鳥取の交通

提供:chakuwiki

鳥取の鉄道[編集 | ソースを編集]

  1. JRを電車ではなく汽車という。
    • 場所によっては非電化区間があるためらしい。
    • 場所によってはどころか電化区間は米子市にしかない。
      • 一応伯備線(伯耆、日野、日南)も電化されている。
    • なので県内で汽車といえば正しく電車といえば間違いなのだが、進学就職で県外に出ても半年は汽車と言ってしまう。とりあえず列車で妥協したまま一生を終える人も多いという。
    • 非電化区間なのに、踏切の標識にはパンタグラフの付いた電車が描かれている。
      • それは国土交通省のせい。道路標識は全国統一規格。
      • こちらは電化区間なのに煙がもくもくと出ている汽車の絵が…(つい最近高架化のため撤去されたとか…by中央線(東京都)沿線の住民)
    • 電車が今まで全くなかったわけではない。戦前には米子に路面電車が、昭和40年代までは法勝寺電車が走ってた。(わりと忘れられてる事実)
      • でもそれも米子市周辺の話。
    • 他県民にも汽車と言う人はいる。
    • それって気動車じゃ
  2. 単線なので汽車がしょっちゅう信号待ちの停車をする。しかも長時間。
  3. 冬は雪の影響で列車が遅れるのが当たり前。
    • 1回スーパーおきが雪に埋まった。それを助けに行ったラッセル車は脱線した、という逸話がある。
  4. 冬は汽車のドアが手動式になる。
    • 今は一年中、汽車のドアが手動式になっている。(境線は半数程度が自動)
      • 昔は片方のドアだけ自動でもう片方は手で開けるってのもあった
    • 今頃はあんまり見ませんがなぁ
    • 全てボタン式になりました。
  5. 乗り遅れそうなお客さんが居ると、そのお客さんが乗るまで待ってあげる。
  6. 山陰本線は、平成8年まで客車の普通列車が走っていた。
  7. 国鉄時代の車両を使用した普通列車だと、大きな駅に着く前に、オルゴールを鳴らすことがある。

若桜鉄道[編集 | ソースを編集]

  1. 元国鉄若桜線の第三セクター。
  2. 郡家-八頭高校前の一区間の運賃は100円。郡家駅の噂にも書かれてるが、入場券よりも安い。
    • 昔は60円だった。ちなみにその当時の北大阪急行の運賃は80円。
  3. ひらがなで「わかさ鉄道」と書いたら妙な人気が出るような気がする・・・のはオレだけか?
  4. 鳥取県で唯一SLを動かしている。
    • 機関車はC12型167号機。当分は圧縮空気で動かして無蓋車を引いている。
    • ムーンライト高知で使うのをやめた12系客車のグリーン車を買い取ったため、それを用いて本線を走行する計画があるらしい。
      • 募金によって石炭で動かす費用を集めているらしい。
    • 機関車が派手なピンク色になった。
  5. 隼駅がバイクの名前が同じということでライダーにとっては知る人ぞ知る人気。
  6. どこかの資料に「若狭鉄道」と誤植されていた。
  7. なぜか若桜駅構内に長野電鉄の貨車や旧国鉄の車掌車が保存されている。
  8. 真っピンクのSLを走らせた。

郡家 - 八頭高校前 - 因幡船岡 - 隼 - 安部 - 八東 - 徳丸 - 丹比 - 若桜

鳥取の道路交通[編集 | ソースを編集]

  1. 東部(鳥取市)には高速道路がないので教習に高速講習がない。(by お)
    • 正確には、高速教習はシミュレーションマシンで行う。緊張感はない。
      • 俺の知り合いはシミュレーションマシンで事故った!
        • ……ゴメン、それ俺。
      • 障害者用の教習だと、シミュレータが使えないので、1日かけて高速道に実習に行く。
      • 横風の威力が異様に強く、隣車線まで飛ばされてすぐ事故る。
    • 9号線のバイパス合流で疑似体験はさせる。
      • 学校によっては、それすらやらない。
    • 高速道路がある青谷町が合併して鳥取市に入ったが、やはり教習の時間内で行って帰ってくるのは無理。
    • 市内の高速道路の案内標識には、70km先のICが2つ(津山・佐用)書いてある。
      • 10日のウェークアップ+で紹介されていた。はっきり言って開いた口が塞がらなかった。(by松江市民)
      • よく通る交差点の標識が紹介されていたので驚いた。あの標識を日常の普通の風景だと思っていること自体がおかしいと思う。それよりも早く山陰自動車道や鳥取自動車道を整備してほしい。
        • 10年2月久々にあそこ通った。鳥取市9号線のシンボルともいえるIC70km標識が「鳥取自動車道(無料区間) 河原IC**km」に張り替えられていた。ショック…(泣)
      • 鳥取にも高速を作る計画があり、現在建設中。けど、利用者は皆無だろうし、正直言って金の無駄。
        • どこの方かは知りませんが、そんなに無駄だと思うのなら鳥取の国道9号とかを走ってみてください。鳥取県民が「高速道路を作れ!」というのがよく分かります。だいたい、事情も分からないのに利用者は皆無だから無駄だとか言うのはやめて下さい。
          • 実に同意できる。メディアの洗脳が如実に成功している例だろう。
        • 北海道を相手に似たようなマウンティングしようとした阿呆は、「熊だろうが金払うなら通らせます」と切り返されて泣き泣き逃げました。
      • 9号が渋滞するのは通勤時間帯だけだし、53号と29号もあるので採算性は絶望的
      • そうか?意外と他の時間でも混む時は混むぞ。そもそも公共事業っていうのは採算性がないから造らないというものじゃないけどな・・・。
      • 国防の観点からは山陰地方に東西を結ぶ高速が必要・・・
    • 国道9号線は時間帯と場所によっては実質的に高速道路。平均時速80km/hどころではない。でも難所で全部パァとなる。結局時間はいくらあっても足りない。
    • 一応高速が開通しました。しかし途中区間が一般道・・・Orz
    • 姫路・加古川バイパス>鳥取道=米子道=山陰道
    • 松江にも高速を作る計画があり、現在建設中。けど、利用者は皆無だろうし、正直言って金の無駄。
      • 江府~三次にも高速を作る計画があり、現在建設中。けど、利用者は皆無だろうし、正直言って金の無駄。
        • 北条~湯原間にも高速を作る計画があり、現在建設中。けど......以下同文。
    • 姫路まで繋がる高速道路が完成している。元々鳥取東は兵庫県南部を始め関西まで行く用事が多いので高速もしっかりと役に立っている。
  2. 高速バスが高速のるのに1時間30分ほどかかる。
    • 高速が出来ると3分の1以下に減る模様・・・。
    • それは鳥取市だけ。
  3. 場所によってはよく姫路ナンバーの車を見かけるので、兵庫県の県庁所在地は姫路だと思っている。
    • そんなことないって。そういうことを思う方がどうかと思うが・・・
      • すぐお隣の県で、本来の県庁所在地よりはるかに近い街に立派なお城があっては、つい間違えてしまう。
      • どうかしてて悪かったな。俺の事だよ。兵庫県の都市といえば姫路のイメージが強いから神戸なんて中学入るまで知らなかった。
    • 鳥取に行くのは姫路ナンバーといっても殆ど西播北部なので姫路市とちがう。津山の仲間と思ってほしい。
    • 但馬も姫路ナンバーなのが拍車をかけている。美方郡は豊岡より鳥取によく行く地域も多いので余計に。
    • 神戸はどうも大阪の付属品という感じしかしないなあ。「兵庫」で一番発展した都市といえば、どうしても姫路とかあの辺りを想像してしまう。
  4. 鳥取市中心部を通る国道は、9号、29号、53号で、意外と番号だけはすごい。
    • 鳥取市内の国道29号と53号は2001年4月に大幅に経路が変更されたためか、国道の終点標識のある交差点と、「一般国道の指定区間を指定する政令」で定めている終点がなぜか一致しない。
      • 国道29号:終点標識→南隈交差点、一般国道の指定区間を指定する政令→秋里交差点(経路変更前の終点と同じ)
      • 国道53号:終点標識→秋里交差点、一般国道の指定区間を指定する政令→鳥取県庁・鳥取県警察本部交差点(経路変更前の終点と同じ)
  5. 鳥取空港に降りて「鳥取大学医学部まで」とタクシーに乗ると大変なことになる。
    • 米子に降り立てよ。
    • 運転手さんが驚いて再確認。
    • 医学部キャンパスは鳥取県最西端で島根県に隣接。
    • 2年に1回ぐらい、受験生が本部キャンパスと医学部キャンパスを間違える。その距離は車で2時間30分もかかる。ちなみに、医学部から島大本部キャンパスまでは、車で1時間である。
    • 鳥取大学医学部付属病院は「医大」と呼ばれる。
  6. 混雑していない場所での車の飛ばし方が尋常でないので一人相撲な事故で車が文字通り宙を舞う。
  7. 県外との往復は一日仕事。
  8. 道路が無駄に良い。酷道や険道がほとんどない。
  9. 国道の起点が無い。県内を走る国道は通過or終点。
  10. 県内に片側3車線以上の一般道路が、多分ない。
    • 朝のラッシュ時は都市部ではそれなりに混むが、3車線あればこんなに混まないだろうと思うところがよくある。
  11. 実は鳥取市←→米子市の都市間路線バスが無い。だいたい100km弱の距離だが、需要無いのかな……

鳥取のバス[編集 | ソースを編集]

日ノ丸自動車[編集 | ソースを編集]

  1. ここといい、日本交通といい、やけにスケールの大きな名前だ。
    • どちらも東京に似たような社名のバス会社がある。資本関係はないが。
  2. 一時期、法勝寺電鉄という鉄道も所有していた。
  3. 島根県内にも路線がある。
    • 米子~松江間の路線はここの単独運行。松江に営業所もある。
    • 比較的最近(2005年)まで生山駅から県境を越えて(旧)横田町に乗り入れる路線もあった。

日ノ丸ハイヤー[編集 | ソースを編集]

  1. 元々はタクシー会社だが、長らく松江~米子空港間のリムジンバスのみこの会社の路線だった。
    • 出雲空港があるのに県都の客を隣県の空港に運ぶという、島根県にとっては面白くない路線。だから島根県内に路線を持つ本体でなく、本来バス会社でない子会社にやらせた大人の事情的な部分が感じられる。
  2. 現在は鳥取空港~倉吉・三朝温泉の路線も親会社からの移管により運行しているが、これは多分ただのコストカット。