韓国の駅

提供:chakuwiki

海外の駅 > アジアの駅 > 韓国の駅

韓国にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

ソウル特別市[編集 | ソースを編集]

ソウル駅の噂[編集 | ソースを編集]

신촌
Sinchon
서 울 용산
Yongsan
 Seoul 
  KØRɅIL
  1. 日本の駅と比べてとってもコンパクト。構内で迷子になることはないと思う。
  2. 京釜線・地下鉄1号線・地下鉄4号線・京義線・空港鉄道線が乗り入れているが、京義線だけ離れ小島のようになっている。入り口もわかりにくいところにある。
    • 1号線のホームと京義線のホームでは人だかりも雰囲気も全然違う。とても同じ駅とは思えない。
    • 本来北朝鮮方面に向かう路線なのが理由。
      • 京義線は複線電化されており利用客は今ではかなり多い。そもそもKTXその他の回送線(幸信・仁川空港発着の営業列車も一部あり)とこの区間は重複しており、京義線は1時間間隔でしかないから。
      • 京義線は電化時からDMC駅発着(6号線連絡駅)が主で、ソウル駅乗り入れは毎時1本しかない。今は龍山線を介して中央線と直通するルートがメイン。
        • このため隣の新村駅(KR)も日利用者は1,000人程度しかない。ソウルの隣駅であるが。
  3. 旧駅舎は取り壊し問題があった。
    • 大正末期にできた赤レンガの駅舎がKTX開業まで使われてきたが「日帝時代の駅舎だから壊してしまえ」という意見があり危うく解体されるところだった。
      • 結局旧駅舎は文化施設に改装されることで一件落着。
      • 正面玄関の上の部分にあった「서울역 Seoul Station」の文字が撤去され完成当初に近そうな意匠に変えられている。
    • 朝鮮総督府を除けば日本統治時代の建造物は割と残ってる印象はある。
  4. 日本で東京駅に向かう列車が「上り」になるような感じで韓国ではこの駅に向かうのが「上り」とされる。
  5. KORAILと地下鉄の駅を呼び分けるため地下鉄の駅は「地下ソウル駅」と呼ばれることもある。
  6. 開業当初は「南大門駅」というローカル駅に過ぎなかった。
    • その当時は現在地とは別に京城駅があった。
    • またその頃は龍山駅がターミナル駅だった。上に書かれた龍山線も平壌・新義州方面への本線だった。
  7. 湖南線方面の列車はこの駅に発着しない。隣の龍山駅を使う。
    • 湖南高速線方面のKTXにも仁川空港や幸信駅発着のものがあるが、それらはソウル駅を通過する。
  8. 地下鉄2路線のホームはどっちも狭い上、カーブの途中にある。
  9. KTXから各路線への乗り換えは割と楽だが、それ以外のパターンだと結構歩かされる。
  • 路線 - 京釜線・京釜電鉄線・京釜高速線・京義線・仁川国際空港線・地下鉄1号線・地下鉄4号線

龍山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市龍山区
  1. 東京で言えば上野品川のポジションに相当する、ソウルの第二のターミナル駅。
  2. 何気に駅ビルはソウル駅より大きかったりする。
    • その駅ビルにガンプラの店やタミヤの直営店、どんぐり共和国などが入った一際カオスなフロアがある。最近アニメイトも入ってきた。
  3. 乗換え駅ではないが、すぐ近くに4号線の新龍山駅がある。
  • 路線 - 京釜線・京釜電鉄線・京釜高速線・首都圏電鉄中央・京義線

鷺梁津駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市銅雀区鷺梁津洞
  1. 京釜電鉄線とソウル地下鉄9号線の乗換駅だが、かつては連絡通路がなく改札外での乗換を強いられていた(現在は解消)。
  2. 駅の周辺には予備校が多い。
  3. 1号線急行下りホームはソウルでは珍しく改札をくぐったら階段を昇降せずにすぐにホームがある。
  • 路線 - 1号線(京釜電鉄線)・ソウル地下鉄9号線

永登浦駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市永登浦区
  1. セマウル・ムグンファ号がすべて止まるソウルの南のターミナル…なのだが年々地位が低下しつつある。
    • 2017年に新設された大田行きのiTX-青春は、江南へのアクセスを重視して鷺梁津・新道林停車となり、1号線しか乗り入れていないこの駅は通過となった。
    • 今度新設される京仁線特急も同じく鷺梁津・新道林停車でこの駅は通過に。
    • そのうちソウル急行や龍山急行にも見捨てられそうな予感。
  2. 一応KTXも停まる。1日2本だけ。
  • 路線 - 京釜線・京釜電鉄線

道峰山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市道峰区道峰2洞
  1. ソウル最北端の駅。
  2. 1986年に「樓阮駅」として開業。2年後の1988年から現在の駅名に改称された。
  • 路線 - 1号線(京元電鉄線)・ソウル地下鉄7号線

光云大駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市蘆原区月渓洞
  1. 駅名の通り光云大学校への最寄駅。
  2. 長いこと「城北駅」を名乗っていたが、城北区にある駅だと誤解されていたこともあり2013年から現在の駅名に。
  • 路線 - 1号線(京元電鉄線)・京春線

外大前駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 1974年に「徴慶駅」として開業。1996年から現在の駅名に改称された。
    • 徴慶駅時代の1984年には当駅で列車の衝突事故(死者2人・負傷者42人)が起きてしまったことも…。
  • 路線 - 1号線(京元電鉄線)

清凉里駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市東大門区
  1. 韓国の上野と例えられる。
  2. 他路線の乗り換えを考えると、隣の往十里駅をターミナル駅にすればなー、と思う。
    • むしろ逆に盆唐線を乗り入れさせたらいいのに…と思ってたら本当に乗り入れるようになった(ただし平日だけ)
  3. 平昌五輪のおかげでKTXが停まるようになった。
  • 路線 - 京元線・中央線・首都圏電鉄中央・京義線

往十里駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市城東区
  1. 京義中央線・盆唐線・ソウル地下鉄2号線・5号線の4路線が乗り入れており、乗り入れ路線数はソウル駅に次いで多い。
    • その割には存在感が薄い気がする。
  2. 東京でいえば北千住駅に相当するポジション。
  3. 「城東区庁」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 首都圏電鉄中央・京義線・盆唐線・地下鉄2号線・地下鉄5号線

クブンダリ駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市江東区明逸洞・千戸洞
  1. クブンダリというのは「曲がった橋」という意味らしい。
  2. 「江東区民会館」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄5号線

二村駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市龍山区
  1. リトル東京の「東部二村洞」の最寄駅。
    • だが日本人学校は全く別の場所(デジタルメディアシティ)にある。
  2. 韓国国立中央博物館の最寄り駅。
  • 路線 - 首都圏電鉄中央・京義線・地下鉄4号線

江南駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市江南区
  1. 韓国一利用客数が多い駅。
    • 流動客数は江南駅ではなく、新道林駅の方が多い。
    • にもかかわらず、数年前までは1路線しか乗り入れていなかった。
  2. スタイル。
  • 路線 - 2号線・新盆唐線

蚕室駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市松坡区
  1. 2号線の駅と8号線の駅の間が遠い。
    • 2号線のホームの下で8号線の線路が90度カーブしている、無茶な構造をしている。
  2. ロッテワールドの最寄り。というかロッテワールドと乗り換えのためにあるような駅。
    • そのためか、8号線は大半の客がここで入れ替わる。
  • 路線 - 2号線・8号線

麻谷駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市江西区空港大路
  1. 5号線の開業から12年間、全ての列車が通過していた駅。
    • 元々駅の周辺にサッカーワールドカップ用のスタジアムを建設する予定だったが、別の場所になってしまったため未開業となっていた。
  • 路線 - ソウル地下鉄5号線

汝矣ナル駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市永登浦区汝矣東路
  1. 韓国の首都圏電鉄では最も低い所にある駅(海抜-27.55m)。
  2. LGグループの本社タワーへの最寄駅。
  • 路線 - ソウル地下鉄5号線

孔徳駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市麻浦区
  1. 4路線が乗り入れる一大ターミナルだが、最初に開通した路線でも1996年と割と新しい駅。
  2. 5号線から空港線や京義中央線に乗り換えるのは遠くてしんどい。
  • 路線 - ソウル地下鉄5号線・6号線・京義中央線・仁川国際空港線

弘大入口駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市麻浦区
  1. 東京でいえば原宿駅に相当するポジション。
  2. 駅の近くに韓国2店舗目のアニメイトができた。
  • 路線 - ソウル地下鉄2号線・京義中央線・仁川国際空港線

総神大入口駅・梨水駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市銅雀区
  1. 4号線と7号線で駅名が異なる、韓国唯一の駅。日本ならこんな例腐るほどあるのに。
  2. 4号線の「総神大入口」の駅名は、後にできた7号線の南城駅の方が総神大に近くなったので詐欺名称となった。
    • あくまで入口だから。前とは言っていない。
  • 路線 - ソウル地下鉄4号線・7号線

新道林駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市九老区
  1. 韓国の駅で一番混雑が激しい。
  • 路線 - ソウル地下鉄1号線・2号線

新村駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市西大門区
  1. タクシーで「新村駅」と行き先を告げると、必ず「地下鉄駅?汽車駅?」と聞き返される。
    • 汽車駅の日利用者は800人程度(2018年時点)しかない。ソウルの隣駅であるが。
    • 当然、地下鉄駅の方が圧倒的に利用者が多い。
    • 汽車駅は地下鉄2号線「新村駅」よりも、「梨大」駅の方が近い
  • 路線 - ソウル地下鉄2号線・KORAIL京義線

市庁駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市中区
  1. 駅名の通り、ソウル市庁舎の最寄り駅。
  • 路線 - ソウル地下鉄1号線・2号線

東大門歴史文化公園駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市中区
  1. 「ソウル運動場駅」→「東大門運動場駅」を経て、2009年から現在の駅名に改称された。
    • 「東歴文駅」という略称もよく使われる。
  2. 副駅名は駅の近くにある東大門デザインプラザの略称から命名された「DDP」。
  • 路線 - ソウル地下鉄2号線・4号線・5号線

江辺駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市広津区九宜3洞
  1. 韓国で初めて可動式のホーム柵が設置された駅。
  2. 「東ソウルターミナル」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄2号線

ワールドカップ競技場駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市麻浦区
  1. 駅名の通りソウルワールドカップ競技場への最寄駅。
    • 因みに大田にも同名の駅がある。
  2. 「城山」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄6号線

加山デジタル団地駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市衿川区加山洞
  1. 2005年に「加里峰駅」から現在の駅名に改称された。
  2. 地下鉄の駅だけ「マリオアウトレット」という副駅名が設定されている。
  3. 天安急行はこの駅から北は各駅停車になる。
  • 路線 - 1号線(京釜電鉄線)・ソウル地下鉄7号線

押鴎亭ロデオ駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市江南区押鴎亭
  1. 完成前の仮駅名は「清潭駅」だった。
    • その後「清水ナル駅」で一時確定したが、押鴎亭地区住民の反発の結果現在の駅名に。
  2. ソウルの森駅と当駅の間で漢江の下を通る。
  • 路線 - 水仁・盆唐線

宣靖陵駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市江南区三成洞
  1. 完成前の仮駅名は「三陵駅」だったが、ソウル郊外線に同じ駅名があるのでこの駅名になった。
  2. KORAILの駅のみ「韓国科学創意財団」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 水仁・盆唐線、ソウル地下鉄9号線

福井駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市松坡区長旨洞
  1. 駅名は「ポクチョン」と読む。
  2. KORAILの駅のみ「東ソウル大学」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 水仁・盆唐線、ソウル地下鉄8号線

建大入口駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市広津区華陽洞
  1. 駅名の通り建国大学校への最寄駅。
  2. 元々は地名から来た「華陽駅」を名乗っていたが、1985年から現在の駅名に改称された。
  • 路線 - ソウル地下鉄2号線・7号線

紫陽駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市広津区紫陽洞
  1. 2024年2月まで「トゥクソム遊園地」という駅名だった。
    • 同年3月から7号線計画時の仮称だった「紫陽」が正式な駅名に。
    • 副駅名は「トゥクソム漢江公園」。
  • 路線 - ソウル地下鉄7号線

清潭駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市江南区清潭洞
  1. 「韓国金取引所」という副駅名が設定されている。
  2. 出入口が14箇所もある。
  3. かつてはホームの中線に停車した電車の中で市場が開催されていた。
  • 路線 - ソウル地下鉄7号線

崇実大入口駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市銅雀区上道洞
  1. 駅名の通り崇実大学校への最寄駅。
  2. 「サルピジェ」という副駅名が設定されている。
    • 因みにサルピジェは隣の冠岳区との境界にある峠の名前。
  • 路線 - ソウル地下鉄7号線

大林駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 九老区と永登浦区にまたがっている駅。
  2. 九老区庁への最寄駅でもあり、「九老区庁」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄2号線・7号線

九一駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市九老区九老1洞
  1. 「東洋未来大学」という副駅名が設定されている。
  2. 高尺スカイドームへの最寄駅。
  • 路線 - 1号線(京仁線)

景福宮駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市鍾路区積善洞
  1. 開業当初は「中央庁駅」だったが、駅名の由来になった中央庁舎の博物館改装や景福宮への近接性を考慮し、1987年から現在の駅名に改称された。
  2. 「政府ソウル庁舎」という副駅名が設定されている。
  3. 5号線の光化門駅は乗り換えに使えるくらい至近距離にある。
  • 路線 - ソウル地下鉄3号線

東大入口駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市中区奨忠洞2街
  1. 駅名の「東大」はもちろん東京大学ではなく東国大学校のことを差している。
    • 開業前の仮駅名は「奨忠檀駅」だった。
  2. 「新羅免税店」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄3号線

教大駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市瑞草区瑞草1洞
  1. ソウル教育大学校への最寄駅なのでこの駅名。
  2. 「法院・検察庁」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄2号線・3号線

南部ターミナル駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市瑞草区瑞草洞
  1. 駅名の通りソウル南部バスターミナルへの最寄駅。
    • 1985年の開業当初は「貨物ターミナル駅」を名乗っていた。
  2. 「芸術の殿堂」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄3号線

デジタルメディアシティ駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市恩平区
  1. 元々は「水色駅」を名乗っていたが、京義・中央線の駅開業に合わせて現在の駅名に改称された。
  2. 駅名を略して「DMC駅」とも呼ばれている。
  3. 京義中央線と空港鉄道を乗り換えようとするとものすごく歩かされる。
    • 京義線を降りたらホーム端にある階段を降りて6号線ホームを端から端まで歩いてまた階段を降りて…。
  • 路線 - ソウル地下鉄6号線・京義・中央線・仁川国際空港鉄道

烽火山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市中浪区新内洞
  1. 2000年から2019年まではここが6号線の終点だった。
  2. 「ソウル医療院」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄6号線

下渓駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市蘆原区下渓1洞・下渓2洞
  1. 同じ読みの駅が日本にもある。
  2. 「乙支大 乙支病院」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄7号線

開花駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市江西区開花洞
  1. ソウル地下鉄9号線の始点であり、ソウル特別市最西端の駅。
    • 9号線唯一の地上駅でもある。
    • 始点なのに急行列車はここまで来ない。実質急行通過駅。
  • 路線 - ソウル地下鉄9号線

麻谷ナル駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:ソウル特別市江西区加陽洞
  1. 路線開業から5年後の2014年にようやく駅が開業した。
  2. 9号線のみ「ソウル植物園」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄9号線・仁川国際空港鉄道

京畿道[編集 | ソースを編集]

都羅山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道坡州市
  1. ガイド曰く「ここは金正日委員長(当時)がYESといえば明日にでも北へ列車が走ります」とのこと。
  2. 国境検問の設備がそろっている。
  3. 平壌や、さらに中国やシベリア鉄道へと直通したいようだ。
    • 南北統一を見越し平壌方面の乗り場表示が既にある。
    • 目指せパリらしい。
  4. しかしそういう状況ではないのでソウルとの間の一日三往復の列車しか来ない。
    • それもさらに減便してしまった。
  5. 隣駅を正しく表示した駅名標がどこにもない。
    • 実際は「板門← →臨津江」。
  6. 南北分断前には存在しなかった。
  • 路線 - 京義線

金村駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道坡州市
  1. 統一展望台への最寄り駅。
  • 路線 - 京義線

板橋駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 2011年にできた比較的新しい駅だが、城南市内で最も大きい駅になろうとしている。
  2. 「板橋テクノバレー」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 新盆唐線・京江線

嘉泉大駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道城南市寿井区太平洞
  1. 駅名の通り嘉泉大学校への最寄駅。
    • 開業当時の駅名は「暻園大駅」だった。
  • 路線 - 水仁・盆唐線

野塔駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道城南市盆唐区野塔洞
  1. 2013年にエスカレーターの逆走事故が起きてしまった。
  2. 炭川総合運動場や城南市中央図書館への最寄駅。
  • 路線 - 水仁・盆唐線

二梅駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道城南市盆唐区二梅洞
  1. 地域住民の請願駅として2004年に開業。建設費は城南市と韓国土地公社が負担した。
  2. 「城南アートセンター」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 水仁・盆唐線・京江線

書峴駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 盆唐区の中心駅、だった?
    • 2路線乗り入れる駅は亭子駅や板橋駅になったため、知名度が分散された。
    • そしてGTXの「城南駅」が書峴駅とは異なる場所に建設されるため、さらに影が薄くなる。
  2. 駅の出入口が全て駅真上のデパートの中にある、変わった構造をしている。
  3. 少女時代の「ソヒョン」と名前が被っているため、ネタにされている。
  • 路線 - 水仁・盆唐線

薮内駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道城南市盆唐区薮内洞
  1. 1994年に「草林駅」として開業。草林洞の統合による廃止に合わせる形で、2002年から現在の駅名に改称された。
  2. ロッテ百貨店盆唐店の真下に駅がある。
  3. 2012年から「韓国ジョブワールド」という副駅名が設定された。
  • 路線 - 水仁・盆唐線

亭子駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道城南市盆唐区亭子洞
  1. 1994年に「栢宮駅」として開業。栢宮洞の統合による廃止に合わせる形で、2002年から現在の駅名に改称された。
  2. NHN本社やKT本社への最寄駅。
  • 路線 - 水仁・盆唐線・新盆唐線

美金駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道城南市盆唐区金谷洞
  1. 駅の近くの「九洞」と「谷洞」という地名から一文字ずつ取ってこの駅名になった。
  2. 「盆唐ソウル大病院」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 水仁・盆唐線・新盆唐線

竹田駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道龍仁市水枝区竹田洞
  1. 新世界百貨店の出資で2007年に開業。
  2. 「檀国大」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 水仁・盆唐線

器興駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道龍仁市器興区旧葛洞
  1. 龍仁軽電鉄の駅は「旧葛駅」になる予定だったが、開業の数日前に「器興駅」へ変更された。
  2. 「白南準アートセンター」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 水仁・盆唐線・龍仁軽電鉄

網浦駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 完成前の仮駅名は「パンジュク駅」だった。
  2. サムスン電子本社への最寄駅。
  • 路線 - 水仁・盆唐線

逍遥山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道東豆川市上鳳岩洞
  1. 首都圏電鉄では最北端の駅。
  2. この駅から北側は非電化、南側は交流電化となっている。
  • 路線 - 京元線・1号線(京元電鉄線)

東豆川中央駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道東豆川市生淵洞
  1. 2006年に「東豆川駅」から現在の駅名に改称された。
  2. 「漢北大」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 1号線(京元電鉄線)

光明駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道光明市
  1. 東海道新幹線で言えば新横浜に相当する駅。ただし、新横浜と違い一部列車は通過する。
    • 市街地からのアクセスが悪いのもそっくり。
      • お情け程度に首都圏電鉄が運転しているが、1時間に1本しかなく4両編成の永登浦行きのみである。
  2. SRT開通後に舎堂駅からシャトルバスが出たり、都心空港ターミナルができたりと、やたらと優遇されている。
  • 路線 - 1号線・京釜高速線

競馬公園駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道果川市果川洞
  1. 韓国馬事会の請願によって1994年に「競馬場駅」として開業。
    • 2000年から現在の駅名に改称された。
  • 路線 - 4号線(果川線)

坪村駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道安養市東安区富林洞
  1. 坪村新都市の中心駅。
  2. 開業当初は「ボルマル」という駅名だった。
  3. 「翰林大誠心病院」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 4号線(果川線)

常緑樹駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 駅名の由来は日本統治時代に出版された小説の題名。
  2. 「安山1大学」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 4号線(安山線)

漢大前駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道安山市常緑区二洞
  1. 漢陽大学校のキャンパスがあるのでこの駅名だが、そのキャンパスまではバスで7分・徒歩で25分もかかる。
  2. 当駅から下記の鳥耳島駅まで水仁線が乗り入れる。
  • 路線 - 4号線(安山線)・水仁線

中央駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道安山市檀園区古桟洞
  1. 安山市の中心駅はこちら。
  2. 「ソウル芸術大学」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 4号線(安山線)・水仁線

草芝駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道安山市檀園区草芝洞
  1. 「工団駅」として1994年に開業。2012年から現在の駅名に改称された。
  2. 「新安山大学校」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 4号線(安山線)・水仁線・西海線

安山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道安山市檀園区元谷洞
  1. 安山市の中心駅…という訳ではない。
  2. 開業当初は「元谷駅」という駅名だった。
  • 路線 - 4号線(安山線)・水仁線

新吉温泉駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道安山市檀園区新吉洞
  1. 駅名に「温泉」とあるが、周辺に温泉施設は存在しない奇妙な駅。
    • 温泉の開発計画自体はあったらしい。
    • 2021年に「陵ギル駅」に改称される予定だったが、一部の地元住民が反対し改称は中止となってしまった。
  • 路線 - 4号線(安山線)・水仁線

正往駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道始興市正往洞
  1. 1994年までは当駅の位置に水仁線の君子駅が存在していた。
  2. 「韓国産業技術大」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 4号線(安山線)・水仁線

烏耳島駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道始興市
  1. ケツ!!(関西弁で)
  2. 安山線は当駅が終点。水仁線はここから下記の仁川駅まで延びている。
  • 路線 - 安山線・水仁線

義王駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道義王市
  1. 韓国鉄道博物館の最寄り駅。
  2. 駅構内にも小さな展示があり、KTXの運転シミュレータがある。
  • 路線 - 1号線

成均館大駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道水原市長安区栗田洞
  1. 元々は「栗田駅」だったが、近くにキャンパスを置く成均館大学校の要望で駅名が変更された。
    • 日本だったら「栗田成大前」とかになりそうな駅。
  • 路線 - 1号線(京釜電鉄線)

駅谷駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 猫が名誉駅長を務めている。
  2. 「カトリック大」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 1号線(京仁線)

富川駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道富川市深谷本洞
  1. 富川市の中心駅。
  2. もともとは「素砂駅」だったが、富川郡の市昇格と共に現在の駅名に改称された。
  3. 「富川大入口」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 1号線(京仁線)

大化駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道高陽市一山西区大化洞
  1. 一山線・首都圏電鉄3号線の起点駅。
  2. 「KINTEX」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 3号線(一山線)

元興駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道高陽市徳陽区元興洞
  1. 2014年に開業した一山線の新駅。
  2. 「農協大学校」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 3号線(一山線)

長岩駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:京畿道議政府市長岩洞
  1. ソウル地下鉄7号線の起点。
    • 将来的には抱川市まで延伸する計画がある。
  2. 元々は議政府市が車両基地建設の見返りとして設置した駅。
  • 路線 - ソウル地下鉄7号線

仁川広域市[編集 | ソースを編集]

仁川駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 京仁線の終点にして人口300万を誇る仁川市の中心駅。でもとてもそうは思えない程駅舎はショボい。
    • 実質的な中心は富平区の富平駅。例えるなら神戸駅と三ノ宮駅の関係に近い。
  2. 2016年に水仁線が伸びて来て乗り換え駅になった。
  3. 仁川中華街の最寄り駅。副駅名でも「チャイナタウン」と入っている。
  • 路線 - 京仁線 水仁線

富平駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市富平区
  1. 仁川広域市の実質的な中心駅。
  2. 駅の北口と南口での落差が激しい。北口は巨大な駅ビルや地下街、広い駅前広場があるが、南口はロータリーすら無く狭い路地に雑居ビルが立ち並んでいる。
  3. 発音は「ピョン」なのか「ピョン」なのかよく分からない。(そもそも韓国語は清音も濁音・半濁音も区別しないから、どっちでもいいんだろうけど)
  4. KORAILの駅には「カトリック大仁川聖母病院」、仁川地下鉄の駅には「富平ヒムチャン病院」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 京仁線 仁川地下鉄1号線

朴村駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川特別市桂陽区
  1. 駅名の由来は朴氏が多く住んでいたと伝えられることから。
  2. 「漢陽自動車運転専門学院」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 仁川都市鉄道1号線

葛山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市富平区
  1. 「慶文実用専門学校」という副駅名が設定されている。
  2. 実は北朝鮮にも同じ名前の駅がある。
  • 路線 - 仁川都市鉄道1号線

仁川市庁駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市南洞区間石洞
  1. 仁川都市鉄道の路線同士で乗り換えられる唯一の駅。
  2. 1号線の駅のみ「21世紀病院」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 仁川都市鉄道1号線・2号線

仁川ターミナル駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市弥鄒忽区
  1. 駅の近くにある仁川総合バスターミナルが駅名の由来。
  2. 「プルンセサン眼科」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 仁川都市鉄道1号線

文鶴競技場駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市延寿区
  1. 駅名の通り仁川文鶴競技場への最寄駅。
    • 近くには文鶴野球場もあるため、KBOリーグの公式戦が行われる日はかなり混雑する。
  • 路線 - 仁川都市鉄道1号線

仁川大入口駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市延寿区
  1. 駅名の由来となった仁川大学校は徒歩で15分ほどかかる。
  2. 「松島コンベンシア」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 仁川都市鉄道1号線

黔丹梧柳駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市西区黔丹洞
  1. 仁川都市鉄道2号線の起点。
  2. 「黔丹産業団地」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 仁川都市鉄道2号線

アシアード競技場駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市西区連喜洞
  1. 駅名の通り仁川アシアド主競技場への最寄駅。
  2. 「公村サゴリ」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 仁川都市鉄道2号線

石南駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市西区石南洞
  1. ソウル地下鉄7号線の終点。
  2. 仁川2号線の駅のみ「コブク市場」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - ソウル地下鉄7号線・仁川都市鉄道2号線

雲宴駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市南洞区雲昌洞
  1. 仁川都市鉄道2号線の終点。
  2. ホームは地下にあるが、駅舎や改札口は地上にあるややこしい駅。
  3. 「西昌」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 仁川都市鉄道2号線

青羅国際都市駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:仁川広域市西区エコ路
  1. 隣の永宗駅とは10kmも離れている。
  2. ソウル地下鉄7号線がここまで延伸される予定。
  • 路線 - 仁川国際空港鉄道

釜山広域市[編集 | ソースを編集]

釜山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 韓国人の自称・ユーラシア大陸最東端の起点駅。
    • 実際の最東端はバム鉄道終点のソヴィエツカヤ・ガヴァニ駅(ロシア、ハバロフスク地方)。
      • ワニノ駅ではなくて?
  2. かつては辰野金吾が設計した駅舎が使われていたが朝鮮戦争中に火事で失われた。
  3. KTX開業時に古い駅舎がガラスのドームで包み込まれた。
  4. 駅のすぐ近くが港。
    • 一時期は「釜山埠頭駅」を名乗っていただけのことはある。
    • 釜山鎮駅というのもあるが、今は貨物駅。
    • 東海線の列車は発着しない。釜田駅を利用する。
  5. 日本国外の駅で唯一、JRグループ(JR九州)が乗り入れている。
  • 路線 - 京釜線・京釜高速線・釜山地下鉄1号線

西面駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山釜山鎮区
  1. 釜山一の繁華街の最寄り駅。
  • 路線 - 釜山地下鉄1号線・釜山地下鉄2号線

教大駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山蓮堤区巨堤洞
  1. 釜山教育大学校の最寄り駅なのでこの駅名。
  2. 地下鉄の駅は日本語で「釜山教育大学」とも表記される。
  • 路線 - 東海線・釜山地下鉄1号線

BEXCO駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山海雲台区海雲台路
  1. 駅名の由来は近くにある釜山コンベンションセンターの通称から。
  2. KORAILの駅と地下鉄の駅は200m程離れている。
  • 路線 - 東海線・釜山地下鉄2号線

萇山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山広域市海雲台区
  1. 2号線の起点。「海雲台白病院」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 釜山地下鉄2号線

センタムシティ駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山広域市海雲台区
  1. 商業複合施設であるセンタムシティに隣接しているのでこの駅名になった。
  2. 「ベクスコ・新世界」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 釜山地下鉄2号線

慶星大・釜慶大駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山広域市南区
  1. 日本の中央大学・明星大学駅みたいな駅。
    • 当初の仮称は「龍沼駅」だったが、論争の末現在の駅名に。
    • 更に副駅名で「東明大学校」と、3つの大学が駅名で争っている状態。
  • 路線 - 釜山地下鉄2号線

国際金融センター・釜山銀行駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山広域市南区
  1. 韓国国内で最長の駅名。
  2. 2014年までは「門田駅」を名乗っていた。
  • 路線 - 釜山地下鉄2号線

沙上駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山広域市沙上区掛法洞
  1. KORAIL・釜山地下鉄・釜山-金海軽電鉄(当駅が起点)の3駅は全て微妙に離れている。
  2. 地下鉄と軽電鉄の駅には「西部ターミナル」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 京釜線・伽倻線・釜山地下鉄2号線・釜山-金海軽電鉄

徳川駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山広域市北区
  1. 2号線と3号線が接続する駅。
  2. 「釜山科技大学」という副駅名が設定されている。
    • 2012年までは「釜山情報大学」という副駅名だった。
  • 路線 - 釜山地下鉄2号線・3号線

オシリア駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:釜山機張郡
  1. ケツ!!
  2. 小林製薬が出している薬「オシリア」とは関係が無い。
  • 路線 - 東海線広域電鉄

忠清道[編集 | ソースを編集]

天安牙山駅・牙山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 韓国版燕三条駅
    • KTX・新幹線と在来線が垂直に交差している点も共通している。
    • 燕三条と違い、駅構内は完全に牙山市内にある。ただし少し北に進むとすぐに天安市。
    • なお天安と牙山のどちらを先にするかという争いはなかったらしい。
  2. この駅の北のほうでソウル方面と水西方面に分岐し、この駅の南のほうで釜山方面と光州方面に分岐する。
    • つまり、ここで事故が起こると高速鉄道網がほぼ麻痺する。
  3. 在来線は牙山駅を名乗っているが、牙山市の中心は2駅隣の温陽温泉駅である。
  • 路線 - 京釜高速線・水西平澤高速線(天安牙山駅)・長項線(牙山駅)

江原道[編集 | ソースを編集]

珍富駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 郡部にある駅だが、KTXしか来ない。
  2. 平昌オリンピック会場には近かったが、今では利用者が少ないので半数程度が通過し、2~3時間に1本しか来ない。
  3. 「五台山」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 京江線

江陵駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:江原道江陵市
  1. 嶺東線の終着駅だったが、平昌オリンピック開催に合わせKTX新線が乗り入れることとなり、駅を改築した。
    • 3年間の運休期間に更地にして一から建て直した。
    • のどかな構内踏切を失ってしまった。
  • 路線 - 嶺東線・京江線

慶尚道[編集 | ソースを編集]

慶州駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 昭和初期に建てられた朝鮮伝統建築に似た駅舎が健在。
    • 朝鮮戦争では前線となったこともあるが無事持ちこたえた。
  2. KTXはこの駅には来ない。
    • 山側の新慶州駅に停車する。
    • 将来的には在来線も新慶州駅にまとめられる予定だとか。
  • 路線 - 中央線・東海線

三浪津駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 京釜線から慶全線(馬山・光州方面)が分岐する駅。
  2. 日本統治時代にはうな丼が名物だった。
    • このうな丼のために食事時間をずらす人もいたとか。
  3. かつては重要な駅だったが今はセマウルも止まらない。
    • さらには当駅をスルーする広域電鉄線建設も決定。
  • 路線 - 京釜線・慶全線

梁山駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 釜山地下鉄2号線の終点であり、梁山市の中心駅。
  2. 「市庁」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 釜山地下鉄2号線

金海大学駅の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 「安洞」という副駅名が設定されている。
  2. 駅名にある金海大学校からは3.7kmも離れている。
  • 路線 - 釜山-金海軽電鉄

仁済大駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:慶尚南道金海市活川洞
  1. 「活川」という副駅名が設定されている。
  2. 駅名にある仁済大学校は北へ約2kmの距離がある。
  • 路線 - 釜山-金海軽電鉄

鳳凰駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:慶尚南道金海市金海大路
  1. 「金海旅客ターミナル」という副駅名が設定されている。
    • 2015年までは「田下」という副駅名だった。
  • 路線 - 釜山-金海軽電鉄

首露王陵駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:慶尚南道金海市金海大路
  1. 「金海保健所」という副駅名が設定されている。
    • 2015年まではこちらが「金海旅客ターミナル」という副駅名だった。
  • 路線 - 釜山-金海軽電鉄

長神大駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:慶尚南道金海市海畔川路
  1. 駅名の通り釜山長神大学校への最寄り駅。
  2. 「花停」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 釜山-金海軽電鉄

加耶大駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:慶尚南道金海市海畔川路
  1. 釜山-金海軽電鉄の終点。
  2. 「三渓」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 釜山-金海軽電鉄

大邱広域市[編集 | ソースを編集]

舌化椧谷駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市達城郡花園邑舌化里
  1. 大邱地下鉄1号線の始点。
  2. 駅名は近くの二つの地区の地名を合成して生まれた。
  • 路線 - 大邱地下鉄1号線

大谷駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市達西区
  1. 2002年から2016年までは当駅が1号線の始点だった。
  2. 「政府大邱庁舎」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 大邱地下鉄1号線

西部停留場駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市南区
  1. 2019年に「聖堂池駅」から現在の駅名に改称された。
  2. 「関門市場」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 大邱地下鉄1号線

アンジラン駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市南区
  1. 駅名表記こそ「アンジラン」だが、現地の韓国人はほとんどが駅名を「アンチラン」と発音する。
  2. 「大邱カトリック病院」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 大邱地下鉄1号線

中央路駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市中区
  1. 2003年に当駅で放火事件が起きてしまった。
  2. 開業当初は当駅が1号線の終点だった。
  • 路線 - 大邱地下鉄1号線

峨洋橋駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市東区
  1. 2017年から「大邱国際空港入口」という副駅名が設定されている。
    • 但し大邱国際空港からは約1.5km離れており、当駅でのバスへの乗換が必要になる。
  • 路線 - 大邱地下鉄1号線

東村駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市東区
  1. 「東村遊園地」という副駅名が設定されている。
  2. 当駅の近くに大邱線の東村駅があったが、2008年に廃止となってしまった。
  • 路線 - 大邱地下鉄1号線

安心駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市東区
  1. 大邱地下鉄1号線の終点。
  2. 「革新都市・尖複団地」という変わった副駅名が設定されている。
  3. 当駅に来たからと言って安心できる訳ではない。
  • 路線 - 大邱地下鉄1号線

青蘿の丘駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市中区
  1. 2号線と3号線が接続する駅。
  2. 2005年に「西門市場駅」として開業。2019年から現在の駅名に改称された。
    • 副駅名の「新南」は2014年から2019年まで名乗っていた駅名。
  3. 韓国一長いエスカレーターが設置されている。
  • 路線 - 大邱地下鉄2号線・大邱都市鉄道3号線

大邱銀行駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市寿城区
  1. 開業前の仮駅名は区名から取られた「寿城駅」だった。
  2. 「大邱教育庁」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 大邱地下鉄2号線

大公園駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大邱広域市寿城区
  1. 大邱スタジアムへは当駅が最寄り駅だが、1.7kmも離れている。
    • 「三星ライオンズパーク」という副駅名が設定されている。
      • 正直言って、こちらの方が大邱スタジアムより圧倒的に近い。
  • 路線 - 大邱地下鉄2号線

大田広域市[編集 | ソースを編集]

大田駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大田広域市東区
  1. 駅名の通り大田広域市の中心駅。同駅を経由する全列車が停車する。
  2. KORAILの本社も当駅にある。
  3. 当駅を題材にした歌もあるらしい。
  • 路線 - 京釜高速線・京釜線・大田線・大田地下鉄1号線

板岩駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大田広域市東区板岩洞
  1. 大田地下鉄1号線の始点。
  2. 「大田大」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 大田地下鉄1号線

政府庁舎駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大田広域市西区
  1. 駅名の通り政府大田庁舎への最寄駅。
  2. 1号線の開通当初は当駅が終点だった。
  • 路線 - 大田地下鉄1号線

ワールドカップ競技場駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大田広域市儒城区老隠洞
  1. 駅名の通り大田ワールドカップ競技場への最寄駅。
  2. 「老隠都売市場」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 大田地下鉄1号線

盤石駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:大田広域市儒城区盤石洞
  1. 大田地下鉄1号線の終点。
  2. 「七星台」という副駅名が設定されている。
  • 路線 - 大田地下鉄1号線

光州広域市[編集 | ソースを編集]

鹿洞駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:光州広域市東区鹿洞
  1. 光州地下鉄1号線の起点。
    • ほとんどの列車は隣の所台駅で折り返すため、当駅発着の列車は1本か2本しかない。
  2. 当初駅を設置する計画は無かったが、車両基地建設の見返りとして設置された。
  • 路線 - 光州地下鉄1号線

文化殿堂駅の噂[編集 | ソースを編集]

  • 所在地:光州広域市東区
  1. 韓国で初めてホームドアが導入された駅の一つ。
  2. 全羅南道の道庁移転に伴い、開業1年後の2005年に「道庁駅」から現在の駅名に改称された。
  • 路線 - 光州地下鉄1号線