通信機器メーカー

提供:chakuwiki

独立項目[編集 | ソースを編集]

沖電気[編集 | ソースを編集]

  1. いまやがっちりマンデーファンくらいにしか知られていない。
  2. 沖にあるわけではない。
  3. 沖縄も関係ない。
  4. メイン工場があるのは沖どころか海すら拝めない群馬と埼玉。
  5. NECになり損ねた。
  6. みずほ銀行のATMは旧富士銀の流れでここ

日本無線[編集 | ソースを編集]

  1. ○○無線という会社は数あるが、単なる部品商だったりタクシー会社だったりして無線機をつくっているのはここくらいか?
    • 名前のよく似ている新日本無線は後に親戚となった(ただしあちらはリコーの半導体部門と合併して「日清紡マイクロデバイス」に改名し消滅)。
  2. 日清紡の子会社(つまり、同じ根津財閥のヤマザキパン東武鉄道とも関係がある。)
  3. 一応本社はまだ東京都内(中野区三鷹市)にあるが、最近は生産・研究拠点や本社機能の一部を長野に移して事実上長野の企業と化している。
    • 従業員も既に都内より長野で勤務している方が人数も多い。
    • 子会社も多数あるが、やはり大半の所在地は長野県内。

マスプロ電工[編集 | ソースを編集]

  1. マスプロアンテナでおなじみ
    • 「♪見えすぎちゃって、困るの~」
      • 地デジ化完了で一気に見かけなくなった。
  2. マスプロの数値にうそはありません。保証します。」の旨が商品説明書やパッケージに書かれている。

エイスース[編集 | ソースを編集]

  1. 台湾のメーカー。
  2. 読み方を間違えてた。

小米科技(Xiaomi)[編集 | ソースを編集]

  1. 中国によるアップルのパクリ。

華為技術[編集 | ソースを編集]

  1. 読みはファーウェイ。
  2. 実はスマホシェア世界2位。
  3. ソフトバンクのフォトビジョンはここ製。
  4. 初任給月40万円が話題になる。
  5. スパイ疑惑で大騒ぎ。
    • 各国が政府調達禁止の指定をするはめに。もちろん日本もである。
  6. 2019年、アメリカからAndroidの禁輸措置を食らったおかげで、AndroidベースのEMUIをもって代用することに。
    • 他メーカーのAndroidスマホなら、microSDXCメモリーカードがを内部ストレージ化することができるのもあるはずだが、EMUIではセキュリティ上の理由とかでそれができなくなってしまった。
      • 調子に乗ってアプリをDLしまくると、あっというまにROMがいっぱいになるのに、アプリはmicroSDXCメモリーカードに移動できないのが残念すぎる。
      • それでも、従来のAndroidのアプリは動作するから一応よしとはするが。

ノキア[編集 | ソースを編集]

  1. 日本では携帯端末の供給メーカーとして知られていた。
    • かつて世界最大手だったが、マイクロソフトに売却した。
  2. VERTUというオーダーメイドでつくる超高額携帯電話ブランドがあった。
  3. スマホ以前はNo.1メーカーだったが日本企業と同じくスマホの波に飲まれた。
  4. フィンランドの会社。というかノキア以外にフィンランドの会社を知らない。

BlackBerry[編集 | ソースを編集]

  1. やはり少し前までスマホ界で一定の存在感があった端末。
    • Androidの攻勢は凄まじく。
      • 遂に上のWindowsPhoneにもシェア逆転されたらしい。1%台だが……
    • 2015年にはBlackBerry社からandroid os端末が発売された
  2. アメリカ大統領は特注品を使っているらしい。