高島平

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本関東 > 東京23区 > 板橋区高島平

高島平の噂[編集 | ソースを編集]

高島平団地
  1. 自殺の名所。
    • まあ昔はだけどね。
      • 「完全自殺マニュアル」という書物にも、そう書いてあった。
      • 飛び降り自殺防止のため、賃貸部分の3階以上の共用廊下には全て「チューリップ」または「ひまわり」模様の鉄格子(自殺防止フェンス)がはまっている。
      • 飛び降りても死ぬ可能性が低いため、1・2階の共用廊下には鉄格子がない。
    • 分譲の建物で久しぶりに出たね。しかも女子高生…
      • 女子高生出るの?!引っ越そうかなぁ・・・
      • 分譲部分にも、高層かつ共用廊下のある設計の建物が2棟あるが、自殺防止フェンス設置の費用を所有者で負担しなければならないため、フェンスは設置されていない。
    • 今日、それの名所であることは地元民でも忘れるほどに減少しており、落ち着きのある住宅地となっている。
      • 住民は、東京都民であることを謳歌するため池袋新宿渋谷へ移動する、一方、都民であることを強く主張しない控えめな面を持ち合わせている。
      • 東京23区民郊外の生活を楽しんでいる。隠れた名店を探せばじつはいい店が見つかるからさ。
        • その23区であることに価値を見出している住民も多い。正直、時間的には戸田川口の方が都心に近いが、23区と埼玉では公共サービスや医療の差が結構大きい。
      • 高島平に限らず、板橋区は23区に含まれていなければ特になんてことはない区である。これが板橋区民の頭の隅にあるんじゃないかなぁ。
    • 自殺は減ったが高齢者の孤独死などはある。
      • うちの両隣にお年寄りが住んでいたのだが、気がついたら空き家になっていた…
  2. 大友克洋の『童夢』(『AKIRA』以前の作品で、大友ワールドを開花させた歴史的作品)の舞台のモデルは高島平団地と思われているが、実は埼玉県蕨市の団地がモデル。
    • 80年代、山田邦子の実家があるということでも有名であった。
    • さらに勘違いされているのが、その団地は最寄りが蕨駅なだけであって、所在は川口市の芝園団地である。
      • その蕨駅周辺は、公共交通機関を使うよりも自転車で行く方が早い。
  3. SMAPがまだ駆け出しのころ、高島平団地出身の稲垣吾郎の家にメンバー全員で泊まりに来た事がある。
    • 吾郎ちゃんの実家は3丁目ではなく、7丁目にあった。よって、高島平団地出身ではない。
      • うっそ。むかし『うたばん』で稲垣吾郎自身で「ごめんね、団地の狭い所に泊めちゃって」とか自分ちのお風呂の事を「団地のお風呂だからね」って言ってたよ。
      • 7丁目なら、中学は高島一中になる。吾郎ちゃんの出身中学は高島三中。7丁目にご両親が住んでいたなら、あとから土地買って家を建てたと考えた方がつじつまがあう。
    • 「稲垣吾郎の家にメンバー全員」でなく、正確にいえば、「稲垣吾郎メンバーの家にメンバー全員」である。
      • 座布団一枚。
  4. 都営地下鉄三田線の存在は高島平のためにあると言っても過言ではなかった。
    • 西高島平行きに乗って寝てたら、高島平でおばさんに「降りないの?」と起こされた。(新高島平人)
    • 西台駅北側にある都営西台住宅と交通局の職員住宅、廃校になった高島第四小学校は三田線の車庫の上にあり、これらの建物では1階といっても実際には3階~4階相当の高さにいることになる。
    • 初めて来た人に「ここ何県?」と聞かれたことがある。
  5. 以前羽田から成増・光が丘行きのリムジンが高島平を経由していたが三田線に負けて廃止・・・
    • 羽田空港は三田線と浅草線・京浜急行で便利だし割引があるから良い。それより成田空港行きが欲しい。
  6. 元日本赤軍の山本容疑者(元三越パリ支店)は、西台のダイエーでサキイカを2袋(お徳用サイズ)万引きして捕まった。
  7. かつて西台(ダイエー・ミスド)を街と讃えていたが、サティができた途端に東武練馬(映画館・スタバ)の下僕となった。
    • そして西台は滅んだ。
      • 現在駅近くにはマンション下の三田線の車庫しかない。
        • 家電量販店ロケットも滅んだ。
          • ブックオフの規模のでかさは異常。
            • もともと第三紳士服という安売りスーツ屋の建物だったからね。
        • 車庫の上にあるのは、一棟は都の住宅供給公社の分譲だからマンションと言えなくもないが、他の棟は都営住宅だよ。
        • 駅前にあったデニーズすら撤退した。
  8. 西台駅は高島平に拠点をおいている。真の西台は西台駅から徒歩20分・・・
    • 西台、坂多すぎ!
  9. 安売り店が多く金銭感覚がおかしくなっている。
  10. ガトーマスダは華の都心に上り詰めた近年の勇者である。
  11. 2002年の地図で見た限り、高島平駅前に松坂屋がある。
    • 松坂屋"ストアー"な。東武ストアーもある。
    • そして「とうきゅう」というスーパーもある。
  12. 近年は高齢者向住宅へのシフト(バリアフリー化、リフォーム)が進んでいる。
    • リフォーム後に入居すると緊急時用のインターフォンが装備されている。
  13. テレビ埼玉(38ch)が比較的低ノイズで受信可能
  14. 「高島平」という地名になったのは40年前。それ以前は、志村西台町、徳丸本町、四葉町、上赤塚町に分かれていた。町境は複雑で、飛地もあって…。
    • 三田線の「西台駅」「志村検車場」は、志村西台町だった名残り。
    • 高島平駅も三田線(都営6号線)開業当初は「志村駅」でした。駅名が変わらないままだったら、のちの「ドリフブーム」の時は大変なことになっていたはず。
  15. 赤塚公園にかなりスピードの速い女性ランナーが度々出没する。
    • 赤塚公園は「不思議少女ナイルなトトメス」にたびたび登場した。
  16. 高島平団地、といえばかつては中流層ニューファミリーの象徴であったが、近年はスラム化が著しい。
    • 特に外国人低所得者層が多く、言葉や習慣の問題からトラブルが絶えない、と某週刊誌で特集がくまれた。
    • 一方で生活保護は意外と少ないらしい(URは保証人求めない分、家賃が結構お高め)。細々と年金で暮らす元サラリーマンが多いそうな。
      • そのご隠居の資産狙いなのか、東京スター銀行が意外にもここに支店を残していたりする。ボロい団地とは対照的な派手なオレンジの店舗。
  17. 埼玉から行く場合、電車よりも自転車の方がはるかに早い地域も多い。俺の自宅もそうだった(とある場所まで38分)。
  18. 桃太郎,カメレオンクラブが閉店したため高島平のゲーム屋が全滅.もう西台のダイエー行くか旧サティしかないのか?
  19. 団地・住宅街と思いきや、三田線より北側(特に新高島平駅以西)はガチの倉庫街だったりする。