静岡の学業

提供:chakuwiki

静岡の学業の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 秀英予備校を全国区だと思っている
    • 思ってた。県外にないのに驚愕した
    • 愛知県にもある。名古屋校はまるで河合塾に喧嘩を売るかのように千種に建っている(千種は河合塾の本校がある)。
      • 名古屋校はなぜか自習室だけ混んでいる。理由は目の前の河合塾生が自習室確保のためだけに秀英に籍を入れる(1講座のみ受講する)かららしい。
      • 最近、北海道にも進出した。但し小中学部だけ。
      • 神奈川県の藤沢・厚木・小田原にも存在。
      • 予備校で検索すると4~5番目にヒットする。
      • 名古屋じゃ河合塾に圧倒的な信頼があるからな。静岡から名古屋に来た俺としては正直恥ずかしい風景だ。
    • 自分は佐鳴も全国区だと思っていた
      • 実は佐鳴は本部が名古屋に移転した。今の佐鳴は「佐鳴予備校」。昔は「佐鳴学院」だったけど。
      • CMやイメージキャラクターに上戸彩を起用しているあたり全国区かと思っていたがそうでもなかったことに驚き。ちなみに昔は星野仙一がやっていた。
    • 最近、小中学部のみ北海道に進出。千歳空港から電車に乗り、見慣れた青い看板に「ん?!」と目を疑った。
    • 東部伊豆地区の優秀な高校生は大学進学時にほぼ全員が地元から出て行ってしまうため、家庭教師派遣会社は慢性的な教師不足に悩まされている
  2. 「母校は?」と聞かれると高校名を答える。
    • おそらく「東京大学です」と言うより「静岡高校です」と言う方が尊敬される。
      • 福島なんか高校浪人してまで、その地位を手に入れようとしてるけどね。
    • 浜松にて「北高です」と言った日には、後は全て許されると言っても過言ではない。だけど、静岡にて「北高です」と言うと笑われる時代もあった(進学コースである理数科が設置されたため) 。
      • 沼津で「北高です」というとむしろ心配される(高校名かわったけど)
        • 誰も新しい名前で呼んでくれないのが辛い所だね(T_T)
      • 浜松北高生は他の「○○北高」が「北高」と名乗ることに対して憤りを覚えるとか。
    • むしろ、聞く方もそれを想定している。
  3. 東部、特に三島市・函南町・伊豆の国市伊豆市付近で「韮高生」ですと言うと、店で特別優待を受けたり割引サービスになったり見ず知らずの人に褒められたり、「うちの娘の親戚が韮高出身で・・・」と話掛けられたりいろいろある。
    • 藤枝にて、夜間警察に呼び止められても東高生だとわかるとすぐに帰してくれるらしい。
    • 静岡で偏差値が高いとされる高校は、浜松北・磐田南・掛川西・清水東・静岡・雙葉・富士・沼津東・韮山あたり。
      • 藤枝東は頭もいいが、サッカーの勢力図と言うのが厳しい。
    • さらに私立高校より公立高校の方が尊敬される。
      • それは地方なら当たり前だが、愛知の東海や滝、三重の高田(6年制だけね)レベルまでは無理でも、石川の星陵程度の私立は一つ欲しいね・・・東部の人間は三島から新横浜へ通えば解決するが。
      • そもそも地方では私立が少ないのでレベルが低い。私立高校が多くある五大都市圏ではレベルの高い私立もある。静岡は数こそ多いが、数だけでレベルは伴ってない。
    • いつのまにか沼津学園高校が飛龍高校に変わっててびっくりした。
      • 北高もそうだけど、イメージが悪いから改名したのでは。
        • そうだが昔の学園マンガみたいな校名ワロス
    • 市立商業、旧清水市立商業は清水・静岡合併のさいに高校名変更で大揉め。結局市立清水商業に(略せばきよしょー)。
      • 清水商業はその後合併で「清水桜ヶ丘高校」になった。
    • 静岡市立と浜松市立は金が掛かっている。わかふじ国体に当たり体育館の改修を進め静岡市立は11億!かけたらしい。
      • ちなみに両市立とも「~市立高等学校」が正式名称。
    • 静岡市立と静岡英和の冬服が似ていてたまに間違えられる(間違えられました!)。
      • お互い間違えられることを嫌うため、カラーに違いをつけている。気合入ってないカラー(右下に福島県の県章みたいなマークが入っている)が静岡市立。
    • 東部でも沼津市とか御殿場線沿線なら沼津東の方が尊敬される。
      • 御殿場南とか韮山もけっこう尊敬されてるぞ、沼津東には少し負けてるけど。
    • 日大三島が特進コースに沼津東や韮山に合格する生徒を学費無料で勧誘しているが永遠に袖にされ続けている。
    • 静岡の私立高校のレベルがあまりにも低いため、隣県のT海に新幹線で通う猛者もいるとか・・・。
      • 公立の一貫校があるからいいでしょ・・・。愛知にはないし・・・。
      • わかるわかる。静岡の公立上位高は、ガリ勉しか能がない青白秀才を冷遇するから。
  4. 道徳の授業でヤマハスズキの企業物語を特集。
    • 社会科見学で、タミヤにいきます。道徳では、次郎長もでます。
    • 心温まるお話より、県内の武勇伝の方ばかり取り上げる。
    • 藤枝サッカー創立話も学習。
    • 上記の話は東部では該当しない。
      • 伊豆は源頼朝ばっかり
  5. 1990年から2000年前後、静岡市立中島中、観山中、高松中はヤンキーの巣窟だった。
    • 静岡市立南中では卒業式にパトカーが来たりした。
      • 図書室前で消火器噴射事件もあった。
      • 今でも卒業式にパトカーは付き物。逆に南中出身の友達に「それが普通じゃないの?」と言われた。
    • 安倍川中vs大里中の不良同士が安倍川河原で大決闘したのは伝説。
    • 浜松市では2005年くらいまで曳馬中が伝説のヤンキー校。
    • 竜爪中と西奈中もやばかったと聞いたが。
    • 沼津の原中が最強との噂もある。
  6. 静岡大学付属静岡中出身だとやたら問題児扱いされるか、秀才扱いされる。
    • 教育実習生が生徒に苛められて胃潰瘍になることがしばしある。特に数学と社会科。
    • 静附中の半数以上が静高、清水東、静学に入る。むしろ静高を受けないほうが異常だと思われる。
    • 何故か、市立城内中、安東中、東中、静岡雙葉を目の敵にする。
    • 秀才率は、中学入学者→小学校入学者→幼稚園入園者で下がっていく。
    • 正式には静岡大学教育学部附属静岡中学校。附中もしくは附属以外の略称で呼ばれると嫌だ。部活等では附属静岡。
  7. 不二聖心女子中・高のエンジェル制度が一部で話題沸騰。
  8. 中学生が高校に入れる範囲は3年生2学期の結果に反映される。
  9. 全国にある50近くの高専の中でも、特に偏差値が高い沼津高専の存在はこのような場所ではいっさい触れられない
    • 県外だけど、沼津高専、知ってるよ。うちの中学からもトップ校に入れるくらいの奴が3人行った。神奈川県西部からも沼津高専と日大三島高校は結構行く。by小田原出身者
    • えっ、高専ってどこもレベルがメチャ高いんじゃないの?そういうイメージがあるんだけど(沼津出身)
      • 同じ東海地方の近大高専はレベル低いぞ(まあ私立だけど)。
  10. 東遠で掛川西といえば尊敬される。
  11. 三島近辺だと、中学受験をして新幹線で東京まで行く猛者がいる。
    • 東京や神奈川の小学生は腕試しというより、場馴れのために日大三島中学を受験しに来るぞ・・・まあ日大系は場馴れと学習塾の合格実績稼ぎに利用されているが(長崎とかね)。

静岡の大学[編集 | ソースを編集]

静岡大学[編集 | ソースを編集]

  1. 静岡市大岩に文理学部と教育学部が、浜松市に工学部がある。
    • 1951年に静岡県立静岡農科大学を国立移管し、農学部を設置したというユニークな歴史を持つ。
      • 県立の新制農科大学が移管されてできた地方国立大学の農学部は特にめずらしくない。茨城、島根、愛媛、香川、神戸などもそう。
    • 文理学部があったのはもう半世紀以上前の話なんだけど……
    • (2017年としては)静岡市駿河区大谷に人文社会科学部と農学部、理学部、教育学部が、浜松市中区城北に工学部、情報学部がある。
  2. 浜松にある工学部は日本で初めてテレビ送受信実験に成功した浜松高等工業学校の流れを組む。
  3. (2018年現在)全国的に著名な教員といえば加藤英明。クレイジージャーニー、鉄腕DASH(グリル厄介)、池の水ぜんぶ抜くでお馴染み。

常葉大学[編集 | ソースを編集]

  1. ここ行くと教師になるの?はもう定番
  2. 2013年に浜松大学、富士常葉大学と合併。勝負に出た
  3. 医療系と教育学部を除くと「日大落ちたらここ」という感じだろうか?
    • 法学部は関東学院大学法学部が小田原から撤退する(2017年から)ので静岡県東部地区の法学系志願者が流れる見込み
  4. 保育学部まである。

浜松医科大学[編集 | ソースを編集]

  1. 元々は静岡大学の医学部になるはずだったが・・・。
  2. だが静岡大学が二期校だったのに対し浜松医大は一期校になった。

その他の大学[編集 | ソースを編集]

  • 静岡県立大学
  • 静岡産業大学
  • 聖隷クリストファー大学

その他多数

静岡の高校[編集 | ソースを編集]