福岡/筑後

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本九州 > 福岡筑後

福岡・筑後
壱岐 山口



遠賀 北九州
糸島 福岡 筑豊 京築
佐賀 朝倉 大分
筑後
有明海 熊本

筑後の噂[編集 | ソースを編集]

福岡 那珂川 筑紫野 飯塚 嘉麻 添田
筑前 朝 倉 東峰
基山 小郡 大刀洗



鳥栖
久 留 米 うきは
 
大川 大木 筑後 広川  
柳 川 八  女
みやま
有明海 大牟田 熊  本
荒尾
  1. 「ちくご」では無く「ちっご」と発音する。
    • 大牟田だけは「ちくご」と発音する。
  2. 筑後川」は福岡県に流入してからの名称、大分県日田市までは「三隈川(みくまがわ)」である。
  3. 佐賀ではないんですね。
    • 熊本でもありません。
    • いいえ。筑後は筑後です。
    • ついでに大分でもないです。
    • 正直福岡県という実感すら湧かない。実質旧筑後国。
  4. 筑後川によって変なぶった切られ方をした地区がポツポツと。
    • 北野のことか!北野のことかー!
    • 県境が妙に蛇行しているのは筑後川の旧流路の名残。
  5. 古賀姓がやたら多い。
    • 石橋姓もやたら多い。
  6. このエリアが福岡で一番歴史がありそうな感じがする。
    • 平野で、古くから農耕もできたろうし、吉野ケ里とかも近いし。
  7. ○○丸とかいう地名が多い気がするが、大半がやる気ない気もする。田主丸とか次郎丸とか……
  8. 筑後地方を走る一般県道は700~800番台(朝倉市・朝倉郡も)。神奈川県西部同様に700番台県道だらけというくらい。
  9. 朝倉や鳥栖も、筑後の一部と思っている人が多い。
  10. 美人が多いイメージがある。

筑後?な地域[編集 | ソースを編集]

主な市の噂[編集 | ソースを編集]

三井郡の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 「みいぐん」なのに「みついぐん」と読まれてしまう。
  2. 小郡市内の小中校と三井郡のそれは、基本的に仲が悪い
  3. 明治の郡制までは「御井」(読みは同じ)と表記した。
    • 表記を変えただけでなく、山本・御原の両郡を呑み込んで三井郡になった。なお、旧山本郡域は現存しない。

大刀洗町の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 明治の市町村制からある名前だが、当時の申請では「太刀洗」のはずだったという。つまり、正確に言うとこの表記は間違いってことに…。
    • 甘木鉄道の駅はどちらも刀洗。
      • 西太刀洗駅があるのは大刀洗町だが、太刀洗駅があるのは筑前町
  2. 今村地区にはとても立派な赤レンガ造のカトリック教会がある。(大正2年建築)
    • 筑後地域では珍しいタイプの建築物でもあるので、もう少し有名になってもいいと思う。
  3. 小郡市とは合併しなかったが、市内局番は77局だから小郡市のおまけ扱い(昔の市外局番は094277だった)。
  4. 地名の由来は、菊池武光公が太刀を洗った地域であるかららしい。
  5. 高橋紹運ゆかりの地。本人と大刀洗町は直接関係はないが、彼が名跡を継いだ高橋氏は、元々はここ大刀洗町がルーツ。

筑後市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 八女市と一緒くたにされることが多いが、一緒にされると怒ります。
    • (ちなみに八女市は八女郡と一緒にされると怒ります。でも結局どこも同じような感じです。)
    • しかし、市内に「八女高等学校」「八女工業高等学校」があり、学校として「筑後市」へのアイデンティティーが疑われている。
      • 昔八女郡だった名残だな。
        • 市外局番も八女とは違う。(0942、一部は0944。八女は0943)
          • 人口は八女市>筑後市
  2. よく地図を見ながら注意してないと、いつの間にか通り過ぎる町。
    • 市に入るときの「筑後市」の看板の下にローマ字で表記されているのが、パッと見「シカゴ」(Chicago)。
  3. 市の花がサザンカ・・・市の木がなので・・・出来たばかでかい施設がサザンクスという大変安易な名前なのだと知り合いが嘆いておりました。しかも建てたはいいが大赤字らしい。よくあるはなし。
  4. 羽根の生えた犬が居たとかで命名された・・・筑後の中心地は羽犬塚。
    • 駅前にはちょっと絶句な羽犬の像があってびびりました。ホントに驚くから見たことがない人は見たほうがいい。ありゃちょっと・・・。
      • 牛かと思ってた・・・・・
    • 追記:羽犬の像はその昔機械仕掛けではばたいていました。
    • え・・・今ははばたいてないのか・・・。残念。あれって税金で作ったのかしら・・。
    • はい、確かに。あの羽犬の像は税金一千万から作られたともっぱらの噂です。
    • 市のマスコットにもなっている。[1]
      • 名前は「はね丸」。結構昔からいるような気がする…たぶん。
      • ちなみに、最近では「パネコ」・「ポネコ」というマスコットもいる。犬っぽいが、犬なのかは内緒らしい。
      • 筑後なんて旧国名や地方と紛らわしい名前を付けず、羽犬塚市や船小屋市にすればかっこよかったのに
  5. 地元民は筑後を「ちっご」と発音する。
    • 「ちっごの連れしょんべん」は筑後地方全体のことを指す。他人迎合が多いことの例え。まあ、日本人は皆そうですが。
  6. 合併でいきなりついた市名だった。中心は旧羽犬塚町だった。
    • 「筑後」を名乗ってはいるが流れているのは「筑後」川ではなく「矢部」川。念のため。
  7. 市内に九州新幹線の駅ができることになった。
    • 新幹線駅ができるのは中心地の羽犬塚ではなく無人駅の船小屋。
      • 周辺の再開発でちょくちょく行っていた温泉施設がなくなったことが不満。
      • 別名「古賀駅」
        • 同じ県内(というか同一路線内)に本物の古賀駅があるのにそう呼ぶ人がいるとは思えない。
  8. 秋葉神社なる神社がある。また、その近くの小学校の6年生に腐女子が10名ほどいるらしい。
  9. 2016年に福岡ソフトバンクホークスの2軍が出来るらしい。
    • ファーム球場でけたで~。施設全体の名前は「HAWKSベースボールパーク筑後」。メイン球場名は「タマホームスタジアム筑後」。筑後船小屋から徒歩5分!

八女郡の噂[編集 | ソースを編集]

  1. みかんの産地。たけのこも取れる。キウイも栽培。
  2. 遠い。。。
  3. 自然が溢れる良いところでしたよ?
  4. 2010年に広川町以外の4町村が八女市へ編入。
  5. 下妻郡と上妻郡の統合で誕生。旧下妻郡域は狭かった事もあって現存しない。
  6. 筑後国北部や筑前国西南部はやけに郡が細かかった。

広川町の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 久留米市内ではないが、「久留米リハビリテーション学院」と「久留米カントリークラブ」がある。
    • 久留米リハビリテーション学院は横領事件で有名になった姫野病院が母体。
  2. 久留米市との合併を町議会が否決した。しかも、八女市との合併を模索するも失敗。
  3. 広川サービスエリアのイメージしかない。

三潴郡の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 「潴」を「猪」に間違えられる
  2. 県名にもなったことがあった。
    • 三潴県はちょうど筑後地方と佐賀県を足した形をしていた。平野が広い広い。

大木町の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 一見、古くからの地名を引き継いでいるように見えなくもないが、実は二重の合成地名…(大角と横溝で大溝・大溝と大莞と木佐木で大木)。こんな町名に限って残るとは…。
  2. 「循環のまちづくり」を進めているらしい。
    • 生ゴミをバイオマス処理して発電や液肥の生成等を行う「おおき循環センター」がある。

うきは市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 吉井町と田主丸町はいがみあっている。
  2. どういう地名なんだよ・・・
    • 「浮羽」を最近流行の?ひらがな地名にしたもの。
    • じつはうきは市の中心地は浮羽町じゃなくて吉井町
    • 他のひらがな市名と違って、「うきは、市」という文章にもできるw(てかそう誤読されやすい)
  3. 吉井町と浮羽町が合併して誕生
  4. 合併前から「うきは駅」は存在していた。
  5. 筑後川温泉のほか、吉井温泉(原鶴温泉のうきは市側を指す名称)など温泉地でもある。
    • 原鶴温泉ほど有名ではないがな
  6. ご当地珍味として、鳥の足は外せんやろもん
  7. 映画『あずみ』の登場人物に「うきは」と「あまぎ」が居るが、うきは市や旧甘木市とは何の関係もない。
    • 『あずみ』の原作者も福岡と何のつながりもない。
  8. なぜか市の南部の山岳地帯まで路線バスが走っている。
  9. 旧竹野郡と旧生葉郡が統合されて旧浮羽郡が出来た。市域には旧生葉郡域しか含んでいない。

吉井[編集 | ソースを編集]

  1. 旧吉井町には大字名がなく、番地のみの場所があったが、合併により「うきは市吉井町○○番地」という「らしい」名称になった。
  2. ゴールデンボンバーの樽美酒研二はここ出身。
  3. 土蔵の街並みで売り出し中。
    • 一時期JR九州が観光地として猛Pushしていたらしい。そのためか特急「ゆふ」でこの近辺で筑後吉井駅しか停車しない(うきは、田主丸通過)列車がある。
  4. 白壁の町が綺麗な、隠れた観光地でもある。

浮羽[編集 | ソースを編集]

  1. カキ、ナシなどフルーツの産地。「フルーツ懐石」は市の名物(筑後川温泉「ゆの郷ちくご」)。
  2. 和風の道の駅がある。
  3. 市民センター近くの県道沿いには、歩行者用信号が設置されたガソリンスタンドある。
  4. 筑後川温泉のある辺りはほぼ杷木
    • 杷木ICを下りてすぐ筑後川を渡れば辿り着く。高速バスの杷木バス停からも歩いて行けるレベル。
    • 逆に浮羽の中心部からは遠い。

みやま市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 三池郡(高田町)と山門郡(瀬高町・山川町)を合わせた地域ということで以前から「三山」と呼ばれていた。
    • 山川町が一番田舎。しかし、「三山」の文字を反転し、三を90度回転すると、「山川市」になるので高田・瀬高町民が反発。ひらがな自治体となった。
      • どんな屁理屈だw
        • これが普通に本に書いてあるんだよな…
  2. なぜか「クワガタ」とか「キリシマ」とかつけたくなる。
  3. 一度合併が破綻したが、その後結局成立。
  4. 三重県東紀州出身の方は、ここに「みやま(旧・海山町)が復活した」と思っている。

瀬高[編集 | ソースを編集]

  1. 町民は本当は柳川市と合併したかったが政治的動きがあり合併できなかったとの噂。
  2. ズバリ、高菜。
    • 瀬高と言えば銘酒「園乃蝶」だろうが!
  3. タカ食品のベビージャムもお忘れなく。
    • 小学校の社会科見学ではほぼ100%全校行く。
  4. ニール・セダカとは何の関係もない。
  5. 国産の樟脳を造る人が唯一いらっしゃる。
  6. 卑弥呼の里として、町民は誇り高い。
    • 県内の某市や隣県とは火花パチパチ。
    • ここが属していた山門郡は「やまと」と読むが、旧瀬高町内にも「山門」の地名がある。邪馬台国は当時の中国の発音で「やまと」に近い音になることから、邪馬台国は山門にあった、との強力な説がある。
  7. 高速のインターチェンジができたのは住民の誇り。これに伴い、道の駅みやまも誕生。
  8. 高濃度炭酸泉「長田鉱泉」がある。そして、これを使ったドリンク「コガ・コーラ」が近年復活!
  9. 自民党道路族の重鎮・古賀誠氏の地元。
  10. みやま市の中心である。
  11. 合併したてなせいもあってか、ご年配の方にみやま市の話を振ると「ああ!瀬高?」と返ってくる。

山川[編集 | ソースを編集]

  1. 八ちゃん堂」の本社がある。
  2. 町になるのが旧3町の中で1番遅かった
  3. 山川PAのおかげで名前の知名度はわりとある…と思う
  4. 昔から西鉄バスに乗るには高速バスしかない、という福岡県内では稀有な街。
    • ここを走る一般路線バスは何と熊本の産交バスのみ。しかもその前は国鉄バス→JR九州バスだった。

高田[編集 | ソースを編集]

  1. 戦艦大和の沖縄特攻作戦時の第2艦隊司令長官・伊藤整一海軍中将(戦死後、海軍大将)の出身地。
  2. 所轄の警察は瀬高じゃなくて大牟田になる。
    • まあ、もともと大牟田との繋がりが濃いようだが。
    • 大牟田というか、旧銀水村ね。
    • みやま市になり瀬高署管轄にはならず瀬高署と柳川署合併により、なんと柳川署管轄となった。