秋田/南部

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本東北 > 秋田南部

秋田・南部
青森
北部


山形 宮城

秋田県南部の噂[編集 | ソースを編集]

北秋田 仙北
秋田
大仙  
美郷
横 手
羽後 湯沢

山形 宮城
  1. 平成大合併で同じ郡名をとった市名が2つ(仙北・大仙)も出た。
  2. 県都の秋田市とは付き合いがあまり良くない。
    • しかし、北部は秋田市への通勤圏を含む。
  3. 閉鎖的といわれる秋田県の中では、外部との交流が盛んな地域。韓国との関係も深まっている。

主な市の噂[編集 | ソースを編集]

仙北郡の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 美郷町1町になったことで、秋田で一番狭い郡となった。
    • 仙北郡が消滅しなかったので、大仙市・仙北市ではホッとしてる人もいる。
    • 昔は県内で二番目に大きい郡だったのに。
      • それをいうなら藩内な。

美郷町[編集 | ソースを編集]

  1. 平成の合併において、県内唯一といっていいほど「大人な」態度で合併を済ませた(にかほ市や仙北市に比べたら)。
    • しかしついた名前がベタだった。
    • 「町」を「まち」と読むのが暗黙の了解だった?秋田県にあって、「ちょう」と読ませることにしたパイオニア。
  2. こういう名前によって1郡1自治体を維持することになろうとは…。
  3. 植田まさしがキャラクターデザインをした「ユウちゃん」というキャラがいる。
    • 「コボちゃん」の親戚らしい。
    • よく目にしているが、ここを見て初めて名前を知った。
  4. 合併前に各町村が頑張ったため、町村規模に似つかわしくない建造物が散見される。
  5. 島根にも美郷町がある。
    • 宮崎にも美郷町がある。
      • 宮城と熊本にもあるが、字が違う。
      • 埼玉にあるのは、「みさとまち
  6. 旧仙郡仙村が存在する。
  7. 分かっていながら「みさと」という名前を子供に付ける親がいる。
  8. あまり勧めることはできないが国道46号や国道107号を使わなくとも岩手県へ行ける。(真昼岳越え)
    • 大又沢~県境に掛け平均斜度8.5%の未舗装路(幅員は推定一車線以下)が7.4km続く。最大標高は900m。紛れもない林道。
  9. 「ニテコサイダー」というご当地サイダーがある。明治時代から作られているらしい。
    • 瓶も明治モダンな中々洒落たデザインをしている。
  10. ラベンダー畑が有名。
    • 一般的な紫のラベンダーだけでなくホワイトラベンダーも見もの。「美郷雪華」という美郷町オリジナル品種らしい。
    • だが蜂が多いので注意されよ。
  11. 東京の大田区と友好都市である。
  12. ニテコ名水庵では流しそうめんが名物である。
  13. タイ王国との交流があるらしい。

六郷[編集 | ソースを編集]

  1. 六郷は清水の里。1995年に競輪の場外車券売場「サテライト六郷」がオープン。
    • 「竹打ち」はヘルメット必須の烈しい祭りだが、実は横手や角館などのかまくらと起源は同じ。
    • 126ヶ所の湧水があると言われている。
  2. なぜか紀の国がある。
  3. 龍角散(お薬)の原型を作ったのはここ出身の医師らしい。
    • その縁で龍角散(会社)と美郷町が協定を結んでおり、町内で生薬の生産をしている。
    • これは、あれだな。ところが龍角散の人の住まいは、六郷、大曲、久保田、だったと思われる。

千畑[編集 | ソースを編集]

  1. 旧千畑町は、1986年まで千畑村だった。屋と屋の頭1文字ずつの合成地名。「千畑町」はわずか18年で幕を閉じた。
  2. 5つ子ちゃんが誕生した町として知られる。

仙南[編集 | ソースを編集]

  1. 町内にある駅は2つともこっち。
    • 飯詰駅は六郷の玄関口に当たるため利用客もそれなりにあり、かつては出世列車として有名な急行「津軽」も停車していた。
  2. 「後三年の役」の古戦場とされ、後三年という地名や、後三年駅、後三年神社がある。
    • ただ、実際に戦闘が行われた金沢柵跡は横手市内。

雄勝郡の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 合併で湯沢市に分断された形となった。

羽後町[編集 | ソースを編集]

  1. 西音馬内盆踊りを東北の三大盆踊りの一つだと言い張るが、ほとんどの人には「にしもないぼんおどり」と読んでもらえない。
    • ついにこげどんぼ*氏を起用し、攻勢に出る。[1]
  2. 商工会がPOP氏を起用した。[2]
    • 一方JAは西又葵氏を起用した。[3]
    • 更に西又葵、樋上いたる、兎塚エイジによる町のスティックポスターが発売された。
      • ↑の企画の発端は、地元の学習塾で小鳥遊つばさと真木ちとせのイラストが描かれたチラシが配られたこと。
    • 重要文化財の旧家の案内立看板が江草天仁(絵)&竜騎士07(字)のコラボ。
    • 西又葵は「秋田小町」というキャラも作っている。CVはこの人
  3. なぜか秋田県唯一のメイドカフェがある。しかも地元の料亭と東京のインテリアショップが組んだ高クオリティの店が。
  4. 最近は鷲宮町みなべ町と手を組んでる。
  5. 年がら年中「冷(ひや)がけ蕎麦」を食べる。
    • 真冬、雪の降る寒い日も冷がけそば。
  6. NHKのクローズアップ現代で「美少女キャラで町興し」の成功例として取り上げられた。約1億円の経済効果があったそうな。
  7. 最高級黒毛和牛の羽後牛もある。「羽後牛カレー」の材料にも使われる(萌えパッケージ入り)。
  8. かつては、湯沢駅から電車が走っていた。
  9. 毎年冬に、曲がりくねった雪深い峠道で、馬そりによる嫁入り道中を再現する「ゆきとぴあ七曲」という祭りが催される。

東成瀬村[編集 | ソースを編集]

  1. 住民アンケートでどこの市町村とも合併しない事を表明。
  2. 対する西成瀬村は昭和の大合併で平鹿郡入りした。
  3. 雄勝郡で湯沢と一体に扱われることが多いが、生活圏は横手市。
  4. 秋田県の中では比較的新しく、また規模が大きい「ジュネス栗駒スキー場」は村のイチ押し。しかし国道342号や国道397号が冬期閉鎖されるので、訪れるのはほとんど秋田県民。
  5. 民主党政権は2009年、八ツ場ダムと川辺川ダムの建設中止と今後の計画の再検討を明言。「成瀬ダム」が今後どうなるのか、村民の大きな関心事。
  6. 強酸性の温泉と強アルカリ性の温泉が両方湧出している。