関東の道の駅

提供:chakuwiki

道の駅 > 関東

茨城[編集 | ソースを編集]

いたこ[編集 | ソースを編集]

  1. 物産館と農産物販売所と情報館の三つに分かれている。
    • 物産館と農産物販売所は結構賑わってるのだが情報館はガラガラという。
  2. 地元の米を使った手作りのおむすびが人気。
    • そこそこ大きいうえにコンビニのものより安いので食料調達の時にはちょうどいいかも。
  3. おそらく高速バスを降りた後(あるいはその逆)に使っている人もそこそこいるのではなかろうか。

たまつくり[編集 | ソースを編集]

  1. 元々は有料道路の事務所の一部だったとか。
  2. 関東で鯉の刺身が買える道の駅なんてここぐらいじゃないだろうか。
  3. 道の駅の名前は知らねど、行方バーガーの名前を聞いたことがある人は多いはず。パックン。
  4. ちなみに道の駅の元屋はすっげぇ地味。
    • 目立つのは隣にある市の観光物産館「こいこい」。というかここまで全部それの話。
  5. ここから霞ヶ浦を見るとその大きさを実感できる。いや、単に細長いだけか。

ごか[編集 | ソースを編集]

  1. おそらく圏央道の副産物。場所的にはまだ(もう)埼玉だが、五霞町は茨城県である。幸手の権現堂堤が近い。
    • もしかすると圏央道のPAにするつもりでもあったのかもしれない。なんか2017年になってもいまだに工事してるし、土地が余ったらそうするのもいいんでは?認可取れれば駐車場造るだけで開業できるし。
      • 圏央道は前後のPAが離れすぎ、坂東に作る計画はあるも進捗が見られず、ETC2.0の途中下車実験の対象になった。
    • ついでに新4号のPA代わりなのだが、下り(北行)から入るのはちょっと面倒。まぁ主要大幹線のロードサイド型なんてみんなこんなもんだけど。
      • 古河と違って進入信号部が立体交差ではないので尚更。
        • しかし、道の駅ごか付近を6車線化と同時に立体交差点かする計画がある。すでに入口の信号交差点にはそれっぽい柱が幾つかあるし。
  2. 物産館がなぜか二分されているよくわからない形態。おそらくテナントの違いだろう。
  3. ここの粉々ポテチの製造元がわからない。たぶん加須の湖池屋だと思うが真相は・・・?(最初は丘里のヤマザキかとも思ったが・・・)
  4. 圏央道五霞ICに近いにもかかわらず、下記の『まくらがの里こが』に比べて収容台数が少ない。
    • 小型車スペースは土休日は大体、空いていない事が多い。

まくらがの里こが[編集 | ソースを編集]

  1. 新4号のPA代わり、の割にはそっから上下線とも直接入れないが・・・
  2. デカい。大体この言葉で表せる。並行する道路の交通量に比例しているな。(五霞付近と違ってちゃんと片側3車線あるし)
    • そんなわけで休日は移動販売カー出店も当たり前。店内まで特設店だらけになる。
    • ガソリンスタンドも隣接で長距離ドライバーの誘客も完璧。東北道に料金を払いたくない人はさぁ寄ってらっしゃい。
  3. ひらがなだと同じ路線にある「道の駅ごか」と区別ができんのでどっちかは漢字にしてほしかったが・・・
    • 誤読を防ぐため?
  4. ナビタイムのCMロケ地 多分

さかい[編集 | ソースを編集]

正面
  1. 千葉県境にある道の駅だが、ここよりは近くにあるカスミスーパーやケーズデンキの方があらゆる意味で便利。
    • 歩いて数分の場所にカスミやケーズデンキなどがある。駐車場もあちらの方が比較的余裕がある。
    • 国道354号沿いにある道の駅だが、ケーズデンキの駐車場の方がいろんな意味で便利。
  2. 川辺からか、対岸の畑からか、何故か堆肥の臭いが風に乗って漂って来る。最初は動物でも飼っているのかと思った。

常陸大宮[編集 | ソースを編集]

  1. かわプラザ。その名の通り久慈川での川との触れ合い重視。あのあたりは魚もよくいるよ。
  2. 夏の間は家族連れで大賑わい。大きい道の駅とは言え冬の寒さがやばそうだ・・・

みわ[編集 | ソースを編集]

  1. 国道293号が丁度旧美和村内で折れ曲がる所の近くにある。
  2. 物凄い山奥だが、ここの手打ち蕎麦屋は結構混む。酷い時は提供まで1時間待ちになることもあるらしい。
    • 蕎麦はコシが強くて生でも結構いけるほどの風味があり、混む訳も頷ける。
  3. フードコートの鮎の塩焼きが人気。
  4. 茨城県内だが、もし公共交通で行くのであれば、隣県の烏山駅から那須烏山市営バスに乗るしかない。
  5. 「北斗星」の愛称が付けられているが、かつて走っていたブルトレとは何の関係もない。
  6. 椎茸の特産地ということで、木に何本もの椎茸が生えた形を模したオブジェがある。

ひたちおおた[編集 | ソースを編集]

  1. バスターミナルも兼ねる交通拠点。BT定番のコンビニ併設。
    • というか形態がPAそのものである。ちな高速まではまだそれなりにあるよ。
  2. 結構広いイベントスペースがあるが、平日はただのベンチのようだ・・・

しもつま[編集 | ソースを編集]

  1. イオンモールも道の駅も置くなら郊外。食堂がやたら林立し、たまに海産物も。
  2. 例のオオムラサキもあちこちに・・・

栃木[編集 | ソースを編集]

みかも[編集 | ソースを編集]

  1. 皆が道を急ぐ国道50号バイパスに現れたリフレッシュスポット。
    • 場所を考えるとイチゴの最盛期にはけっこう混むのかもしれない。
  2. 道の駅とは関係ないが、背後に生えている太陽光パネルのインパクトが中々。他ではあまり見ない風力発電のような形。
  3. 国道50号という一大幹線道路に面する立地上か、食堂の開店時間が早めで遅めの朝食にも使える。

にしかた[編集 | ソースを編集]

  1. 売りは蕎麦。ざるそばの上に茹でたニラを乗せた「にらそば」などがある。
    • 館内で蕎麦打ちの実演もやっている。
  2. ソフトクリームでなくジェラートを売っている。当然「とちおとめジェラート」「スカイベリージェラート」もあり人気。
  3. イチゴをモデルにしたここ独自のイメージキャラがあるが、名前が土浦市のコミュニティバスのキャラとかぶる・・
  4. 東武日光線の東武金崎駅から徒歩10分程と近い。しかもその途中に温泉施設がある。

にのみや[編集 | ソースを編集]

いちごカレー
  1. 敷地のすぐ横を茨城県との県境が通っている。
  2. イチゴの生産日本一の真岡市にあるだけに当然イチゴ推し。
    • 食事処のメニューに「いちごカレー」がある。カレーではなく、ライスの方にイチゴを混ぜているのがポイント。
      • 味は意外な程(むしろ少々ガッカリする位)フツー。イチゴ特有の甘みや酸味はほぼ飛んでおり、ありふれたカレーライスのように食える。
    • 当然イチゴのソフトクリームもあるが、むしろショートケーキをイメージしたらしいここ独自のジェラートの方が、イチゴの果肉たっぷりでお勧め。
  3. 真岡鐵道久下田駅から徒歩15分程で行ける。

ましこ[編集 | ソースを編集]

  • 益子町 県道41号つくば益子線 県道257号西小塙真岡線
  1. 陶器のまちこと益子町の中心部から遠く離れた立地にあるは、陶器とは遠く離れたガラスとコンクリートの屋形。
    • 他と違って主要国道筋でも無いので、大きいだけのハコモノにならなければいいが・・・
  2. いちおう書くと陶器そのものは買えない。共販センター行ってねということらしい。
  3. 脇の農道がその後バイパスとなり岩瀬に通ずるらしいが・・・。

もてぎ[編集 | ソースを編集]

ゆず塩ラーメン
  1. 特産の柚子をひたすら推している。
    • 何と言っても「ゆず塩ラーメン」。何と全国道の駅グルメグランプリ(道-1グランプリ)でV3を達成して殿堂入りした凄い実績を持つ。
  2. 真岡鐵道茂木駅から徒歩15分程で行ける。
    • 敷地の横も走っていて、ラーメン食べながら列車(SL含め)の走行する様が見れる。

しもつけ[編集 | ソースを編集]

  1. 新4号下野パーキングエリア。下野薬師寺が近い。日本史好きのあなたならピンと来るはず。
  2. トイレも高速仕様。バス運転手の休憩所はどこ・・・?
  3. 夜になってもトイレと食事処だけはやっているあたりも高速仕様。自販機にはカエルを添えて。
  4. 伊藤園のはと麦茶が安値で自販機に大量投入されている。ここ以外ではあまりお目に掛かれない。なんでも、栃木県産はと麦使用だそうな。

日光[編集 | ソースを編集]

  1. 通称は日光街道ニコニコ本陣。日光とはとんだ僭称地名である。
  2. 博物館と、直売所と、コンビニ。テーマパーク系道の駅としては十分すぎる設備である。トイレが直売所と反対側にあるコンビニに併設なのが難点か。
    • 駐車場があまり広くないうえに平時は2-3割くらい使用不可にしているので、結構奥まで入らされることも。
  3. 金谷ホテルベーカリーも入っているので、直営店に入るのは畏れ多いと言う人にもオススメ。
  4. 裏側に回れば市街地観光の基点にもなっている。
  5. 食事はそば処とちょっとお高い料亭風。地元色は後者の方が強め。
  6. 下今市駅からも比較的近い。駅から歩いて行ける距離にあるので鉄道利用の人でもおススメ。
    • 因みに高速道路だと今市ICが最寄りICとなっている。
  7. 日光という名前を関しているが、実際は旧今市市に所在している。
    • 現在は合併して日光市になっているが、観光地の日光からは言うまでもなく遠い。

湯西川[編集 | ソースを編集]

  1. 登録道路は国道121号になっているが、実は国道から少し離れている。
  2. 売りは天然温泉の入浴施設。
    • 外に足湯まである。
  3. レストランのメニューにダムカレーが2つもある。「川治ダムカレー」と「湯西川ダムカレー」。
    • 何故か眼前の湖面の元である「五十里ダムカレー」はない。その代わりと言っては何だが、事務所で五十里ダムのダムカードが入手できる。
  4. 湯西川ダム水陸両用バスツアーの拠点になっていて、ここから水陸両用バスに乗れる。
  5. 野岩鉄道湯西川温泉駅と直結していて、駅舎から外に出ることなく施設に入れる。

みぶ[編集 | ソースを編集]

  1. めちゃくちゃ広い広域公園(約53ヘクタール)に道の駅の機能を併設したというべきか。おまけに壬生PA隣接で徒歩で利用可能。
    • というかPA施設と道の駅施設の境界が非常に曖昧。
      • 道路の対岸はとちぎわんぱく公園となっていて、手前側が道の駅。
  2. 道の駅内の物販・供食設備がある中核施設「みぶハイウェーパーク」は道の駅側の施設であり、高速のPAとしてはトイレと自販機のみという至ってシンプルな典型的小規模PA。
    • 一般道からも利用可能となっているが、駐車場の収容台数は少ない。

やいた[編集 | ソースを編集]

  1. エコモデルハウスというのがあったが、2021年3月をもって休館になってしまった。
    • これにより農産物直売所と農村レストランがあるだけの、ごく平凡な道の駅に。
  2. 農村レストランは「内川そば」が売りだが、他はやけにガテン系定食メニューが多い。
  3. 矢板市街地の西の端にあり、市役所が近い。矢板駅からも徒歩15分強で行ける。

那須与一の郷[編集 | ソースを編集]

  1. 那須与一に因んで建物の屋根に扇をあしらっている。
  2. 「与一伝承館」があるが、入館料300円。
  3. 大田原市が「とうがらしの郷」として売り出しているため、物産館の商品にも唐辛子を使ったものが多い。
    • 入居しているジェラート店にも「とうがらしジェラート」がある。といってもピリ辛程度で結構マイルド。

群馬[編集 | ソースを編集]

群馬の道の駅

埼玉[編集 | ソースを編集]

川口・あんぎょう[編集 | ソースを編集]

  1. 23区に隣接する川口市にある都市型の道の駅
  2. すぐ裏を国道298号と東京外環自動車道が通っている。
    • ただしインターまでは遠くて面倒。4号の方が近いくらい。
  3. 植物系がメイン?
  4. 国道298号はその構造上沿線に休憩施設がほぼない。そんな中での貴重な道の駅…のはずが、見えにくい・見えても入りにくい・入ったと思ったら植木や緑化イベントゴリ押しと何ともドライバーにとっては微妙。

はなぞの[編集 | ソースを編集]

  1. 祭屋台に目を向ける人はあまりいない。
  2. 最近隣に新しくできた農産物直売所に客を取られまくっている。あれだけの深谷ねぎを並べられたらさすがに勝算は無さそう。駐車場はこちらの方が広いが・・・
    • そしてそれへの対抗か何なのか、道の駅本体もリニューアルされた。だいぶ綺麗になったなぁ。
  3. まだまだ都市圏の中なので周りには食事処も多くあり、食事をウリにはしていない様子。
  4. ふっかちゃんがしばしば現れる。
  5. ここの宝くじ売り場から初めてLOTO7で10億円当せん者が誕生した。

果樹公園あしがくぼ[編集 | ソースを編集]

食堂
  1. 夜に仮眠してると眠れずに泣きを見る。理由は夜中は走り屋の溜まり場となってクルマの爆音を聞かされるからだ!
  2. 電車でもいける数少ない道の駅、っていうか裏に芦ヶ久保駅。
  3. あそこが昔西武系列のスケートリンクだった事を、今どれだけの人が覚えているだろう。
    • スケートリンクは道の駅から500mほど下流に行った現トラック基地?にありました。by地元出身者
  4. 西武池袋/秩父線のジョイフルトレイン入線時は混みあう。
  5. 芝桜の丘こと羊山公園へもすぐである。ここで食事を買って向こうで食べるのも一興。

はにゅう[編集 | ソースを編集]

  • 羽生市 国道122号
  • 羽生市のページも参照。
  1. 群馬の道の駅と言ってもいい品ぞろえである。館林名物の花山うどんも買える。
    • しかし、営業時間終わって一時間も経ってたのになんで営業続いてたのだろうか。
  2. トイレが完全屋内式で冬は暖かく助かる。
  3. 地元民でないのでよくわからないのだが、あのカステラは一種の道の駅名物なのだろうか?
  4. 利根川の災害対策室まで・・・国まで巻き込んで随分と大掛かりなもんだ。

かぞわたらせ[編集 | ソースを編集]

  1. 階段を降りたら群馬県。そこから200m歩くと栃木県。展望台からは一瞬にして車が埼玉から群馬、栃木と渡っていく不可思議な光景が見られる。
    • この近くに「3県境」というスポットもあり、それを記念した撮影パネルもある。
      • そのことにちなみ、埼玉・栃木・群馬の三県の名産品を集めた「さいぐんとショップ」なる施設もある。
  2. 道の駅そのものはごく一般的な装いだが、たまに奥でいろいろ売っていたりするようだ。
  3. 渡良瀬川や遊水池を走るサイクリストの基地でもある。
  4. かつては旧町名を取って「きたかわべ」と称した。
    • 2022年現在もまだ「道の駅きたかわべ」と書かれた案内などが結構残っていて、混乱している。
  5. 食事処は蕎麦が売りだが、加須市になったこともあり「加須うどん」もある。
  6. プレーンのソフトクリームにここのご当地和菓子「五家宝」をぶっ差しただけの「ごかぼうソフト」がある。
  7. 東武日光線の柳生駅から徒歩10分と近い。しかも親切にも駅前から案内板に従って行けるようになっている。

おがわまち[編集 | ソースを編集]

  1. 「埼玉伝統工芸会館」があり、ここの伝統工芸である小川和紙や県内各地の工芸品を展示・販売している。
    • 2021年4月1日から無料化された。正直和紙造りの実演・体験コーナーはわかるが後は実質県内各地の工芸品の宣伝で有料にする程か?て感じだったし。
  2. 食事処は地元の手打ちうどん屋で、コシの強い麺で人気だが営業終了が14:00と早いので注意。
  3. スイーツ好きなら農産物直売所の中にある「アウトレットスイーツ」のコーナーは要チェック。どら焼きの皮など一風変わったものも。
    • 「チーズテリーヌ」なるものを買ったが、チーズケーキの上のおいしい部分だけを頂く感じで旨かった。

アグリパークゆめすぎと[編集 | ソースを編集]

  1. 広い敷地に公園、収穫体験農園、バーベキュー広場などが広がり、家族連れで賑わっている。
  2. 建物もデカいが大半が管理施設のようで、農産物直売所は狭く、食堂もそば・うどん程度でご当地色に乏しく見掛け倒し感がある。
  3. その代わり外にあるスナックコーナーが充実していて、豚骨ラーメン店まである。
  4. 要するに家族で遊び場にするには最適だが、それ以外でここを直接目的とするとガッカリで、PAのように途中立ち寄る分には便利な所、と言った感じ。

みなの[編集 | ソースを編集]

  1. 登録道路は県道だが、国道140号との交差点からすぐ脇の所にある。
    • 国道との間にガストが隣接して建つが、特に影響は受けてなさそう。
  2. レストランの売りは温かいつけ汁で頂く「田舎うどん」と「わらじカツ」。
    • 田舎うどんは¥680ながらかなりボリュームがあり(コシも強いし)、お腹の具合にもよるが安易にセットとかを頼まないほうが無難。
  3. 秩父鉄道親鼻駅から徒歩10分もかからない。

千葉[編集 | ソースを編集]

  • 房総半島の先っぽに道の駅が集中している。なにもそこまで。
  • と思ったら、外房や水郷方面はポッカリと空白地帯だったりする。認定数の密度の差が激しい。

発酵の里こうざき[編集 | ソースを編集]

  1. 圏央道神崎インターのすぐそばにある。
    • この立地を活かし、最近は東京や大阪への高速バスが停車するようになった。
    • さらに、休憩施設に乏しい圏央道からも利用できるようにするという話まで浮上。
  2. 売りは地酒と味噌・醤油。
  3. この辺では珍しいコンビニがある。
    • そんなわけで夜はトラックがワンサカ・・・

水の郷さわら[編集 | ソースを編集]

  1. 正式名称は道の駅・川の駅水の郷さわらで、川の駅が併設されている。
    • あやめ祭りの時期には、ここから船が出る。
  2. スーパー堤防の上に建っている。
  3. 河川工事の際使用していたトロッコが展示されているのは案外知られていない。

季楽里あさひ[編集 | ソースを編集]

  1. 裏路地(農道?)の中にあるため場所が若干わかりづらい。目立つ建物はあるのだが、それが道の駅だとは初見ではわからないかも。国道からは近いが間に市道(農道?)を介する。
  2. 定番の耕地開発である。なんとなく花菜ガーデン(神奈川県平塚市)を思い起こさせる。
  3. 銚子電鉄名物ぬれせんべいの規格外品が売っていたりするが、どういう流通ルートがあるのだろうか。ちなみに同額比だと正規品の倍近くは入っている。
    • 水の郷さわらでも売ってる場合がある。2017年4月時点で銚子に道の駅が無いため、この2箇所でしか買えない模様。
  4. 千葉県・利根川河口の陸の最果てに行くには佐原と並んで最後の道の駅になる。これより先に道の駅は存在しない。

保田小学校[編集 | ソースを編集]

  1. 見た目にはわりあい新しい校舎だが、廃校になってしまったので地域振興に再利用。朝にはラジオ体操もやっている。
  2. 体験系や食堂が校舎に、物産品は体育館に、グラウンドは・・・
    • グラウンドは駐車場になったかと、教室だったところは客室になりました。

オライはすぬま[編集 | ソースを編集]

  1. バブルの熱の跡、蓮沼海岸にジェットの影、そこに佇むは道の駅。
  2. 結構へき地と言えばへき地なのだろうが(九十九里の道の駅では唯一海際にある)、休日は移動販売が来るくらいの人入り。
    • 成田空港からひたすらまっすぐという結節性が遠因か。
    • 蓮沼ウォーターガーデンに近いので、夏にはその利用者もいる。

和田浦WA・O![編集 | ソースを編集]

  1. 和田浦駅から駅チカ。
  2. これができる前は南房総市内で和田町だけ道の駅が無かった。
  3. 捕鯨が盛んでクジラの標本などクジラに関する道の駅。
    • 店の名前は「MINAMIYA」と「WADAHAMA」。

木更津うまくたの里[編集 | ソースを編集]

おナッツ
  1. うまくた」とついているが住所は下郡
    • 実際久留里線の下郡駅からは500m程と非常に近い。
  2. 東京湾アクアラインから1番近いよう。
  3. きさポンの絵柄の太巻き祭り寿司が作れる。
  4. 木更津だがあさりよりむしろピーナッツ推し。
    • 様々なフレーバーでコーティングされたピーナッツをカップ内に好きなだけ詰められる「CRAZY PEANUTS」が一番人気。
    • カフェで売られている「ピーナッツソフトクリーム」も人気。
    • 建物入口の邪魔になりそうな所にピーナッツの殻の形をした巨大オブジェまである。名前は「おナッツ」。

いちかわ[編集 | ソースを編集]

  1. 東京から1番近い千葉県の道の駅はここになりました。
  2. 一般道から直接行こうとすると地下のトンネルの中に入ってしまうので直前で迂回しなくてはいけない。
    • 外環道の市川区間が開通したため、少し行きやすくなった。
  3. 梨生産量1位なのか、道の駅内至る所に梨のデザインが施されていた。

富楽里とみやま[編集 | ソースを編集]

  1. 実質、富津館山道路の富山PA
    • 正式には富山PA自体は未だ完成しておらず、あくまでもハイウェイオアシスの扱いらしい。
  2. 場所柄、アクアラインへ向かう高速バス停を完備

みのりの郷東金[編集 | ソースを編集]

  1. 「まちの駅」を兼ねている。
    • この街がまちの駅登録に熱心で、道の駅以外にもやたらめったら個人商店等を登録させている。
    • スタンプも道の駅版とまちの駅版の両方ある。
  2. 広ーい敷地に植木、盆栽、花卉などを展示販売する「緑花木市場」が売り。
    • 温室もあり、ちょっとした植物園感覚で鑑賞できる。

とみうら[編集 | ソースを編集]

  1. 「枇杷倶楽部」の愛称が付けられている。
    • 実際土産店の商品スペースの大半がびわゼリー等の枇杷関連商品で占められており、納得できる。
    • カフェのメニューもびわカレーやびわの葉パン、びわスイーツなど殆ど枇杷絡みになっていて徹底している。
  2. 隣に「とみうらマート」、そのまた隣に「お百姓市場」という類似の物産施設が建っているので注意。
    • 重複商品も多いが枇杷=道の駅、海産物=とみうらマート、産直(野菜等)=お百姓市場、とある程度棲み分けている。
  3. 当然「びわソフトクリーム」もあり人気だが、実は「とみうらマート」や「お百姓市場」の方が100円以上も安いというのはナイショ。
  4. 道路の向かいが高速バスのターミナルになっているので、東京や横浜から直行できる。

たけゆらの里おおたき[編集 | ソースを編集]

  1. 地元産の猪肉と筍を推している。
    • 食事処「たけゆら食堂」では猪肉のメンチや筍の天ぷら、メンマなどを使ったメニューが味わえる。
  2. 房総名物「太巻き祭り寿司」も売っている。
  3. いすみ鉄道の久我原駅から徒歩20分弱で行ける。東総元駅からだと5分程余計にかかる。

あずの里いちはら[編集 | ソースを編集]

  1. 広大なアズ植物公園の脇にある。
    • 植物公園が巨大な丘になっていて、形状から古代史ファンなら前方後円墳?と思うが違うようだ(ただ下に古墳が埋まっているらしい)。
  2. 一応地元産のブルーベリーを推している。
    • 農産物直売所では「ブルーベリー大福」を売っており、別館のパン屋兼カフェでは「生ブルーベリージュース」が飲める。

やちよ[編集 | ソースを編集]

  1. 「八千代ふるさとステーション」と「やちよ農業交流センター」の2つの施設がある。
    • 2つの間は結構離れていて、間を川が流れている。間の行き来用に歩行者用の橋が架かっている。
  2. ふるさとステーションは農産物直売所やレストラン、アイスクリームの販売などがある道の駅としては典型的な施設。一方、農業交流センターは農業体験やバーベキュー広場の提供などがメイン。
    • 農業交流センターはサンドラ向きでないこともあり、ふるさとステーションと比べ人の数は格段に少なく静か。
  3. ふるさとステーションの横にコバンザメのように存在する海鮮レストラン(道の駅施設に非ず)がやたらはやっている。

ちくら潮風王国[編集 | ソースを編集]

  1. とにかく海鮮が売り。
    • 施設の真ん中にデカいコンクリート製の生け簀が2つも鎮座している。
  2. 「王様丼」でTVにも取り上げられた海鮮レストランが入っているが、値段は当然…そんな時は生け簀横の市場食堂で名物のアジフライとごはんをテイクアウトでw(中でも食べられるが)
  3. 施設外のコロッケ屋の「さざえコロッケ」も名物。ただ閉店が15時と早い。

白浜野島崎[編集 | ソースを編集]

  1. 恐ろしくしょぼい道の駅。
    • 集落の公民館のロビーみたいなスペースに地元の野菜や花とかが並べられてるだけ。当然食料調達はムリ。
  2. 登録道路は一応国道410号になっているが、実は狭い脇道を少し走る必要があり、何故ここに?という感じ。
  3. 以上のことから、どうみても一見の観光客を相手にしていないように思える。

南房パラダイス[編集 | ソースを編集]

  1. 熱帯系動植物園「アロハガーデンたてやま」を併設している。
    • アロハガーデンの入園料は結構高い。だが売店とレストランはゲート外にあるので入園しなくても利用できる。
  2. 施設全体がハワイカラーに染まっている。
    • 売店ではアロハシャツやウクレレまで売っているし、レストランもロコモコなどハワイ料理ばかり。
    • なのに「道の駅」(=日本の田舎の象徴)を名乗っているのでそのギャップに戸惑う。

ふれあいパーク・きみつ[編集 | ソースを編集]

  1. 片倉ダムのダム湖のほとりにある。
  2. 「きみつふるさと物産館」と、道の反対側の「片倉ダム記念館」から成る。
  3. 片倉ダム記念館でダムカードは入手できない。
  4. 名前の割に、物産館の品には鴨川の物が多い。
  5. 物産館の中に軽食コーナーもあるが、ご当地的なものは無い。ソフトクリームもバニラのみ。
    • 片倉ダム記念館側に猟師レストランができたが、外にメニューが掲げられていないので何が食えるかは不明。
  6. 都内や千葉市から高速バス1本で行ける(最寄バス停は「きみつふるさと物産館」)。
    • 但し、所在地の中心部から公共交通で行くのはしんどい(千葉市まで戻る必要がある)。

東京[編集 | ソースを編集]

八王子滝山[編集 | ソースを編集]

  1. 2つの国道の近くにあるが、面しているのは都道
    • 流動を考えれば接続するのは新道の方だけで十分といえば十分ではあるけど・・・
  2. 芥川龍之介の孫が初代駅長
  3. 休日は駐車待ちが当たり前。規模は小さいが都内唯一というだけあって人が集まること。

神奈川[編集 | ソースを編集]

  • 基本的に山の中。平野部にも計画はあるらしいが。
    • 足柄平野に4番目の道の駅ができました。

箱根峠[編集 | ソースを編集]

  1. 箱根名物の寄せ木細工が売っている
  2. 構内は「ああ、峠越えなんだな」と思える傾斜地にある。売り場自体はかなり小さい。
  3. ヘアピンとヘアピンの間みたいな場所にあるため出る時見通しが悪い。ヘアピンから出てきた車と衝突しそうだ・・・
  4. 幹線筋からは外れているうえに箱根峠の頂上に大きい駐車場(しかもトイレも有りすべて24時間開放)があるおかげで入る車は少ない。
    • この箱根峠エコパークにはかつてファミリーマートとラーメン屋とガソリンスタンドがあった。

山北[編集 | ソースを編集]

  1. 幹線道路とは程遠い場所にある
    • 分岐点の清水橋から車だと3分、歩くと15分くらい。ただ、西丹沢の玄関口になる道路にあるので場所の割には入りは悪くない。
  2. 狭い!あまりにも狭い!
    • 最近拡張されて売り場面積が少し広がった。
  3. 不老天丼と不老うどんが名物。1000円ちょっとで凄まじいボリュームを誇る。・・・が、とにかく脂っこいので食べた後は胃もたれ必至。
  4. 対岸はキャンプ場。その奥には山間の集落があるらしく道が山の奥へと続いている。数年前の洪水で橋が流失したが架け替えられた。
    • 橋の名称を考えたのが閉校される分校の学生というのが泣かせる・・・
  5. ちなみに距離的には御殿場線の谷峨駅から歩けないこともない、というか実際に歩いた(20分くらい)
  6. 傍らでは新東名の工事がたけなわ。完成後には一体の風景が様変わりしそうだ。
  7. 定休日があるのでそこだけは気を付けたいところ。この県道沿い、食事処はわりあい多い方なのでメシで困ることは無いだろうが。

清川[編集 | ソースを編集]

  1. 2015年に道の駅になった。
    • 元々は清流の館という村役場前の情報センターみたいな感じだった。
  2. なお近くを流れる川(相模川水系小鮎川)は片岸をコンクリートで固められ、そこまで清流という感じではない・・・
  3. ルートがルートだけにチャリダーもそれなりに入っている。
    • よく2階で休んでいるのを見かける。たしかにこの先煤ケ谷より向こうが地獄だもんな。
  4. 駐車場は役場と兼用。隣接のものは狭いが一段下りたところに大きいのが一つ。しかし役場側でイベントでもあればともかくそんなに普段誰が使うんだ?

足柄・金太郎のふるさと[編集 | ソースを編集]

  1. 開成町との殆ど境ギリギリの所にある。
  2. 施設としては農産物直売所と食堂があるだけで、取り立てて変わったものはない。
  3. 農産物直売所に入ると生産者の写真がずらっと飾られてあって、少々びっくりする。
  4. 足柄茶を推している。足柄茶のソフトクリームもある。
    • 今時タバコ自販機がある、と思ったらタバコでなくここ独自の「茶箱」自販機だった。
      • あまりにもタバコの箱に似せすぎているため、逆に後ろめたさを感じてか利用する人は少ない。
  5. 内陸なのに何故か食堂も直売所も海鮮に力を入れている。

 道の駅 ?km
北海道(道東) 東北(青森秋田岩手福島) 関東(群馬) 甲信越(新潟) 北陸(富山石川福井
東海(岐阜) 近畿(大阪奈良和歌山) 中国地方(島根) 四国 九州(熊本宮崎)  ベタの法則