桑名民主主義国

提供:chakuwiki
桑名民主主義
不明

国旗
国旗なし
未定

基本情報
略称 桑名
首都 桑名市
最大都市 桑名市
民族 日本人
元首 大統領
大統領 現在選挙中

→水谷元

公用語 日本語
通貨 桑名円(K¥)(日本円も通用する)
国内総生産(GDP) (計算中)
時間帯 JST±0
国歌 未定
国鳥 不明
国花 未定
国魚 未定
国是 未定
建国・独立 2041年(頃)
  • 三重県桑名市といなべ市、木曽岬町、東員町、朝日町が三重共和国から独立した国家。
  • 民主主義国である。

地理[編集 | ソースを編集]

  • 木曽三川の河口に位置する。
  • その地理的条件により、古くから東海道随一の宿場町として栄えた。

河川[編集 | ソースを編集]

  • 木曽川
    • 鍋田川
  • 長良川
    • 長島川
    • 新川
  • 揖斐川
    • 新堀川
    • 大山田川
    • 沢北川
    • 東川
    • 流石川
    • 三砂川
    • 新田川
    • 多度川
    • 肱江川
  • 員弁川(町屋川)
    • 三孤子川
    • 弁天川
    • 嘉例川
    • 笹貝川
    • 蓮花寺川

[編集 | ソースを編集]

  • 平群池(へぐりいけ)

[編集 | ソースを編集]

  • 養老山地
    • 藤原岳・竜ヶ岳
  • 多度山

産業[編集 | ソースを編集]

農林水産業[編集 | ソースを編集]

  • 干拓による農業と豊かな川と海での漁業が盛んである。

蛤(はまぐり)[編集 | ソースを編集]

  • 焼き蛤、時雨蛤、酒蒸しなどとして食され、「その手は桑名の焼き蛤」という言葉遊び(地口)があるほど全国的に有名である。
  • また、桑名産蛤の貝殻は色彩が美しいことでも有名で、貝合わせや貝絵や膏薬の容器のための加工用として珍重された。
  • 現在、日本で「蛤」の名称で流通、消費されているものの多くは、別種のシナ蛤である
    • が、桑名市は、蛤(本蛤、学名 Meretrix lusoria)が獲れる日本で数少ない漁場の一つとなっている
  • 主な漁場は木曽三川河口域で、淡水と海水が程よく混ざった汽水域になっており、蛤の生育に最適な、肥沃で広大な干潟が形成されている
  • この環境下で育った「桑名の蛤」は大型かつ美味上質となる。
    • 条件の良いものは生食(せいしょく)も可能となる。
  • 桑名産蛤が全国的に有名になったのは、桑名が交通の要衝であったことに加え、上記のように良質の蛤が採れたことが理由であると考えられている。
  • 遺跡(貝塚)の発掘調査で蛤の貝殻が出土している。
    • 古墳時代から鎌倉時代の頃には、現在の桑名市で蛤が食されていたことが確認されている。
    • 桑名の名産として全国的に認知されるようになったのは江戸時代頃からと考えられる。
    • 歴代の将軍に桑名産蛤を献上するのが慣例となっていた。
    • 江戸時代初期には、既に木曽三川河口域に漁村が存在した記録が残っている。
    • 当時の漁村の蛤漁は盛況で、蛤の貝殻で地面が厚く覆われるほどであった。


工業[編集 | ソースを編集]

鋳物[編集 | ソースを編集]

桑名の代表的な地場産業であり、「東の川口、西の桑名」と言われるほど有名である。

  • 桑名には80社ほどの鋳物工場があり、2000人以上が従事している。
  • 製品出荷額は約660億円で、全国でも有数の規模を誇っている。
  • 製造される鋳物製品は多種にわたっている。
    • 日用品
    • 土木建築用資材
    • マンホール
    • グレーチングなど
    • 産業機械器具部品
    • 電動機器部品
    • さらには梵鐘などの伝統的鋳物産業も健在
    • 梵鐘は海外に輸出されることもある
  • 地場産業としての鋳物が桑名で発達したのは明治時代以後
    • だが、桑名鋳物の歴史は古く、本多忠勝が桑名藩主となり鉄砲の鋳造をはじめたのが起源とされている。
    • 当時の製品は銅合金による神社仏閣の灯籠、梵鐘、鍋釜類、農具などが主な物であった。
    • 桑名の鋳物師(いもじ)としては廣瀬、辻内の両家が活躍した。
      • (鋳物師は朝廷の許可がなければ開業や家業継承ができなかったこともあり、当時、両家以外で桑名に鋳物師がいた記録はない。)

桑名萬古焼[編集 | ソースを編集]

  • 萬古焼の一種で、赤絵(赤い絵付け)を特徴とする。
  • 桑名萬古は質、量ともにの萬古焼における一つのブランドとして確立していった。

主な工場[編集 | ソースを編集]

  • 東芝三重工場
  • ADEKA三重工場
  • NTN精密樹脂
  • 東洋ゴム工業桑名工場
  • 杉山コンテック東員工場
  • テクマ東員工場
  • トヨタ車体いなべ工場
  • デンソー大安製作所
  • ニッセン大型商品配送センター
  • 太平洋セメント藤原工場
  • 昭和電線ケーブルシステム三重事業所
  • 住友金属鉱山伸銅三重工場
  • 神戸製鋼所大安工場
  • パロマ北勢工場

軍事[編集 | ソースを編集]

陸軍[編集 | ソースを編集]

  • 兵力は2000人
  • 志願兵制である。
  • 歩兵3:砲兵2:騎兵1:の割合である。

海軍[編集 | ソースを編集]

  • 河川用小型水雷艇2隻
  • 河川用小型強襲揚陸艇2隻
  • 小型巡洋艦1隻
  • 駆逐艦3隻
  • 潜水艦1隻

政治[編集 | ソースを編集]

  • 議会制民主主義制である。

政党[編集 | ソースを編集]

2大政党制である。

  • 桑名社会党
    • 革新的な現与党。
    • 議会の60%を占める。
  • 桑名共和党
    • 保守的な元与党。
    • 議会の40%を占める。

スポーツ[編集 | ソースを編集]

  • ナショナルチームとして桑名クラムズ(野球)と木曽岬ボルダーズ(サッカー)がありそれぞれ他のMIEAN各国のナショナルチームと試合をしている

交通[編集 | ソースを編集]

普通電車[編集 | ソースを編集]

海岸線[編集 | ソースを編集]
  • 駅 長島-桑名-朝日
多度線[編集 | ソースを編集]
  • 駅 桑名-播磨-下深谷-下野代-多度
北勢線[編集 | ソースを編集]
  • 駅 西桑名-馬道-西別所-蓮花寺-在良-星川-七和-穴太-東員-大泉-楚原-麻生田-阿下喜駅

路面電車[編集 | ソースを編集]

桑名電軌

  • またいずれの電停にも安全地帯はなく、道路から直接の乗降となっていた。
  1. 北線 桑名駅前 - 国道 - 車庫前 - 三崎橋 - 旭橋 - 田町 - 本町
    • 各電停の間隔は100 - 200メートル程度しかなかった。
  2. 南線
    • 国道 - 末広町 - 寿町 - 山本総合病院前 - 桑名市役所前 - 弐内立坂神社前 - 千代田町 - 掛樋 - 日進小学校前 - 東新町
  3. 東線
    • 国道 - 参宮町 - 大橋 - 福島 - 宮前町 - 尾弓田 - NTT - 桑名東インター入り口 - 桜木町 - 高砂町 - 川崎町 - 枇杷島台 - 南楽寺 - 近鉄こてこて帝国深谷駅国境
  4. 西線
    • 千代田町 - 三ツ矢橋 - 明正町 - 上野 - 稗田 - 蓮花寺 - 増田 - 在良 - 額田 - 坂井橋 - 星川 - 星見ヶ丘 - 野田 - 大山田 - 松ノ木 - 大山田第三公園 - 筒尾 - 藤が丘 - 新西坊 - 高塚町 - 北別所 - 神成町 - 東尾弓田 - 尾弓田
  5. 富田線
    • 千代田町 - 矢田町 - 八重垣 - 若宮町 - 日立金属桑名工場東 - 晴雲寺 - 安永 - 町屋橋 - 東芝四日市工場 - 縄生 - 小向 - 朝日 - 一色 - 川越 - 朝明橋 - この先四日市共和国