秋田/北部

提供:chakuwiki
鹿角市から転送)

ご当地の噂 - 世界アジア日本東北 > 秋田北部

秋田・北部
青森
北部


山形 宮城

秋田県北部の噂[編集 | ソースを編集]

  青   森  
八峰 藤里 大館 小坂
能代  

鹿
三種 上小
阿仁

男鹿 大潟 五城目 仙北
  1. 盟主は大館か?能代か?
  2. 陸中の飛び地があった。
  3. 訛りやイントネーションが中南部のそれらと違うらしい。
  4. 北秋田、大舘、鹿角とそれぞれ隔絶された盆地なのが地図を見るとよく分かる。

主な市の噂[編集 | ソースを編集]

山本郡の噂[編集 | ソースを編集]

八峰町の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 八森町の場合は「町」を「まち」と読んだが、八峰町になって「ちょう」に変わった。
  2. 八森と峰浜。北がどっちで、南がどっちなのかは忘れた。
    • 「はちもり」と「みねはま」の合併なのに「はちみね」でなく「はっぽう」。

峰浜[編集 | ソースを編集]

  1. 「ポンポコ山」というたぬき共和国が存在する。
    • 今はたぬきがいなかったりする。
    • 国道をはさんで向かい側に「なにかの間違いじゃないか?」ってくらい立派なレストランがある。
    • でもつぶれた
  2. 「能代カントリークラブ」が能代市じゃなくてここにある。
  3. 冬はポンポコ山にそりをしにいく子供も多い。
  4. ポンポコ山の温泉はやたら熱い。
  5. 「石川そば」というご当地そばがある。
    • つなぎに豆乳を使うのが特徴。

八森[編集 | ソースを編集]

  1. とにかくハタハタで有名。
    • 秋田民謡の「秋田音頭」でも一番始めに歌われるほど有名。
      • でもブリコは男鹿に取られてしまった
    • 町の至る所にハタハタを模ったキャラクターが描かれた標識がある。
  2. 白神の麓(と自称)
  3. 海がきれーだ。

藤里町の噂[編集 | ソースを編集]

  1. あの事件のせいで・・・
    • 町のタクシーは全て長期間マスコミに借用された。中には秋田市のタクシーも…
    • 朝の出勤はマスコミの自動車と共に
    • 例年、おばあさんが悪徳業者から騙される事件が多発する季節が、この年はマスコミという話し相手が沢山来たおかげで、被害者は皆無だった。
    • 町の中心で11時までやっているいとくでは、弁当が大量に売れた
    • 旅館、ホテルはマスコミのため連日満員だった。
    • そのほか、ここでは書けない噂が大量に流れた…
      • 書いてください。
    • 川にニジマスが泳いでいることが、よく分かった(他県民)
  2. ブナ原生林のある白神山地への道を聞くと、必ず「気をつけて」と言われる
  3. 国道も鉄道もない町である
  4. 弘前へ抜ける道は、青森県西目屋村が雪崩によって町が訴えられ、現在全面通行止めである。せっかく藤里町内は深夜工事までして全面舗装にしたのに。
  5. ここにも白神のビジターセンターが欲しい。
  6. 「白神山地世界遺産センター」があるが、県民にはあまり知られていない。
  7. 秋田で唯一町域内に白神山脈を含んでいるが、その藤里に限って「白神市」構想から抜けた。
  8. 実は"いとく"発祥の地。

三種町の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 三種川が毎年氾濫し、流域の農家は泣く。
  2. 秋田県版モノポリーでは、三種町は無かったことにされている。
    • 仙北市なんて田沢湖と角館で2マスあるというのに・・・。
  3. 琴丘+山本+八竜=三種。上にも出てきた、旧3町を流れる三種川に由来。

琴丘[編集 | ソースを編集]

  1. こちらの特産品は梅。
  2. 縄文時代の遺跡から土笛が出土したことを売りにしている。
    • 「縄文の館」に展示されている。
    • さすがに木造みたいに中心駅の駅舎を土笛にしてしまう、ということはなかった。

山本[編集 | ソースを編集]

  1. 旧山本町にある森岳温泉は日本一しょっぱい温泉を名乗っている。
  2. じゅんさいの館のソフトクリームの味はかなり秀逸である。
  3. じゅんさいの生産量は日本一。
  4. 実は旧町域を辛うじて国道7号が通っていた。
    • 但し秋田道にはスルーされている(旧3町で唯一ICが無い)。
      • かろうじて名前だけは入ってる(琴丘森岳IC)

八竜[編集 | ソースを編集]

  1. ドラゴンタワーは何気にカッコいい。
    • 片手にメロンを持つのはどうかと思うが・・・
  2. こちらの特産品はメロン。
  3. 旧3町で唯一海に面している。
  4. 旧3町で唯一鉄道が無い(他の2町は駅が2つずつあるのに)。

鹿角市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 「きりたんぽ」発祥の地である。
    • 本当は大館です(秋田犬、きりたんぽ、曲げわっぱ←以上・大館名物)
      • このように大館民とはきりたんぽ発祥の地で対立している。
        • 実際は鹿角である。事実、昔の記録も残っている。
          • もともと鹿角で生まれ、北鹿地方で細々と広まっていた食文化だった。それが大館の商人によって全国に広められたことから、鹿角はきりたんぽの「発祥」、大館はきりたんぽの「本場」という呼称を使うことで落ち着いた。らしい。
    • 秋田市できりたんぽ料理食べようとすると、お店が中々見つからずに戸惑う観光客がいる。(私もその1人…)
  2. JR花輪線は汽車が数えるほどしか走ってなく、高校生とお年寄りしか利用しない。
    • 電車をデフォルトで「汽車」と呼ぶのが秋田クオリティ。
    • だって「電」車じゃないし。
    • ディーゼル車、気動車ですね。
  3. 地元以外では、鹿角を「しかく」と読んでしまう。
    • ツルツノ。
  4. 秋田県庁の秋田市より盛岡市のほうが近いため、盛岡へ出る機会が多い。
    • 盛岡大の駐車場には、秋田ナンバーが目に付く。
    • 仙北市の人も含まれてるんじゃない?鹿角市の人だけじゃないと思う。
      • 仙北市と言っても田沢湖の人だけだと思うが。角館辺りの人は盛岡にはあまり出ない。
  5. 高速バスが盛岡まで1時間に1本はある。そのため、盛岡まで通勤通学する方もいる。また、東京へのアクセスにも使われる。
    • 秋田新幹線を延伸せよ。
      • どこまで?まさか鹿角花輪駅までって言わないよね?
    • 東北新幹線が弘前経由だったなら鹿角市か小坂町に停車駅が出来てたかもね。
    • 十和田南に停車し、花輪線が大館からここまで増発していたかもね。
    • それで駅周辺が燕三条のようには…ならないな。
  6. 秋田県内でも自殺者が多い。
  7. 半年でローソンがつぶれた。
    • 尾去沢のローソンだな。
  8. 観光ガイドでは「花輪」と言われることがある。また、高速道路のインターチェンジや鉄道にもつけられている。花輪は鹿角市の地名のひとつだが、「花輪」のほうが「鹿角」より読みやすくイメージがいい感じがする。町村合併したら、「花輪市」のほうが印象がいい感じがするのだが。
    • そんなことしたら毛馬内の人が怒っちゃうんじゃない?
    • 「花輪」の名前が付いているのはインターチェンジではなくサービスエリア
    • 花輪ICはここではなく千葉県(京葉道路)に存在。
  9. 「幸楽」というホルモン屋が美味い。と思ったら県内中に支店が。
  10. 花輪高校の陸上部がマインランド尾去沢の坑道跡の中を練習に使っていたみたいだが…。
    • 1993年世界陸上マラソンで金メダルを獲得するなどマラソンで活躍した浅利純子さんは、ここの出身。
    • 最近では松宮兄弟も有名。秋田の高校駅伝は10年以上秋田工業が独占していたが、2011年ついにその牙城を崩した。
  11. 大阪が東京をライバル視しているように、大館をライバル視している。
  12. なぜか鹿角米がブランド名として名古屋近辺のイトーヨーカドーなどで売っている。
  13. 東北自動車道の十和田インターがあるが、十和田湖からは離れ気味(しかも、十和田湖は小坂町と青森との境で、鹿角にはおしいところで達してない)。
    • 青森県十和田市の最寄りICと間違え、高速下りた瞬間に右往左往する人もいるとか。
  14. 「鹿角駅」は存在しない。
  15. 市役所の最寄り駅は鹿角花輪駅と柴平駅だが、どっちにしろ位置が中途半端だ。
  16. 実は出羽国に含まれていなかった。
    • 実は旧南部藩で、秋田市に行くより盛岡のほうが近いため買い物は盛岡に行く。
  17. 市内にあるGMSは下タ町のいとくのみ。イオン進出計画があったが忘れられている。
  18. 買い物は大館に依存しているが、商店街のハード面だけは大館、弘前よりも立派だ。
  19. 鹿角市の前身に十和田町と八幡平村があった。だが、十和田町は十和田湖に面していないし、八幡平村に八幡平山頂はないというとんでもない僭称コンビだった。
    • 八幡平駅、十和田南駅にその痕跡を残す。
    • まあ、旧十和田市に比べれば・・・。
    • ここが猛烈に抗議したのにもかかわらず、岩手県に八幡平市が誕生した。
  20. ピラミッドがあるとか。
    • クロマンタか。
    • ピラミッド近くに住んでいる人は、割と未確認飛行物体を頻繁に目撃しているらしい。市役所も割と本腰入れて調査しているとか。
  21. ファミマが県北初進出したのは大館でも能代でもなくなぜかここ。それも大湯。
  22. 仕事がなく多くの若い者が職安に通っている。募集件数も非常に乏しく、資格経験を要する募集内容ばかりである。仕事があったとしても著しく給与が安い。
    • 中高年は出稼ぎに出る人が多い。
  23. 市中心部(花輪近辺)は地デジ波が受信できるが、大湯地区は花輪発の電波を受信できないため、別途中継局開局を待たねばならない。
  24. 2008年1月、「いきものががり」がニューシングル「花は桜 君は美し」をリリース。それに合わせて同日、市内の保育園を訪問しアカペラでミニライブを敢行。「花は」と「花輪」つながりの企画。芸能人なんて滅多に来ない地元は大騒ぎになったらしい。
  25. なんか同じ秋田県内の「角館」とかぶる。
  26. キャプテン翼の立花兄弟とサッカー海外組の「パイオニア」奥寺康彦の出身地。
  27. ストーンサークルがある。
    • 世界遺産にもなった。冬は雪に埋まるので見ることができないけども。
  28. ジンギスカン鍋で食べるのが特徴の鹿角ホルモンがソウルフードらしい。
  29. 鹿角市で栽培されている桃は「北限の桃」として出荷されている。
    • 地理的な意味での北限ではなく「最も市場出荷時期が遅い」という意味での北限らしい。地理的な栽培北限は青森だとか。
  30. 八幡平には後生掛温泉という一軒宿の温泉がある。馬で来ても足駄(下駄)で帰れるレベルで治癒効果があると言われている。
    • 温泉内には「箱蒸し風呂」なる風呂が設けられているが、ビジュアルが完全にさらし首のそれで強インパクト。

鹿角郡の噂[編集 | ソースを編集]

小坂町の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 昔は鉱山の街だったが、今はその面影は無い。
    • まだ製錬が残っているだけマシだと思うが・・・
    • いくつもの明治時代の建物がいまだに現役で稼動してる様は圧巻。
  2. 実質鹿角市の植民地と化している。
  3. 鹿角市との合併を拒否したが、財政は苦しい。
  4. かつては鉱山で金、銀、銅、亜鉛など様々な金属が掘り出されていた。今は製錬・リサイクルでやりくりしてる。
    • 実際は「黒鉱」って鉱石を精錬していた。その技術がリサイクルとして生きている。
  5. ここのサンクスは秋田県内で一番売上高が高い。
  6. 人口が少ないのにマックスバリューが24時まで営業していたときがある。
    • マックスバリュ東北で一時期秋田県内ほぼ全店で行われたんですが何か?
  7. 製錬との関連で超ローカル私鉄がある。しかし旅客部門は廃止済み。
    • 貨物も廃止された。
  8. 十和田湖岸の西半分はこの町の町域。
    • だが町内の他地域から町外へ出ずに直接行く道はなく、実質飛び地。
    • 十和田湖は水系上太平洋側に入る(奥入瀬川水系)ので、ここも日本海側と太平洋側とを跨ぐ自治体の1つ。
  9. 実は出羽国に含まれていなかった。
  10. 日本一古い演劇場がある。
    • 1回廃止になったが、地元からの要望で復活。
  11. 小坂高校は県内屈指のバ●高校。
  12. 「休平(やすみたい)」と言う地名が病んでいる社会人で話題になっている。

北秋田郡の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 下小阿仁村は昭和の合併で消えたが、上小阿仁村は平成の合併後も生き残っている。
  2. 南秋田郡と合わせた広大な範囲が「秋田郡」だった。その面積は出羽国で最大。本州以南では第5位。
    • しかし、同じ旧秋田郡でも南秋田郡側とは何だか繋がりが浅そう。北秋田郡より「比内郡」にした方が良かったのかもしれない。

上小阿仁村の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 「村の財政危機のときは、山の木を売れ」という言い伝えがあったとか。それで今回は合併せず。
  2. 明治の町村制以来、どことも合併したことがない。
  3. 人口3000弱の村だが、商店街がある。
  4. 村で唯一の献身的な医師に村民が罵声を浴びせて1年で逃げられた結果、61年ぶりに無医村化したことが話題に。
    • 前任の医師も僅か11ヶ月で退任されたそうな…。
      • そして後任の医師も13ヵ月で辞任。本人は理由を「内地の気候が合わなかったから」としているが、果てさて。
        • 2012年10月に元通産省官僚の医師の着任が決定。しかしこの医者、過去に哲学書を書いてる。さてどうなることやら。
          • 1か月足らずでやめました。
        • その後の医師も1年足らずで退職。ついに週1回村の外からくるだけに・・・・。
  5. 自殺率全国1位の秋田県内でさらにここが自殺率第1位。どんだけ死にたくなるんだこの村。
    • 毎年4~5人が自殺する村。人口3000弱の住民全員知り合いな村でこの数値!
  6. 2007年の村長選挙は立候補者が3人とも小林さんだった。