河南省

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア東アジア中華人民共和国河南省

俄羅斯
新疆 外  蒙  古 黒竜江



内蒙古
西

寧夏
西
北京 遼寧

西
河北 天津

山東 黄河
江蘇 長江
四川 重慶 湖北 安徽 上海
雲南 貴州 湖南 江西 浙江
広西 広東 福建 琉球
澳門 香港
南沙 南海 海南

全般的見聞[編集 | ソースを編集]

  1. 少林寺がある。
    • 少林寺には武術学校が併設され、敷地内では稽古に励むジャージ姿の拳法家で溢れている。
    • 但し少林寺拳法の本部は日本にある。
  2. 洛陽には、世界遺産の龍門石窟がある。
  3. 中国古代文明発祥の地で時代の都・安陽、後漢時代からの都・洛陽、北宋時代の都・開封の三大古都を擁する、正真正銘の中華の地。
  4. 中国で「民度最低省」として認定。無駄に人口多い、人を見つければ金を吹っかけることしか考えない、などなど。
    • 現に、北京市では就職活動の際「河南省出身お断り」とかあるらしい。
    • 現に、広東省でも就職活動の際「河南省出身お断り」とかあるらしい。
    • 中国で北にも南にも東にも属せず疎外されやすいらしい。
  5. 開封にはユダヤ人の末裔がいるらしい。
  6. 別に大阪の河南町とは何の関係もない。
    • 中国の方は黄河の南、大阪の方は河内の南でスケールがまるで違う。
  7. 中国でもトップクラスの農業地域。
    • それでも人口が1億近くあるため食料の自給はできない。
  8. 黄河と淮河という2本の大河が流れるため水害が多かった。
    • 毛沢東が「黄河の状況を良くしろ」「必ず淮河を治めろ」と発破をかけまくり何とかなったらしい。(文革中の地図帳による)
  9. 中国最後の人民公社である南街村がある。
    • 改革開放前を偲ばせるようなレトロな側面とともにインスタントラーメンの製造でも知られる。

城市的見聞[編集 | ソースを編集]

鄭州[編集 | ソースを編集]

  1. 河南省都。の時代からの歴史を誇るが、今のように繁栄しだしたのは20世紀。
    • 鉄道の要衝となり、中共政府樹立後に洛陽に代わり河南省都となった。
    • 今では航空の要衝にもなり欧米への便もある。
  2. 少林寺拳法発祥の地。
  3. さいたま市とは旧浦和市からの姉妹都市関係。
  4. かつて鉄道労働者が起こしたストライキ(1923年2月7日弾圧)にちなむ「二七区」がある。
  5. 唐代の高名な詩人である杜甫と白居易のふるさと。

開封[編集 | ソースを編集]

  1. 袋や郵便物を開く。
  2. 北宋時代の首都。
    • このため、北宋時代にここが「東京」を名乗っていた。
    • 東京遷都さえなければ、ここが中華民国時代に「東京」を名乗っていた可能性はある。
    • 当時は世界最大の都市だったらしい。
  3. 鉄塔など往時の繁栄を偲ばせる建築物が残っているが世界遺産にはなっていない。