野球独立リーグ

提供:chakuwiki

全般の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 四国アイランドリーグが2005年、ベースボール・チャレンジ・リーグが2007年開始。他地域にも構想だけは山ほどある。
    • 成功してるとは言い難い。
      • BCリーグはそこそこ人気でチーム数が拡張されるみたい。
        • プロ野球の二軍チームと時々対戦して、時々勝ってることもあるんだよな。
    • 受け皿として存続するだけで価値がある、特にILは選手育成が発足要因。
      • 特に社会人野球が衰退した今、プロに入れなかったものの野球を諦められなかった(言い方悪いが)人たちの受け皿って案外重要なのよね。
    • 石毛の亡命先に見える。
    • 当然ながらアメリカにも沢山独立リーグがある。チームによっては日本人選手も何度か在籍済み。
      • 日本ではなかなか知られていないが韓国や台湾にも存在する。
  2. 2009年から関西独立リーグも開始。
  3. 何だかんだで、これらが日本野球界の将来のためになってくれれば…。
  4. NPBとの関係はそこそこ良好だが、アマチュア(特に社会人)とは犬猿の仲。
    • ライバルみたいな関係にあるしまあ仕方なさそう。
  5. 実は独立リーグにも日本シリーズのようなチャンピオン決定戦がきちんと存在する。但し関西リーグ→BFLは諸般の事情で蚊帳の外。
    • かと言ってBFLが加盟した場合は3リーグによる日本一決定戦になるので、調整が大変な事になりそう。
  6. さらに増殖し始めた。
  7. 四国・BC以外は野球関連メディアでも「ベースボールタイムズ」ぐらいしか取り上げてくれないので、実体がよくわからない。
  8. かつて存在した琉球ブルーオーシャンズは、どこのリーグにも加盟していないにも関わらず独立リーグ野球機構に加盟していた。
    • しかし2022年に除名された。
  9. 高校・大学卒業時にプロ志望届を出していれば在籍1年目からドラフト指名のチャンスがある。
    • ドラフト会議でも総指名人数制限(現在は120名)の対象外。

主なリーグ[編集 | ソースを編集]

ベイサイドリーグ[編集 | ソースを編集]

  1. 関東の千葉と神奈川の球団でやる独立リーグ。
  2. その正体は日本海オセアンリーグの後身。
  3. 僅か1年で千葉が脱退。残るYKSも所属選手全員が退団と早くもリーグ存続の危機…。

日本海オセアンリーグ[編集 | ソースを編集]

  1. ベースボール・チャレンジ・リーグの西地区がまるごと独立。
    • ここ数年他地区との試合がなくなってしまったのが理由の一つ。
  2. 滋賀と北陸3県の4球団で構成。
    • 交通の便を考えてもやりやすいからか、4球団が一堂に会して1試合目・2試合目を戦うセントラル方式を新たに導入した。
  3. 2023年より福井が活動休止し、新たに千葉が加わるらしい。
    • 日本海ですらないのは当然として、設立時の理由やセントラル方式を加味すると、真っ先にハブられそうな気がするが、それでいいのか?
      • と思ったら、リーグ自体が事実上関東に移転へ…。
  4. オセアンという名前自体神奈川の会社の名前だった。

千葉スカイセイラーズ[編集 | ソースを編集]

  1. 福井休止に伴い選手の大半が千葉に移籍。
  2. それどころか名目上は福井の運営会社も千葉に移転。
  3. 運営会社が変わったからBCに入れてほしいらしい。
  4. こんな状況にもかかわらず、2023年ドラフトでは選手が1名巨人に育成指名された。
  5. 結局1年でBSLを脱退。2025年以降のBCリーグ加盟を目指すらしいが…。

福井ネクサスエレファンツ[編集 | ソースを編集]

  • 旧球団名:福井ミラクルエレファンズ→福井ワイルドラプターズ
  1. 名前の由来は福井県の形がの横顔に似ているというくだらない理由から。
    • 正直俺が送った球団名の方がかっこいいとおもった。
    • 像の鼻の部分に住んでいる人は自分たちが福井だと思いたくない。
      • 鼻に住む人たちはBCリーグに興味がない。
        • 鼻に住む人に関心を持ってもらうために敦賀で試合をしている。
          • しかしその敦賀では未だに勝利していない(2008年8月6日現在)。
            • ようやく敦賀でも勝利しました(2008年9月6日)。
        • 美浜でも試合をやっている。地元は興味がないのにこんなところにまで連れてこられる相手チームが気の毒。
    • 極めつけはマスコットと「パオタロウ」という名前。
    • 社会人野球のクラブに「福井ミリオンドリームス」というのが存在する。石川ミリオンスターズとからまり、とてもまぎらわしい。
  2. 監督は6球団中最強である。
    • 藤たん。
      • でも実績としてはあまりよくない。阪神監督時代では選手をしごきまくった挙げ句、ダメにしたらしい。
        • 案の定一年で退団した。
      • その後、和歌山に行ったらしい。
    • 2018年は、ロッテヤクルトで捕手や内野手をした田中雅彦氏が監督就任。
      • 田中氏は2019年限りで監督退任。後任には投手コーチを務めていた元中日の福沢卓宏氏が就任。
  3. 胸スポ(?)にパチンコ屋が参入。
  4. ロゴのフォントが古臭い。
  5. 旧経営陣の退陣によって、福井新聞ミラクルエレファンツになる模様。
  6. 2019年にはあわや解散の危機に…。
    • ちなみにここを救ったのはYoutuber。
    • そして球団名が「ワイルドラプターズ」に。
    • 結局2022年に活動休止へ…。
      • 社長は解散と同時に千葉に新球団を設立しているため、事実上の千葉移転とも言われている。
  7. オリックス・バファローズの育成選手が一時期よく派遣されていた。
    • 2018年は逆に福井にいた岩本輝がオリックス入りし、中継ぎとして一軍でも活躍。
      • 2019年後半戦、調子を落とした岩本に代わって一軍に定着した神戸文也も元・福井派遣組だった。

YKSホワイトキングス[編集 | ソースを編集]

  1. 神奈川に新しく独立リーグの球団誕生へ。
  2. こちらも滋賀の休止に伴い選手がごっそり移籍。
  3. チーム名発表から数ヶ月経つのに未だに「YKS」が何の略なのかはっきりしていない(公式サイトにも記述なし)。
    • 横浜(Yokohama)、川崎(Kawasaki)、相模原・湘南(Sagamihara・Shonan)の頭文字を取ったのかもしれない。
  4. 2024年1月までに監督・選手が全員退団し、事実上の活動停止状態に…。

滋賀GOブラックス[編集 | ソースを編集]

  • 旧球団名:滋賀ユナイテッドベースボールクラブ→オセアン滋賀ブラックス
  1. 球団ロゴがドルマーク「$」に見える。
  2. チーム力は弱く、最下位じゃなかったのは2017年前期と2019年前期のみ。
  3. 皇子山球場での公式戦はそんなに多くない。
    • 使用料が高いのが理由らしい。
  4. 当初は草津市に球団事務所を置いていたが、2019年からピエリ守山(守山市)に移転した。
  5. 2019年は京都でも主催試合を開催。
  6. 2020年より「オセアン滋賀ブラックス」に改名。
    • 新リーグ名にオセアンの名が付いたからか、この名称も変更に。
  7. 2023年以降は休止状態へ…

日本海リーグ[編集 | ソースを編集]

  1. オセアンリーグで残った富山・石川だけで日本海リーグに移行。
  2. こちらは日本独立リーグ野球機構に加盟。

富山サンダーバーズ[編集 | ソースを編集]

  1. ユニホームは南海ホークスのパクリ。
    • そして2015年は楽天イーグルスの「TOHOKU GREEN」にそっくりである。
  2. 一年目は終盤まで首位を走るも、最後に逆転されて優勝を逃す。悔しい。
  3. ちなみに雷鳥は英語でターミガンというらしい。
    • グラウス」は?
    • 雷鳥を鳥類における分類(ライチョウ科)とする時は英語でグラウス。しかし鳥単独をさす場合はターミガン。
      • で、その「ターミガン」を愛称に入れてるのは長野の球団
  4. 球団応援曲はV6とSP-Dが歌ってるが、CMで流れるのは前者ばかり。
  5. 出身地ということもあって、マシンガン打線の一角だった進藤達哉がコーチを経て監督に就任した。
    • 進藤氏は2014年に古巣に帰還。2019年シーズンからベイスターズの編成部長を担当。
  6. 阪神タイガースでエース番号18番を背負ったことのある杉山直久投手が2012年のみプレーし、そして引退した。
  7. 2015年、タフィ・ローズ加入。
    • 近鉄時代の同僚である吉岡のオファーを受けて入団。お隣の球団のフランコほどではないにせよ、46歳という年齢で一抹の不安を覚えたが…いきなしホームランをかますとはねぇ(汗)。
      • 吉岡氏は2018年から鎌ヶ谷ファイターズの打撃コーチになり、後任は元ヤクルトの伊藤智仁氏。
        • 2019年からは元読売・日本ハムの二岡智宏が監督に就任。しかも前からBCリーグに興味があって本人からリーグ事務局に話を持っていったという。
          • ただ、二岡氏は成績不振を理由に1年で勇退…。
            • そして巨人に逆戻り。
    • タフィは翌2016年に退団していた…。
  8. リーグ史上初めて、チーム名に命名権の契約をした。
    • 北陸コカ・コーラボトリングの子会社であるGRNと命名権の契約を行い富山GRNサンダーバーズになっている
  9. 実は球団事務所は富山ではなくて高岡にある。

石川ミリオンスターズ[編集 | ソースを編集]

  1. 一部のファンはもてなしドームよりも石川県立野球場にドームをつけてほしいと思っている。
  2. 堅実な守り勝つ野球を武器にBCリーグの初代チャンピオンになった。しかし観客数に関しては4チームの中で最低。
    • 球場側の都合により日曜にナイターを開催していたのが原因。
  3. 独立リーグGCSをBCリーグのチームとしては初優勝。
  4. 投げるGM、木田優夫。
    • 描くGM、木田優夫。ハム選手時代も絵を描いてギャラリーを開いて、入館料は寄付してた。今もスポーツ新聞のネット連載コーナーで絵とコラム書いてる。
    • ↑石川時代、球団公式でLINEのスタンプ画像も配信してた。シンプルな線だけで野球選手の特徴を掴んでて上手い。
  5. チーム名の由来は加賀百万石だが、それならミリオンストーンズじゃないの?って突っ込むのはヤボか。
    • 球団歌の「一番星」は名曲。M・I・L・L・I・O・N!スターズ♪ミリオンスターズ♪
    • 一応公募では「ミリオンストーンズ」も3位に入った。だが直球過ぎて受けなかったのか1位は「ミリオンスターズ」に。
  6. 森監督と木田GMが抜けたところへ多田野数人が入団。
    • 2015年から端保社長と渡辺ヘッドコーチと多田野投手コーチ3人でUstream動画配信してる。しかも金沢の居酒屋の個室で。ラジオ出演もだけど、動画のスーパースターTDNだけに妙にネット上で人気でて一躍有名に。日ハムのコアなファンがゴッソリ石川に移住したのかな。
      • ミリスタの佐野取締役(元近鉄)が配信してるニコニコ生放送「ハゲナマ」に出演。佐野、ODAと違ってフサフサなんだが。
      • ハゲナマで佐野が「ネットで色々言われるの嫌じゃないの?」ってド直球で聞いたら、多田野は「人それぞれ色々意見を持ってると思いますが、こうやって反応してくれるだけでありがたいです。」と聖人な対応をした。
      • 2017年2月14日に配信したチーム内練習の動画で、多田野が「この中で一番デカい失敗してるのは俺だと思うけど・・失敗を恐れないで下さい」
        と挨拶をした。
      • まさか、一二三がさらにデカい失敗をやらかすとはなぁ‥
    • そして監督はなんとフリオ・フランコ。しかも選手兼任。元気な人である。
      • 翌シーズンから韓国のロッテ・ジャイアンツの打撃コーチに抜擢されたため、元マリーンズ選手だった当時の渡辺正人コーチが内部昇格で監督就任した。
    • そして2017年には前年に引退した元日ハムの武田勝を投手コーチとして招聘。
      • しかも地元のMROでラジオ番組まで持ってしまった(北海道のファン向けにHBCでも放送)。
        • 翌年にはなんと新監督に就任した。
          • 古巣・日本ハムの投手コーチ就任のため、2019年をもって退任。後任は元ダイエーの田口竜二氏が就任。
      • 今や、事実上の日本ハムの下部組織扱いとなっている。武田勝も日本ハム球団からの派遣だった。
    • 吉田えりもいる。
    • まさか、ピッカリ投法佐野、ナックル姫吉田えり、そしてネット動画のスーパースターTDNが同じチームになるとは誰が予想したであろう。
      しかも通販雑誌のインタビューに3人で登場してたし(独立リーグの立ち位置、給料、待遇について語ってた)
    • TDNは日ハムスカウト転身に伴い、2017年に現役引退した。
      • 2018年3月1日に、猛吹雪の中TDN引退セレモニーを開いた。動画で配信されてる。
    • 何気にマテオ(2016年から阪神)弟もいた。
      • なお、兄と異なりポジションは野手。
  7. 略称は「ミリスタ」。
  8. 選手みんなが「ゴーゴーカレー」のCMに出演(笑)
  9. 2013年は当時の森慎二監督の現役復帰に加え、木田とクリス・カーターがいたため元大リーグ経験者が3人も在籍するという豪華な面子だった。
  10. ある日、あの明石家さんまがここのユニホームを着て、試合に乱入するというサプライズ企画があったことがある。
    • その試合は国内の独立リーグ史上最多の観客を動員した(1万5877人)。
    • ちなみにこれは、木田GMが「自称・さんまの弟子」であることから、さんまが木田GMのオファーを受ける形で実現した。
  11. 2022年から、あの後藤光尊が監督兼任で現役復帰することに。

北海道ベースボールリーグ[編集 | ソースを編集]

  1. 2020年に結成された北海道の独立リーグ。
    • 初年度は、2チームでスタート。
      • なお、10年後には、6地域8球団まで拡張するらしい。
  2. ちなみに、北海道の独立リーグは、2009年に設立する構想があったが、結局ポシャったことがある。
  3. 元プロ野球選手は一切関わっていない。
    • 監督のいないチームすらある。
    • 新庄剛志に固辞されたらしい。
  4. こちらも独立リーグ機構に入っていない。
    • なかなか入れてもらえないことにしびれを切らしたのか富良野以外の3球団が脱退して機構加盟を目指すそうで。
  5. 2022年は富良野・砂川・滝川の3球団体制。
  6. 2023年に旭川ビースターズが参戦、
    • 一方で(滝川→)奈井江・空知は1年でリーグ脱退・解散。
    • このため2023年は富良野・砂川・旭川の3球団でリーグ戦を行ったが、シーズン終了後に砂川が脱退。
富良野ブルーリッジ
  1. 1年目は「レラハンクス富良野」だった。
    • ちなみに、「ハンク」とはアイヌ語で「おヘソ」を意味する。
旭川ビースターズ
  1. 旭川にできる
過去の所属球団
すながわリバーズ
  1. 化粧品会社シロがバックについている。
  2. 2023年限りでHBLから撤退。
奈井江・空知ストレーツ
  1. 当初「滝川プレインウィンズ」だったが、滝川で球場が確保できなかったため改名。
  2. 結局1年で解散。

北海道フロンティアリーグ[編集 | ソースを編集]

  1. 上記の北海道フロンティアリーグから美唄・石狩・士別の3球団が脱退して新たに創設されたリーグ。
  2. 2022年に日本独立リーグ野球機構に加盟。
美唄ブラックダイヤモンズ
  1. チーム名は、美唄市はかつて炭鉱のまちだったことに由来する。
  2. uhbの現役アナウンサーが、選手として所属していたことがある。
  3. 2023年、アドバイザーにガンちゃんが就任。
石狩レッドフェニックス
  1. 本拠地はその名の通り石狩市。
  2. 初代監督は坪井智哉。
KAMIKAWA・士別サムライブレイズ
  1. 2021年現在、日本最北のプロ野球チームである。
  2. あのブランコが選手兼任監督に就任。
    • しかしビザの関係で来日できず、ブライアントが監督に。
  3. KAMIKAWAとつけることで上記の旭川と差別化を図るみたい。
  4. G.G.佐藤が一瞬だけ所属していた。

九州アジアリーグ[編集 | ソースを編集]

  1. 2020年創設。
  2. 当初は「九州独立プロ野球リーグ」というリーグ名になる予定だったが、いつの間にか「九州アジアリーグ」に。
    • いずれは中国やフィリピンにもチームを…という願いを込めたらしい。
  3. 沖縄初のプロ野球チームを自称する琉球ブルーオーシャンズとは交流試合は行うものの加盟しないようだ。
    • 2022年は交流試合すら行われなかった。
  4. ここにきてホリエモンがここでライブドア・フェニックスのリベンジをするとか。
  5. ヤマエ久野が命名権を取得して「ヤマエ久野 九州アジアリーグ」になる。
  6. 薩摩おいどんカップでは一部チームが「社会人」のカテゴリで出場している。
    • 鹿児島に当リーグのチームはまだない模様。

火の国サラマンダーズ[編集 | ソースを編集]

  1. 前身球団は社会人野球の熊本ゴールデンラークス。
  2. 球団名の「サラマンダーズ」は元阪神の江草仁貴が発案したものが採用された。
  3. 初代監督は元西武・ソフトバンクの細川亨。
  4. 1年目で早速ドラフト指名者が、しかも支配下登録で出た。
    • 独立リーググランドチャンピオンシップでは2連覇するなど比較的強豪。しかしNPBファーム参入は断念。
  5. PIGBOSS」なる登録名を名乗る選手がいる。
  6. ボビーローズ監督就任できず。

大分B-リングス[編集 | ソースを編集]

  1. 大分市のNPO法人が母体。
  2. 初代監督は元巨人・ヤクルトの廣田浩章。
  3. 2023年は県出身の内川聖一が加入。

北九州下関フェニックス[編集 | ソースを編集]

  1. 設立者はあの堀江貴文。
    • ちなみに、「フェニックス」という球団名は当初堀江が社長を務めていたライブドア(当時)が仙台に作ろうとしていた新球団につける予定だった。
  2. 下関でも試合をやる予定。
    • そしてチーム名にも「下関」が。
  3. 最終目標は北九州市民球場のボールパーク化。
  4. 初代監督はBC栃木から引っ張ってきた西岡剛。

宮崎サンシャインズ[編集 | ソースを編集]

  1. 2022年に設立。翌2023年からリーグ戦に参戦予定。
  2. バスケットボールチームと名前が似ている気が…。
  3. 初代監督は元広島の金丸将也(旧清武町出身)。

佐賀インドネシアドリームズ[編集 | ソースを編集]

  1. 2023年に設立。翌2024年は準加盟球団扱いで九州アジアリーグに参戦。
    • 2025年からの正式加盟を目標にしている。
  2. 野球インドネシア代表のメンバーを中心に、スリランカやパキスタン出身も含めた選手で構成される。
    • 日本人選手もわずかながら在籍している。
プロ野球
セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
消滅球団:西鉄ライオンズ | フライヤーズ
南海ホークス | 阪急ブレーブス | 大阪近鉄バファローズ
二軍オイシックス新潟アルビレックスBC | くふうハヤテベンチャーズ静岡
独立リーグ四国IL | BCリーグ | 関西独立L
メジャーリーグアメリカン・リーグ | ナショナル・リーグ
韓国:KBOリーグ | 台湾:台湾プロ野球
マスターズリーグ | プロ野球ファン | 球団に言いたい
歴史のif | もしも借箱 | ベタの法則 | 勝手チーム