茨城の駅

提供:chakuwiki

日本の駅 > 関東 > 茨城

茨城県内にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。


主な駅[編集 | ソースを編集]

常磐線[編集 | ソースを編集]

羽鳥駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:小美玉市羽鳥

  1. 小美玉市にある唯一の駅だが、中心市街地からはかなり遠い。
  2. 2020年に駅舎がリニューアルされた。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 関鉄グリーンバス 小美玉市コミュニティバス(おみたん号)

岩間駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:笠間市下郷

  1. 岩間町の中心駅。
  2. 2012年に駅舎がリニューアルされた。
  3. 駅の近くにヤバいユーチューバーが住んでいるわけではない。
    • そもそもあの人の出身地は岩倉市だ。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 茨城交通

友部駅の噂[編集 | ソースを編集]

友 部
と も べ
岩 間   内 原
Iwama Tomobe Uchihara

所在地:笠間市友部駅前

  1. 常磐線と水戸線の分岐駅
    • もともと友部以北は水戸鉄道として現在の水戸線の一部として開業したため、土浦方面は本線の常磐線が分岐する線形。
  2. なぜかこの駅の発車メロディーが坂本九の曲だらけである。
    • 坂本九が子供の時にここに疎開していたらしい。
      • 坂本九が疎開してたのは笠間。だけど水戸線ということで友部らしいが。
    • 部駅でひとりぼっちの夜という歌詞が流れるのはいかがなものかとは思うが…
  3. 駅の隣に日本たばこ農業の工場が存在する。
    • 実際にたばこ工場を結ぶ貨物線が存在する。
      • ここで生産されたたばこはコンテナに入れ、コンテナを連結した電気機関車で都心に運んでいる。
  • 路線 - 常磐線 水戸線
  • バス - 茨城交通 かさま観光周遊バス

内原駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:水戸市内原町

  1. 旧内原町の中心駅であり、イオンモール水戸内原への最寄駅。
  2. 友部駅から当駅まで上下線が大きく分かれている。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 茨城交通

偕楽園駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:水戸市常磐町

  1. 毎年2~3月に偕楽園で行われる「梅まつり」期間中のみ、一部下り列車(特急も含む)に限り停車。臨時駅。
    • Suicaは使用不可。
      • 2013年から使用できるようになった。
  2. 上り列車は、梅まつり期間中も含め全て通過。というかホームがない。
    • 梅まつりの客を水戸市街地に誘導するために、地元が猛反対したらしい。
      • しかし、その客は偕楽園駅から電車で移動して、水戸駅で折り返している。
        • その偕楽園駅の東側の坂を上った先は天王町や大工町で、「市街地」というにはちょっとアレ。
    • 1993年3~5月の期間限定で、「第10回全国都市緑化フェア」開催のために上りホームが設けられたことがある。
  • 路線 - 常磐線

勝田駅の噂[編集 | ソースを編集]

勝 田
か つ た
水 戸   佐 和
Mito Katsuta Sawa

所在地:ひたちなか市勝田中央・大字武田

  1. 籠原小金井と同じポジションだが、特急始発駅の分妙な優越感がある。
    • 勝田ではなく、土浦だと思う。
    • 勝田が近いのは前橋。ターミナル駅より北の特急始発駅。
      • 県庁所在地の前橋と一緒にするなよ。
    • 勝田と同じポジションは籠原、小金井じゃなく前橋、黒磯だと思う
    • 黒磯は水上と同じポズィションだと思う。
      • 前橋と同じポズィションは、氏家だと思う。
    • 甲府銚子鹿島神宮保田勝浦と同じポズィションだと思う。
  2. 昔は駅名=市名だった。
  3. 1番線のホームが狭い。
    • だってJRのおこぼれ(?)じゃない。
  4. しばらく前に橋上駅舎になった。
  5. 特急列車が、不審な人を追いかけた勇敢な車掌を置いて発車してしまうという珍事があった。
    • しかも、発車に気を取られているうちに不審人物には逃げられるわ電車は遅れるわで踏んだり蹴ったりである。

東海駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:那珂郡東海村舟石川駅西

  1. JR東海の駅…ではない。
    • もちろん、JR東海に「東日本駅」があるわけでもない。
  2. 村なのに一部の特急が止まる。
  3. 乗車人員は5000人前後を推移していて日本の村に所在する駅としては最多の乗車人員を誇る。2位は新白河駅(西郷村)3000人くらい。
    • ただし新白河は一部白河市にかかっている。それにしても新幹線駅より多いことがすごい。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 茨城交通

大甕駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:日立市大みか町

  1. 初見の読み書きが難しい駅名。
  2. 上記の東海駅から当駅までの駅間距離(7.4km)は茨城県内の常磐線では最長。
  3. 2005年までは日立電鉄が接続していた。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - ひたちBRT 茨城交通

常陸多賀駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:日立市多賀町

  1. 常磐線では唯一駅名に「常陸」がつく駅。
  2. 戦前の1939年までは下孫という駅名だった。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 茨城交通 JRバス関東

日立駅の噂[編集 | ソースを編集]

日 立
ひ た ち
常陸多賀   小木津
Hitachi-Taga Hitachi Ogitsu

所在地:日立市幸町

  1. 昔は助川という駅名だった。
  2. 日立製作所の最寄り駅
    • 日立市民は日立製作所の人には様様扱いである。
      • HITACHIのおかげか、日立関連の会社が多い。
      • 逆。企業名から市ができて駅名がついた。
        • 日立製作所から常磐線を結ぶ線路も存在する。
          • 線路が結んでいた事業所は三菱重工の子会社になり、ほぼ同時期に線路も廃止された。
        • 少なくとも「日立市」という市名は日立製作所由来ではない。
    • 駅周辺が、日立製作所発祥の地。
    • 現在は日立製作所の最寄り駅では無い。駅南側の一番大きな工場は三菱重工との合弁会社に、日立駅周辺の他の拠点は殆どが子会社に分社化されたため、日立駅周辺に日立製作所は殆ど残っていない。
  3. ちなみに、「ひたち」という名は常磐線特急の列車名にも使用されている。
    • スーパーひたちとかフレッシュひたちとか。
    • それは旧国名の「常陸」であって「日立」じゃない。
  4. 2011年に駅舎が市出身の有名建築家の妹島和世設計のものに建て替えられた。
  5. 海方向がガラス張りになっており、太平洋(と国道6号の日立バイパス)が見渡せる。
    • 海が見える位置にカフェも併設されている。
    • 高低差があるので海岸まで降りるのは難しいが、その分視界が開けているので、海岸口徒歩すぐの階段からの景色はなかなかに見事。
  6. ストリートピアノが設置されている。駅からの景色が景色だけに、弾く姿も映えそう。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 茨城交通

十王駅の噂[編集 | ソースを編集]

十 王
じゅうおう
小木津   高 萩
Ogitsu Jūō Takahagi

所在地:日立市十王町友部・友部東

  1. 旧川尻駅。
  2. KIOSKさえない。
  3. 王の字の|(縦棒)を取ると、阪急の十三駅になってしまう。
  4. 「十王の意気~高らかに~♪」と歌うヤカラはいないはずだ。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 茨城交通 椎名観光バス

高萩駅の噂[編集 | ソースを編集]

高 萩
たかはぎ
十 王   南中郷
Jūō Takahagi Minami-Nakagō

所在地:高萩市大字安良川

  1. 多くの留置線が有って、この所京浜東北線を引退したと思われる209系が中抜きされて6両になった状態で留置(放置?)されている。
    • 6(両)×2(編成)×3(本の留置線)=計6編成36両(多分)。どう使うのか知らないけど。
      • と思ったら1番後ろの列は1編成だけで、計5編成30両。幕はまだ「京浜東北線」のままで、抜かれてるのに「6DOORS」のステッカーもそのまま。
    • E531系が入ったときは415系がいたり、E657系が入ったときは651系やE653系がいたりと行き場のない車両の一時的な置き場所にされている。
  2. フレッシュが何本か到達する。
    • こっちは奥の方(いわき方)の留置線で休んでいる。
    • 品川・上野発着の普通列車も何本かある。ちなみにE531系基本編成の上限もこの駅まで。
  3. ホームに牛がいる。
  4. ここの発車メロディーは神曲だと自負している。
    • 「あしたの風とひとつになって」という曲ですな。鐘の音が特徴。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 茨城交通 椎名観光バス

南中郷駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:北茨城市中郷町小野矢指

  1. いわき以南の駅では最も利用者が少ない駅。
  2. 1971年までは駅の西側にある炭鉱までの専用線が延びていた。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 茨城交通 北茨城市巡回バス

大津港駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:北茨城市大津町北町

  1. 茨城県最北端兼最東端の駅。1950年までは関本という駅名だった。
  2. 2013年に駅舎がリニューアルされた。
  3. 北茨城市の主な観光名所には磯原駅より当駅の方が近い。
  • 路線 - 常磐線
  • バス - 北茨城市巡回バス

鹿島線[編集 | ソースを編集]

潮来駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:潮来市あやめ

  1. 読みは「いたこ」初見じゃ読めない。
  2. 恐らくこの駅が千葉県から最も近い。
  3. あやめまつりの時は沢山の人が利用する。
    • だって住所自体が・・・
  4. 市の中心駅だが2020年3月Suicaが導入されSuica簡易改札機が設置されるのと引き換えに無人駅に降格する。
    • 一度は無人駅になったが市が観光協会に依頼する形で有人駅として継続することになった。
  • 路線 - 鹿島線
  • バス - 関東鉄道・池田交通・関鉄グリーンバス

延方駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:潮来市宮前

  1. 「のぶかた」と読む。
  2. 折返しすることが可能らしい。
    • 震災の時一時的にそうなった。
  3. 道の駅いたこの最寄り駅。
  • 路線 - 鹿島線
  • バス - 潮来市循環バス・鹿行広域バス・広域連携路線バス

鹿島神宮駅の噂[編集 | ソースを編集]

鹿島神宮
かしまじんぐう
延 方   鹿島サッカースタジアム
Nobukata Kashima-Jingū Kashima-SoccerStadium

所在地:鹿嶋市宮下・大字宮中

  1. 茨城県直流電化最北端の駅(かな?)
    • その通り。2番目が、TX守谷駅
    • もしもし、古河をお忘れですよ
      • 鹿島神宮・守谷・古河、いずれも同じ路線上にないから、きちんと正しい地図が頭に入っていないと判らないよな。
    • 鹿島線内だったら当然ながら終点の鹿島サッカースタジアム(臨時駅。信号所・貨物駅としては常設)が北限。
  2. 鹿島線から鹿島臨海鉄道への乗り継ぎは良い。
    • 良いというか良すぎて5分も経たずに走り去っていく。缶ジュース1本分ぐらいの余裕は欲しい。
  3. JR東日本の東京近郊区間なのに、鹿島線も鹿島臨海鉄道もローカル線の雰囲気。それらよりも高速バスの本数が多い。特に東京駅行きは1本乗り過ごしても10~20分待てば次のバスに乗れる。予約不要なので気が楽。
    • お陰様であやめが廃止になってしまった。さざなみももうすぐそうなりそう。
  4. あの忌まわしき「もしもし券売機kaeruくん」が設置されている。
    • 言うまでもないが現在は指定席券売機に置き換えられている。
  5. 東京近郊区間なのにICカードが使えないが駅前から出てるかしま号では使える。
    • 2020年3月改正で使えるようになりました。
  6. 鉄道の駅というよりもはや東京へ向かう高速バスの拠点と化してる。
  7. 小見川駅から神栖市のコミュニティバス(関東鉄道バス委託)が利根川と市境を越えはるばるやってくる。
  • 路線 - 鹿島線
    • 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線は乗り入れているだけで運転系統はここが境界駅。
  • バス - JRバス関東・JRバステック・関東鉄道・京成高速バス・京浜急行高速バス・鹿嶋コミュニティバス・神栖市コミュニティバス

鹿島サッカースタジアム駅の噂[編集 | ソースを編集]

鹿島サッカースタジアム
かしまさっかーすたじあむ
鹿島神宮   荒野台
Kashima-Jingū Kashima-Soccer Stadium Kōyadai

所在地:鹿嶋市大字神向寺

  1. 鹿島神宮駅の項でも触れられている通り、鹿島線内の直流電化最北端の駅。
    • 大洗鹿島線ではここを過ぎると架線が無くなっててびっくりする。
  2. 通常時は鹿島臨海鉄道の旅客列車は全て通過。
    • スタジアムで試合開催時のみ停車。さらに多くの乗客が見込まれる際は、JR鹿島線の旅客列車も乗り入れる。故に臨時駅扱い。
      • 途中渋滞があるかもしれないが座れる高速バス、時間に縛られないけどやはり渋滞覚悟のマイカー、何事もなければ時間通りに到着できるだろうけど立席覚悟の列車、サッカー観戦の交通手段どうします?
    • JR鹿島線・鹿島臨海鉄道の信号所および貨物駅としては常設。
      • 元々は北鹿島貨物駅だった。
  3. 鹿島神宮行きのE257がここの側線に夜間滞泊している。
  4. 日韓ワールドカップの際には東京駅からここまで臨時列車が直通運転される予定だったが、前年の明石の歩道橋事故の影響で混雑を避けるため、一駅前の鹿島神宮駅で乗り換えということになった。

水戸線[編集 | ソースを編集]

小田林駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:結城市大字小田林

  1. 水戸支社最西端の駅。
  2. 駅名の読み(おばやし)と地名の読み(おばやし)で相違がある。
  • 路線 - 水戸線

結城駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:結城市大字結城

  1. 結城市の中心駅。
  2. 市制40周年を記念して1994年に駅舎が橋上駅へリニューアルされた。
  • 路線 - 水戸線
  • バス - 結城市巡回バス

川島駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:筑西市伊佐山

  1. 筑西市の最西端にある駅。2015年に駅舎がリニューアルされた。
  2. 1997年までは駅の北西にある工場への専用線が通っていた。
  • 路線 - 水戸線
  • バス - 結城・下妻広域連携バス

下館駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:筑西市

  1. なぜ今まで記事が作られなかったのか不思議だ。
  2. 三路線が集う駅だが、水戸線以外はローカル線である。
  3. なんか商業施設あるなと思ったら、でかい筑西市役所だった。

新治駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:筑西市新治

  1. 協和町の中心駅。
  2. 2021年に駅舎がリニューアルされた。
  • 路線 - 水戸線

大和駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:桜川市高森

  1. 筑波鉄道筑波線の廃止後の1988年に開業した駅。
  2. 桜川市役所本庁舎への最寄駅だが、4km近い距離がある。
  • 路線 - 水戸線

岩瀬駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:桜川市犬田

  1. 桜川市の代表駅であり、旧岩瀬町の中心駅。
  2. 1987年までは筑波鉄道筑波線が接続していた。
  • 路線 - 水戸線
  • バス - 桜川市・つくば市間広域連携バス(ヤマザクラGO)

稲田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:笠間市稲田

  1. 当初は石材運搬用の貨物駅として開業。その1年後に旅客営業も開始された。
  2. 1898年完成の駅舎が長らく残っていたが、老朽化もあり2013年から現在の駅舎に。
  • 路線 - 水戸線

笠間駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:笠間市下市毛

  1. 市名を冠する駅だが、代表駅は友部駅である。
    • 笠間と友部とその他諸々が合併した際に、実は友部町の方が人口が多いことが発覚したため、市役所を旧友部町に置いたことが原因。笠間市は名前を残すことだけで精一杯だったとか。
      • なので、合併以前(2006年より前)の時刻表では、笠間市の代表駅は笠間になっている。
    • ちなみに友部はみどりの窓口があるが、笠間は撤去されてしまった。まあ笠間には特急が来ないから仕方ないね。
  • 路線 - 水戸線
  • バス - 茨城交通 かさま観光周遊バス

宇都宮線[編集 | ソースを編集]

古河駅の噂[編集 | ソースを編集]

古 河
こ が
栗橋   野木
Kurihashi Koga Nogi
タワーマンションが目立つ…
  1. 県内唯一のJR宇都宮線の駅であり、電車の本数が水戸より多い。
    • と言うかTX守谷以南と常磐線取手以南に次いで電車の本数が多いはず。
      • 次いでじゃなくて守谷、取手と同じく日中6本。
        • 日中以外も含めたら守谷、取手に次いでというのは事実でしょ・・・てかそもそも守谷に関しては日中6本以上あるし。。
    • 湘南新宿ラインのおかげで山手線の西半円、横浜へのアクセスが他地域に比べて良くなった。
      • JR古河駅から湘南新宿ラインで横浜駅まででさえ90分で行けるご時世で県庁所在地の水戸までの所要時間は小山駅を経由してもおよそ120分。
      • 宇都宮線はここから混む
      • なお、県内で池袋駅以南に乗り換えなしで往復出来るのはこの駅のみ!
    • ちなみに新古河駅は埼玉県北川辺町。
      • 合併して加須市になった。古河駅から歩くと30分かかるので注意が必要。
    • おまけにJR西日本の車両も来る。
      • 2010年3月、引退決定。
      • 「ホームライナー古河」の489系
    • そのせいで本ページでは「その他」に分類されてしまった。東北本線だというのに。
  2. エレベータを設置したのはいいが、駅事務室があるから止むを得ないとはいえ、上り方小山側の階段があれほどまで狭くしてしまったのは・・・。どうにかできなかったものか・・・。
  3. 駅の中はやたらチャリが横断する。つか通っていいのか??
    • いいわけない。チャリ通行禁止の張り紙があったはずだけど。
    • ここAから始まる市の中心の駅もチャリ横断OK!!
    • チャリは手押しで歩くならOK。でも大抵の人が乗ったまま突っ走る。
  4. 駅前の大型ビジョンはいったい何の役に立っているのやら。
  5. 駅の中に立ち食いそば屋を作った意味が分からない。乗換駅でもないし、東口に元からあるし。
    • 普通と快速を乗換る人もたまにいる。
      • いや、それ同一ホーム乗換だし(乗換には変わりないか)。階段コンコース上にあるそば屋にはまず立ち寄らないって。乗換時間も数分しかないし。
    • 東口のより30円高いよ!
  6. 朝の通勤時に加え、日中にも毎時1本の古河始発上野行きがある。
    • 昼間のやつは宇都宮行きの運転区間を短縮しただけ。JR利用者減少の象徴。
    • 1番線(下りの退避ホーム)に入って来て、出発する時はそのまま下り線を少し逆走して上り線に入っていく。下りホームから出発するのでここから乗る人はちゃんと掲示板見たり放送を聞いていないと、慌てて上りホームから移動するハメになる。
    • 野木以北の減少が酷いんだろうな。野木や小山の東京通勤者の減少だろうな >JR利用者減少の象徴。
  7. 綺麗な2面4線の島式ホームで、日中の上り普通電車はここで快速や貨物列車の待ち合わせや通過待ちを行う。
    • 下りの緩急接続は久喜で対応している。日中下りの退避ホームは古河発着のホームに充てられることが多い。

水郡線[編集 | ソースを編集]

上菅谷駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:那珂市菅谷

  1. 那珂市の代表駅であり、旧那珂町の中心駅。
  2. 水郡線の本線と常陸太田支線は当駅で分岐している。
  • 路線 - 水郡線
  • バス - 茨城交通

瓜連駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:那珂市瓜連

  1. 瓜連町の中心駅。
  2. 本線の開業当初は当駅が終点だった。
  • 路線 - 水郡線

常陸大宮駅の噂[編集 | ソースを編集]

駅舎

所在地:常陸大宮市南町

  1. 常陸大宮市の代表駅であり、旧大宮町の中心駅。
  2. 水戸から来た一部の列車は当駅で折り返す。
  • 路線 - 水郡線
  • バス - 茨城交通 常陸大宮市市民バス

玉川村駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:常陸大宮市東野

  1. 駅舎には玉川村駅交流センターが併設されており、無料で利用できる図書室もある。
  2. 関東の駅百選に選定されている。
  • 路線 - 水郡線
  • バス - 茨城交通

山方宿駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:常陸大宮市山方

  1. 山方町の中心駅。
  2. 上記の玉川村駅と同様、駅舎にはコミュニティセンターや図書館が併設されている。
  • 路線 - 水郡線

西金駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:久慈郡大子町大字西金

  1. 駅の設置時には周辺住民と当時の鉄道省側が揉めまくり、一時は延伸中止かという事態になっていた。
  2. 旅客駅としては単式1面1線の駅だが、当駅から水戸駅まで砂利を輸送するための側線があるため、折り返し運転に対応できるようになっている。
  • 路線 - 水郡線
  • バス - 太子町町民無料バス(みどり号)

袋田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:久慈郡大子町大字袋田

  1. 日本三名瀑の一つである袋田の滝への最寄駅。
  2. ホームは単式1面1線。かつては相対式2面2線だったが現在は1面が廃止され、旧ホーム跡には袋田の滝のミニチュアが置かれている。
  • 路線 - 水郡線
  • バス - 茨城交通

常陸大子駅の噂[編集 | ソースを編集]

車両基地

所在地:久慈郡大子町大字大子

  1. 大子町の中心駅であり、水郡線における東京近郊区間の最北端の駅。
  2. ついでに言えば車両基地のある運行上の拠点駅でもあり、当駅から北は運行本数が更に減る。
  3. 駅の前には蒸気機関車のC12が静態保存されている。
  • 路線 - 水郡線
  • バス - 茨城交通 太子町町民無料バス(みどり号)

下野宮駅の噂[編集 | ソースを編集]

下 野 宮
しものみや
常陸大子   矢祭山
Hitachi-Daigo Shimonomiya Yamatsuri yama

所在地:大子町大字下野宮

  1. 茨城県非電化最北端の駅かな?
  2. 茨城県内の駅の中で唯一東京近郊区間に含まれない。無人駅でありSuicaも使えない。約半数が常陸大子止まりであり、駅周辺は国道からも近く人里離れてるっていう印象はないが、何か冷遇されている感がある。東隣の常磐線はいわきまで近郊区間だというのに…。
  3. 「しもつけみや」ではない。

常陸太田駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:常陸太田市山下町

  1. 常陸太田支線の終点であり、常陸太田市の代表駅。
  2. 2005年までは国道を挟んだ駅前に日立電鉄の常北太田駅があり、乗換が可能だった。
  3. 2011年から新しい駅舎が使用されている。
  • 路線 - 水郡線
  • バス - 茨城交通

関東鉄道[編集 | ソースを編集]

水海道駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:常総市水海道宝町字石宮2861番地2

  1. 当駅を境に本数が変わる。
    • 又、当駅以北は単線、以南は複線となる。
  2. 運行形態的にも、ここで分かれる。
    • わざわざ車両交換させられるのは面倒臭い。守谷折り返しにしてもらいたい。
  3. 常勝市役所の最寄り駅。
  • 路線 - 常総線
  • バス - 関東鉄道 関鉄パープルバス

三妻駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:常総市三坂町

  1. 圏央道常総ICから近い駅はここ。
  2. 東側遠方に変な建物が見える。
  • 路線 - 常総線

石下駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:常総市新石下

  1. 読みは『いしげ』だ。
    • 『いしした』や『いししも』と読み間違えやすい。
  2. 城が見える。
  • 路線 - 常総線
  • バス - 関鉄パープルバス

宗道駅の噂[編集 | ソースを編集]

駅舎

所在地:下妻市宗道

  1. 住宅地にある半無人駅。
    • 土地勘が無いと、どこに駅があるのか分からない。また東側からは入れず、水路に沿ってそのまま歩いて来ると大回りさせられる。
      • 関係無いけど駅北側の踏切の辺りにある水路に沿った道は、入口に突起部が3~4つあって躓く。足を引っ掛けて、そのまま目の前の車道に転がってしまったら事故になって危険。
  2. 最近建て替えられたらしく、駅舎が小洒落ている。駅舎だけなら中心駅の下妻より綺麗。
  • 路線 - 常総線

下妻駅の噂[編集 | ソースを編集]

駅舎

所在地:下妻市小野子町・下妻乙

  1. 東口は出口扱いになっているが、西口駅舎内から歩道橋を渡らせられるだけ。
  2. 文字通り市の中心駅。市役所や文化施設群の最寄り。
    • これらは駅の東側。上記、歩道橋を上り下りさせられる羽目になる。
  3. 駅前にいきなりさがみ典礼がある。
  4. 土浦駅行きのバスが出ている。
  5. シモンちゃんバスが出ている。
  • 路線 - 常総線
  • バス - 関鉄パープルバス シモンちゃんバス

鹿島臨海鉄道[編集 | ソースを編集]

常澄駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:水戸市塩崎町

  1. 普通の人は『つねずみ』と読めない。
  2. 国道245号を北上すると那珂湊駅まで意外と近い。鹿島臨海鉄道沿線から那珂湊駅に行く際はここからが便利。
  • 路線 - 大洗鹿島線

大洗駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:東茨城郡大洗町桜道

  1. 大洗町唯一の駅。
  2. 鹿島臨海鉄道の本社及び、大洗車両区の最寄駅。
  • 路線 - 大洗鹿島線
  • バス - 茨城交通

新鉾田駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 当駅が新鉾田駅と名乗る理由は2007年に廃止された鹿島鉄道線鉾田駅があったから。
    • 但し、鉾田市役所はこちらの方が近い。
    • 当駅から鉾田駅までは徒歩20分の距離だった。
  • 路線 - 大洗鹿島線
  • バス - 関鉄グリーンバス 京成バス 茨城交通 日立電鉄交通サービス

長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:鹿嶋市大字角折

  1. 日本一長い駅名の一つである。
    • 逆にそれ以外に書くことがあまりない。ちなみに今は日本一でもなくなっている。
  • 路線 - 大洗鹿島線

ひたちなか海浜鉄道[編集 | ソースを編集]

工機前駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:ひたちなか市武田

  1. 元々は日立工機(現工機ホールディングス)の従業員専用の駅だった。
    • 一般旅客営業が開始となったのは1998年から。
  2. 日立工機の社名変更(2018年6月)に伴い、翌2019年から現在の駅名に改称された。
  • 路線 - 湊線

金上駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:ひたちなか市大平

  1. 陸上自衛隊勝田駐屯地への最寄駅。
  2. 1面1線の駅だったが、2010年に交換設備の復活工事が行われ1面2線の交換可能駅に。
  • 路線 - 湊線
  • バス - 茨城交通 スマイルあおぞらバス

高田の鉄橋駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:ひたちなか市横堰

  1. ひたちなか海浜鉄道発足後に初めて開業した駅。
  2. 駅名の由来は近くに架かる中丸川橋梁の愛称「たかだのてっきょう」から来ている。
    • 計画段階での仮駅名は「柳が丘」だった。
  3. 駅の真上を国道245号の湊陸橋が跨いでいる。
  • 路線 - 湊線

那珂湊駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:ひたちなか市釈迦町

  1. 那珂湊市の代表駅。
  2. ひたちなか海浜鉄道の本社や湊線の車両基地も併設されている。
  3. 湊線唯一の有人駅でもある。
  • 路線 - 湊線
  • バス - 茨城交通 スマイルあおぞらバス

殿山駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:ひたちなか市牛久保

  1. ひたちなか市役所那珂湊支所(旧那珂湊市役所)への最寄駅。
  2. 1996年から2010年まではラッシュ時のみ駅員が配置されていた。
  • 路線 - 湊線

美乃浜学園駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:ひたちなか市磯崎町

  1. ひたちなか海浜鉄道では最も新しい駅(2021年開業)。
  2. 駅名通りひたちなか市立美乃浜学園(小中一貫校)への最寄駅。
    • 計画段階での仮駅名は「学校」だった。
  3. 駅名の由来は万葉集の「磐城山 直越来益 礒埼 許奴美乃濱尓 吾立将待」から。
    • 実を言うと、磐城山とは静岡県の山なので美の浜は静岡にあるのではないかといわれている…。
  • 路線 - 湊線

阿字ヶ浦駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:ひたちなか市阿字ヶ浦町

  1. ひたちなか海浜鉄道湊線の終点。
  2. 当駅から国営ひたち海浜公園までの延伸計画があるようだ。
  • 路線 - 湊線
  • バス - 茨城交通 スマイルあおぞらバス

真岡鐵道[編集 | ソースを編集]

下館二高前駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:筑西市岡芹

  1. 真岡鐵道の転換当日に開業した。
  2. 駅の東側に見える建物は下館二高、ではなく中学校。
  3. この辺りの公共交通が他にデマンドタクシーしかないこともあり、ここから下館までの地元民の利用も結構ある。
  • 路線 - 真岡線

折本駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:筑西市折本

  1. 転換前は真岡線の茨城県内唯一の駅だった。
  2. 転換後だいぶ経ってから交換設備が復活した(2001年)。
  3. 国鉄時代の駅舎が残っている。
  • 路線 - 真岡線

ひぐち駅の噂[編集 | ソースを編集]

所在地:筑西市折本

  1. 真岡鐵道の茨城県内最北の駅。
  2. 駅名が平仮名なのは開業時に既にあった秩父鉄道の樋口駅を意識したらしい。
    • 会社も違うし貨物扱いがある訳でもないのに。何なら「下館樋口」(今なら「筑西樋口」)とでもすればここまで茨城県である事もわかってよいと思う。
  • 路線 - 真岡線