神奈川の経済

提供:chakuwiki

神奈川 > 神奈川の経済

神奈川の経済[編集 | ソースを編集]

  1. 横浜市は神奈川県の半分程度しか人口がないがそれぞれの予算額はたいして差がない。
    • そのため二重行政の弊害(同一地区に同じ趣旨の施設を設置するなど)が多く、多摩田園都市住民や相模原市民などからの批判が多い。
    • 反対だったら良かったのに・・・。
  2. なぜダイクマの話題がない!?かつては休日のショッピングの定番スポットだったのに、いつの間にか店舗数縮小&ヤマダ電機傘下となってしまった。
    • 自称神奈川県民で、「♪ダイナミック・ダイクマ」を知らない奴はモグリ。
      • しかし、ヤマダのせいですでにダイクマの存在そのものが・・・。
        • 地味に茅ヶ崎とかだと生き残ってたりする。・・・半分だけだけど。
          • イトーヨーカドーの子会社だった頃は、フレスポ茅ヶ崎辺りがダイクマ第二駐車場でシャトルバスが出てた。
  3. クリエイトSDがドラッグストア売り上げナンバー1。ちなみにマスコットはカバ。
    • ハックドラッグがそれを追う。
  4. 京浜急行の主要駅のほとんどに崎陽軒がある 誰が何のために利用するのか....
    • 買ってる人を結構見かける。純粋に持ち帰って食べるのか、手土産にするのか。
    • 横須賀線の停車駅のほとんどにもある。
  5. コンビニと言えば「スリーエフ」だと思っている。
    • んなことはない。神奈川でもスリーエフはマイナー。
    • でも、神奈川と多摩の一部以外にこのコンビニが存在しないのも事実。
      • 埼玉県にもありました。JR大宮駅の西のほう。
    • ってか、マイナーどころか結構見掛けるよね、スリーエフ。
    • 横浜駅から一番近いのもこれだな。
      • 違います
      • 確かに一番じゃないけど、西口を出て左へ行く道(岡野方面)へまっすぐ行くとスリーエフを2度見ることが出来る。
    • コンビニといえばセブンでしょ?
    • 四国でも、まあ、BICの方、此処ではセブン以上のこと間違いなし。
    • 県内に限れば、セブンの次か?ローソンより上
    • 東側(特に横浜周辺)はスリーエフ、西側はサークルケーが強そう。
  6. 神奈川建設十社がここ数年で、初期と比べてかなり変わってしまった
    • 今や「神奈川建設四社」・・・。
  7. 神奈川の企業・・・横浜銀行・FMヨコハマtvk(ヨコハマ解放区)・・・。神奈川には横浜しか存在しないらしい。
    • だが神奈川銀行もある。
  8. 生協(コープかながわ)の店舗をあちこちでよく見かける。
    • 関東ではもっとも先進的な生協として名をはせており、とくに家計簿運動はこの生協生まれなのが自慢だ。
      • コープかながわも山梨と一緒になってユーコープになっちゃった。
  9. 有隣堂は全国区だと思っている
    • えっ、違うの!?
      • 店舗のほとんどが神奈川県内に存在。東京都心にも進出しているが全国区とは程遠い。
    • マジかよ!!
    • 知名度はともかくとして、専門書からマンガまで、品揃えの幅広さときめ細かさ、はては新書や文庫に好きな色(11色+他の書籍にもかけるカバー)のブックカバーをかけてくれるところは全国区の書店顔負けだと思う。(元横浜市民)
    • 大学に入学して本屋トークするまでメジャーだと信じていた。そして「ジュンク堂ってなに?」と質問したときの周りの冷ややかさが忘れられない。
  10. サカタのタネもこの県内に本社があるのを忘れないで……。
    • 「元旦って、(社長→)会長の名前です。」と言って、「♪チャラララララ~ン、元旦っ!」とCMする会社が藤沢にある。
  11. ホープはデパートなどの屋上遊園地に置いてあったコイン遊具を製造していた。
    • 以前はオート三輪などの自動車業界であった。
    • 90年代前半までのキッズライドは丸い大きなスピーカーを搭載していたが後に小型化された。
    • コインを入れると「こんにちは。こんにちは。」(物によっては「発車します。発車します。」)と始まりの挨拶を、動きが終わると「バイバイ、またね。バイバイ、またね。」とお別れの挨拶をする。

企業別[編集 | ソースを編集]

製造業[編集 | ソースを編集]

アツギ[編集 | ソースを編集]

  1. 社名はアツギなのに、会社があるのは海老名というややこしい会社。
  2. 婦人下着の会社として、よく知られている上場企業。
  3. いちばん有名なブランドはミラキャラット。

アマダ[編集 | ソースを編集]

  1. 板金加工用の機械のメーカー。
    • ここの製品を一般個人が普通に暮らしていてみることはまずないからか、会社のホームページにここにアマダとかいうページを設けて、色んなところで使われていることをアピールしているが……
  2. JPX日経400採用銘柄の一つ。

アンリツ[編集 | ソースを編集]

  1. 計測器のメーカー。
  2. ネット回線とか通信端末の接続速度なんかを計測する機械を作っている。
  3. 一時期、NECの持分法適用会社だった時代があった。

イリソ電子工業[編集 | ソースを編集]

  1. コネクタ製造の大手。
  2. 高耐熱なものから高速伝送ができるもの、振動に強いものまで、色々と作っている。
  3. 自動車等採用の製品が中心。
  4. 日経カップ企業対抗ゴルフ選手権で、毎年結構良いスコアを叩き出す。優勝・準優勝をすることも多い。
  5. 2030年までに売上高1,000億円という目標を掲げているが……

オーイズミ[編集 | ソースを編集]

  1. 大手パチスロメーカーの1つ。
    • 実はパチスロメーカーとしては後発で21世紀になってから。元々はパチンコ屋の玉貸機とかメダルの計数機等を作っていた。
    • 東証プライム上場企業。
  2. 会長が黒岩知事とズブズブ。
    • オーイズミが一枚噛んでいる病院設立計画で、認可を巡って行政側からの利益誘導があったとかなかったとか。
  3. 子会社に「くいもの屋 わん」や「月あかり」などの飲食店を運営している会社がある。
    • 西武ドーム東京ドームなどにも広告を出していたことがあったが、パチンコではなく飲食店を前面に出していた。

オウルテック[編集 | ソースを編集]

  1. スマホのアクセサリーパーツとかを作っている会社。
  2. KPro01というイヤホンが最近のヒット商品。

小田原機器[編集 | ソースを編集]

  1. バスヲタならご存じ、運賃箱や整理券発行機などのバス関連機器を製造する会社。
  2. ライバルはレシップ。特に運賃箱を巡るシェア争いは熾烈。

京三製作所[編集 | ソースを編集]

  1. 横浜工場と大阪工場では丸形灯器の錆び具合が異なる。
    • 横浜工場の方が錆が酷い事が多い。
  2. ここの古灯器である宇宙人は信号ファンには有名。
    • 宇宙人の他にアルミ灯器はホームベース、蒲鉾、オマルなどの愛称がある。
  3. 北海道や静岡などの一部地域では基本的にブツブツレンズを使用せずアルミになってもレモンレンズを使用している場所が多い。
  4. 設置傾向として神奈川、愛知、大阪、岡山などの大都市や新潟、富山、福井などの雪国に設置される傾向が多い。
  5. 2017年以降に登場した低コスト灯器はコイトや日本信号と異なり電材のOEMがメインとなっている。

日揮ホールディングス[編集 | ソースを編集]

  1. 日本のプラントエンジニアリングにおける最大手。
  2. 東洋エンジニアリングや千代田化工建設とともにエンジニアリング御三家と呼ばれる。
  3. もともとの名前は「日本揮発油」だった。
    • そのため特に石油関係のプラントに強い。
  4. 2013年のアルジェリア人質事件では日揮の幹部や派遣社員が多数被害に巻き込まれてしまった。

日本発条[編集 | ソースを編集]

  1. 公式略称はNHK
    • 通称はニッパツ。
  2. 懸架ばねといえばニッパツ。
    • 自動車用の懸架ばねに関していえば、世界シェアトップ。
  3. 車の内装品も作っている。座席シートとか。
  4. 三ツ沢公園球技場のネーミングライツを2008年から取得している。

日本理化学工業[編集 | ソースを編集]

  1. なんと言っても「ダストレスチョーク」。
    • 他に黒板消しなども作っている。
  2. 昔から知的障がい者の雇用に積極的なことで有名で、従業員の7割ほどを知的障がい者で占めている。

丸八ホールディングス[編集 | ソースを編集]

  1. 寝具でお馴染み『丸八真綿』の持株会社。
  2. 古い方なら、未だに高見山大五郎のイメージが強いか?
    • 『二倍!二倍!』のセリフで一世を風靡。

メイコー[編集 | ソースを編集]

  1. スマホとかの中に入っているプリント基板の製造大手。
    • 設計もやっている。
  2. 工場は東北に多いイメージが有る。
  3. 福島工場の跡地でメガソーラー発電所を開設し、新電力に参入した。

レーザーテック[編集 | ソースを編集]

  1. 半導体関連装置の会社。
  2. 売上高の10%を開発に回す姿勢で有名。
  3. マスク検査装置とかも開発したりしている。
  4. インテル製品にはここの製品が入っている。(全部ではないけど)
    • インテルのサプライチェーンのなかで、優秀な技術・製品を開発している企業に送られるEPIC Distinguished Supplier賞を何度か受賞している。

食品メーカー[編集 | ソースを編集]

エバラ食品工業[編集 | ソースを編集]

  1. 社名に似合わず品川区荏原を捨てて神奈川へやってきた。
  2. ♪エバラ焼肉のタレ 黄金の味
    これで有名。
    • 他にも作っているんだけど、なにを作っているかはしらぬ。

亀屋万年堂[編集 | ソースを編集]

  1. ナボナで有名。
    • 東京土産のように思われがちだが、実は本社機能は横浜の工場にある。
      • ちなみに、自由が丘にあるのは総本店。
  2. 世界の王貞治を長年CMキャラクターに起用している事で知られている。
    • 「ナボナは、お菓子のホームラン王です。」のコピーは、あまりにも有名。
  3. ここの会長が、巨人軍のOBということでも知られている。
  4. かつて、鶴屋千年堂という姉妹店もあった。
  5. 今は、シャトレーゼグループの傘下に入っている。

鈴廣[編集 | ソースを編集]

  1. 小田原かまぼこの代表的なメーカー。
    • 小田原市民にとって鈴廣といえばかまぼこ。かまぼこといえば鈴廣。
  2. 箱根登山鉄道風祭駅の駅前に「鈴廣かまぼこの里」の名で「かまぼこ博物館」や販売店などを集めた一大施設を構えている。
    • 鈴廣かまぼこの里は箱根駅伝の際、小田原中継所に使われる。

蔦金商店[編集 | ソースを編集]

  1. 一部ではものすごく有名な海苔メーカー。

小売業・飲食店[編集 | ソースを編集]

オーケー[編集 | ソースを編集]

  1. 国道16号より内側のエリアで勢力を伸ばしつつあるスーパー。
    • 「ウォルマートに勝利したスーパー」と一部で持て囃されている。
    • ウォルマートの日本部門が西友ではね…。イオンなどにも太刀打ち出来てる点を評価しているのだとしても。
  2. H20関西スーパーの買収合戦をしたが敗北。結局直接関西に進出することに。
  3. 実はかつて仙台にもあった。
  4. 品揃えを絞る事によって大量仕入れ大幅値引きを実現している。
    • 結構見積もりラインが厳しいようで、サッカー台近くの「お客様の声」の中で「仕入れ値の関係で出来ません」「売上予測が立たないので入荷しません」という返答が多い。
  5. とうとう銀座にまで進出。
  6. 会員になると3%(厳密には「3/103」)割引(現金のみ)。

クリエイトSDホールディングス[編集 | ソースを編集]

  1. 関東と東海にだけ存在する薬局チェーン。
    • 関東のうち栃木にだけない。
  2. そこまで大きい会社ではないが、一応独立系。ただし、どっかと組むのも時間の問題。
  3. 実は川崎のマチュピチュこと麻生区と多摩区でスーパーをやっている。(ゆりストア)

コナカ[編集 | ソースを編集]

  1. 『紳士服のコナカ』の運営会社。
  2. 松平健のCMと独特のサウンドロゴでもお馴染み。
  3. あまり知られていないが、漫画喫茶の自遊空間や定食の半田屋は、ここの子会社が運営している。

ユーコープ[編集 | ソースを編集]

  1. 横浜市に本部を置く生協
  2. 2013年に、コープかながわ(神奈川県)・コープしずおか(静岡県)・市民生協やまなし(山梨県)の3つの生協が組織合同(合併)して、一つの生協となることで発足。

富士達[編集 | ソースを編集]

  1. 「七輪焼肉 安安」の運営会社。
  2. 東日本の店舗はたまにアニメとのコラボをやっている。おそらく焼肉店チェーンでは一番積極的と思われる。
  3. 店舗は関東の他に北海道・愛知・大阪・沖縄のみ。
    • 何故か中四国や九州をすっ飛ばして沖縄に出店している。

ロピア[編集 | ソースを編集]

  1. お値段以上どころかお値段異常という価格設定でものを売っている激安スーパー。
    • 西のサンディ、東のロピアと呼ばれている。
  2. 社長の嫁がカトパン。
  3. OKストアがライバル心をメラメラと燃やしている相手。
    • ロピアの関西進出がOKの関スー買収計画に火をつけたといわれている。
  4. 当初は関西進出は考えていなかったものの、大阪ベイタワー関係者の猛アプローチで出店した結果が大当たりしたので本格進出することになった。
  5. 鶴見店は横浜市鶴見区ではなく大阪市鶴見区にある。
  6. 青果の価格動向について社長がコメントを受けることで有名なスーパーアキダイは現在ここの傘下。
  7. 2024~25年に行われるヨーカドーの北海道・東北・信越撤退と同時に撤退する一部の店舗を引き受けることが決まった。急に展開範囲が北に広がることに。
    • 2023年にイトーヨーカドーとは無関係にまずは仙台市に出店したのが東北初進出だが、今度は北海道にも初進出という形に。
    • 新潟は地元企業の丸大と提携した「イトーヨーカドー丸大」だったが株式ごと譲渡されるので事実上イトーヨーカドーから丸大を買収した形になる。店名も「ロピア丸大」になったりして?
  8. キャッシュレス決済とは無縁で、今でも現金払いオンリーを貫いている(一部店舗を除く)。
    • 「クレジットカード会社に決済手数料を支払うぐらいならその分を価格に転嫁してお客様に還元することが好ましい」という考えから敢えてキャッシュレス決済は極力導入しない方針らしい。

その他の業種[編集 | ソースを編集]

神奈川銀行[編集 | ソースを編集]

  1. 神奈川県内で細々とやっている第二地銀。
    • 相模川の西側には店舗がなかったような気がする。それくらい細々とやっている。
  2. 横浜銀行の天下り先。
    • はまぎんに救済されるはずだったのだが、金融庁の意向で破談になったことがある。
  3. 近々、横浜銀行と統合されるらしい。

ギオン[編集 | ソースを編集]

  1. 相模原市に本社を置く総合物流会社。
  2. SC相模原のメインスポンサー。

ザ・リーヴ[編集 | ソースを編集]

  1. 横浜に本社がある不動産経営の会社であるが…。
  2. 現役・OBも含めて、プロレスラーを使ったトンチキなテレビCMで有名。
    • 特に、プロレスリング・ノアとは、初代社長であった三沢光晴の頃からの付き合い。
      • 勿論、NOAHのスポンサーを長年に渡って担当している。
    • テレビ東京の『ゴッドタン』に提供しているため、テレ東系列の映る地域でCMを見ることは出来る。

杉崎観光バス[編集 | ソースを編集]

  1. 元ツアーバス運行会社で、ツアーバス路線化の際には桜交通系路線の運行受託というかたちで残った。
  2. 受託だけという立場に我慢できなくなったのか、丁度1年後に横浜から名古屋、関西方面への自社路線を突如開設した。
    • 当初の予定路線には横浜~鳥取なんてものあった(今は東京発で絶賛運行中)。
  3. さすが神奈川の企業だけに自社路線の神奈川県内での停留所開拓に積極的。
    • 整備されたばかりの長津田駅北口BTにいち早く乗り入れたほか、元ツアー系には珍しく高速道内のBS(東名秦野)にも停車。
    • 遂には海老名市内に市商工会などと共同でバスターミナルまで造ってしまった(BUSTLE海老名)。
  4. 飛騨市とは関係ない。

富士ソフト[編集 | ソースを編集]

  1. 独立系SIer。システム関連業界では大手。
  2. 個人の人には筆ぐるめとWi-Fiルーターで有名か。
  3. 東証コンピューターシステムという子会社があって、市況情報を提供していたりする。
    • こいつは元々東証の子会社どころか、一部門だった。

万葉倶楽部[編集 | ソースを編集]

  1. 全国各地で「運び湯」形式の温泉入浴施設を運営している会社。
    • 特に関東近県の施設には湯河原温泉の湯を運び込んでいて、そのため施設名も「湯河原温泉 万葉の湯」と名乗っている。
  2. 小田原の会社。
  3. 全国展開している温泉施設「万葉倶楽部」チェーンでおなじみ。
  4. 元々は日本ジャンボーという写真屋の子会社だった。

ユニゾホールディングス[編集 | ソースを編集]

  1. ユニゾインなどのビジネスホテルで知られる会社。
  2. 日本で始めて従業員がTOBして非公開化するエンプロイー・バイ・アウトをやってのけた。
    • その結果財務が悪化して、持っていたホテルを何軒も売却した。なかには開業から7ヶ月で閉鎖して売却したところも。

レモンガス[編集 | ソースを編集]

  1. LPガスの小売や卸売などを行っているガス会社。
  2. 旧社名は「カマタ」。
  3. 平塚競技場のネーミングライツを2021年から取得している。
  4. かつて、少女がラップを歌うCMで一世を風靡。