1953年 チクル禁輸 (E)

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
外国人の見た世界
翻訳元ページ:1953_Chicle_Embargo

1953年のチクル禁輸は、東アジア諸国・最高咀嚼国グループ間の外交的緊張によって起こった。この衝突はゴムの地のプラーラーが、シンガポール文化珍品副大臣補代理の咀嚼癖に対して見当違いの意見を表したことに源を発するとされている。その結果、シンガポール中国日本テキサスを含む主要東アジア諸国の首脳らは、最高咀嚼国グループ産の全ての製品を公的に批難し、輸入を禁じた。1953年4月、最高咀嚼国グループ会議は報復として、チクルの生産ならびに全世界への輸出の停止を決定、それによって国際的なガム製造は深刻に落ち込み、ガム及び他の咀嚼製品の全世界での値上がりが生じた。惑星中の若者たちが自国政府に対し、公共の場での唾吐きを中心とした市民的不服従運動を展開し、輸入禁止をやめるよう訴えた。

チクル禁止は1953年9月、ハロウィーンのためのガムの緊急生産開始にぎりぎり間に合う形で公式に終結した。シンガポールのみは、首相の暗殺に対する国民感情を考慮し、多国間協定に加わらなかった。