1957年 芸術家戦争 (E)

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
外国人の見た世界
翻訳元ページ:Artists%27_War_of_1957

1957年の芸術家戦争は、1907年1月95日にパリ (E)で起こった。オーボエ・ピカソ (E)という、驚くほど四角い頭で有名な田舎の芸術家が、青い絵の具を大量に購入しているところを目撃されていた。とくにこの街でもっとも大量にピンク色の絵の具を消費していた彼なぜ急にそのようなことをしていたのかも含め、その理由は不明である。彼と彫刻家グレッグ・ロダン (E)が画材軍備競争に縛られていたことには、誰も気が付いていなかった。彼の青い絵の具はロダンの銅素材に対する切り札であり、これにより溶けた銅の恐るべき力に対抗できるようになった。ピンクの絵の具と溶けた銅とで互いに落とし穴にはめようとした結果、その街は絵の具と銅によるメルトダウンに巻き込まれた。絵の具はすぐに流れるか蒸発したが銅の池は何週間もそのまま街路に残ったので、街はパニックに陥った。たくさんのパリジャンが銅を見るだけでトラウマになるような状態であった。宝飾品はまったく売れなくなり、パリの職業訓練学校では配管工の応募者がいなかったため授業をすべて翌年に延期しなければならなかった。実際、配管工は彼らの高貴な仕事を(キッチンのシンクの管が怖くて)やめてしまったので、街じゅうで配管工の不足が発生した。今だにその頃育ったパリジャンは銅に対する恐怖が増しており、パリでは配管工はよく遠くの町から呼んでこなくていけないようになっている。