競走馬/中央競馬/2020年代クラシック世代

提供:chakuwiki

競走馬 > 競走馬/中央競馬 > 競走馬/中央競馬/2020年代クラシック世代

  • 中央競馬に所属していた馬のうち、2020年代のクラシック世代を飾った馬。
  • 生年+五十音順です。
  • 年代ソートはクラシック世代(出生年+3年)に合わせています。
  • 競走馬を新たに追加する場合は競走馬#五十音順からもリンクして下さい。

2020年クラシック世代[編集 | ソースを編集]

ウシュバテソーロ[編集 | ソースを編集]

  • 2017~
  1. ダートで見つかった宝物。
    • 芝では3年で3勝。
    • ダートに転向すると一気に勝ちを重ね1年足らずでドバイワールドカップの栄冠にまで駆け上がる。
  2. 怠惰な労働者。
    • パドックでは首を下げてトボトボとこの世の終わりのような風情。
      • 調教師によるとむしろやる気に満ち溢れており、「うおー戦いじゃー!!」的な意味でこの世の終わりのような状態らしい。
    • やる気のない調教。
      • 追い切りでは格下の馬にボロ負けする。
      • すぐ帰ろうとする。
    • ゴールした後のスピードを落とすタイミングが早い。
  3. オルフェーヴル産駒。
    • いよいよ「オルフェーヴルはダート馬説」が現実味を帯びてきた。
      • でも母のミルフィアタッチがゴリゴリのダート馬だから、そっちの血なのかも。
  4. 馬名はウシュバ(ジョージアの名峰)+テソーロ(スペイン語で「宝物」)
    • テソーロは冠名。
      • この馬主の命名には他にも山由来が多く、モンブランテソーロやニルカンタテソーロもいる。
      • ちなみにこの馬主、中央G1で勝った馬を持ったことがないのにいきなり海外のG1勝ち馬を持ってしまった。
    • これには駐日ジョージア大使もニッコリ。
  5. 黄色いメンコと編まれたタテガミがトレードマーク。
    • メンコなしでタテガミさらさらだと別馬みたい。
      • 流星もある。
  6. いつの間にか日本一の賞金王になっていた。
  7. ダートでは珍しい追い込み戦法の馬。

ディープボンド[編集 | ソースを編集]

  • 2017~
  1. とてもズブい。
    • 「親の仇ぐらい追」わないと加速しないらしい。
    • ストライドが大きいから加速が鈍いというタイプ。性格的な問題ではない。
      • 本当か?あの図太さもなんか影響してそうだけど。
  2. GIIばっかり勝つ。
    • GIでは中々勝てないが、掲示板を取るなど惜しい所までいく。
      • 春天は3年連続2着という珍記録を取ってしまう。
        • 3年目の2着の後、秋辺りから成績不振になっていたが翌年の春天で3着を取る。
      • ネイチャさんが愛されたのも分かる気がするな。
  3. ディープボンドの名は祖父ディープインパクトと父キズナ(「絆」の英訳がボンド)にちなむ。
    • 略してプボ。見るからにプボプボしてる。
      • 流石にプボ~とは鳴かない。実際は農家のオッサンみたいな声でいななく。
  4. こしあんボディ
    • 黒くて艶々してる。

パンサラッサ[編集 | ソースを編集]

  • 2017~
  1. 令和の出世ウマ。
    • 福島記念で18戦目にして初重賞勝利を果たす。
      • 同じく福島開催の七夕賞でツインターボが記録したタイムや逃げのスタイルに似ていたことから「令和のツインターボ」として一部から注目され始める。
    • GI初制覇はドバイターフ。「世界のパンサラッサ」の二つ名を得る。
      • 前年覇者ロードノースとの同着優勝も語り草。
    • 天皇賞秋での大逃げとやはりタイムから「令和のサイレンススズカ」と呼ばれ始める。
    • サウジカップではダートでも勝ったせいで「令和のアグネスデジタル」と言う人も。
      • ここまで来ると、もはや他の馬に例えている場合ではない「唯一無二のパンサラッサ」だ。
      • 中東だから良かったのであってたぶん日本のダート適性はない。
        • というか走ったことがない。
          • 実は3歳時に師走ステークス(中山ダート1800m)に出走している。結果は1番人気11着。
  2. パンサラッサという馬名はかつて地球にあった唯一の大洋パンサラッサに由来する。
    • 「世界の」とか「唯一無二」はこれにかかってる。
      • 馬名被りは結構起こるけど、パンサラッサって名の馬はたぶん唯一。
    • 同じく2017年生まれでパンゲアという牝馬もいる。こっちは園田で走ってたオルフェーヴル産駒。
  3. 通称、パンくん。
  4. コントレイルと同い年で同厩舎。
    • ホープフルステークス神戸新聞杯と同じレースで走ったこともあるが、コントレイルは両方一着、パンサラッサは掲示板にものらなかった。
    • もしコントレイル引退時に、獲得賞金でパンサラッサが追い抜くと言っても誰も信じなかっただろう。当時まだ重賞は福島記念しか勝ってない。
  5. 父はロードカナロア
    • 日本歴代獲得賞金の1位3位の父って、ロードカナロアやっぱやべえ。
    • 母父モンジューなのも良い塩梅になってる。
  6. イクイノックス陣営にライバル認定された馬の1頭。
    • 2回対戦して2回とも負けたにも関わらず。
  7. 遠征でも調子を落とさず元気でいることが多く、旅行好きのキャラが定着。
    • そんな彼がシャトル種牡馬になるというのも「らしい」と言うべきか。
  8. 担当の池田厩務員は厩務員生活約50年、矢作厩舎を開業時から支えてきたベテラン厩務員だったが、担当馬がG1を勝ったのはパンサラッサが初めてだった。
    • この劇的なストーリーもあってか一躍名物厩務員として時の人となった。
  9. ある女性声優がなぜか「母」を自称している。
    • ちなみにこの声優が担当しているウマ娘の元馬は逃げ仲間のジャックドールの祖父。

ロータスランド[編集 | ソースを編集]

  • 2017~
  1. ゴルシの許嫁。
    • この手の馬はある程度走ったら引退して繁殖入りすることがベターだが。彼女は度々好走して重賞まで勝ってしまうので、引退が7歳の春まで遅れた。

2021年クラシック世代[編集 | ソースを編集]

エフフォーリア[編集 | ソースを編集]

  • 2018~
  1. 三歳時は最強。
    • 2021年の年度代表馬。
    • コントレイルやタイトルホルダーを降す。
    • 天皇賞秋、有馬記念を制す。
      • 三歳馬の天皇賞秋制覇は父父・シンボリクリスエス以来19年ぶり。
        • ただ、翌年も三歳馬の天皇賞秋制覇になった。
  2. ダービー2着。
    • 写真判定になる僅差。
    • 圧倒的ダービー2着血統。父・エピファネイア、父父・シンボリクリスエス、母父・ハーツクライとみんなダービーは2着。
  3. 4歳で勝てなくなる。
    • 阪神がダメなのかと思ったけど有馬記念も勝てなかった。
    • 彼とデアリングタクトのせいでエピファネイア産駒早熟疑惑が浮上する。
  4. 通称、F4。

シャフリヤール[編集 | ソースを編集]

  • 2018~
  1. 千と一夜を駆ける王。
    • 千一夜物語に出てくる帝王の名にちなむ馬名。
    • 母はドバイマジェスティ。
  2. エフフォーリアをハナ差で降しダービー馬になる。
    • 早期引退や古馬で振るわないダービー馬も多い中、息の長い活躍を見せる。
  3. こんな名前だからというわけではないだろうが、ドバイシーマクラシックに3年連続出走。
    • 1着、5着、2着と好成績を残す。
    • 実は海外GⅠで勝った初の日本ダービー馬。
      • なんか意外だが、日本ダービー馬が勝ってるフォワ賞やニエル賞はG2。

ソダシ[編集 | ソースを編集]

  • 2018~
  1. 白毛のGI馬という奇跡。
    • GI勝利した白馬は日本のみならず世界でも初。
    • 純白の女神。
      • レース中の姿は他の馬と比べて一頭だけ異世界から来たかのよう。
    • ちなみに重賞の方はこのちょっと前にハヤヤッコが取った。
      • 地方重賞まで含めると十数年前にユキチャンが取っている。
  2. 白毛の由来は母方の祖母のシラユキヒメ。
    • シラユキヒメの白毛は突然変異で生じた。
    • 母のブチコも分類上は白毛なのだが、名前の通りブチがある。
      • ダルメシアンにも例えられる。駁毛はサラブレッドではあまり見ない。
      • ところが子供のソダシはシラユキヒメと同じく真っ白。遺伝っておもしろい。
    • 祖母・母・子と3代に渡って馬主は金子さん。
      • 白毛を増やしてるのは金子さんの趣味。良いと思います。
  3. こんなに白いのに、父の名はクロフネ。
    • 当のクロフネも芦毛で黒くなかったりする。
  4. 基本芝だけどダートでも走ってた。
    • クロフネの子だから試してみようというのは分かる。
    • フェブラリーSで3着だから適性がなかったわけでもない。
  5. 妹のママコチャのG1勝利と引き換える形で引退。
    • 知名度や人気的にせめて引退式くらいはやっても良かったのではないかと思ってしまう。

タイトルホルダー[編集 | ソースを編集]

  • 2018~
  1. 最強の逃げ馬。
  2. 周りに鹿がいる環境で育つ。
    • 「熊で鍛えた」って金太郎じゃあるまいし。
  3. 三代目タイトルホルダー。約10年ごとに現れる。
    • おそらく、最後のタイトルホルダーになる。
  4. 父ドゥラメンテの夢を継ぐもの。
    • 菊花賞、宝塚、そして凱旋門へ。
      • 凱旋門賞はやっぱダメだった。
  5. メロディーレーンの弟。
    • 姉はちっこいけど本馬は普通。
      • 母は不受胎や死産を繰り返しており、彼はその中でやっと生まれた普通の馬といえる。
  6. 22年宝塚記念のファン投票ではオグリキャップを抜き歴代最高記録を更新。
    • でも馬券は2番人気。
      • 見たい馬と勝ちそうな馬は違うから。まあコースレコードで勝つんですけど。
        • これでタイトルホルダーはレコードホルダーになった。
  7. 通称「タイホくん」

メイケイエール[編集 | ソースを編集]

  • 2018~
  1. 短距離で活躍する牝馬。
    • 長距離は無理。なぜって騎手がもたないから。
      • レース中の様子はロデオとか獅子舞とか言われている。
      • 走れば走るほど上の人のライフポイントがごりごり削れていく。
  2. 暴れて遅れるのが自分だけならまだしも周りの馬にも被害が出るのが困りもの。
  3. レース以外では真面目なお嬢様らしい、レース以外では。
    • レースも真面目過ぎて空回っているというのが真相らしい。
  4. 白毛一族だが、本馬は鹿毛。
  5. こんななので矯正具フル装備。
    • あれを全部説明できる人は立派な矯正器具博士。
    • が、なぜか桜花賞では矯正具全解除で挑んだ。
      • 結局、最下位に沈む。全解除はやはり暴挙だった。
  6. 血統的にはサンデーサイレンスの血が18.75%、デインヒルの血が12.5%。
    • 3割が気性難の血では暴れるのも無理はない。
      • むしろ、この血統でレース以外おとなしいことの方が謎かもしれない。

2022年クラシック世代[編集 | ソースを編集]

イクイノックス[編集 | ソースを編集]

競走馬/中央競馬のトークに、2022年天皇賞秋に関連する動画があります。
  • 2019~
  1. キタサンブラックの初年度産駒。
    • 祖父・祖母はふ~んって感じだが、曾祖父・曾祖母が恐ろしい。
      • サンデーサイレンス、ウインドインハーヘア、サクラバクシンオー、ダンシングブレーヴ、グッバイヘイロー、トニービンがいる。
        • 外国馬がてんこ盛り状態。そしてその中にいるサクラバクシンオーの異端さよ。
        • 更に世界的に見てしまうと大分影が薄くなるキングヘイロー(母父)よ。
    • キタサンブラックから出てキタサンブラックより黒い。
      • 黒い顔の真ん中が額から鼻先まで白い
        • この配色でエクレアなんて呼ばれる。
  2. 名前の意味は昼夜平分時、つまり春分・秋分のこと。
    • 春分生まれかなと思ったら誕生日は春分日の翌々日。二十四節気の春分ではあるけど。
    • 母がシャトーブランシュ(白い城)なので、両親の白黒が均等に合わさってるって意味かもしれない。
    • 往年の競馬ファンウマ娘ファンはイクノディクタスを連想する。
      • 実際は全然まったく関係ない。
      • 縁といえばイクノディクタス没の翌月生まれという程度。
      • イクノディクタスの半分でも頑丈だったら良かったんだが。
      • 実際「イクノイックス」という誤表記が多い。
  3. 末脚がキレキレ。
    • ダービーは一歩及ばず。
    • 天皇賞秋でG1初勝利。
      • あそこから差し切れるのか。
      • 最初は菊花賞を目指していたが、体質的な理由で天皇賞秋へ出走。
        • 距離適性じゃなくて出走後の体力回復の問題。
      • そしてその年の有馬でG12勝目を上げる。
    • と思ったら次のドバイで逃げて、その次の宝塚記念では追い込んで勝った。
      • つまり逃げないのではなくて脚質自在だったということである。
  4. ドバイに出たら怪物のような勝ち方をした。
    • その結果世界最強馬に。
  5. 秋は天皇賞でレコードを先行で取って勝ち、ジャパンカップでも先行で勝ってそのまま引退。
    • まさに最強のまま引退した形になった。
  6. この馬を語る時の疑問点「何故クラシック無冠なのか」
    • 枠が悪かったから勝てなかったという話がある。

スターズオンアース[編集 | ソースを編集]

  • 2019~
  1. 2022年の牝馬二冠馬。
    • 秋華賞はスタニングローズに振り切られた。
  2. 馬名の意味は「地上の星」。
    • 父ドゥラメンテ(音楽用語「はっきりと、荒々しく」)、母サザンスターズ。
      • なんか音楽一家っぽい。サザンスターズは英国馬だからそういう意味はないはずだけど。
  3. 大阪杯で恐るべき追い込みを見せるも惜敗に終わる。
    • 勝ったジャックドールをめっちゃ睨んでた。
  4. 2023年は勝てなかったものの掲示板は外さないという結果を残した。
    • 翌年のドバイで初めて掲示板を外す(主戦騎手が怪我したせいがあるとはいえ)

ドウデュース[編集 | ソースを編集]

  • 2019~
  1. 2022年のダービー馬。
    • その他朝日杯、有馬記念に勝利している。
  2. 食べること大好き。
    • 飼葉だけでは足りないのか、そこらへんの草まで食べる。
      • 文字どおり「道草を食う」
    • サプリメントも厩務員の手から直に食べちゃう。
  3. プール大好き。
    • 調教の一環として行っているのに流れに乗って遊ぶことを覚えてしまった。

ジオグリフ[編集 | ソースを編集]

  • 2019~
  1. ドウデュースと並ぶイクイノックスに先着したことがある皐月賞馬。
  2. なのに一時期ダートで走っていたことがある。
    • 血統的にダートを走れそうだったのと、サウジカップで4着になったせい。
    • なお結果はダメだった模様。

2023年クラシック世代[編集 | ソースを編集]

デルマソトガケ[編集 | ソースを編集]

  • 2020~
  1. 日本から来た凄いダート馬。
  2. 地上最速のトカゲ。
    • 本当はデルマ+ソトガケ。トカゲではありません。
      • 「外駆け」かと思いきや相撲の技「外掛け」が由来。
        • ある意味海外遠征するにはうってつけの名前か?
  3. 父はマインドユアビスケッツ。
    • アメリカ人からは「デルマソトガケ」が発音しにくいのもあって「ベイビー・ビスケット」とも呼ばれる。
  4. 全日本2歳優駿勝利で日本最強2歳ダート馬に躍り出る。
  5. 豪華!ダービー三連戦。
    • サウジダービー3着、UAEダービー勝利、ケンタッキーダービー6着。
    • ドゥラエレーデとかいう圧倒的に変な奴がいたので目立たなかったが、なかなか凄いことしてる気がする。
      • ドゥラエレーデとは新馬戦を始め何回か走ったことがある。
    • ケンタッキーダービー勝ち馬はMage。お前も相撲なのか?
  6. ブリーダーズカップ・クラシックでは驚きの2着。
    • 日本馬ではこの時点で最高成績。
    • 世界最強の3歳ダート馬となる。
      • 一応、UAEダービー時点で3歳ダート馬ではレーティング最上位になってた。
  7. 3歳はずっと海外で走ってた。
    • 結果的にそうなっただけで、ジャパンダートダービーや東京大賞典に出る予定はあった。
      • 予定通りなら、ダービー四連戦になってる。

ドゥラエレーデ[編集 | ソースを編集]

  • 2020~
  1. ドゥラメンテの仔だからドゥラ。
    • エレーデは「偉いで」が訛ったものかと思ったら、イタリア語で「継承者」のことらしい。
    • 未勝利戦で同じくドゥラメンテ産駒のドゥーラに敗れ2着だったこともある。
    • 通称「ドゥラメンテ産駒の面白枠」
  2. ホープフルステークスの勝ち馬。
    • なのに、クラシックは無視して、海外ダート路線へ向かうことに。
      • 最初のドバイダービーは2着という好戦ぷり。お前ダートもいけるんじゃないかと期待される。
  3. その後は日本ダービーへ出走するもスタート直後落馬という形で競走中止。一応カラ馬の状態では完走した模様。
    • 次はジャパンダートダービーと思いきや古馬相手の宝塚記念への出走を表明した。
      • 結局宝塚はダメだった。さあ次はどうするのか。
  4. 秋シーズンはセントライト記念に出走したが8着。
    • 2200は長いと分かったのか菊花賞には出なかった。
    • その後はチャンピオンズカップと東京大賞典に出て共に3着と好走。ドバイの結果と合わせてやっぱりダート馬なのではないかと言われるようになる。
  5. やっぱり古馬になった後もダート路線に進んでおり翌年のフェブラリーステークスは飛んだが、ドバイワールドカップで5着となる。
    • やっぱりホープフル勝てたダート馬ではとみんな考えるようになった。
      • のわりに時々芝戦線に戻ろうとする。
  6. 母親はサトノダイヤモンドの妹。
    • これで薄々分かる人もいるかもしれないが、実はセレクトセールで1億で落札された坊ちゃんである。
      • なお元は4歳になる前に既に回収した模様。
  7. 騎手もローテもへんてこりん。

ドゥレッツァ[編集 | ソースを編集]

  • 2020~
  1. 遅れてきたルーキー。
    • 菊花賞馬にありがち。
    • でも2歳で勝ち上がってる。
      • この時点でサトノグランツ倒してるの怖い。
    • いわゆる夏の上り馬。
  2. 重賞初勝利が菊花賞。
    • 皐月賞馬とダービー馬を下しての菊花賞勝利は24年ぶりの出来事。

ライトクオンタム[編集 | ソースを編集]

  • 2020~
  1. γ
  2. ディープインパクトの忘れ形見。
    • ディープ産駒全世代G1制覇の期待がかかる。
      • と思ってたけど、オーギュストロダンが英国で達成してたわ。
  3. 鞍上・武豊で臨んだシンザン記念で勝利。
    • ディープインパクトを思い起こさせる。
    • 上の人はこれがJRA重賞通算350勝の節目だった。
  4. 残念ながら競走中の怪我で4歳の初夏に引退。

ワイズメアリー[編集 | ソースを編集]

  • 2020~
  1. 父キタサンブラック、母父ディープインパクト。
    • キタサンブラックの父ブラックタイドはディープインパクトの全兄なので、「全兄弟2x2」の強烈なインブリード。
      • …まではマイネルレオーネなどいるにはいるのだが、この馬の場合父と母父を書くだけでわかる人にはわかってしまうのがすごいところ。
  2. この血統からデビュー前どころか名前がつけられる前から注目されてしまった。
    • もっともここの牧場が過去に全姉妹2x2をやってたりするので、狙っている可能性は十分あるのだが。

ミトノオー[編集 | ソースを編集]

  • 2020~
  1. 令和の馬なのに名前が昭和3~40年代くらいのいそうな感じがする。
  2. ロゴタイプ産駒初の中央重賞馬。

ヤマニンウルス[編集 | ソースを編集]

  • 2020~
  1. 砂の大器。
    • またの名を「23世代ダートの最終兵器」
  2. 新馬戦でレコード級の圧倒的着差を見せる。
    • なおあまりにも飛ばし過ぎたので乗ってた騎手が怒られた。
    • ちなみにこの時の2着は後に交流重賞を勝っている。
  3. その後も順調に勝ち続け無敗でオープン入り、からのいきなりのプロキオンステークス(重賞)に参戦。
    • 色々心配されたがここでも3馬身差で勝ち、無敗で重賞馬となる。
  4. 体質とかの問題で半年に1回くらいしか競走に出てこない。
    • 上記で順調とは言ったが、無傷で重賞を勝つのに2年掛かっている。

2024年クラシック世代[編集 | ソースを編集]

シンエンペラー[編集 | ソースを編集]

  • 2021~
  1. 凱旋門賞馬ソットサスの全弟。
    • これだけ見ると何で日本で走ってんだろうと思ってしまう。
  2. 馬主はサイバーエージェントの藤田社長。
  3. 京都2歳ステークスで差して勝ち、ホープフルでも2着と好走している。
    • 3歳になった後も弥生賞2着、皐月賞5着、ダービー3着と好走。
      • そして大方の予想通り凱旋門賞に。

ステレンボッシュ[編集 | ソースを編集]

  • 2021年~
  1. 見事な名牝だらけの血統を持つ桜花賞馬。
    • ウインドインハーヘア牝系の馬であり、種牡馬経由でダンシングキイ、エアグルーヴ、シーザリオが入っている。

ダノンデサイル[編集 | ソースを編集]

  • 2021年~
  1. ダノンはマイラーまでというジンクスを終わらせた馬。
  2. 京成杯をうんこ垂らして勝った。
  3. 皐月賞は出走直前で怪我して競走除外。
    • 後から考えるとある意味これが運命だったんだなと思う。
  4. そして日本ダービーを勝ち。ダービー馬に。

シュガークン[編集 | ソースを編集]

  • 2021年~
  1. キタサンブラックの弟のドゥラメンテ産駒。
    • 何だこの同期の因縁の塊は。
    • なおキタサンブラックの方も説明不要なレベルで種牡馬として活躍しているので、ちょいちょいキタサンブラック産駒と間違えられる。
  2. 砂糖君。
  3. 馬主はにゃんこ大戦争を開発している所の社長。
  4. 2月デビューで青葉賞を勝ち、ダービーへのチケットをもらう。
    • ダービーの結果はだめだったが、まあこのローテでここまで行けたなら上等か。
      • 兄的にも父の種牡馬成績的にもどう見ても順調なら秋に期待できるタイプだし、これは仕方ないか。