気仙沼線・大船渡線

提供:chakuwiki

東日本旅客鉄道 > 東日本旅客鉄道/東北地区 > 気仙沼線・大船渡線

気仙沼線の噂[編集 | ソースを編集]

  1. ほとんどが石巻線小牛田駅まで直通、中には仙台駅まで行く快速もある。
    • ↓の南三陸の事ね。
  2. 宮城県内にもかかわらず、盛岡支社管轄の駅もある。
    • 東北本線有壁みたい。
    • 大船渡線の中間駅の気仙沼だけならまだしも、わざわざ南気仙沼まではみ出している。だから「岩手県気仙沼市」なんて呼ばれるんだよ。
      • 実際は本吉まで管轄。ホリデーパスは気仙沼~南気仙沼までだが。
      • 気仙沼線が当初気仙沼‐本吉しか開通していなかった名残。気仙沼線全線開通してからも仙鉄局に移管しなかった理由は不明。ちなみに制振・免振ダンパー検査データ改竄の某社のリスト上では石巻市も岩手県入りしている。
    • 区間廃線で盛岡支社区間がバッサリ消えて全線仙台支社管轄になりましたとさ。
  3. Suicaが使える。でも石巻線前谷地駅は使えないので仙台駅から通しで使えない…。
  4. 鉄道だけ見たら柳津線だ。
    • 1968年~1977年は本当に柳津線だった。しかも区間も全く同じ。

前谷地 - 和渕 - のの岳 - 陸前豊里 - 御岳堂 - 柳津(以下BRT

大船渡線の噂[編集 | ソースを編集]

一ノ関駅で待機するキハ110系
  1. どうしてドラゴンレールなのかがよく分からないのだが。スーパードラゴンっていう快速まであるし。
    • 下を見ろ。
  2. 「我田引鉄」の典型。
    • 地図でみると路線がグネグネしてるものな。
    • 大阪の朝日放送の「探偵!ナイトスクープ」でグネグネ区間を走って列車に追いつけるかを実験する企画が行われ、探偵3人を投入、ヘリコプターが飛び、沿線住民が応援する大企画となった。
    • 国語辞典の「鍋弦線」(なべづるせん)の例に引用される。
      • 工事中に有力議員が強引にルートを曲げて自分の地元に摺沢(すりさわ)駅を作らせた。
      • 直後その議員は落選し、別の有力議員が同様の事をしてルートを再び曲げた。
  3. 埼京線の「浮間舟渡」を知っていると「おおふなどせん」って読みたくなるのは自分だけか?(正しくは「おおふなとせん」)
    • 逆に「うきまふな」と素で呼んでいた(宮古と気仙沼に親戚がいる、埼京線利用者)
      • 俺もだ(by盛岡支社管内在住者)。
  4. この路線を聞くと大船を思い浮かべる。(by神奈川県民)
  5. スーパードラゴンはJR東の時刻表で「Sド」って書いてある。逆に読まぬよう。
    • ちょっと話がそれるが、もし列車が山陰本線の「スーパーまつかぜ」だったら、×××に・・・
      • 「Sま」じゃないの?
      • 「SM」にはならんよw
  6. 大船渡線に対し、大船渡駅の隣駅の駅名を取った盛線がかつて存在したが、国鉄にあっさり捨てられた。
  7. ダイヤ改正毎に無人駅が増えており今では有人駅の方が珍しい。
    • ディーゼル車には珍しい後乗り前降りだ。
  8. 乗り遅れても列車がホームの範囲にいる時は止まって乗せてくれる。
    • 微妙にバックもOK。
  9. 終点は盛(さかり)駅。盛岡と紛らわしいので、駅の発車案内板も列車の行き先表示も「さかり」とひらがなで表記される。
    • 一ノ関駅では同じホームの両側から盛岡行きと盛行きが出るので両方漢字だと本気で紛らわしい。
    • 何かのビデオを見ていて、盛駅を「もりえき」と誤読していたものがあった。
  10. BRT化してから駅が幾つか増えている。
    • 道路上に作られているところもあるので、完全復旧時はどうするんだろうか。
    • そのまま断念…となってしまった模様。
  11. 気仙沼から陸前高田を直接つなぐBRTのルートは鉄道とは異なる。
  12. 復興としてポケモン列車が走るのはいいけど、何でここなんだろう。

一ノ関 - 真滝 - 陸中門崎 - 岩ノ下 - 陸中松川 - 猊鼻渓 - 柴宿 - 摺沢 - 千厩 - 小梨 - 矢越 - 折壁 - 新月 - 気仙沼(以下BRT

気仙沼線・大船渡線BRTの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 気仙沼線および大船渡線の柳津~気仙沼~盛の路盤をほとんど転用する形で、BRTとなった。
    • 旧志津川駅周辺・本吉~陸前階上間・鹿折唐桑~小友間で別ルートを通るものがある。
      • ほか、松岩~不動の沢間では一部バスが気仙沼市立病院を経由し、
  2. 法令上はバスに分類され、「駅」も停留所に分類される。
    • ただし、鉄道との接続駅で鉄道線に乗り継ぐ場合は、鉄道の旅客営業規則が適用される。
  3. これにより、三陸沿岸が鉄路でつながることは無くなってしまった。
    • しかし利便性は大きく増している。
  4. 大船渡線区間は、岩手県区間の陸前矢作から運行する路線も存在する。
    • 鹿折唐桑~上鹿折間は、系統分断の関係からミヤコーバスの路線のみ運行している。
  5. 鉄道駅を使う位置登録ゲームでは、作品によって対応が変わっている。
    • 駅メモの場合、震災後しばらくはBRT路線の駅が登録されていた。
      • しかし2020年に鉄道線が廃止されると、BRTの駅ともども廃駅扱いになった模様。
    • ちなみに駅奪取の場合はBRTの駅は登録されず、2020年の廃止と同時に盛駅の射程圏内になるとされていたが、ブームが去っていたのか情報不足。
  • 気仙沼線:前谷地 - 柳津 - 陸前横山 - 陸前戸倉 - 志津川 - 南三陸町役場・病院前 - 志津川中央団地 - 清水浜 - 歌津 - 陸前港 - 蔵内 - 陸前小泉 - 本吉 - 小金沢 - 大谷海岸 - 大谷まち - 陸前階上 - 最知 - 岩月 - 松岩 - (赤岩港 / 気仙沼市立病院) - 南気仙沼 - 不動の沢 - 東新城 - 気仙沼
    • 松岩~南気仙沼間は、専用道で赤岩港を経由する路線と、一般道で気仙沼市立病院を経由する路線に分かれる。
  • 大船渡線:気仙沼 - 内湾入口 (八日町) - 鹿折唐桑 - 八幡大橋(東陵高校) - 唐桑大沢 - 長部 - 陸前今泉 - 奇跡の一本松 - 陸前高田 - まちなか陸前高田 - 高田高校前 - 高田病院 - 脇ノ沢 - 西下 - 小友 - 碁石海岸口 - 細浦 - 大船渡丸森 - 下船渡 - 大船渡魚市場前 - 大船渡 - 地ノ森 - 田茂山 -
    • 上鹿折区間:鹿折唐桑 - 上鹿折
    • 陸前矢作系統:陸前矢作 - 竹駒 - 栃ヶ沢公園 - 陸前高田
  • 太字は鉄道線時代より鉄道駅として運営していた駅。
  • 快速は陸前今泉駅・高田高校前駅・高田病院駅を通過する。
  • まちなか陸前高田駅は2018年廃止。
東日本旅客鉄道

在来線 / 関東地区 千葉支社 | 動労千葉 | 東北地区 | 信越地区

新幹線 / 東北新幹線 | 上越新幹線 | 北陸新幹線 | 山形新幹線 | 秋田新幹線
車両形式別特急形) | 新幹線 | 従業員 | Suica | 車両基地
JRバス東北 | JRバス関東 | 偽モノ