福岡の駅/北九州

提供:chakuwiki

日本の駅 > 九州 > 福岡 > 北九州

福岡県北九州地方にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

分割済み[編集 | ソースを編集]

日豊本線[編集 | ソースを編集]

苅田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:京都郡苅田町大字提

  1. 漢字も読み仮名もそれぞれ変えていて、どれが正しい駅名かわからない。
    • 駅名の読みは「かんだ」、電報略号は「カリ」←カリタ。

行橋駅の噂[編集 | ソースを編集]

ゆくはし
YUKUHASHI
行橋
 
おばせにしこうだいまえ
OBASE NISHIKŌDAI-MAE
みなみゆくはし
MINAMI-YUKUHASHI

所在地:行橋市西宮市

  1. 日豊本線と平成筑豊鉄道の接続駅。
  2. 意外と読みづらい。
  3. ちなみに「ゆくはし」と読みます。
    • 「いくはし」とか「ぎょうばし」とか読みそうになってしまう。
  4. 駅舎が新幹線駅みたいでかっこいい。
    • むしろ885系白いソニックと合わせると、優雅なヨーロッパの中くらいの駅をイメージ?
    • しかし新幹線がくる見込みはない。
    • むしろ1両編成のワンマン気動車が出入りしている。
  5. 高架駅
  6. 住所に市が2つ並んでいるが、兵庫県とは関係ない。

南行橋駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:行橋市泉中央

  1. 行橋と新田原に挟まれ地味だが、実は新田原より利用者数が多い。
    • 新田原行きの恩恵を一番受けている駅。

新田原駅の噂[編集 | ソースを編集]

しんでんばる
SHINDENBARU
新田原
(福岡県行橋市)
 
みなみゆくはし
MINAMI-YUKUHASHI
ついき
TSUIKI

所在地:行橋市大字道場寺

  1. 新田原折り返しの普通が多い。
    • 小倉からここまでは普通列車でも比較的行ける。しかしここから南は…
  2. 「ニューたばる」ではない。
    • 宮崎県に同じ漢字の「にゅうたばる」駅があり、航空自衛隊新田原基地での航空祭の際にはよく間違われる事がある(皮肉な事に航空自衛隊築城基地が本当に近くにある)。
      • 新田原(にゅうたばる)駅は無いよ。新田原基地の最寄り駅は「日向新富駅」です。
  3. 駅のトイレは近くの中高生が溜まり汚れたのでホーム側からしか入れなくなった。

豊前松江駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:豊前市大字松江横園

  1. 松江は「しょうえ」と読み、山陰本線の駅とは異なるのに令制国名を冠している。
    • 開業当時は「松江駅」。その後国有化されたが何故か大戦末期まで「松江駅」のままだった。
  2. 黒っぽい木造駅舎が残っている。

宇島駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:豊前市大字八屋

  1. 豊前市の中心駅。
    • でも住所に大字がつくほど田舎。
  2. 日豊本線下り中津駅で降車する人は、この駅を通過すると急に慌ただしくなる。
  3. 「うのしま」と読む
    • 開業当初はノを入れていたが、明治時代に取った。国鉄にしては潔い。
  4. 駅の売店が「コンビニエンス」。なぜそこで止めたし。

三毛門駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:豊前市大字三毛門

  1. 開業当初は1面1線だった。その後交換設備増設→複線化で現在の島式ホームの駅に。
  2. 国鉄時代に無人化されており、長らく小倉方向から来て最初の無人駅だった。

吉富駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:築上郡吉富町大字広津

  1. 開業当初から地域交流施設を併設。
  2. 駅舎の名鉄駅集中管理システム導入駅感が半端ない。
    • 駅舎の建設費を投じた製薬会社のコーポレートカラーをまとったらしいが…

平成筑豊鉄道田川線[編集 | ソースを編集]

令和コスタ行橋駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:行橋市西泉

  1. 令和初の新駅。
    • 平成と名乗る鉄道なのに。
      • 元号にこだわる鉄道としての色合いが強まったので、それはそれでいい気もする。
  2. 無人駅なのは、令和時代には駅のヒューマンレス化が進むということの予言らしい。
  3. ちなみに「コスタ行橋」とは、当駅と隣接している郊外型ショッピングセンターのことである。ヤマダ電機とヒマラヤの裏あたりに当駅が整備された。

美夜古泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:行橋市西泉

  1. 美夜古+泉の合成駅名。まさかの3文字+1文字。
  2. みやこ町にはない。
    • 京都とも書かない。
      • もはや当て字…
  3. ちなみに泉中央にはJR南行橋がある。つまりこの駅は泉の端にある、みやこ落ちの泉駅。
  4. そんな当て字みたいな「美夜古」だが、実は行橋市・京都郡など京都平野一帯の地域を指す古名(古い時代の地名)である。余談だが、山の向こうの田川市も古来は「鷹羽」という古名で呼ばれていた。

今川河童駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:行橋市大字流末

  1. 河童で町おこしをしようとしているらしい。
    • しかし駅では出口と反対側に河童の銅像があるくらい。河童側の階段はさびて進入禁止になっている始末。
      • ここを見習って駅舎ごと河童にすればいいのに。
  2. 当駅から川を渡ってすぐの所に東九州自動車道・今川PAがある。高速バス「ゆのくに号」が停車するので、ここから小倉方面・大分方面へのアクセスが可能である。

豊津駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:行橋市大字矢留

  1. 駅の所在地は旧豊津町ではなくて行橋市。
  2. 2009年から2020年まで「サントミ 豊津」という愛称付きの駅名を名乗っていた。

新豊津駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:京都郡みやこ町彦徳

  1. 旧豊津町にあった唯一の駅。
  2. 2009年から2020年まで「エナジーソフト 新豊津」という愛称付きの駅名を名乗っていた。

東犀川三四郎駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:京都郡みやこ町犀川続命院

  1. 三四郎と名乗るが、世界観ゼロ。
    • 田んぼの真ん中にホームがたたずんでいるだけの駅。
    • 夏目漱石の弟子であり、小説『三四郎』のモデルにもなったドイツ文学者・小宮豊隆の生誕地ということで命名されたらしい。
  2. 駅名長すぎ。三四郎駅で良かったんじゃないか。
    • むしろ初めは「東犀川駅」とする予定だったところに、後から「三四郎」を付け加えたように思える。「南直方御殿口駅」と似たようなものを感じる...

犀川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:京都郡みやこ町犀川本庄

  1. 旧犀川町の中心駅。
  2. 駅舎の隣にはコミュニティセンターの「ユータウン犀川」が併設されている。

崎山駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:京都郡みやこ町犀川崎山

  1. 国鉄時代に信号場から駅に昇格。
  2. 2009年から2020年まで「れいめい拳.com 崎山」という愛称付きの駅名を名乗っていた。

鹿児島本線[編集 | ソースを編集]

水巻駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:遠賀郡水巻町頃末南

  1. 昭和30年代の駅舎がそのまま。
    • 地下道は排水がたまってにおう。
  2. 南口ができたが日祝日は無人、自動改札もない。JR九州も整備計画はない。
  3. バリアフリー対応でも、北口はスロープ、南口エレベーターはホームと駅舎の段差のみ、地下道に行かない。これも整備をしない。
  4. 南口はチャージができないので、最近できた駅すぐのローソンまで。
  5. 簡単に言うと「JR九州からとことん冷や飯を食らう駅」。整備でも町と温度差が極端。
  6. 水巻と言うだけあって、駅舎は水色。

遠賀川駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:遠賀郡遠賀町遠賀川

  1. かつては2線分岐していたのに、今では鹿児島本線の単独駅。
    • 余った構内を活用して様々な実験を行っているらしい。

海老津駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:遠賀郡岡垣町海老津駅前

  1. 駅舎の屋根が反っているのは、海老反りをイメージしてるため。

筑豊本線[編集 | ソースを編集]

東水巻駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:遠賀郡水巻町吉田南

  1. ホームがハの字。
  2. 周辺の施設を見ても、東水巻と言うより南水巻。

中間駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:中間市中央

  1. ちゅうかんえきという意味で付けたわけではない。
  2. 2面3線あることを活用し、黒崎行きと若松行きののりばを分けている。

筑豊電気鉄道[編集 | ソースを編集]

筑豊中間駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:中間市東中間

  1. 筑豊電鉄の半分くらいが折り返す。
    • つまり半分は筑豊まで行かない。

希望が丘高校前駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:中間市土手ノ内

  1. 駅名の変わり方がドラマティック。完全な成金駅。
    • 土手ノ内→希望が丘高校前→副駅名に世界遺産を追加。
  2. 筑豊中間と利用者数はほとんど変わらないのに、半分しか来ない。