたりもする。
    • 一方、不祥事が発覚して損害が起こることも。
  3. 桃鉄Gではなんとイベントで球団が買えた。
    • もちろん発売当時の球界再編問題が元ネタだろう。

隠し金山[編集 | ソースを編集]

  1. 佐渡甲府に登場。
  2. 普段はマイナス収益だが、たまに臨時収入イベントが発生する。

華道通信機器[編集 | ソースを編集]

  1. WORLD(Switch)で深圳に登場。元ネタはファーウェイだろうか?
  2. 5500億円の高額物件。収益は1%しかないが。

ゲーム開発会社[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん元ネタはここ
  2. 102億円で20%という屈指の優良物件。明らかに贔屓だろう。
    • もうちょっと高くていいような…。
    • ただし宅配便会社の存在があるため独占は厳しい。
  3. ちなみにタッグマッチだけはPSPで発売されたため、セラミック工場に変わっている。

自動車会社(横浜)[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん元ネタはこれ
  2. 2010では超重要物件。6000億円で3%と一見平凡そうだが…。
    • 購入してしばらくすると、タンス・ニ・ゴーン社長が登場し経営を立て直してくれる。その影響で収益率がバカみたいに上がる。
    • 最終的に6000億円で収益25%みたいな数値が出てくる。独占できればなおよし。
    • シンデレラやゴールドを使うなら絶対にココ。

自動車工場(名古屋→豊田)[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん元ネタはこれ。16以前は名古屋、2010以降は豊田に登場。
  2. 15・16では超重要物件。最大増資すれば20%になり、独占もできれば552億円の収益。
  3. 豊田に移った2010以降は影が薄い。
    • 令和で地味に値上げした。

新幹線車両工場[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタはJR東海の車両基地。浜松に登場。
  2. 購入すると定期的に急行系カードを差し入れてくれる。
    • 収益率も割と高い。

製薬会社(近江八幡)[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタは近江兄弟社
  2. 購入してしばらくすると、「デビキラー」が開発されてデビルの脅威がなくなる。
    • ただしラストデビルには効かない。
    • 鳴門の方を買っても何も起こらないので注意。
    • 北浜のあったらいいな製薬を買うと「ボムシュレッダー(時限爆弾を消滅)」が開発される。令和のみ。

電子マネー工場[編集 | ソースを編集]

  1. 登米に登場。
  2. 元ネタはデクセリアルズの工場。

ポニョソニック電機[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタはもちろんここ。門真に登場。
  2. 4000億円で10%とかなりの優良物件。
    • 関西でシンデレラを使うならベスト。
  3. WORLD(Switch)の大阪にも登場するが、お値段たったの16億円

農林物件[編集 | ソースを編集]

  1. 国の礎。
    • 借金になっても売却されることはない(番外編を除く)。
    • USAでは「合衆国の誇り」だったはず。
  2. ハリケーンボンビーを除けば「キングボンビーのメテオ(1分類全部捨て)」「政府による再開発で高額買取(1件)」「減反政策(カード)」くらいでしか捨てられない。
    • 物件を奪うにしても乗っ取りカードやのっとりクンでちまちま奪うほかない(16で「100倍乗っ取り」が実装され金に物言わせればやれるようになったが)。
    • メテオに関しても借金状態でなければ水産か工業がまず狙われる。

桜餅の葉っぱ園[編集 | ソースを編集]

  1. 2010以降松崎に登場。
  2. 農林にも関わらず収益80%と破格の物件。

水田[編集 | ソースを編集]

  1. 当たり前だが東北地方や新潟県に多い。
    • だが新潟駅に水田は存在しない。
      • 魚沼に移転した。
  2. V以前の作品では凶作の確率が高いので注意。
    • 割と大きな打撃を与えてくるので油断できない。
  3. ブランド米イベントは美味しい。魚沼や鶴岡はまとめ買いすると吉。

白桃園[編集 | ソースを編集]

  1. 岡山に登場。
  2. 4億円と高額だが、収益は高く臨時収入もあるので優秀。
  3. 桃太郎ランドを買ったのに、ここのせいで独占できないことが結構起こる。
    • 6000億円の増収がパーになる。

薬用人参畑[編集 | ソースを編集]

  1. 大根島に登場。
  2. 12の西日本編ではバランスブレイカー。
    • 1億円で5%と一見平凡そうだが、増資すると5%→80%→100%という恐ろしい成長を遂げる。
    • 独占し3件とも最大増資すれば、18億円の収益となる(10億円の投資で)。
    • おまけに農林オンリー駅のため、独占を崩されるリスクも低い。
      • 西日本編にはハリケーンボンビーが出ないのも大きい。
  3. 全国編でもそれなりの収益を誇る(3億円で15%)。

リンゴ園[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん青森県と長野県に多い。
    • しかし、令和で登場するのは余市・五所川原・長野だけ。
    • 青森駅にも弘前駅にも存在しない。
  2. 一部の作品ではドジラース注意。

鉄道[編集 | ソースを編集]

  1. 自分を含むプレイヤーが鉄道を通るたびに一定の通行料を決算時にもらえるシステム。
    • 九州編では門司鉄道省として門司港に、全国版では新橋に相当する駅に鉄道省という駅が設置され、そこで買うことができた。
    • 途中15で物件構成が大きく変化した。
      • 12以前は四国(四国路鉄道)を除けば路線ごとだったが、15以降は地域単位になった。
    • そして価格も1兆円単位にまでアップ。
  2. 他人の持っている鉄道は鉄道買収カードで吹っ掛けることで乗っ取ることが可能。
    • 16以降は(物件の100倍乗っ取りに対して)10倍乗っ取りで奪うことができる。
  3. 買った鉄道の色はプレイヤーの色になる。

四国路鉄道[編集 | ソースを編集]

  1. 唯一、前期と後期にまたがって存在した鉄道物件。
    • 12以前は「日本海鉄道(京都~日本海側筋に青森)」「大日本鉄道(東京~東海道筋に下関)」という感じで路線ごとに分かれていたが、ここのみ四国全域が対象エリアに。
    • 北海道と九州も同様では。
      • 忘れてましたorz。
  2. 12では5億円だったため、所持金5億円でスタートする風雲さくま城の最終戦では初手で1か6を出せれば購入することができた。
  3. 16で中国地方の「さんさん鉄道」と合併して「中国四国鉄道」となり消滅。

その他[編集 | ソースを編集]

本社ビル[編集 | ソースを編集]

  1. 収益は出さないが、何があっても奪われない。
  2. 物件を増築すると景品としてカードがもらえる。
  3. 最大で100階まで増築することが可能。
桃太郎電鉄
作品別PS2時代 携帯版物件
ファン 偽モノの特徴 ○○だったら ○○が追加されたら
カード移動系攻撃系損害系 | イベント | キャラクター | 物件駅
もしあの地域(都道府県別関東九州) | もしあの時代 | 鉄道が桃鉄化したら
もし北海道が四国の南に移動したら | もし本州が真っ二つに分かれたら
もし桃太郎ランドが実在していたら | ざんねんな桃太郎電鉄事典