藤枝MYFC

提供:chakuwiki

藤枝MYFC[編集 | ソースを編集]

  1. 藤枝ネルソンCFを母体に立ち上げたチーム。サッカー育成コミュニティサイトのMYFCが運営する。
  2. 2009年は県1部をブッチギリで優勝した筈なのに、他の試合での審判の派遣をすっぽかしたため5つ順位降格のペナルティを食らってしまったので、もう1年県リーグでやることになってしまった。
    • が、静岡FCと統合し、めでたく(?)昇格決定。
    • ここは運営方針や戦術方針をネット上で投票して決める形を取っているが、何の前触れもなく統合が決まったため、相模原と同じく「地域リーグ舐めんな」と言われだしている。
    • しかも公式リリースでは県1部のチーム(旧藤枝ネルソン?)を捨てる気満々とも受け取れる文面が見受けられる。
  3. 2010年はリーグ優勝をはたしたものの、地域決勝は1次リーグ敗退。旧静岡FCのDNAは見事に受け継がれたようだ。
  4. 2011年、地域決勝大会決勝トーナメント2位でついにJFL行きが決定。
  5. J3入りしてからはたまにエコパを使用する事があるが、ヴェルディ主催の味の素スタジアムでの公式試合でもビックリの空席数や空席率を誇る(?)事がある。
  6. 2015年、天皇杯でJ1の清水エスパルスを倒したが、相手が降格まっしぐらなチーム事情のため「ジャイキリ」かどうかファンの間でも微妙な評価だったりする。
  7. 2017年、GK不足のためGKコーチのシジマール氏も登録された。
    • しかし、出番ないまま登録抹消された。出番があれば、「カズ超え」していたところだった。
  8. 2人目の東大卒Jリーガーがいた。
    • 添田隆司。2017年に関西サッカーリーグのアミティエSC京都へ移籍し、その年引退。
      • 現在はおこしやす京都AC(アミティエSC京都が改称)の代表取締役社長。
  9. 2018年にデビューしたマスコットの名前は「蹴っ飛ばし小僧」。適当すぎるのでは。
  10. 2019年は石崎信弘監督とデカモリシ効果で上位争いに絡めているが、J2ライセンスが…。
    • 最終成績は2位の群馬と勝ち点63で並ぶ3位でフィニッシュ。
  11. 2022年J3で2位に入りJ2昇格。
    • しかもいきなり清水・磐田とのダービーが実現することに。

旧静岡FC[編集 | ソースを編集]

  1. 本拠地は静岡市
  2. カズの父が設立した。