2009年 ハッカーの不快 (E)

提供: chakuwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
外国人の見た世界
翻訳元ページ:Hacker_Malaise_of_2009
半保護中
このページは「度重なる荒らし」のため現在、半保護(匿名投稿と新規登録者の投稿を制限)されています。
詳しい経緯、及び議論はノートへお願いします。
  1. 2009年 ハッカーの不快

サービスパック15のリリースで最終的にWindowsを保証しながらマイクロソフトのかかとで密接に続いて、2009年のHacker Malaiseは始まりました。 数千で彼らの技能、ハッカーを運航する対象者のいない左は、彼らの両親の地下と車庫がコンピュータ産業で儲かる仕事を探しているままにしました。

残念ながら、これらの歌われていない天才にとって、それらがハイテクで資格を得ることができた唯一の仕事が労働日義務的な18時間と安物のビル換気がある他国に既に社外調達されました。 これらのあまり健康でない求職者がウィンドウにおける‘ヘルプWanted'サインがある世界にバーガーキングを全く残さなかったすべての求人市場への流入。 しかしながら、上側では、謝肉祭とカウンティーフェアが現在、彼らが持ちたがっているすべての中途の客引きと回転を傾けているオペレータと共に祝福されます。