提供:chakuwiki

生き物が借 > 動物 > 両生類 >

カエルの子はオタマジャクシ

全体の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 害虫を駆除してくれる。
  2. 今、カビに悩まされているらしい。
  3. ヒーローには向かない。
    • 二枚目より三枚目キャラとしての位置づけが圧倒的。
      • 児童番組で子供達の世話をしていたこともある。
  4. サケと間違えられることもある。
  5. 「カエルの子はカエル」とする説と「カエルの子はオタマジャクシ」とする説があり、議論が続いている。
    • 「カエルの子は卵」説もある。
      • 卵はあんまり"子"とは言わない気がするなぁ。
  6. フランス人中国人好物
    • 転じて、イギリス人によるフランス人の蔑称。
      • Froggy、Johnny Crapaudなどなど。頭韻を踏んで"French Frog"と言うことも。
    • 中華料理で食ったら、食感は鶏肉、味は淡泊な白身魚。
    • 日本で最初に紹介されたカレーライスのレシピにも食肉として入っている。
  7. ぷよぷよでは、右側3列を埋め尽くす戦法のこと。
  8. ノーベル賞を受賞したときの儀式。
  9. 実は毒を持っている。
    • そういえば、「カエルを触った手で目を擦ったらダメ」って注意されたことある。
  10. 畦ではない。
    • 畦には居る。
  11. このお方は、中国で、これの王様と称される。
  12. 渋谷駅前に展示されている東急の初代5000系の愛称。
    • 地方にも拡散。
    • 熊本市に今はかろうじて残る絶滅危惧種。
  13. 薬屋では最近見かけなくなった。
    • 「顔が真っ青ですよ。大丈夫ですか」
      • CMの「お前、ヘソ無いじゃないか」は問題視された。
  14. 相方のをいじめているお笑いコンビの片方。
    • 昔々、牛と大きさ比べをしようとお腹を膨らませたがそのまま破裂して死んでしまった蛙がいたな。
    • 一緒くたになったウシガエルって種類もある。食用としてアメリカから持ち込まれたものの、食べられもせずに田んぼとかで低ーい声で鳴いてる。
  15. 春日井市民にとっては書家を大成させた動物。
    • がよく似合う。
  16. 井戸の中には、たくさんいる。
    • 海(おそらく太平洋東シナ海のこと)を知らない無知者のこと。
    • 別名は「身の程知らず」
    • 永六輔氏 曰く正式には「井の中の蛙 大海を知らず」のあとに「されど天の青きを知る」とか「空の深さを知る」とか言う語句がつくらしい。
  17. カエルは生息地によって鳴き方が変わるらしい。
  18. 秘密結社鷹の爪の作者。
  19. ゲーム「魔界村」シリーズで、主人公が敵の魔法によって変身させられる物。この姿になると、90%死亡確定。
  20. 趣味はガンプラ。
  21. 蛙が帰る
    • 失せ物や行方不明者がいる家族は、そう願って帰りを待つ。実際この生き物のかたちをした像をまつったり、お守りを授けてくれたりする神社は結構ある。
  22. 俳句の世界においては、古池に飛び込んだ生き物としてあまりにも有名。
  23. ゲコゲコおなき!
    • FF4の彼女はとても面倒くさい敵だった。
  24. 人間に踏みつぶされても生きている強ものがいる。
    • 根性だけでそうなれるらしい。
    • しかも踏みつぶされると人間の言葉が話せるようになるという。
  25. 「ハリー・ポッター」シリーズにおいて、ホグワーツ魔法魔術学校が生徒による飼育を許可した生き物のひとつ。ハリーと学年も寮も一緒のネビル・ロングボトムも飼っていた。
  26. んんん・・・やらしい・・・
  27. 餌を飲み込むときは眼球で押し込んでいるらしい。
  28. 胃袋を外に出して洗うやつもいるらしい。
  29. 小学校のときの輪唱の代表曲。♪かえるのうたがー 聞こえてくるよー
  30. 熱帯雨林には、手足の薄膜を広げて高い木から滑空する蛙がいるらしい。
  31. 愛媛県を中心に、転んで担架で運ばれる個体が確認されている。
  32. 猫とコンビを組み魔法少年が魔法の存在をばらさないか監視している。
    • 後半から濃いキャラに加速がかかった。いい意味で。
  33. 両生類なので動物愛護法の適用範囲外。何故だっ
  34. とあるNHKの元アナウンサーは家柄とお辞儀の格好から、部内で「トノサマカエル」と揶揄されていたそうな。
  35. 輪島功一や青木勝が使用するパンチ。
  36. 熱帯雨林には樹上の水溜りでオタマジャクシを育てる蛙が居る。
    • オタマジャクシの餌は母蛙が定期的に産みに来る無精卵なんだとか。
  37. 草野心平は蛙語の詩「ごびらっふの独白」を書いた。
    • 但し、実際の蛙の鳴き声とは異なる。

種別の噂[編集 | ソースを編集]

アマガエル[編集 | ソースを編集]

  1. ジャパニーズ・スタンダード・カエル。
    • アマガエル属は北アフリカとユーラシアに何種もいる。
      • 南西諸島にはニホンアマガエルはおらず、代わりにハロウエルアマガエルがいる。
      • アメリカアマガエルは別属。
  2. ケケケケ、ケケケケ、クヮクヮクヮ。
    • 「カエルの合唱」はたぶんアマガエルの鳴き声。
  3. 田んぼにいるイメージだが実は森林適応してる。
  4. 雨が降ると無闇矢鱈と道路に出てくる。
    • そして車に轢かれる。
  5. 鮮やかな黄緑。
    • カエルキャラのベースはほぼこの種。
    • 色素胞を変化させることで茶色や灰色にもなれる。
    • 金や青のアマガエルが発見されて、たまにニュースになる。

ウシガエル[編集 | ソースを編集]

  1. でかカエル。
    • 体重が0.5kgもある。
    • オタマジャクシもでっかい。
  2. 鳴き声が牛。
    • 稀に猫みたいに鳴くものもいる。
  3. 外来種。本来の棲み処は北アメリカ。
    • 食用に輸入された。
      • それでショクヨウガエルとも呼ばれる。
      • ついでに、ウシガエルの餌としてアメリカザリガニも輸入された。
        • 後の状況を考えると害悪過ぎる。
      • フランス料理になる。

カジカガエル[編集 | ソースを編集]

  1. 谷間に響く美声。
    • 鳴いているのを聞いても鳥のさえずりかなと思ってしまう。声の主がカエルとはなかなか想像できない。
    • 清流の歌姫。
      • とは呼ばれているものの鳴いてるのは全部オス。
  2. 生息地が国の天然記念物や日本の音風景100選などに選ばれている。
    • 本州・四国・九州に生息しているが、天然記念物や音風景に指定されているのは全て中国地方。

コモリガエル[編集 | ソースを編集]

  1. 冗談ではなく本当にまっ平な蛙。
    • メスがオスの背中に卵を産み付け、背中からオタマジャクシがカエる。キモい。
  2. 武装錬金の蛙井のモデル。

ゴライアスガエル[編集 | ソースを編集]

  1. 世界最大のカエル。
    • 体重3kg、体長30cm。
  2. この大きさでもちゃんと跳ぶ。
    • 脚がごつい。
  3. カメルーン赤道ギニアの一部に住む。
  4. 餌は虫、魚、甲殻類、カエルなど。

ヒキガエル[編集 | ソースを編集]

  1. 通称「蝦蟇」。こっちの方がなじみ深いかも。
    • 蝦蟇の油が有名だが、実際は馬油とかを加工した物らしい。
  2. 耳から防衛のために毒液を分泌するが、強力な幻覚作用があり、特に北米個体はドラッグの原料にもなる(!)ため輸入が禁止されている程。
  3. なんでも食っちまうため外来生物に指定されている。
  4. コウモリや亀と並んで霊芝(仙人薬)とされている。

モリアオガエル[編集 | ソースを編集]

  1. 木の枝先に卵を産む変わったカエル。
    • 数百個の卵が泡の塊に包まれる。
    • ただし、佐渡のモリアオガエルは例外。

ヤドクガエル[編集 | ソースを編集]

  1. 南米には身体の表面から猛毒を分泌する種類もいる。
    • その毒を原住民が狩り用の鏃に塗って使っている。だから「ヤドクガエル」と言う。
    • 最強レベルのモウドクフキヤガエルとかココイヤドクガエルになると、触っただけで毒が入る可能性があるらしい。
      • 範馬勇次郎には赤ちゃんの時に握り潰された。
  2. 色が途轍もなくハデ。
  3. 餌から毒をため込む生物濃縮タイプ。
    • フグと同じ毒を持ってる個体までいる。

関連項目[編集 | ソースを編集]