部活動の強豪校/関東

提供:chakuwiki

部活動の強豪校 > 関東 > 部活動の強豪校/関東

茨城[編集 | ソースを編集]

  1. 野球は木内氏を中心に回っている。
    • 取手第二→常総学院。
    • 水戸商業、下妻第二、霞ヶ浦、水戸桜ノ牧あたりが追う展開。
      • 霞ヶ浦は幾度となく決勝で負けていたが(但し選抜出場はある)、最近遂に優勝した。
    • 最近は水城も(橋本監督就任以降)。
      • 持丸監督が常総に移籍してからは藤代も地味に台頭。
  2. サッカーは近年鹿島学園・県立鹿島といった鹿嶋勢が強い。
  3. バスケは土浦日大。
  4. レスリングは霞ヶ浦、柔道は土浦日大(塚田真希が有名)
  5. 霞ヶ浦があるためか、県南地域の高校(霞ヶ浦など)でヨットが盛ん。アテネ五輪でのヨットのメダリストは茨城県民。
  6. 囲碁の団体は土浦一高と江戸川学園取手の一騎討ち状態。
  7. ラグビーはなんと言っても茗溪学園。全国大会でもシード校。
    • 最近佐賀工業と相性が悪い。
    • 実は1988年に全国大会で決勝に進み、昭和天皇崩御で大阪工業大学高校との両校優勝をしている。この大会の五人飛ばしパスは伝説。
    • 東福岡の4連覇を阻んだのもここ。
  8. ゴルフは水城。
  9. 自転車は取手第一。市内に競輪場があるので、競輪選手のOBもいる。
  10. 吹奏楽は常総学院、マーチングバンドは県立大洗。
  11. 剣道女子は守谷一強。男子は水戸葵陵中心だったが土浦日大・土浦湖北・茗渓学園などが台頭してきている。

栃木[編集 | ソースを編集]

  1. 作新学院は軟式野球の強豪校。
    • 一方、硬式は31年も甲子園から遠ざかっていた。
      • 正確に言えば、夏の方が遠ざかっていたわけで春は出ていた。
        • けど作新の甲子園出場回数と実績を超える学校が皆無。
      • 文星芸大付属の誇大広告が目立つ。甲子園最多出場!とPRしているが、最多出場は作新である。
        • 関東大会や甲子園での栃木県勢の実績は作新が稼いだものがほとんど。
        • 優勝回数は作新2回。他校はなし。
        • 2015年、ついに作新が文星の夏出場回数を上回る。
          • そして2016年、二度目の夏制覇。
    • 軟式は全国制覇8回の最多優勝。もはや敵なし状態。
  2. アイスホッケーは日光明峰。
  3. サッカーは真岡。他に矢板中央、佐野日大が強い。
    • 最近は、益子芳星も強い。
  4. 女子バスケは宇都宮文星女子と宇都宮中央女子。
  5. レスリングは足利工大付属。
  6. バレーボールは男子が作新、女子が国学院。
  7. ゲートボールは作新。
  8. ボクシングは作新。たまぁに白鴎。
  9. グランドホッケーは男女とも今市。
  10. 男子バスケは宇都宮工業と鹿沼東、たまに文星芸大。
  11. ライフル射撃は男女とも真岡北陵。
  12. ラグビーは国学院栃木の1強である。
  13. 創作ダンスは毎年、大田原女子と足利女子が全国大会出場権を争っている。
  14. 駅伝は佐野日大と那須拓陽が凌ぎを削り合う。
  15. クイズは宇都宮高校の一強体制。
  16. 漫画は栃木高校と栃木女子高校。両校ともマンガ甲子園全国大会優勝経験有。
  17. 剣道は小山・佐野日大。

群馬[編集 | ソースを編集]

  1. 野球は桐生市内の学校が強い。
    • しかし1999年の桐生第一まで甲子園優勝がなかった。
      • この快挙を未だに県民はリスペクト
    • 故に桐生市は球都と呼ばれる(桐生第一、桐商、樹徳、桐生)
    • 前橋市内、高崎市内の高校もかなり強い。(前商、前工、高商)
      • 前橋商業の出場が決まると、某OBを取り巻く強大な力が動き出す…
      • 夏県予選決勝は桐生勢VS前橋勢の構図が多い気がする
      • これで負けた市の人は、その年の甲子園はほとんど見ない傾向あり
      • 2011夏に健大高崎が甲子園初出場。2012選抜出場も濃厚で遂に健大高崎無双時代の始まりか?ちなみに高高も選抜出場濃厚で時代は完全に高崎。
        • 「Be together」で始まる校歌でも有名になった。
    • ここまで色々な強豪校を書いてきたが桐生第一、前工が出ないと全国では勝てないと県民は薄々気づいている。
      • と思ったら2013年夏、サッカー学校だった前橋育英が初出場初優勝という快挙を達成。
  2. サッカーは前橋育英、前橋商業
    • 最近は桐生第一も強くなってきた。
    • 県内における前橋育英人気はJ2のザスパ草津を凌駕。
      • 2013年度の代表校は野球が前橋育英、サッカーが桐生第一と今までの傾向と全く逆だった。
      • とうとう全国制覇した(2017年度)。甲子園優勝と両方達成している学校は全国でもかなり稀。
  3. ラグビーは東京農大二
    • 吹奏楽もかなりのもの。野球や陸上は最近はちょっとおとなしいか
    • 農大二出身の監督が就任してから、明和県央が頭角を現してきた。
    • 明和県央が3年連続花園出場。王座は完全に明和県央へ。
      • 2012年は太田高校が創部105年目で悲願の初出場。高校ラグビー界では最も古い高校です。
  4. マイナーながら男子ソフトボールの全国的な強豪が新島学園
    • 日ハムから7位で指名された大嶋匠はここのソフト部のOB
  5. 地区トップの進学校が別学校のため、比較的進学校の部活が強い
    • 強豪とはちょっと違うけど、甲子園で初めて完全試合を達成した松本稔(前橋高)なんて人も。
    • 高崎高、前橋高は卒業生を東大に多数輩出ながら部活も強いというイメージ
    • 高崎高は一度春の甲子園で、出場を一般枠でさせるか21世紀枠でさせるか、大会本部で議論になったこと有り。結局そのときは一般枠で出場した。
  6. 駅伝(女子)は常磐
    • 男子は長年、農大二と中之条の一騎打ち。
      • 近年は前橋育英が台頭。
  7. チアは太田東。USAナショナルズインジャパン高校チア部門で3回優勝経験有り。
  8. 男子ハンドは全国制覇経験もある富岡

埼玉[編集 | ソースを編集]

  1. 深谷市にラグビーと男子バレーの強豪校がある。
    • ラグビー=正智深谷、男子バレー=県立深谷。
    • 2009年、県立深谷はたった8人の部員で春高バレーに出た。
      • 2010年は7人・・・減ってる!
    • ラグビーも県立深谷に取って代わられた。
      • 近年は浦和も台頭。
      • 90年代初頭までは熊谷工業が君臨。埼玉県勢で唯一の花園優勝校(2017年現在)。
  2. サッカーは浦和勢が中心。
    • あとは武南(蕨市)。
      • 地味ながら西武台も強い。
    • 近年は正智深谷がラグビーに代わり、サッカー部を強化して強豪校に。
      • かつてはサッカー不毛の地だった県東部からも昌平(杉戸町)が台頭してきた。
    • 70年代までは浦和勢か児玉高校(本庄市、旧児玉町)だった。
  3. 競泳の春日部共栄も有名。
    • 水泳は「春日部共栄」「武南」「埼玉栄」の3つが強い。ってか、そこら辺が行きやすい(偏差値的な意味合いでも)
      • それ以外にも「市立川口」「県立浦和」も強いが、いかんせん公立。落ちる奴はいけない。
        • 「市立川口」は川口市民御用達だし「県立浦和」は東日本屈指の難関校。私立に比べるとレベルが落ちるのもなぁ…。
    • 水泳部のマスコットがなぜかこのアニメに出てきてた。
    • 2016年までは夏の甲子園ではここの準優勝が埼玉県の最高成績であった。
      • 埼玉県勢初の準優勝は熊谷高校。
  4. 意外なことに夏の甲子園で優勝したことがない。選抜も1回だけ。
    • 浦和学院、もうちょっと県外で勝ってくれよ・・・
      • いまのところ希望が持てるのは聖望だけ。
        • 2008年の選抜準優勝校。
          • 聖望はムラがある
    • 浦和学院、選抜でとうとう優勝!!夏も期待していいかな?
    • 夏の埼玉勢はここ10年をみるとなんと8強まで行けたのは2003の聖望以来なし。とにかく夏に弱すぎる
      • 残念ながら初戦敗退・・・・
    • 私学○強が時代によって変わる
      • 浦学、徳栄、聖望、共栄といったところ。埼玉栄が没落
        • 代わりに川越東が台頭
    • 公立では大宮東、市立川越が強豪
    • 2017年、花咲徳栄が夏の甲子園優勝。
  5. ボクシングの花咲徳栄も有名。
  6. バスケは昌平。
  7. アイスホッケーの埼玉栄。
  8. 埼玉栄、春日部共栄、伊奈総合は高校吹奏楽では埼玉御三家。
  9. 埼玉栄と花咲徳栄には女子硬式野球部がある。
  10. バドミントンは日本でも最強と言われる埼玉栄がぬきんでてる。
    • 事実、埼玉国体では男子ダブルス決勝が埼玉栄VS埼玉栄ということになっている。
      • 小松原と越谷南も頑張っている。
        • 埼玉栄は相撲や駅伝、レスリングなども強い。
          • 駅伝は武蔵越生ではないかと。
            • 東洋大の設楽兄弟(双子)が有名ですね。
  11. 全米一になった所沢北チアダンス部。
  12. 春日部中の吹奏楽部は9年連続日本一
  13. 知力的な意味でもネタ解答的な意味でも県立浦和のクイズの実力は折り紙付き。
    • 最近は栄東の選手層が分厚い。
  14. とりあえず8割方強豪は埼玉栄と春日部共栄
  15. 相撲は埼玉栄。
    • 大相撲でOB力士達のオレンジの化粧まわしを見ないことはない。

千葉[編集 | ソースを編集]

  1. 県立松戸馬橋高校の演劇部の顧問はプロ脚本家。何かと擬音語をよく使うらしい。
    • そしてかなりの強豪校。
      • 演劇部の強豪校って…
  2. 最近、静岡にかわる高校サッカー王国となりつつある。
    • 市立船橋、習志野、八千代、流通経済大柏が4強。
      • 2008年インターハイは市船と流経柏の決勝となるも、雷雨で両校優勝となった。
        • 2013年もこの2校で決勝、優勝は市船。
        • 2016年もそうなって市船勝ち。9年間で3回も決勝が「市船vs流経柏」になったせいか、とうとう2019年から千葉は1枠にされてしまった。
      • ここ数年、インターハイで市船が優勝→選手権は他校が出場…ってパターンが続いてるような。
  3. 東京学館浦安高校はほぼすべての運動部が関東大会へ出場している。
  4. 千葉の三大部活と言えば「野球・サッカー・演劇」
    • 青森と並び演劇が盛ん。中高両方とも盛んだがどちらかといえば中学のほうがすごい。
      • 中学だとおもに船橋市の中学が全国や関東大会に出場する。
      • 高校だと松戸馬橋、専修大松戸、船橋豊富、千葉日大、船橋旭、松戸国際など。
        • 薬円台とかも。
  5. 高校野球の激戦区。
    • 市立船橋、拓殖大学紅陵、木更津総合、東海大浦安、東京学館浦安、習志野、流通経済大柏、市立柏、八千代松陰、千葉英和、成田など。
      • 銚子商、千葉経済大付も忘れるな。
        • 東海大浦安は2000年の選手権準優勝校。
  6. 剣道は専修大松戸、千葉日本大学第一が有名。
    • 男子だと安房や習志野、東海大浦安、女子だと木更津総合や市立松戸だろ。なぜ専松?
    • 女子は安房や拓大紅陵や市船でしょ。。安房は全国選抜3連覇で昨年は全国8位(代表戦で筑紫台に敗戦)
    • 今年の関東予選は男子優勝長生、準優勝安房、3位中央学院+習志野 女子優勝安房、準優勝市船、3位木総+明徳
  7. 女子バスケは昭和学院。
  8. 男子バスケは市立柏、市立船橋あたりが全国大会を争っている。
  9. ラグビーは流経柏の独壇場。
    • 千葉日本大学第一も09年の春の大会に出場している。
    • 市立船橋も11年の春の大会に出場する予定が震災により大会が中止に。
  10. 将棋は幕張総合が強い。
  11. 弓道は安房と成田が強い
  12. 吹奏楽は市立習志野と市立柏。共に全国金賞の常連校。
    • 市立船橋も、スポーツだけかと思っていても文化部も結構強いんです。
      • 早世した元部員を題材にした映画が公開されるとか。
    • 幕張総合を忘れちゃいかんでしょう。中学も全国常連校が山ほどあるぞ。
  13. 幕張総合の合唱部は平成20年度全日本合唱コンクールで金賞。かなりの実力である。
  14. 千葉女子高校のオーケストラ部も全国コンクールの常連
  15. 駅伝は、男子は八千代松陰、市船など。女子は成田と市船。
    • 昔は習志野も強かったんだがね・・・
  16. 柔道といえば安房
    • 安房水産も忘れるな!(今はなき安房水だが昔は柔道の強豪)
    • 昭和26年第1回県総体男子団体の優勝校は大多喜
    • 男子団体では第3回から第16回まで14回連続安房が優勝
      • 昭和29年の全国総体では安房が優勝
  17. ヨットといえば安房水産!
    • 昔だが安房水産はヨット、カッター、水泳、柔道、剣道と強豪だったらしい
  18. クイズは県立船橋が強豪だったが、最近は渋谷幕張が台頭している。

東京[編集 | ソースを編集]

  1. スポーツで都立高校の出る幕は皆無に等しい。出ても初戦敗退。
    • 2007年に三鷹がサッカー高校選手権でベスト8に入ったのが目立つ程度
      • その三鷹は、大昔に女子バレーでインターハイ優勝したらしい。当時の監督は後に全日本の監督にもなったとか。
    • 甲子園は3校が4回出たが、いずれも強豪校にぶつけられ撃沈。
      • 国立―箕島(80年)、城東―智弁和歌山(99年)、雪谷―PL学園(03年)。くじ運悪すぎ。
        • 城東―神埼(01年)もあるからくじ運だけともいえない。
        • 小山台-履正社(14年春)も。
    • サッカーは比較的都立の出場が多く、久留米(現・東久留米総合)や駒場も選手権に出ている。
      • 都久留米って中村憲剛のイメージが強いなぁ。
  2. ラグビーは絶対に国学院久我山が花園へ出る。
    • ライバルは本郷。
      • 昔の本郷はサッカーも強かったんだが今は見る影もない。
    • 東京や保善も強い。
      • そして遂に東京が久我山の連続出場を止めた。
    • 昔は目黒(現・目黒学院)も強豪だった。
      • 皮肉にも、久我山の連続出場が途切れると同時に復帰。
  3. サッカーと野球の両方で全国制覇の経験があるのは帝京ぐらいだろう。
    • 東京ではね。全国では神戸(兵庫)、習志野、明星(大阪)、鹿児島実業が両方で全国制覇経験がある。
      • 前橋育英も追加。
  4. 帝京が出ようが日大三が出ようが、東京一の野球名門校は早稲田実業。
    • 早稲田大学高等学院もアメフトの強豪校として有名。
    • 野球はときどき日大の付属校同士の戦いとなる。
      • 第一、第二、第三、豊山、鶴ケ丘。
        • 桜丘も忘れるな(選抜で優勝している)。ちなみに都内のあと1校は女子校(豊山女子)。
      • 2010年夏の西東京大会・準決勝は、日大鶴ケ丘-日大第三と早実-早大学院の2試合だった。
  5. 女子バレーは八王子実践と下北沢成徳。
    • 共栄学園を入れて3強とする説が有力。
  6. 国学院久我山は全体的に部活が強い。
    • 早稲田実業も。
    • ラグビー・サッカー・野球が久我山の三強である。
  7. 女子バスケは東京成徳大の独壇場。
    • ちなみに中学は全中3連覇もしている。そのメンバーがそのまま高校に上がるから強い。
  8. 男子バスケは京北。
    • 2010年インターハイでは八王子が優勝。しかしここも留学生頼み。
  9. テニスはあの堀越が強い。
    • 硬式野球とサッカーも全国大会出場経験あり。
  10. 男子ハンドボールは安田学園・明星・城北・東海大菅生。
    • 昭和第一学園も。
  11. 東京都内の野球強豪校をあげてみたらきりがなくなる。
    • 早稲田実業・帝京・日大第一・日大第二・日大第三・日大豊山・日大桜丘・日大鶴ヶ丘・二松學舎大付・国学院久我山・安田・創価・八王子・佼成学園・関東第一・東京実業・修徳……多すぎて困る。
    • 都立で一番強いのはやっぱり雪谷だろうか。
      • 東なら総合工科や足立新田、西だと日野や国立あたりか。いずれにせよ名門には遠い。
  12. 吹奏楽は片倉、東海大高輪台、駒大高、東海大菅生、八王子、杉並の6強。都大会の枠が増えても上位は変わらずこの顔ぶれ。
  13. 男子バレーは東亜、東洋、駿台学園。都立と私立の差が激しい。都立高校大会のレベルは年々落ちている
  14. レスリングは自由ヶ丘学園が強い。2008年から3年連続で個人戦全国制覇輩出。あとは、大森学園、日本工業大学駒場も強い。
  15. ソフトボールは日出。
  16. 競技クイズは開成と早稲田の二強。
    • 公立は立川以外目立った強さを発揮できていない。
      • と言うか立川以外に公立でクイ研がある場所を見たことがない。
    • 開成は第27回以前にも何度か出てたが、早稲田は第28回(知力路線初の大会)が初出場。つまり…
  17. 駅伝は女子が順天、男子は久我山(昔は保善も)。
    • 東京実業も。
  18. 競技かるたは絶対王者暁星高校。高校選手権は2008年から8連覇継続中。
  19. 合唱は豊島岡女子学園、大妻中野、杉並学院、都立府中西、都立新宿。
  20. 剣道男子は高輪一強だったが、高輪が完全中高一貫校へ転換+高輪の監督が退任したことで国士舘が復権。郁文館、東海大菅生が2番手。女子は東海大菅生・国士舘・日大鶴ヶ丘・都立深川など混戦模様。

神奈川[編集 | ソースを編集]

  1. 野球は横浜。
    • 他にも慶應、桐蔭、横浜商大、横浜隼人など、横浜市内に強豪の私立がひしめく。
      • 市内では他に、横浜創学館、武相など。
    • 市外では東海大相模。プロを多数輩出する伝統ある強豪だが、その強さ以外にも話題に事欠かない伝統校。
      • 夏の大会は30年以上も県予選で敗退を繰り返している。
      • 2007年夏の県予選での伝説の「振り逃げ3ラン」
      • 「とうかいおおずもう」
      • 33年ぶりの出場で準優勝。
    • 他の市外では桐光、向上、平塚学園、日大藤沢、鎌倉学園、湘南学院などもいる。
      • 公立で強いのは横浜商業、川崎工科、厚木西、綾瀬、藤沢総合など。
        • 「Y校」は横浜商を指す。かつて新聞が「Y高」と書いて訂正記事を出した。
    • 参加校の全盛期は207校にも達する激戦区。
  2. 野球とサッカーの強豪校である桐蔭学園と桐光学園が紛らわしい。
    • 中村俊輔が桐出身だと勘違いされることも多い。
    • 個人的には桐蔭=野球、桐光=サッカーで認識していますが。
      • 俊輔は桐光、桐蔭は高橋由伸。
      • 2011年には桐蔭がサッカーで総体優勝、その翌年桐光が甲子園に出て松井裕樹が奪三振記録を作った。
  3. 男子バスケといえば湘南工科大。スラムダンクの「海南大付属高校」のモデルらしい。
    • テニスも強い。テニプリの「立海大付属」のモデルらしい。
    • 海南はモデルが「東海大相模」だと聞いたことがある。
    • 同校は卓球も強い。県大会46連覇記録更新中だが全国ではそこそこのレベル。
  4. 女子バスケは金沢総合。
    • 最近は旭の台頭が著しい。
  5. 男子駅伝は藤沢翔陵。
    • 近年県立多摩が急成長。
      • 2011年度は県7位。ww
        • 女子は白鵬女子・秦野・荏田。
  6. 東高西低の高校サッカー。桐蔭学園、桐光学園がほとんど。たまに日大藤沢や麻布大淵野辺が顔を出す。
    • 近年では唯一第73回大会に伊勢原市にある向上高校が出場。それっきり。
    • 意外な事に選手権優勝がない。隣の都道府県(東京、山梨、静岡)は全て優勝経験があるのに…。
      • インハイは結構優勝してるんだけどね。選手権は中村俊輔率いる桐光学園の準優勝が最高。
    • 80年代位までは鎌高、藤沢西高、旭等の県立校が常連だった。たまに日大藤沢。
  7. 女子ソフトボールは厚木商業の独壇場。
  8. チアリーディングは厚木高校。
    • ダンスドリル部が2004年の全米チアダンス選手権で総合優勝。
  9. バレーボールは男女とも川崎市立橘。
    • 男子なら弥栄も。バレーに限っては公立が結構強い。
      • 昔は「バレーの藤商」と呼ばれてたがねえ・・・
  10. マーチングバンドは湘南台。
  11. 演劇なら大船高校、新羽高校
  12. ラグビーは桐蔭。
    • 最近は慶應も台頭している。
  13. 陸上や吹奏楽なら橘も頑張っている。
    • 吹奏楽なら高津、三浦学苑も。
    • 陸上は相洋も。
  14. アメフトは法政二とも言われたが現在は低迷。
    • 同校は陸上も強く、法政大でも活躍している。
    • 野球も一時期甲子園優勝した事あるが、今はその面影もない。
  15. 剣道では麻生総合が強い。
    • 関東大会の常連に近い。
    • 桐蔭、横浜、東海大相模、鎌倉学園、横浜商大でしょ。麻生総合が強いという話は県外民からすると聞いたことない。
  16. スラムダンクの舞台だが、男子バスケは物凄く弱い。
  17. 初期の鉄道模型コンテストでは関東学院六浦が強豪だった。
    • と言っても芝や灘みたいにある意味奇抜なモジュールを作るところも出始めたので最近は低調気味。
  18. サッカーは桐光学園、ラグビーは桐蔭学園。