提供:chakuwiki
2022年2月16日 (水) 21:24時点における無いです (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

生き物が借 > 動物 > 鳥類 > 水鳥 >

釧路と言ったら丹頂鶴。空港でもお出迎え
紙製の鶴
  1. と共に長寿の象徴として扱われてる。
    • このコンビで昔はよく算数の時間にも登場しました。
    • 片やこちらのトウシュで片やこちらのトウシュ。
  2. 北海道の人は白いと思っているが、九州(特に鹿児島)の人は黒いと思っている。
    • マナヅルは渡り鳥なので鳥インフルエンザに感染しているのではないかと関係者を慌てさせた。
  3. Chakuwikiにも棲息している(冗談)。つ川北薩トリオ@鹿児島
  4. 好物はアツアツのおでん。
  5. 巣はの木に作る。
  6. 折り紙1枚で出来上がり。
    • 折り方によって3種類ぐらいある。しかし、折れない人はどれも折れないはず。
      • 理由:折れない人がつまづく所は大体同じで、そこを過ぎた所で折り方が分かれていくため。
      • 最近はそこを容易にできるような方法が折り紙の本に載っていたりする。
    • 千羽折って、願い事をしたり病人に贈ったりする。
      • 有名人が急病や大怪我したりすると、ネットで「鶴」とコメントされる。
      • 慰霊施設でも多く見かける。
      • 近年は、災害地にこれを送るのはあまり好ましくないとされている。
    • 岩手の方で巨大な個体が活躍している。
  7. JALの飛行機の垂直尾翼に書いてあったが、もう消滅したかな?
    • 消滅しました。
      • な、なんと復活するって。
      • 2008年から3年ぶり、2011年2月に。やはり太陽より鶴の方が日本の翼には似合う。
      • 釧路の丹頂鶴のイメージが強いためか、最初の機は釧路に降り立った。
    • ドイツでは現役
  8. っぱげ。
  9. ひろみ。声優。
  10. 英語ではCraneで、クレーン車などの語源になった。
  11. 学会
  12. 鶴の拳
  13. 嘗ては富裕層向けの食用にされていたということは意外と知られていない。
    • 薩摩の島津と大隅の肝付の両家が対立した時、和解のための宴を開いたが、島津の家臣が「めでたい席なのだから、鶴の吸い物を出してはどうか」と言って相手を怒らせ(肝付の家紋が鶴であるため)、関係がさらに悪化して戦争になってしまったという。この逸話自体は創作の可能性が高いらしいが、鶴の肉がハレの席の高級食材だったのは本当。
  14. CV:松岡由貴。
    • スモークチーズがお好き。
      • それは鶴じゃない、ちゅるだ。
        • (´・ω・`)にょろーん
  15. 江戸落語の演目のひとつであるが、その噺のなかでは始めのうち「くびながどり」とよばわれている。
    • 「向こうの方から1羽『つー』と飛んで来て止まった。するともう1羽、雌と思しき鳥が『るー』と飛んで来た。つぅ事でこりゃ『つる』だなと・・・」
    • 名前の由来が 『つるー』と飛んできて 『つー』と飛んで来て『る』と留まる、というのは別の噺ですか?
      • 同じ噺の続きですよ。
  16. 日蓮正宗の紋章も鶴丸。仏壇・仏具や寺院の玄関の提灯などにも鶴丸が入っている。
    • 日本航空だって鶴丸の家紋を変えたもの。外国のデザイナーに頼んだら、「日本には家紋という素晴らしいシンボルがあるのに何故 外国に頼むの?」と言われ、目から鱗が落ちてだれぞ(その時の偉いさん?)の家紋を使ったとか。
      • 白地に赤で日本の国旗っぽくしたんじゃないのか。
  17. 実は結構攻撃力の高い鳥だ。
    • 雛を狙う狐を力ずくで追い払ったりする。
      • でも狐に皿に入れたスープを出されると飲めなくて悔しがる。
        • 星新一版の鶴は狐を無礼討ちし、肉をスープにして食べてしまう。
  18. かつての東北の雄。
    • 今は札幌を目指す星に生まれ変わりました。
  19. 舞う姿は関東某県の形に例えられる。
    鶴舞
    • お城の形(縄張り?)も鶴が舞う形によく例えられる。舞鶴城とか鶴舞城の異称を持つ城がどれだけ多いことか
    • でも件の県は、山形同様に「顔型」の県として覚えられている面が実際は強いと思う。名物のカルタにも出てくるけど。
  20. アイスホッケーチームのひとつ。親会社は日本製紙
    • 廃部・プロチーム化で「ひがし北海道クレインズ」になった。
  21. チック
  22. 「鶴」が付く地名(例:鶴見)はツルが住み着いていたのが由来と言われるが、たいていは川やら水が流れる場所「水流」の瑞祥地名である。
    • 余談だが「水流」がつく苗字は鹿児島で見られる。
  23. 恩返し。
  24. 昔中国では胎生だと知られていた。
  25. 中国の省庁が国鳥を選定しようとしてアンケートをとった結果、1位はタンチョウだったが、学名に「日本」が入っている(グルス・ジャポネシス)からふさわしくないという反論が出てうやむやになってしまった。
    • ツル類を国鳥にしている国はアフリカに多い。南アフリカ(ハゴロモヅル)など。
    • 日本の都道府県鳥としてはもちろん北海道(タンチョウ)、後は山口(ナベヅル)。
  26. 一声。
  27. 掃き溜めにいると目立つ。