西海道

提供:chakuwiki

令制国 > 西海道

  • 西海道とそこにあった『国』の噂。
    • 令制国以外の『国』の噂も含みます。
  • ご当地の噂に範囲・名称がほぼ一致している項目がある場合はそちらに記載してください。

西海道[編集 | ソースを編集]

  1. ほぼほぼ九州
    • ただ「西海」だと長崎県周辺だけに限られがち。

独立項目・関連項目[編集 | ソースを編集]

関連項目

筑前国[編集 | ソースを編集]

  1. かつて国府は今の福岡市辺りじゃなくて大宰府辺りにあったと言われる。
    • 実際太宰府にその名前の地名がある。
  2. 平成の合併で三輪及び夜須に名前を独り占めされた。
    • 筑前町ってどこ?と思ってたら三輪町と夜須町が合併してできたんですね。
  3. 北九州市も半分は含んでいる(中心は豊前だが)。
    • 戸畑区以西が筑前。境川が境だったと思われる。
      • 八幡東区は大半が筑前だが、槻田地域だけ豊前。
  4. ここを見て筑前が広い(というかテンプレートがデカい)のに正直びっくり。中間市や遠賀郡は北九州か筑豊のイメージだし、朝倉は筑後だと思ってました。たぶん、オレだけじゃないよね?
    • 筑豊も、田川市郡と嘉麻市の一部を除いた地域は筑前だしね。というか、「筑豊」自体が合成地名(「筑」前+「豊」前)。
    • というか、県の分類に従えば遠賀や中間は京築と一緒に北九州地方に分類されてるし、朝倉も筑後地方に入れられてるからね。そのうえ更に筑前だって福岡市内、筑紫、糟屋、宗像、糸島で細分化されてるし。
  5. 「筑前国」と「筑前地方」を整理すべき。
  6. 筑前煮。
    • 福岡の郷土料理らしいが福岡名物というイメージはない。
  7. 九州の中心地。
    • 邪馬台国時代はよく分からないが、その前から福岡平野にあった奴国は日本列島で最初に記録された国。
    • その後も、7世紀に大宰府が置かれ、日本有数の貿易港である那津・博多があった。
    • 今日も、福岡市が九州の中心になっている。
    • そのせいか国守も凄いメンツ。

肥前国[編集 | ソースを編集]

  1. 今の長崎佐賀
    • 何で分裂したんだろうと疑問に思う。
      • 面積的には他の分裂した県より狭いから、貿易とかそっちらへんの関係なのかな?
  2. 廃止後長崎はともかく佐賀はなくなったり復活したりと迷走した。
    • むしろ江戸時代は佐賀藩だったのが反乱の影響で長崎県にされたりといろいろややこしいことに。

値嘉島[編集 | ソースを編集]

  1. 領域は五島列島マイナス江島・平島プラス平戸島。
  2. 古の時代から外交上重要な島扱いだったらしい。
    • 耽羅を介して百済(馬韓)・唐(黄河流域の政権)方面へと向かうメインルートだったとも思われる(百済滅亡後は対馬から慶州に向かうルートがメインになったと思われるが)。

肥後国[編集 | ソースを編集]

  1. 熊本さ。
  2. この国の国守はかつて鉛筆を削っていた。

豊前国[編集 | ソースを編集]

  1. USAがあるところ。
  2. 京都もある。
  3. 福岡大分に分かれている。
    • 県境が境界の仕事してない。あの辺は中津都市圏で逆に一体化してる。

豊後国[編集 | ソースを編集]

  1. まとまりが感じられない国。
    • 江戸時代に藩がバラバラだったせい。
    • 律令制以前も国前国、比多国、大分国の3つに分かれていた。
      • 特に比多国(日田市)はなんで豊後国になったのか不思議なくらい。
  2. 肥国じゃないが、かなりの火の国。
  3. 伊予と関係が深い。
    • 神話では道後温泉別府温泉から引湯してる。
    • 九州で最初に電車を走らせた豊州電気鉄道の設立には伊予の資産家からの出資もあった。

日向国[編集 | ソースを編集]

  1. 天孫降臨の地。
  2. 当初は鹿児島県本土も日向国だった。
    • 8世紀初頭に薩摩・大隅が分離される。
    • このことと天孫降臨神話ゆかりの地が南部に集中してることを考えると高千穂はたぶん霧島山の方なんだろう。
  3. 木の葉にて最強

薩摩国[編集 | ソースを編集]

  1. 古代・中世、日本の最辺境。
    • でも、天孫降臨のあとニニギノミコトが居着いたのはこの地。
      • ニニギノミコトが葬られた可愛山陵も薩摩川内市にある。
  2. 戦闘民族の住処。
    • 古くは隼人
      • 隼人はどっちかというと大隅。
    • 鬼島津
    • 日本最後の内戦、西南戦争
  3. 食べ物の名前にされがち。
    • 日本語圏ではサツマイモ
      • 鹿児島では唐芋という。
    • 英語圏ではサツマと言えば温州ミカン
      • 薩摩原産なので英名の方が正しい。
    • 薩摩揚げ
      • 鹿児島ではつけ揚げという。
  4. 交易で栄える。
    • 日本三津の一つ坊津があった。
      • 遣唐使の昔から江戸時代半ばまで貿易港だった。
    • こういう日本の玄関口って意味では天孫降臨の舞台に相応しい土地柄とも言える。
  5. 鹿児島本土を全部薩摩という風潮もある。古くは薩摩藩。
  6. 大隅で製造しても薩摩焼酎。森伊蔵や魔王も薩摩焼酎。
  7. この国の国守は乗り物では嫌悪されている。
    • 「薩摩守忠度(ただのり)」という人名からきたダジャレなんだけどね。

大隅国[編集 | ソースを編集]

  1. 天気予報で「薩摩地方」扱いされてる霧島市に国府や一宮があるヘンテコな国。
  2. 明治以降は大島郡(奄美群島)も大隅国扱いしている。
    • 昭和中期に大島郡から鹿児島郡へ移動した三島村・十島村が大隅国ままなのか薩摩国へ移動したかは不明。
  3. 明治中期に薩摩から桜島を奪取される。
  4. 反対に日向から現在の志布志市と大崎町を奪取する。
    • 今や地元民ですら元日向国だったことを知らない。

多禰国[編集 | ソースを編集]

  1. 領域はおおむね種子島・屋久島にあたる。
    • このころはまだ奄美群島は大和朝廷の影響が及んでいなったため
  2. 702年から824年まで122年間存続した。