詐欺・クソアーケードゲームの法則

提供:chakuwiki
削除検討中
このページは、現在「初版投稿者の日本語が拙く他ページへの統合が困難」等の理由により、削除が検討されています。詳しい経緯、及び議論はトークページへお願い致します。
管理者の方は削除の前にリンク元を確認して下さい。

ハードウェア[編集 | ソースを編集]

  1. もう決められた基板の腕前を全部活かせない仕組みである。
    • 代表的では「バンダイナムコシステム1」「セガシステム16・18・24」「タイトーF2システム」「ジャレコメガシステム1」「アイレムアーケードシステム」「日本物産ハイレートDVDシリーズ 」などが存する。
    • バンダイナムコシステム1には「3Dサウンド」の働きが存したけど、これを当てはまれたゲームは存しなかった。
    • アイレム(今の株式会社アイレムソフトウェアエンジニアリング・株式会社株式会社アピエス)の基板もスペックではグラフィクスの拡大・縮小が能ったけど、生かしたゲームは1993年の「ファイヤーバレル」だけである。
    • 日本物産の「ハイレートDVDシリーズ」も、スペックだけはSNKの「ネオジオ」よりは優れたけど、これを当て嵌めたゲームは存しなかった。
  2. 基板のマイクロコントローラ・貯蔵メディアの仕組みがしばしば代われていた。
    • 悪名高いケースはセガの「モデル」である。「モデル2」からは、いきなり何気なくにもスペックを二番代われた。
  3. 基板のスペックに適する値段で販売が叶わなかった。
  4. 「ネオジオ」は臨時のハードウェア故に、事実では続け当てはまりは叶えなかった。

ソフトウェア[編集 | ソースを編集]

  1. アーケードゲームの特性を軽んじて、何気なくに開発を試みたけど、ゲーム内のバグがしばしば生じられた。
    • 悪名高いケースは「株式会社ユニバーサルプレイランド」である。彼らからのアーケードゲームは深刻であった。
    • 「魔界村」もそんな有様はよく広げた。
  2. 急ごしらえされた脱衣でアーケードゲームを売る発想で仕出かしたゲームは絶対に成功が叶えなかった。
  3. コナミホールディングス外のリズムゲームも限界に至られた。
  4. SNKの「キング・オブ・ファイターズー」シリーズは誰も続けないって思い込めた。
  5. 詐欺・偽りのエンディングが表したゲームも存した。
    • 代表的ではタイトーの「メタルブラック」と「バブルボブル」のエンディング。前者の源の企画は4ステージまで済ましけど、いきなり5ステージまで仕出かした。これを終われば、主人公の「ジョン・フォード」の幻影が出して、ゲームは済ました。当社のマスターオブウェポンのエンディングが優れた有様であった。
    • 「バブルボブル」も日本のゲームセンターの塩梅を軽んじて、むしろ二人のプレイを強いた。「二人でプレイを試みれば、実のエンディングを見せますよ!」という低劣なやり方である。
    • 「サイバリオン」も「104つのエンディング!」という喋れたけど、意味づけない文字の変わりだけであった。
  6. 株式会社カプコンの「魔界村」と同じ難しくて低劣な難易度のゲームたちもしばしば暴れていた。
    • 音楽も陰湿って受け入れられなかった働きが存した。