提供:chakuwiki

生き物が借 > 動物 > 昆虫 >

待ってくれ! 俺はオスだ!!

蚊の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 夏の大敵。
    • と見せかけて、最近は一年中いる。
      • 自動販売機周辺が暖かく水があるからとか。
  2. 大日本除蟲菊の非常に重要な資金源
    • ハエハエカカカ、30日30日一本ポーン
    • というか戦前まで蚊取り線香は日本の輸出品の一つであった。真珠湾攻撃後に当然輸入できなくなった米国は予防薬を急いで開発する羽目になった。南太平洋の島嶼戦には間に合ったが、副作用に悩まされる兵士も続出。
  3. 吸血害虫のイメージは強いが、一方でその口は「痛くない注射針」のモチーフにもなっている。
  4. 寛政の改革の頃は、もっともうるさい虫だったらしい。
    • 夜も眠れないぐらい
      • だから、江戸時代は「うるさい=夜蚊い」と書いていたらしい。
    • 「五月の蝿(五月蝿い)」の「」と同レベル。
    • そもそも「蚊」の字自体が「ブン(=文)ブン」うるさい「虫」って意味らしい。
  5. 血を吸われるから、かゆいのではなく、かゆい成分をヒトの体内においていくのでかゆくなる。
    • そこで、かゆい成分を分泌する器官を取り除いてみたところ、刺されるとものすごく痛かったそうな。
      • 皮膚をムリヤリ口吻で突き破ると思っている人も多いだろうが、実際は鋸状の刃でギコギコと皮膚を切り裂き、裂け目に口吻を入れるらしい。
    • かゆいのは、一種の麻酔成分のせいだったんですな。
    • 血を吸うときに、血が固まらないようにする効果があるんだとか。
  6. 指を刺されると、痒いというか痛い。
    • 思わずその辺に手を打ち付けたくなる。
    • 他にも手足の平などやわらかいところを刺されると、掻くと痛いのでどうしようもない。
  7. …うぅん………ぶぅぅん……ぅぅうん…
    • 夜寝る前にこの音を聞くと絶望に襲われる。
      • 扇風機を回すと寄ってこなくなる。
        • 蚊の羽音は羽と空気が共振している音らしい。共振させないと蚊の筋力では飛べないんだとか。
  8. 刺すのはメスだけ。オスは刺さない。
    • ちなみに触角がふさふさしてるのがオス。
      • 見えんよ!
    • メスでも産卵の時期しか刺さないらしい。
      • オスの羽音がすると産卵期のメスが逃げるらしい。理由はオスが再度交尾しようとするから。
        • この性質を利用した蚊避けの装置があったが、「音が不快」とあまり売れなかったとか。
  9. たまに10センチくらいの巨大なやつが現れて人々を驚かせる(フィクションじゃないよ)。
  10. 二酸化炭素と熱に寄ってくる。
    • ビールを飲んで雑魚寝していると刺される危険性大。
      • アフリカの研究者がマラリア蚊を退治するための誘引物質を作った。出来たものは「蒸れた靴下の匂い」そっくりになったらしい。
        • マレーシアではマラリア蚊のオスにガンマ線を当てて野に放つ「不妊放中」実験をしている。不妊化したオスの蚊がメスと交尾しても産まれた卵からは孵化しないので代を重ねるごとに個体数が減っていき、やがて絶滅するとのこと。
    • 酸素濃度が低くても寄ってくる。大学ではガスボンベの講習を行うことがあるが、その際無害な窒素を使っているとたくさん来る。
  11. 減らすコツはボウフラを成虫にさせないこと。ごく当たり前だが。
    • 捨てられたタイヤの中に沸いてることがある。不法投棄だめ絶対。
    • 植木鉢の皿に水をためておくと沸くことがある。
      • 水鉢には金魚やメダカを入れておくとボウフラを食い殺してくれるのでおすすめ。ちゃんとカルキ抜きはしようね。
    • ちなみに、蚊は水面に船みたいな形で卵を産む習性を持つらしい。
  12. 科学者がメスの蚊にロイヤルゼリーを吸わせたら、吸血しないでも産卵したらしい。
  13. 2010年の7・8月は暑過ぎてあまり見かけなかった。
    • コンビニの中を飛んでいた蚊が自動ドアが開いても表に出て行かなかった。(店の中にUターンしたときは笑った)
    • 同じく2010年代後半以降も毎年このような状況が続いている。
  14. 蚊の吻(刺す口)を研究して、刺しても痛くない注射針を作った偉人が日本にいる。
  15. 蚊柱を構成しているのは蚊ではなくユスリカ。
    • 別の生物なので刺したりはしない。というか蚊柱が全部蚊だったら怖い。
  16. マンガなどで蚊の大群に地を吸われミイラになる描写があるが、1匹の蚊が吸う血の量を考えると1000万匹以上の蚊に血を吸われないとミイラになったりはしない。
  17. と並んで日本で名前の一番短い生物らしい。
  18. 最近新しい虫除け剤が研究されている。なんでも蚊の触角の臭いを感じる細胞全部に隈なく働くので目標の方向も距離も分からなくなるらしい。
  19. 熱帯の蚊は日本の数倍の強靭さを持つらしく、日本で一般的に使われている蚊取りを持ち込んだところで一度落ちても再び飛び上がるなど、効果は薄いとか。
    • だから蚊帳を使う人も多いとか。
  20. 蛹はオニボウフラと呼ぶ。
  21. 叩かれて 蚊を吐く昼の 木魚かな(夏目漱石)
  22. アマチュアボクシングの最軽量級。
  23. 爆撃機の編隊を誘導したり自ら爆撃したり戦闘したりダムを破壊したりと大活躍した。
  24. ある意味日本一のゲーム。
  25. 中にはマラリア・日本脳炎・黄熱病といった感染症を媒介するものもある。
    • 人間がこれに対応した結果が鎌状赤血球である。トレードオフとして貧血類似の症状や短寿命を引き起こしたが。
    • デング熱、ジカ熱、ウエストナイル熱、チクングニア熱、リフトバレー熱などのウイルスも蚊が媒介する。
    • マラリアは原虫感染症。日本脳炎ウイルス、黄熱ウイルス、デングウイルス、ジカウイルス、ウエストナイルウイルスはフラビウイルス科と呼ばれるグループに分類されるウイルスだ。
  26. サバンナの弱った哺乳類に大量に寄ってきて血を吸う例もあるらしい。
  27. 日本でメジャーなのが足が白黒しましま模様になっている「ヒトスジシマカ」。有名なのが日本脳炎を媒介すると言われるアカイエカ。
  28. ファラオの呪いで注目されたカーナボン卿の死の一因。
    • 事故で体が弱っており、蚊で刺されたところを誤ってカミソリで傷つけてしまい細菌感染を起こした。
  29. 上記のマラリアなどの伝染病の件もあって、「最も人間に被害を与えている動物」の第1位にランクインしている。実はとても危険な生物でもあるのだ。

関連項目[編集 | ソースを編集]