海外のサッカークラブ

提供:chakuwiki

新規追加は大陸ごとの五十音順で(現存しないクラブは一番後ろに)。分割する際のページ名は「その国のサッカーリーグ(1部リーグ)名」で。

分割済み[編集 | ソースを編集]

アジア[編集 | ソースを編集]

アラブ首長国連邦[編集 | ソースを編集]

アル・アインFC
  1. アブダビ首長国の東端にあるアル・アインをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 1部リーグに相当するアラビアン・ガルフ・リーグでは最多の優勝回数を誇る。
  3. 一時期中島翔哉と塩谷司が在籍していた。
アル・ナスルSC
  1. ドバイをホームタウンとするサッカークラブ。愛称はブルーウェーブ。
  2. 一時期森本貴幸が在籍していた。
  3. 2023年にはなんとあのクリスティアーノ・ロナウドが加入した。

イラン[編集 | ソースを編集]

フーラッド・モバラケ・セパハンFC
  1. エスファハーンをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 2007年のACLでは決勝まで進出したが浦和レッズに敗れ準優勝。

オーストラリア[編集 | ソースを編集]

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC
  1. シドニー郊外のパラマタをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. Aリーグを脱退したゴールドコースト・ユナイテッドFCに代わる新しいクラブとして2012年に創設。
    • クラブが創設された2012年から2014年まで小野伸二が在籍していた。
シドニーFC
  1. シドニーをホームタウンとするサッカークラブ。愛称はスカイブルース。
  2. 初代監督は元市原のリトバルスキー。
    • 選手として三浦知良も在籍していた。
パース・グローリーFC
  1. オーストラリア西部の都市・パースをホームタウンとするサッカークラブ。
    • Aリーグの他のクラブとは地理的に離れており、一番近いアデレード・ユナイテッドでも2000km以上の距離がある。
  2. 太田宏介が在籍しているクラブ。
ブリスベン・ロアーFC
  1. オーストラリア北東の都市・ブリスベンをホームタウンとするサッカークラブ。
    • クラブカラーはオレンジと黒。
  2. 一時期工藤壮人、檀崎竜孔が在籍していた。
メルボルン・ビクトリーFC
  1. オーストラリアの首都・メルボルンをホームタウンとするサッカークラブ。
    • チームカラーは紺、灰、白の三色。
  2. 一時期本田圭佑が在籍していた。
  3. オーストラリアのクラブとしては最多のACL出場記録を持っている。

カタール[編集 | ソースを編集]

アル・ドゥハイルSC
  1. 1938年にアル・ショルタ・ドーハとして創設。レフウィヤSCを経て2017年から現在のクラブ名に。
    • 前身は警察のサッカークラブ。
  2. オイルマネーでレイソルからオルンガを引き抜いた。
アル・サッドSC
  1. ドーハの学生を中心に1969年創設。クラブカラーは白と黒。
  2. 過去にはロマーリオ、ラウール、シャビといったスター選手が在籍していた。

韓国[編集 | ソースを編集]

Kリーグ

シンガポール[編集 | ソースを編集]

アルビレックス新潟シンガポール
  1. チーム名の通りアルビレックス新潟の下部組織。
  2. 選手はアルビやJAPANサッカーカレッジの在学生や卒業生、シンガポール人選手を中心に構成される。

タイ[編集 | ソースを編集]

BGパトゥム・ユナイテッドFC
  1. タイ中部の県・パトゥムターニー県タンヤブリー郡をホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 2006年に「バンコク・グラスFC」として創設。現在のクラブ名になったのは2019年から。
  3. セレッソと提携関係を結んでいる。2014年には茂庭照幸が1年だけ在籍していた。
チョンブリーFC
  1. タイ中部の県・チョンブリー県をホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 一時期ヴィッセルと提携関係を結んでおり、その縁でヴィッセルの監督だった和田昌裕が1年だけ指揮を執ったことがある。
バンコク・ユナイテッドFC
  1. タイ中部の県・パトゥムターニー県をホームタウンとするサッカークラブ。
  2. バンコク大学の学生チームとして1988年創設。現在のクラブ名になったのは2009年から。
  3. 一時期ハーフナーマイクや細貝萌らが在籍していた。
  4. FC東京と提携関係を結んでいる。
ポリス・テロFC
  1. バンコクをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. サッカースクールのチームを母体に1992年創設。現在のクラブ名になったのは2018年から。
  3. 「タイのメッシ」と呼ばれるチャナティップはこのクラブ出身。
  4. 日本人では財前宣之や岩政大樹らが一時期在籍していた。
  5. エスパルスと提携関係を結んでいる。

中国[編集 | ソースを編集]

広州足球倶楽部
  1. 広州をホームタウンとするサッカークラブ。2020年までのクラブ名は「広州恒大」。
  2. 恒大グループとアリババグループの資金力で、一気にビッグクラブに成長。
  3. 一時期スコラーリ(2002年W杯優勝監督)やリッピ(2006年W杯優勝監督)が監督を務めていた。
広州城足球倶楽部
  1. 広州をホームタウンとするもう一つのサッカークラブ。2020年までのクラブ名は「広州富力」。
  2. 一時期ストイコビッチが監督を務めていた。
浙江職業足球倶楽部
  • 旧称:杭州緑城足球倶楽部
  1. 杭州をホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 一時期大黒将志が在籍していた。
  3. 岡田武史やトルシエといった元日本代表監督が監督を務めていたこともある。
深圳市足球倶楽部
  1. 深圳をホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 一時期巻誠一郎が在籍していた。
  3. 元日本代表監督のトルシエが監督を務めていたこともある。
北京中赫国安足球倶楽部
  1. 北京をホームタウンとするサッカークラブ。前身は北京足球隊。
  2. 一時期ザッケローニが監督を務めていた。
山東泰山足球倶楽部
  1. 山東省済南市をホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 愛称はオレンジファイヤー。スローガンは「文化足球、百年魯能」。
  3. ジュビロとクラブ間交流を行っているらしい。

香港[編集 | ソースを編集]

東方足球隊
  1. チームカラーは青。前身はビル業者のサッカー愛好会。
  2. 一部メディアで日本人初のプロサッカー選手とも紹介される佐田繁理(さだまさしの弟)が在籍していたチーム。
夢想駿其足球會
  1. 四海体育会として2008年に創設。チームカラーは紫。
  2. 一時期横浜FCがクラブの運営権を取得しており、「横浜FC香港」というクラブ名だった時期もある。

南米[編集 | ソースを編集]

アルゼンチン[編集 | ソースを編集]

CAリーベル・プレート
  1. ブエノスアイレスのヌニェス地区をホームタウンとするサッカークラブ。
  2. ボカ・ジュニアーズとの対戦は「スーペルクラシコ」と呼ばれている。
  3. 2011年に初の2部リーグ降格を経験したが、1年で1部リーグに復帰している。
ボカ・ジュニアーズ
  1. ブエノスアイレスのラ・ボカ地区をホームタウンとするサッカークラブ。
  2. リーベル・プレートとの対戦は「スーペルクラシコ」と呼ばれている。
  3. 一時期高原直泰が在籍していた。
ラシン・クラブ
  1. アベジャネーダをホームタウンとするサッカークラブ。愛称は学院を意味する「ラ・アカデミア」。
  2. 1部リーグであるプリメーラ・ディビシオンではプロ化以降10回優勝している。

コロンビア[編集 | ソースを編集]

アトレティコ・ナシオナル
  1. コロンビア第二の都市・メデジンを本拠地とするクラブ。
  2. 1948年のプロリーグ発足以来、1部から降格したことがない3つのクラブのうちの1つ。
  3. 背番号2(アンドレス・エスコバル)が永久欠番になっている。

パラグアイ[編集 | ソースを編集]

クラブ・グアラニー
  1. アスンシオン郊外のドス・ボカス地区をホームタウンとするサッカークラブ。
  2. パラグアイで2番目に歴史のあるクラブ。
  3. 一時期福田健二が在籍していた。
スポルティボ・ルケーニョ
  1. パラグアイの中部の都市・ルケをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 一時期武田修宏や森本貴幸が在籍していた。

ブラジル[編集 | ソースを編集]

SCインテルナシオナル
  1. ポルト・アレグレをホームタウンとするもう一つのサッカークラブ。
    • グレミオとはライバル関係。
  2. ここの応援歌を日本語訳した人がいるらしい。
グレミオFBPA
  1. ポルト・アレグレをホームタウンとするサッカークラブ。
    • インテルナシオナルとはライバル関係。
  2. 1997年から2000年まで川崎フロンターレと業務提携を結んでいた。フロンターレのチームカラーが水色と黒なのはその名残。
SCコリンチャンス・パウリスタ
  1. サンパウロをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. SEパルメイラス、サンパウロFC、サントスFCとはホームタウンが同じという事もあり、サンパウロ州のBIG4と呼ばれている。
  3. 一時期セルジオ越後が在籍していたらしい。
  4. クラブ・ワールドカップ初代優勝クラブ。
  5. 2022年、「これがコリンチャンスです。」と日本語で書かれた3rdユニフォームが話題に。
サンパウロFC
  1. サンパウロBIG4の1つ。
  2. 大空翼が在籍していたことでも有名。
SEパルメイラス
  1. サンパウロをホームタウンとするもう一つのサッカークラブ。
    • 愛称は「アウヴィヴェルジ」。サポーターは「パルメイレンセ」と呼ばれる。
  2. 一時期三浦知良が在籍していた。
CRフラメンゴ
  1. リオデジャネイロをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. ブラジルで赤黒といえばここ。
サントスFC
  1. サンパウロ州サントスをホームタウンとするクラブ。
  2. ペレやネイマールも最初はここ所属だった。
  3. 日本人選手では三浦知良や前園真聖が一時期在籍していたことがある。
  4. 下部リーグへの降格を一度も経験していなかったが、2023年のセリエAで17位に終わり初のセリエB降格となってしまった。

北中米カリブ海[編集 | ソースを編集]

アメリカ[編集 | ソースを編集]

メジャーリーグサッカー(MLS)の噂
  1. 1994年のサッカーワールドカップから2年後の1996年に創設。
  2. ドラフト会議や特別指定選手制度が導入されている。
  3. 北米4大プロスポーツリーグ(MLBNBANFLNHL)の次に人気のあるプロスポーツリーグとされる。
    • 一部ではNHLより人気があるという意見もあるらしい。
ロサンゼルス・ギャラクシー
  1. チーム名の「ギャラクシー」の由来はロスに多くのハリウッド「スター」が集まっているから。
  2. 一時期ベッカムやイブラヒモビッチが在籍していた。
  3. 下記のロサンゼルスFCとの試合は「エル・トラフィコ」と呼ばれる。
  4. 2023年から吉田麻也が加入。
クラブ・デポルティボ・チーヴァス・USA
  1. ロサンゼルスの郊外・カーソンをホームタウンとしていたサッカークラブ。
  2. 2014年に加地亮が在籍していたが、その年のシーズン終了後に解散となってしまった…。
タンパベイ・ローディーズ
  1. フロリダ州セントピーターズバーグをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 2008年に創設。1975年から1993年まで活動していた同名のクラブが前身となっている。
    • 但しライセンスの関係上、2011年12月までは「FCタンパベイ」というクラブ名で活動していた。
  3. 日本人選手では吉武剛と山田卓也が在籍していた経験がある。
ポートランド・ティンバーズ
  1. 前身は1975年から1982年までNASLで活動していた同名のクラブ。
  2. 3部リーグ(日本だとJ3に該当する)のUSL1部に所属していたが、MLSのリーグ拡大に伴い2011年からMLSに参入。
  3. 鈴木隆行や西村卓朗が在籍していた経験がある。
FCシンシナティ
  1. 2015年に創設。3年後の2018年からMLSに参入した。
  2. 久保裕也が在籍しているチームでもある。
ヒューストン・ダイナモ
  1. サンノゼ・アースクエイクスがヒューストンに移転して新たに発足したサッカークラブ。
  2. 「ダイナモ」というクラブ名が決まるまでにかなりの紆余曲折を経た。
ニューヨーク・シティFC
  1. マンチェスター・シティFCヤンキースが共同出資して創設されたクラブ。
  2. 専用スタジアムが開場するまではヤンキー・スタジアムを仮本拠地として使用。
ロサンゼルスFC
  1. 2014年創設。2018年からMLSに参入し、翌2019年には早くもレギュラーシーズン1位に。
  2. 上記のロサンゼルス・ギャラクシーとの試合は「エル・トラフィコ」と呼ばれる。
  3. 最近になってキエッリーニがユヴェントスから移籍してきた。
ニューイングランド・レボリューション
  1. MLSが発足した1996年から参加しているクラブの一つ。
  2. MLSカップでは過去5回も準優勝を経験している。
  3. 一時期小林大悟が在籍していた。
コロラド・ラピッズ
  1. MLSが発足した1996年から参加しているクラブの一つ。
  2. 唯一のタイトルは2010年のMLSカップ優勝。
  3. 日本人初のMLSプレイヤーである木村光佑が最初に在籍していたのはこのクラブ。
シアトル・サウンダーズFC
  1. 過去に北米サッカーリーグ(NASL)・ユナイテッドサッカーリーグ(USL)に存在した「シアトル・サウンダーズ」をほぼ引き継ぐ形で2007年に創設。
  2. 2022年の北米王者でもある。
インテル・マイアミCF
  1. マイアミをホームタウンとするサッカークラブ。2018年からMLSに参入。
  2. 共同オーナーにデヴィッド・ベッカムが名を連ねている。
  3. 2023年にメッシが入団したことで話題になった。
レアル・ソルトレイク
  1. ソルトレイクシティホームタウンとするクラブ。2005年からMLSに参入した。
  2. クラブ名の「レアル」はレアル・マドリードを意識したものらしい。

メキシコ[編集 | ソースを編集]

CFパチューカ
  1. メキシコ中央部の州・イダルゴ州の州都パチューカをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. クラブ創設は1901年とメキシコ最古の歴史を誇る。
  3. 一時期福田健二や本田圭佑が在籍していた。
クラブ・アメリカ
  1. メキシコの首都・メキシコシティをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 下記のCDグアダラハラが最大のライバルチームであり、両チームの対戦は「クラシコ・デ・クラシコス」と呼ばれる。
  3. メキシコで最も人気のあるクラブらしい。
CDグアダラハラ
  1. メキシコ中部・ハリスコ州の州都のグアダラハラをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 上記のクラブ・アメリカが最大のライバルチームであり、両チームの対戦は「クラシコ・デ・クラシコス」と呼ばれる。
アトレティコ・サン・ルイス
  1. サン・ルイス・ポトシをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. アトレティコ・マドリードがクラブの半分の運営権を取得している。

オセアニア[編集 | ソースを編集]

ニュージーランド[編集 | ソースを編集]

オークランド・シティFC
  1. オセアニア各地のサッカーリーグ再編の中で2004年に創設したサッカークラブ。
  2. クラブワールドカップにはオセアニア代表としてよく出場する。
  3. 一時期岩本輝雄が在籍していた。
ワイタケレ・ユナイテッド
  1. ニュージーランド北島のワイタケレをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. 2007年と2008年にはクラブワールドカップにも出場。
  3. 過去には日本人選手も数人在籍していた。

アフリカ[編集 | ソースを編集]

エジプト[編集 | ソースを編集]

アル・アハリ
  1. 首都カイロをホームタウンとするサッカークラブ。
  2. アフリカ屈指の強豪クラブであり、クラブの会員数はカイロだけで4万5000人を超えるらしい。